ロシアから脱出、トルコ片道チケット7万リラ(54万円)!ー予備役招集をうけ

2022年09月23日付 Milliyet 紙
ウクライナとの間で続く戦争のためロシアのヴラディミル・プーチン大統領が部分的動員を宣言したのち、他国への移住を望むロシア人が最も選択する場所がアンタルヤとなった。

ウクライナとの間で続く戦争でロシアのヴラディミル・プーチン大統領が昨日部分的動員を宣言したと発表があったのち、ロシアを離れる人々が最も選んだ街の筆頭にアンタルヤが挙げられる。モスクワを始めとするトルコ航空のトルコ向けのほぼ全ての便が満席となり、別の航空会社でも空きがないことが明らかになっている。

■空きを見つけるのが不可能な状況に

ロシアからアンタルヤに旅行者を送るツアーオペレーター関係者は、18から65歳の兵役対象範囲の男性に対し、一部のロシア航空会社がチケットの販売を禁止したと述べた。チケットの値段が高まる需要とともに激しく高騰していると説明したツアーオペレーター関係者は、トルコ航空の便ではアンタルヤへの片道のチケット価格が7万リラとなり、多くの航空会社でも4-5万リラであり、空きを見つけるのがどこでも不可能であると話した。

旅行会社は18から65歳の間の兵役の対象となるロシア人の中でツアーを購入した人々に対し、手続き費用を除いた後に払い戻し手続きが行われると発表した。9月21日前に、通常運航の航空券を買った人に対しても、航空券の費用が完全に払い戻されると明らかにされた。

■飛行機で空きを見つけられなかった人たちは車で出発

アンタルヤに居住しているロシア人は、親戚や知人の多くがアンタルヤを目指して出発し、最も人気なのがアンタルヤ、イスタンブル、イズミルといった県であると話した。ロシア人はアンタルヤの他にドバイ、ジョージアといった国や都市にも向かっていると明かされた。飛行機で空きを見つけられなかった人々は、陸路を車を使ってアンタルヤを目指して出発したと明かされた。アンタルヤに休暇で、また仕事で来ていた凡そ30人のロシア人がアンタルヤ空港発の今日のフライトをキャンセルし、飛行機には搭乗しなかった、とも明かされた。


この記事の原文はこちら

同じジャンルの記事を見る


翻訳者:大屋千寛
記事ID:54101