シリア:米国の後援を受けるYPG主導のシリア民主軍はタブカ市に向けて進軍する一方、ロシア・シリア両軍はハマー県北部・イドリブ県南部で攻勢を強める
2017年04月11日付 その他紙


■米主導の有志連合は4月7日~4月9日の3日間でタブカ市などで空爆を強化、ロシアとのホットライン閉鎖後も空爆頻度に変化なし(2017年4月10日)
有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、4月7日~4月9日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 4月7日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して14回の空爆を実施、このうち ...
http://syriaarabspring.info/?p=36753

■ロシア軍はイドリブ・ハマー両県を焼夷クラスター弾で空爆する一方、シリア軍はハマー県北部でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団への攻勢を強める(2017年4月10日)
ハマー県では、シリア人権監視団によると、ラターミナ町に対して、ロシア軍戦闘機が焼夷クラスター弾(テルミット弾)で空爆を実施した。 またシリア軍もスーラーン市各所、ハルファーヤー市、カストゥーン村を「樽爆弾」などで空爆する ...
http://syriaarabspring.info/?p=36755

■シリア軍はダイル・ザウル市一帯でダーイシュとの戦闘を続ける(2017年4月10日)
ダイル・ザウル県では、SANA(4月10日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区、工業地区、ラシュディーヤ地区、第137連隊基地一帯、ダイル・ザウル航空基地一帯、サルダ山一帯でダーイシュ ...
http://syriaarabspring.info/?p=36760

■YPG主導のシリア民主軍はダーイシュの拠点都市タブカ市に向け三方から進軍(2017年4月10日)
ラッカ県では、ARA News(4月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍が有志連合の航空支援を受け、ダーイシュ(イスラーム国)が籠城するタブカ市の東部に位置するシュアイバ村、同市 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36762

■シリア政府とロジャヴァが統治するハサカ県カーミシュリー市で化学兵器使用停止を求めるデモ(2017年4月10日)
ハサカ県では、ARTA FM(4月10日付)によると、シリア政府と西クルディスタン移行期民政局が共同統治(分割統治)するカーミシュリー市で、イドリブ県ハーン・シャイフーン市での化学兵器による犠牲者との連帯を訴えるデモが行 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36764

■シリア人権ネットワークはダマスカス県でシリア軍が化学兵器を使用したと主張(2017年4月10日)
反体制組織のシリア人権ネットワークは、シリア軍が4月7日午後4時、ダマスカス県カーブーン区東部の前線で有毒ガスを装填した手榴弾2発を使用し、反体制武装集団の戦闘員2人が呼吸困難、激しい咳などの症状を発症したと主張した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36766

■ロシア大統領府「プーチン大統領の日程にティラーソン米国務長官との会談の予定はない」(2017年4月10日)
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、11、12日にモスクワを訪問するレックス・ティラーソン米国務長官に関して、ヴラジミール・プーチン大統領との会談は行われないと発表した。 ペスコフ報道官は「米国のシリア空爆はワ ...
http://syriaarabspring.info/?p=36768

Tweet
シェア


 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:42461)