シリア:クルド人主体のシリア民主軍がラッカ市でイスラーム国への包囲を強める
2017年08月12日付 al-Hayat紙


■「シリア民主軍」はラッカ市で「ダーイシュ」に対する包囲を固める

【ベイルート:AP】

複数の高官が昨日述べたところによると、アメリカの支持を受け、シリア北部のラッカ市の東西領側から進軍する「シリア民主軍」(SDF)のメンバーたちが、同市から「ダーイシュ」(イスラーム国)を掃討するための作戦を7月6日に開始して以後初めて市内で対面した。「ダーイシュ」は同市をシリアにおける自らの首都だとみなしている。

「シリア民主軍」は今までにラッカ市の半分を占領した。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:源島菜月)
(記事ID:43226)