シリア:米国は「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室に武器返却を要求、カルタタイン殉教者旅団はこれを拒否し、タンフ国境通行所から退去
2017年08月02日付 その他紙


■米主導の有志連合は7月31日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などで17回の空爆を実施(2017年8月1日)
米中央軍(CENTCOM)は、7月31日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40062

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年8月1日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月1日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件、アレッポ県5件、ダルアー県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム4件 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40064

■レバノン東部のシャーム解放委員会メンバーとその家族のイドリブ県への退去いまだ始まらず(2017年8月1日)
レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯で、シャーム解放委員会とともにヒズブッラーと戦ってきたシャームの民連隊のウマル・アブー・ハムザ報道官は、クッルナー・シュラカー(8月1日付)に対して、イドリブ県へ ...
http://syriaarabspring.info/?p=40066

■米主導の有志連合はダイル・ザウル県各所を空爆し、民間人60人を殺害(2017年8月1日)
ダイル・ザウル県では、SANA(8月1日付)によると、米主導の有志連合がダーイシュ(イスラーム国)支配下のカシュマ村、シュワイト村、ドゥワイル村、アシャーラ市を空爆し、民間人60人が死亡、数十人が負傷した。
http://syriaarabspring.info/?p=40076

■シリア人権監視団はダーイシュがラッカ市で化学兵器を使用する可能性を指摘(2017年8月1日)
シリア人権監視団は、信頼できる複数の消息筋の話として、ラッカ市で劣勢に立たされているダーイシュが化学兵器を保有しており、それを使用する可能性があると発表した。 ** ラッカ県では、ARA News(8月1日付)によると、 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40078

■有志連合報道官「ロシアはダーイシュのバグダーディー最高指導者を殺害した証拠を示すべき」(2017年8月1日)
有志連合の報道官を務めるライアン・ディロン大佐は、ダーイシュ(イスラーム国)の最高指導者アブー・バクル・バグダーディー氏が死亡したとする情報に関して、ロシア側にその証拠を開示するよう呼びかけた。 ディロン大佐は「バグダー ...
http://syriaarabspring.info/?p=40080

■ダマスカス郊外県アルバイン市で武装勢力退去を主張するデモ(2017年8月1日)
ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(8月1日付)によると、アルバイン市でデモが行われ、参加した住民らは「革命旗」(委任統治領シリアの国旗)を掲げ、自由シリア軍への支持を表明、アルバイン市地元評議会が同地の自治を ...
http://syriaarabspring.info/?p=40082

■シリア軍はダイル・ザウル県、ハマー県でダーイシュとの戦闘を続ける(2017年8月1日)
ダイル・ザウル県では、SANA(8月1日付)によると、シリア軍が第137連隊基地一帯、ブガイリーヤ村などでダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 ** ハマー県では、SANA(8月1日付)によると、シリア軍が県東部各所で ...
http://syriaarabspring.info/?p=40084

■ヒムス県で活動する祖国解放運動はロシア主導による緊張緩和地帯設置を拒否(2017年8月1日)
ヒムス県で活動する祖国解放運動の報道官を務めるラシード・ハウラーニー大尉は、クッルナー・シュラカー(8月1日付)に対し、エジプトの仲介による、ロシア・シリア軍との停戦(緊張緩和地帯設置)には応じないと述べた。 祖国解放運 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40086

■シリア軍はダルアー県の反体制派支配地域に和解を呼びかけるビラを散布(2017年8月1日)
ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(8月1日付)によると、シリア軍ヘリコプターがビラを散布し、反体制武装集団支配地域の住民に対して「和解」を呼びかけた。 ビラが散布されたのは、ブスル・ハリール市、フラーク市、東カラク ...
http://syriaarabspring.info/?p=40088

■トルコ軍ヘリコプターがロジャヴァ支配地域を空爆(2017年8月1日)
アレッポ県では、ARA News(8月1日付)によると、トルコ軍ヘリコプターが西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるタッル・リフアト市、シャイフ・イーサー村、ハルバル村、ウンム・フーシュ村を空爆した。
http://syriaarabspring.info/?p=40090

■ヌッブル市(アレッポ市北部)でヒズブッラーとYPGが交戦、ヒズブッラーがロジャヴァの中心都市アフリーン市とアレッポ市を結ぶ街道を封鎖(2017年8月1日)
アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月1日付)によると、シーア派(12イマーム派)が多くクラスヌッブル市北の検問所に駐留するヒズブッラーの戦闘員と、同地北方を実効支配する西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊が交 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40092

■北シリア民主連邦樹立評議会は先月28日に承認したロジャヴァの「行政区画法」全文を公開(2017年8月1日)
西クルディスタン移行期民政局のもとで連邦制樹立に向けて準備を行ってきた北シリア民主連邦樹立評議会は、28日に採択された「行政区画法」の全文を公開した。 「行政区画法」は7月27~28日にハサカ県ルマイラーン市で開催された ...
http://syriaarabspring.info/?p=40094

■米国は「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室に武器返却を要求、カルタタイン殉教者旅団はこれを拒否し、タンフ国境通行所から退去(2017年8月1日)#シリア #アメリカ
シリア人権監視団は、米国が、ヒムス県東部のタンフ国境通行所を拠点として同県、ダマスカス郊外県東部、スワイダー県北東部などで活動を続ける殉教者アフマド・アブドゥー軍団、東部獅子軍、カルヤタイン殉教者旅団に対して、これまでに ...
http://syriaarabspring.info/?p=40096

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:43172)