ゴルバチョフ氏「イランに対する軍事的選択は受け入れられない」
2010年12月14日付 Jam-e Jam紙

旧ソ連指導者のゴルバチョフ氏は、あるアメリカのテレビ局とのインタビューの中で、イランに対する軍事的選択について議論することは全く受け入れられない、と強調した。

ミハイル・ゴルバチョフ氏は、「米政府は対イラン軍事攻撃に関する法律の可決を指折り数えて待っているが、実現した交渉が実を結ぶためにはもっと多くの時間が必要だという点を、きちんと考慮する必要がある」と述べた。

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:上山詩織)
(記事ID:21023)