イスラエル機によるシリア領空侵犯をトルコが支援していた疑惑が浮上
2007年09月16日付 Al-Ahram紙

■イスラエル機によるシリア領空侵犯をトルコが支援していたと推測する声が増加

2007年09月16日付アル・アハラーム紙(エジプト)HP1面

【アンカラ:通信各社】

 トルコ紙の最新の報道によって先日のイスラエル機によるシリア領空侵犯にトルコ軍が加担していた可能性が指摘され、大きな反響を国内に巻き起こしている。

 昨日トルコのイェニ・シャファック紙は、イスラエル機がトルコ領空を通過して燃料タンクをトルコ領内に投下したことに対するトルコ軍参謀本部の沈黙は、同機がトルコ中部のコンヤ空軍基地から飛び立ったのではないかとの説を裏付けるものだと報じた。

 またクウェイトでも、イスラエルにシリア国内の攻撃目標について情報を提供したのはトルコであり、トルコ軍はトルコ政府には内緒でイスラエル機に対しトルコ領空の使用を許可したと報じられた。

Tweet
シェア


現地の新聞はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山本薫)
(記事ID:11941)