シリア:米主導の有志連合は2017年6月までの空爆で民間人1,101人が死亡したと思われると発表
2017年08月05日付 その他紙


■ダルアー市でアラブ社会主義者運動の人民議会議員が殺害(2017年8月1日)
ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(8月4日付)によると、アンマール・クーシュ人民議会議員がダルアー市内で殺害された。 クーシュ議員は1976年生まれで、アラブ社会主義者運動のメンバー。 2012年から人民議会議員を …
http://syriaarabspring.info/?p=40163

■イドリブ県でシャーム解放委員会に忠誠を誓ったシャーム自由人イスラーム運動元幹部が暗殺される(2017年8月3日)
イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(8月4日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動の元幹部の一人ハンムード・ラッハール氏がマアッルシャマーリーン村の自宅前で何者かに撃たれ死亡した。 ラッハール氏は最近になって、シ …
http://syriaarabspring.info/?p=40165

■米主導の有志連合は8月2日~3日の2日間でダイル・ザウル県一帯、ラッカ市近郊などに43回の空爆を実施(2017年8月4日)
米中央軍(CENTCOM)は、8月2~3日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 8月2日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し27回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は ...
http://syriaarabspring.info/?p=40167

■米主導の有志連合は2017年6月までの空爆で民間人1,101人が死亡したと思われると発表(2017年8月4日)
有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、2017年7月までのシリアおよびイラク領内での航空作戦に伴う民間人犠牲者発生にかかる72件の新たな報告を受け、すでに報告されている案件と併せて304件の調査を ...
http://syriaarabspring.info/?p=40169

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年8月4日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月4日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県3件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム3件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県)の ...
http://syriaarabspring.info/?p=40171

■シリア軍はヒムス県などでダーイシュとの戦闘を続ける(2017年8月4日)
ヒムス県では、SANA(8月4日付)によると、シリア軍が県東部のハタムルー村、ウンム・トゥワイナ村でダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。 ** ハマー県では、イナブ・バラディー(8月4日付)によると、県東部でのシリ ...
http://syriaarabspring.info/?p=40173

■アレッポ市西部郊外のシャーム解放委員会本部前で車が爆発し4人死亡(2017年8月4日)
アレッポ県では、シャーム解放委員会に近いイバー通信(8月4日付)によると、アウラム・クブラー村近郊の第2ムハンディスィーン地区にあるシャーム解放委員会の本部前で、爆弾が仕掛けられた車が爆発し、4人が死亡、多数が負傷した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40180

■アレッポ県北西部でトルコ軍の支援を受ける反体制武装集団とYPG主導のシリア民主軍が交戦(2017年8月4日)
アレッポ県では、トルコ軍の支援を受ける「家の主」作戦司令室(ハワール・キッリス作戦司令室)が、アイン・ダクナ村で西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍を襲撃し、戦闘員多数を殺傷したと発表した。 また、 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40182

■トルコ軍支配下のアレッポ県北部でロジャヴァの支配に反対するデモが発生(2017年8月4日)#シリア #トルコ #クルド
アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月4日付)、『ハヤート』(8月5日付)によると、によると、トルコ軍およびその支援を受ける反体制武装集団(「家の主」作戦司令室、ハワール・キッリス作戦司令室)の支配下にあるバーブ市 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40184

■ハマー中央刑務所収監者数百人にテロ特別法廷が有罪判決(2017年8月4日)
クッルナー・シュラカー(8月4日付)は、ハマー中央刑務所内の消息筋の話として、テロ特別法廷が、同刑務所に収監中の数百人に対する審理を行ったと伝えた。 同消息筋によると、審理は2日にわたって行われ、1人あたりの審理は10分 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40186

■シリア・ガド潮流はヒムス県北部でのロシア軍と反体制派の停戦合意を仲介したと発表(2017年8月4日)
エジプトを拠点として活動するシリア・ガド潮流(アフマド・ウワイヤーン・ジャルバー代表)は声明を出し、2日にロシア国防省が発表したヒムス県北部での停戦と緊張緩和地帯設置に関して、ロシア・シリア軍と反体制派を仲介したことを明 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40188

■ヒムス県北部での停戦合意を受けて、ロシア軍が同地に進駐(2017年8月4日)
ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(8月4日付)によると、県北部での停戦と緊張緩和地帯設置を受けて、ロシア軍が兵力引き離し部隊として同地一帯の複数カ所に進駐した。 しかし、シリア人権監視団によると、ロシア軍によって3日 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40190

■シリア国民連合は統合国民軍創設を主唱、米国も「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室と統合国民軍創設に向け折衝(2017年8月4日)
トルコのイスタンブールで活動するシリア革命反体制派諸勢力国民連立のアフマド・ラマダーン広報局長は記者会見を開き、米主導の有志連合のダーイシュ(イスラーム国)に対する「テロとの戦い」を支援するため、反体制武装集団からなる統 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40192

■シリア軍がダマスカス郊外県西部砂漠地帯で米国の支援を受ける「土地は我らのものだ」作戦司令室と交戦(2017年8月4日)
ダマスカス郊外県では、ARA News(8月5日付)によると、シリア軍と親政権武装勢力がロシア軍の航空支援を受けて、スワイダー県北西部からマフルーサ地区、ファッカ地区に進軍、米国の支援を受ける「土地は我らのものだ」作戦司 ...
http://syriaarabspring.info/?p=40194

■YPG主体のシリア民主軍はラッカ市南部に回廊を確保し、住民100人を解放(2017年8月4日)
ラッカ県では、ARA News(8月5日付)によると、ラッカ市内各所でダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続ける西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、同市南部に回廊を確保、ダーイシュ支配下の街区にと ...
http://syriaarabspring.info/?p=40196

■米主導の有志連合はラッカ市に対する空爆で、女性1人と子供7人を殺害(2017年8月4日)
ラッカ県では、SANA(8月4日付)によると、米主導の有志連合がダーイシュ(イスラーム国)支配下のラッカ市を空爆し、女性1人、子供7人の合わせて8人を殺害した。 ** ダイル・ザウル県では、『ハヤート』(8月5日付)によ ...
http://syriaarabspring.info/?p=40198

Tweet
シェア


 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:43190)