ドバイ:様々な肌の色に合わせたヒジャーブのコレクションを発表
2016年10月20日付 al-Hayat紙
肌の色に合わせたヒジャーブのデザイン
肌の色に合わせたヒジャーブのデザイン

【ドバイ:本紙】

ハビーバ・ダー・シルヴァ氏のブログは、白い肌の女性モデルを起用する傾向を打破する試みとして、ヒジャーブのニューコレクションを発売した。

ファッション・ウィークの多様性報告書によると、2017年の春夏25パーセントにも上る割合で多様な女性モデルが起用されたという。しかし『インディペンデント紙』の報道によれば、ダー・シールファー氏はまだまだやるべきことがあると考えているようだ。

また同氏は以下のように述べた。「私はコレクションを発売するまでに、多くのものからインスピレーションを受けました。まず初めに文化や伝統に対する私の情熱です。2番目に白い肌のモデルを使うルールを壊すことです」と述べた。さらに「私はあらゆるバックグラウンドを持つ男性と女性、みんなのための何かを作りたいんです」と付け加えた。

ダー・シルヴァ氏は、今回のコレクションが、男性と女性の間のつながりを意味するのではなく、様々なバックグラウンドや文化を持つ人々を繋ぐつながりを意味すると指摘した。

今回のコレクションには明るいベージュのグラデーションを用いた4つのデザインがある。ひとつひとつのデザインには様々な言語で結婚に関わる言葉で名前が付けられている。つまり、黒色のヒジャーブはナイジェリアの言葉でAureと呼ばれ、二つ目はAroosaddaと名付けられておりこれはソマリアの言葉で花婿を意味する。またRukhashtiという名前のヒジャーブもあり、ウルドゥー語で追いかけることを意味する。さらに最も明るいベージュのヒジャーブにはZaffehという名前が付けられており、これはアラビア語で結婚行進曲を指す言葉である。

このヒジャーブの値段は約25ドルである。現在、在庫は切れているが、ダー・シルヴァ氏は再販に加えて、新しい色のグラデーションでコレクションを拡張する計画を立てている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:本田美紅)
(記事ID:41455)