エジプト:ポルトガルから80万回分の新型コロナワクチンが提供される
2022年01月14日付 Al-Ahram紙

■エジプトが、ポルトガル政府が提供するアストラゼネカ製ワクチン80万回分を受領

【カイロ:本紙】

エジプトは、アストラゼネカ製ワクチン80万回分の提供を受けた。このワクチンは、EU市民保護メカニズムのもと、ポルトガル政府から供給されたものである。

これは新型コロナウイルスに対抗するべく必要とされるワクチンを調達するために、全ての国家と協働しようとする国家的取り組みの成果である。

ワーイル・ナッジャール駐ポルトガル・エジプト大使は、今回の最終出荷分が到着したことにより、ポルトガルがこれまでにエジプトに提供したワクチンの総数は約120万回分に達したと指摘した。またこれに先立ちポルトガルは、昨年12月半ばに、COVID-19ワクチンへのアクセスに関する国際的イニシアチブ「COVAX」の一環として、36万回分のワクチン提供を指示していたという。

同大使は「エジプトは、ポルトガルからのワクチン受領国リストの最上位についた」と付言した。また同大使によると、この事実は、「エジプト・ポルトガル間の二国間関係の深度」に加え、二国間レベルであるか多国間協力の枠組み内であるかにかかわらず、「全ての分野における協力の強化に向けての相互的関心」の存在を示しているという。またこの相互的関心は、「ワクチンへの公平なアクセスを達成するための国際的取り組みを強化するための共同の追及路線」においても同様にもたれているという。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:伊藤隆)
(記事ID:52195)