シリア:米国は反体制派にアサド政権との戦闘の停止、ミサイルの返還、ダーイシュとの戦いへの注力を求めるが、アル=カーイダとの戦いは求めず
2017年07月31日付 その他紙


■ロシア軍はスワイダー県のシリア軍航空基地にも展開(2017年7月28日)
スワイダー県では、クッルナー・シュラカー(7月29日付)によると、米国・ロシアによるシリア南西部での戦闘停止と緊張緩和地帯設置にかかる停戦合意を受け、ロシア軍部隊がサアラ航空基地、バルド村、ムジャイミル村一帯に展開した。 …
http://syriaarabspring.info/?p=39981

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは17件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年7月30日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月29日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を17件(ラタキア県2件、アレッポ県7件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県8件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム ...
http://syriaarabspring.info/?p=39983

■人民議会は内規修正法案を可決(2017年7月30日)
人民議会(第2期)は、議長代行を務めるナジュダト・アンズール副議長のもとに第4回通常会第10回本会議を開き、議会内規にかかる修正法案を賛成多数で可決した。 修正法案をめぐっては、20日に議事進行を妨害したとしてハディーヤ ... Read
http://syriaarabspring.info/?p=39985

■ハサカ県知事はロジャヴァ支配地域を経て、陸路でアレッポ市を訪問(2017年7月30日)
クッルナー・シュラカー(7月30日付)によると、ハサカ県のジャーイズ・ハンムード・ムーサー県知事を団長とする同県使節団(県幹部、バアス党ハサカ支部幹部、部族名士、イスラーム教・キリスト教法曹界代表)が、ハサカ市とアレッポ ...
http://syriaarabspring.info/?p=39987

■シリア軍はラッカ市南東部からダイル・ザウル県内の砂漠地帯に進軍(2017年7月30日)
ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がラッカ県県南東部の砂漠地帯でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続し、ユーフラテス川沿いの県境に位置するマアダーン市に近いダイル・ザウル県内の砂漠地帯に ...
http://syriaarabspring.info/?p=39989

■米主導の有志連合はブーカマール市(ダイル・ザウル県)の病院を空爆し、民間人6人を殺害(2017年7月30日)
ハサカ県では、SANA(7月30日付)、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合がイラク国境に近いブーカマール市内のアーイシャ病院一帯などを空爆し、女性と子供を含む民間人6人が死亡、10人が負傷した。
http://syriaarabspring.info/?p=39991

■YPG主体のシリア民主軍はラッカ市ナフダ地区に突入(2017年7月30日)
ラッカ県では、ARA News(7月30日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がラッカ市内のナフダ地区に突入し、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 シリア人権監視団によると、シリア ...
http://syriaarabspring.info/?p=39993

■トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団はロジャヴァ支配下のアレッポ県北西部を砲撃(2017年7月30日)
アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(7月30日付)によると、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団(「家の住人」(アフル・ディヤール)作戦司令室、あるいはハワール・キッリス作戦司令室)がアフリーン市東部のカトマ村、カフ ...
http://syriaarabspring.info/?p=39995

■ヒズブッラーとシャーム解放委員会の捕虜交換でシリア人女性活動家が解放(2017年7月30日)
ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(7月30日付)によると、レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯でのヒズブッラーとシャーム解放委員会の停戦合意の第1段階として、捕虜交換が開始された。 シャ ...
http://syriaarabspring.info/?p=39997

■シリア国民連合はPYDをテロ組織とみなす(2017年7月30日)
トルコのイスタンブールで活動するシリア革命反体制勢力国民連立は報道向け声明を出し、そのなかで西クルディスタン移行期民政局を主導するクルド民族主義政党の民主統一党(PYD)をテロ組織とみなすと断じた。
http://syriaarabspring.info/?p=39999

■ダマスカス旧市街の老舗アイスクリーム店「バクダーシュ」が1週間ぶりに営業再開(2017年7月30日)
ワタン・オンライン(7月30日付)などは、ダマスカス旧市街のハミーディーヤ市場にある老舗アイスクリーム店「バクダーシュ」が1週間ぶりに影響を再開したと伝えた。 『ワタン』(7月30日付)がダマスカス県消息筋の話として伝え ...
http://syriaarabspring.info/?p=40001

■アレッポ市南部郊外でダーイシュがシャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動、地元名士の会合会場を自爆攻撃(2017年7月30日)
アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(7月30日付)によると、アレッポ市南部郊外に位置するナッジャール村で、アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会とシャーム自由人イスラーム運動の司令官・幹部、地元名士が開いていた会合 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40003

■シャーム解放委員会の説教師はトルコへの避難について「安全でないためハラーム」とするファトワーを発出(2017年7月30日)
シャーム解放委員会に所属する説教師のアブドゥッラッザーク・マフディー氏はインターネットを通じて、シリア領内からトルコ領内に移動することをハラームだとするファトワーを発出した。 マフディー氏は「安全でない方法でトルコに人々 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40005

■反体制派組織「ラッカ県評議会」は北シリア民主連合樹立評議会によるロジャヴァ行政区画再編を拒否(2017年7月30日)
反体制組織の一つ「ラッカ県評議会」のサアド・シュワイシュ議長は、28日に北シリア民主連邦樹立評議会が発表した西クルディスタン移行期民政局の行政区画改編に関して、拒否の姿勢を示し、米主導の有志連合と国連に「分割」を阻止する ...
http://syriaarabspring.info/?p=40007

■反体制武装集団5組織が第1歩兵師団として糾合し、シリア革命家戦線の傘下に(2017年7月30日)#
シリア革命家戦線はSNSを通じて声明を出し、第一歩兵軍団、ハック旅団、ナースィル・サラーフッディーン旅団、ウンマ・タウヒード軍団、戦車旅団と合併し、新たに「第1歩兵師団」を編成、シリア革命家戦線の傘下に入ったことを明らか ...
http://syriaarabspring.info/?p=40009

■ムウタスィム旅団「米国の支援停止はCIAに限定されており、我々は国防総省の支援を受け続けている」(2017年7月30日)
アレッポ県などで活動する「穏健な反体制派」の一つムウタスィム旅団のムスタファー・スィージャリー政治局長は、ドナルド・トランプ米大統領がCIAによる反体制派への教練プログラムの廃止を決定したことに関して、ザマーン・ワスル( ...
http://syriaarabspring.info/?p=40011

■反体制武装集団の再編は米国の支援中止への対応:米国はアサド政権との戦闘の停止とミサイルの返還を反体制派に求める(2017年7月31日)
『ハヤート』(7月31日付)は、第1歩兵師団への糾合とシリア革命家戦線への合流や、シリア南西部で活動する反体制武装集団によるシリア解放国民委員会の結成に関して、ドナルド・トランプ米大統領がCIAによる「穏健な反体制派」へ ...
http://syriaarabspring.info/?p=40013

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:43096)