イラク:来たるバーレーン戦における良いスタートを熱望
2017年12月23日付 al-Hayat紙

■イラク代表はバーレーン戦での強いスタートを望む

【クウェート:AFP】

イラクのサッカー代表チームは今日(土曜日)、良いスタートを切れるよう目指している。今日イラクチームは、第23回目ガルフ・カップ・グループBの第一ラウンドで、バーレーン代表チームと対戦する。ガルフ・カップは1月5日まで続く。一方、ガルフ・カップでの初の勝利を達成するという野望を抱くイエメン代表を考慮してか、カタルが優勝タイトル防衛のために初戦から勝つことが強く推されているようだ。

イラク代表チームは優勝タイトルの争奪ラインに早めに勝ち上がるために勝利する必要がある。優勝タイトルは注目の的で、程度の差こそあれ参加する他の代表チームにとっての目標だ。バーシム・カーシム監督はガルフ・カップ用に最初のテストマッチを始めており、以下のように述べた。「我々は土曜日の最初の試合に集中している。優勝タイトルをめぐる競争ラインに立ち、今後の試合で自分たちのモチベ―ションを高めるような結果を出したい。」続けて同氏は「私たちのチームははっきりとした安定期に入っている。チームは諸々のスタイルや変化を取り入れ、その中でチームのパフォーマンスが大幅に改善したと私たちは実感した。これは多くの観客に代表チームの将来を安心させるものだ。私たちとしては、チームのパフォーマンスを強化していきたい」と付け加えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:並河美里)
(記事ID:44016)