検索結果

ヒット件数: 200件

シリア:人民議会選挙での違反行為と民兵指導者らの躍進(3)

■シリア人民議会選挙:大規模な違反行為..民兵組織指導者らによる議席の掌握      【本紙】      現時点での結果では、シリアの与党であるバアス党と進歩国民戦線内の同党の同盟勢力が「国民統一」リストを通じてほぼすべての議席を掌握している。一方で、特にダマスカス郊外県やダイル・ザウル県における無所属当選者のリストには、民兵組織の指導者ら、戦争の司令官ら、麻薬の輸出者らが名を連ねた。      1,516人の候補者が250議席を目指して競い合ったが、これらの議席のうち65議席のみが争われるもの 全文をよむ

  • 2024-07-18
  • al-Mudun紙

シリア:人民議会選挙での違反行為と民兵指導者らの躍進(2)

■シリア人民議会選挙:大規模な違反行為..民兵組織指導者らによる議席の掌握      【本紙】      司法分科委員会が発表したところによると、国会議員選出のための投票プロセスは月曜日(15日)に行われたが、諸県の一部の投票所で違法行為があり、そのうち多くの県で再集計や再投票が行われたため、結果発表が遅れた。      複数の情報筋は『ムドゥン』紙に対し、投票プロセスを通じて、第4期立法会議での議席獲得に成功した有力な候補者らによる、票の買収やシリア人難民および国内避難民らを代理した投票といっ 全文をよむ

  • 2024-07-18
  • al-Mudun紙

シリア:人民議会選挙での違反行為と民兵指導者らの躍進(1)

■シリア人民議会選挙:大規模な違反行為..民兵組織指導者らによる議席の掌握      【本紙】      バアス党は予想された通りシリア人民議会の議席の過半数を獲得した。今回の選挙の投票率は38.16%であり、2016年にはこれが57.56%、2020年には33.17%であった。      最高司法選挙委員会の議長を務めるジハード・ムラード判事は記者会見で、この委員会は、「有権者の自由および選挙の公平性を保障するために必要なすべての措置を講じることを通じて、民主主義的な環境を醸成させた」と述べた 全文をよむ

  • 2024-07-18
  • al-Mudun紙

レバノン:ヒズブッラーとイスラエル軍の国境を隔てた交戦が激化

■レバノンの「ヒズブッラー」、一晩で数十発のロケット弾をイスラエル北部に向けて発射      【ベイルート:DPA通信】      レバノン・イスラエル国境の緊張が高まる中、レバノンの武装組織ヒズブッラーは昨夜一晩で、イスラエル北部に複数のロケット弾やミサイルを集中砲火した。      「ヒズブッラーは、火曜日のイスラエルによる無人機攻撃で子供3人を含むシリア人5人が死亡したことへの報復として、数十発のロケット弾を発射した」と複数の公式メディアが伝えた。      レバノンの国営通信(NNA)は 全文をよむ

  • 2024-07-17
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍の空爆で3人の子供を含む計5人が死亡(3)

■レバノン南部に対するイスラエルによる2回の空襲で子供3人を含む5人が死亡      【ベイルート:アナトリア通信】      同様にヘブライ語紙の『イェディオト・アハロノト』は、少なくとも20発のロケット弾がキリヤット・シュモナ入植地およびその周辺部に対して発射され、家屋1戸への直接的な損害が観測されたと報じた。      2023年10月8日以降、レバノン国内のレバノン系およびパレスチナ系諸派、特にヒズブッラーは、イスラエル軍と両者を隔てる「ブルーライン」(訳注:イスラエル・レバノン間の停戦 全文をよむ

  • 2024-07-16
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍の空爆で3人の子供を含む計5人が死亡(2)

■レバノン南部に対するイスラエルによる2回の空襲で子供3人を含む5人が死亡      【ベイルート:アナトリア通信】      さらに同組織は、「イスラーム抵抗勢力のムジャーヒディーンがキリヤット・シュモナ入植地(ハーリサ村)を数十発のカチューシャロケットで爆撃した」と述べた。      そして同組織は、この攻撃が「敵国イスラエルによる耐え忍んでいる南部の村々や無害の家屋に対する攻撃や民間人への攻撃、特にカフル・タブナイト村(南部)に対する攻撃や民間人2人の死亡に報復するため」に行われたと続けた 全文をよむ

  • 2024-07-16
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍の空爆で3人の子供を含む計5人が死亡(1)

■レバノン南部に対するイスラエルによる2回の空襲で子供3人を含む5人が死亡      【ベイルート:アナトリア通信】      レバノン国営通信(NNA)は、イスラエルが火曜日(16日)に実行したレバノン南部への2回にわたる空襲で、シリア人の子供3人を含む計5人が死亡したと報じた。一方ヒズブッラーはこれらのうち1回に報復するためにイスラエルに対して複数のロケット弾を発射したと発表した。      同通信は、「スール地区内のウンム・トゥーム村にある農地を狙ったイスラエルの空襲が原因でシリア人の子供 全文をよむ

  • 2024-07-16
  • al-Quds al-Arabi紙

■ガザ保健省: 過去24時間で 2 件の虐殺により49人が死亡

■ガザ保健省: 過去24時間で 2 件の虐殺により49人が死亡      【ガザ:アナトリア通信】      ガザ地区保健省は火曜日、10月7日以降のイスラエルとの戦争で犠牲になったパレスチナ人の数が「死者38,713人、負傷者89,166人」に上ったと発表した。      犠牲者のほとんどが子供と女性であることに加え、米国の絶対的な支援を受けたイスラエルの戦争は、1万人以上の行方不明者、大規模な破壊、数十人の子供が犠牲になった飢餓をもたらした。      同省は統計日報で「イスラエル占領軍はガ 全文をよむ

