シリア:アサド大統領がAFPのインタビューに応じる「ハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑はねつ造、ミサイル攻撃を行う米国は紛争の政治的解決に対して真剣ではない」
2017年04月14日付 その他紙


■米主導の有志連合はシリア領内での空爆実施地点の詳細を初めて公表せず(2017年4月13日)
米中央軍(CENTCOM)は、4月12日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を実施、このうちシリア領 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36843

■ファトフ軍支配下のイドリブ市内のシリア席新月社事務所前で爆弾が爆発(2017年4月13日)
イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(4月13日付)によると、イドリブ市内のシリア席新月社事務所が入っているカールトン・ホテルの校門前で爆弾が仕掛けられたオートバイが爆発し、事務所のスタッフ数人が負傷し、救急車輌などが ...
http://syriaarabspring.info/?p=36845

■シリア軍はヒムス県東部でダーイシュと交戦(2017年4月13日)
ヒムス県では、SANA(4月13日付)によると、シリア軍が県東部のカルヤタイン・ダム、サワーナ山、マハッサ村を結ぶ回廊地帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。
http://syriaarabspring.info/?p=36862

■米主導の有志連合がYPG主導のシリア民主軍をタブカ市近郊で誤爆し、隊員18人を殺害(2017年4月13日)
ラッカ県では、クッルナー・シュラカー(4月13日付)などによると、米主導の有志連合がタブカ市南部で西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍を誤爆、戦闘員18日を誤って殺害した。 こうしたなか、米国防総省 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36864

■ダマスカス郊外県の3市でデモが発生、カタール仲介によるファトフ軍とイラン革命防衛隊・ヒズブッラーの停戦合意を「強制移住」「住民交換」と非難(2017年4月13日)
ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(4月12日付)によると、ヤルダー市、ビビーラー市、バイト・サフム市で、カタール仲介によるファトフ軍とイラン革命防衛隊・ヒズブッラーの停戦合意において、3市を停戦対象に含めれて ...
http://syriaarabspring.info/?p=36866

■シリア軍はダイル・ザウル県ハトラ村で米主導の有志連合がダーイシュの武器庫を破壊、有毒ガスが飛散し住民ら数百人が死亡したと発表、地元活動家は否定(2017年4月13日)
シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、米軍主導の有志連合戦闘機複数機が12日午後5時半から5時50分にかけての20分間、ダイル・ザウル県のハトラ村にあるダーイシュ(イスラーム国)の巨大武器弾薬庫を空爆し、火災が発生、倉庫 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36868

■OPCW英国代表「ハーン・シャイフーン市で採取したサンプルからサリン・ガスないしはそれに類する物質が検出された」(2017年4月13日)
化学兵器禁止機関(OPCW)は、シリアのイドリブ県ハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑事件に関する特別会合をオランダのハーグで開催した。 会合で、英国代表は「ハーン・シャイフーン市で採取したサンプルを英国の専門家 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36870

■シリアのムアッリム外務大臣がロシアのラヴロフ外務大臣と会談し、公正且つ中立的でバランスのとれた調査委員会によるハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑の調査を求める(2017年4月13日)
ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣はロシアを訪問し、首都モスクワでセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と会談、米国によるシリアへのミサイル攻撃などへの対応について協議した。 ムアッリム外務在外居住者大臣には、ブサイナ・シャアバ ...
http://syriaarabspring.info/?p=36872

■アサド大統領がAFPのインタビューに応じる「ハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑はねつ造、ミサイル攻撃を行う米国は紛争の政治的解決に対して真剣ではない」(2017年4月13日)

http://syriaarabspring.info/?p=368??

■アサド大統領がAFPのインタビューに応じる「ハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑はねつ造、ミサイル攻撃を行う米国は紛争の政治的解決に対して真剣ではない」(2017年4月13日)
アサド大統領はAFP(4月13日付)の取材に応じ、イドリブ県ハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑に関して「ねつ造」だと指摘、また米国によるシリアへのミサイル攻撃についてはシリア紛争の政治的解決に対して真剣ではない、 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36874

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:42481)