シリア:水資源大臣と電力大臣がロジャヴァ支配下のマンビジュ市を非公式に訪問し、ティシュリーン・ダムの修理を協議するためマンビジュ軍事評議会と会談
2017年03月15日付 その他紙


■米主導の有志連合は3月13日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などに対して12回の空爆を実施(2017年3月14日)
米中央軍(CENTCOM)は、3月13日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を実施、このうちシリア領 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36034

■アスタナ3会議開幕するも、反体制武装集団の代表団は出席をボイコット(2017年3月14日)
カザフスタンの首都アスタナで、シリア政府と反体制武装集団の代表団による和平協議「アスタナ3会議」が開幕した。 だが、反体制武装集団の代表団は、シリア・ロシア両軍による停戦違反を理由に参加をボイコットした。 ** 反体制武 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36036

■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はジュネーブ4会議を3月23日に再開すると発表(2017年3月14日)
スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は声明を出し、シリア政府と反体制派代表団による和平協議(ジュネーブ4会議)を3月23日に再開すると発表した。 SANA(3月15日付)が伝えた。
http://syriaarabspring.info/?p=36044

■ヒムス市で乗合バスに仕掛けられていた爆弾が爆発し、1人が死亡、5人が負傷(2017年3月14日)
ヒムス県では、SANA(3月15日付)によると、ヒムス市ワーディー・ザハブ地区で乗合バスに仕掛けられていた爆弾が爆発し、1人が死亡、5人が負傷した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36046

■シリア軍はバーブ市南東に位置するダーイシュの拠点都市ダイル・ハーフィル市近郊の2カ村を制圧(2017年3月14日)
アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がバーブ市南部のダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市ダイル・ハーフィル市およびその周辺一帯を空爆した。 また、クッルナー・シュラカー(3月14日付)によると、シリア軍はダ ...
http://syriaarabspring.info/?p=36048

■シリアでの人権侵害を調査するための国際調査委員会はアイン・フィージャ町の水源をシリア軍が2016年末に意図的に空爆し、断水をもたらしたと非難(2017年3月14日)
ジュネーブの国連人権理事会(OHCHR)で、シリア国内での人道状況に関する双方向対話とシリア国内での失踪・拘束に関するパネル・ディスカッションが行われた。 シリア国内での人道状況に関する双方向対話では、シリアでの人権侵害 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36050

■シャーム自由人イスラーム運動はトルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室の支配下にあるジャラーブルス市近郊にあるYPG主導のシリア民主軍拠点を攻撃(2017年3月14日)
アレッポ県では、シリア人権監視団によると、バーブ市郊外のムーサンバート村で、トルコ軍の支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室の検問所で、車に仕掛けられた爆弾が爆発した。 またトルコ国境に面するユーフラテス河畔のジャラー ...
http://syriaarabspring.info/?p=36052

■ロジャヴァは支配地域内で活動するすべての政党・政治組織に24時間以内に公認申請を行うよう最後通告(2017年3月14日)
西クルディスタン移行期民政局ジャズィーラ地区内務委員会(内務省に相当)のカナアーン・バラカート委員長は13日声明を出し、同地区内で活動するすべての政党・政治組織に対して、2014年4月15日にジャズィーラ地区立法評議会で ...
http://syriaarabspring.info/?p=36054

■水資源大臣と電力大臣がロジャヴァ支配下のマンビジュ市を非公式に訪問し、ティシュリーン・ダムの修理を協議するためマンビジュ軍事評議会と会談(2017年3月14日)
クッルナー・シュラカー(3月14日付)は、複数の親政権筋の話として、ナビール・ハサン水資源大臣とムハンマド・ズハイル・ハルブートリー電力大臣が、西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるアレッポ県ユーフラテス川西部のマン ...
http://syriaarabspring.info/?p=36056

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:42301)