  • 2024-07-16
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:広告ビジョンで大統領を批判する動画が流れる

■エジプト…ファイサル地区の広告ビジョンがハッキングされ、スィースィー氏批判の動画が流れる      【カイロ:本紙】      エジプトのギザ県ファイサル地区の住民らは、ある店の広告ビジョンにエジプトの大統領アブドゥルファッターハ・スィースィー氏を批判する動画が流れているのを見て驚いた。      目撃者らやソーシャルメディアに公開された動画によると、日曜(14日)夜遅く、突然スィースィー氏を批判する画像を含んだ動画が広告ビジョンに映し出され、数十人の市民がビジョンの前に集まったという。   全文をよむ

  • 2024-07-15
  • al-Quds al-Arabi紙

カタルの諮問評議会がイスラエルによるガザ戦争に対する「国際的な沈黙」を非難

【ドーハ:アナトリア通信】      カタールの諮問評議会議長ハサン・アブドゥラー・ガーニム氏は木曜日、ガザに対する「イスラエルの残虐な戦争に対して、国際機関が完全に沈黙していること」を非難した。彼はこれらの発言を、「欧州・地中海および湾岸地域に関するマラケシュ・経済議会フォーラム」の第2回会期の開会中に行った。このフォーラムは明日金曜日まで開催される。      このフォーラムは、モロッコの参議院(議会の第2院)と地中海議会によって主催され、グリーン・エネルギーへの転換と、起業および中小企業の 全文をよむ

  • 2024-07-11
  • al-Quds al-Arabi紙

占領勢力による農業用肥料店に対する戦争の宣言

イスラエルが農業用肥料店に対する戦争を宣言      【西岸:本紙】      イスラエル軍が、占領下にある西岸の複数の地域で、農業資材や肥料の販売店を標的とした一連の襲撃を開始した。      ラーマッラー県のスルダー町では、装甲車を使用して苗床を襲撃したうえで、肥料や農業資材を押収し、店主を逮捕した。      トゥールカルム市では、ザナーバ地区郊外にある農業資材・肥料を販売する商業店舗をで襲撃し、商品を押収した。      さらに、トゥールカルム北部のシャアラーウィヤの複数の村(アティール 全文をよむ

  • 2024-07-10
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:イスラエルによるガザ市西部への新たな連続空爆

■イスラエルによるガザ市西部への新たな連続空爆      【ガザ:アナトリア通信】      イスラエルの戦闘機は水曜日(10日)の夕方、ガザ市西部に対する一連の激しい空爆を実施した。      目撃者らによると、イスラエルの戦闘機がガザ市西部のリマール地区とタル・ハワー地区に対して一連の激しい空爆を行ったという。      また、彼らはガザ市を揺るがすような巨大な爆発音を聞いたと述べた。なお、この爆発音はガザ地区の広い範囲にとどろいたという。      このイスラエルの空爆によって大きな煙が立 全文をよむ

  • 2024-07-10
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:爆撃で女性や子供を含む市民8人が死傷。イエメン政府とフースィー派で非難の応酬

■爆撃で女性や子供を含む市民8人が死傷し、それに対しイエメン政府とフースィー派で非難の応酬      【アデン:本紙】      国際的に承認されているイエメン政府とアンサール・アッラー運動(フースィー派)は水曜日、イエメン南西部のタイズ県で起きた攻撃について非難しあった。この攻撃により、子供や女性を含む市民8人が死傷している。      フースィー派が運営するニュース通信社(サバア)は地元筋として、「敵の傭兵による無人機が、サビル・マワーディム行政区シャカブ地域のイッザ・フブールにある複数の民 全文をよむ

  • 2024-07-10
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプトとカタールの仲介で進展:ハマースとイスラエルの交渉に新たな希望

◾︎国際関係学教授:エジプト政府はハマースとイスラエルの合意点を模索      【ムハンマド・ハシュマット・アブールカースィム】      国際関係学教授のハーミド・ファーリス博士は、エジプト政府とカタールの多大な努力により、現在、非常に重要な機会が日々拡大していると述べた。現在のエジプトの政治指導者は、確固たる決意の下、両当事者間の合意点を見出すことを模索している。エジプト・カタール両政府はこれまでの交渉で、イスラエルがネツァリム回廊からの撤退に同意し、ガザ北部の住民が自宅に戻ることを認めるな 全文をよむ

  • 2024-07-10
  • Al-Ahram紙

レバノン:ナスルッラー書記長「我々は目的を達成するまで抵抗を続ける」(2)

■ナスルッラー書記長:目的を達成するまでは、我々が10月8日に始めたことを放棄させることはできない      【本紙】      ナスルッラー書記長は、ガザ地区に対するイスラエルの戦争に言及したうえで、「人々は起こっていることや存在しているものに苦痛を感じるものである」と述べた。また同書記長は、「レバノン、イエメン、イラクでの支援戦線およびシリア、イラクなどの政治的支援戦線は、ガザ地区に対するアラブ・イスラーム世界の立場に由来する悲しい図式とは対照的に、ポジティブな図式である」と説明しつつ、「ガ 全文をよむ

  • 2024-07-09
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:ナスルッラー書記長「我々は目的を達成するまで抵抗を続ける」(1)

■ナスルッラー書記長:目的を達成するまでは、我々が10月8日に始めたことを放棄させることはできない      【本紙】      「ヒズブッラー」のハサン・ナスルッラー書記長は、「レバノンの抵抗勢力は、我々の望む目的を達成するまで、10月8日に始めたことを継続する」と強調した。      ナスルッラー書記長は、「もし世界の多数派がガザ地区支援に関して黙り込み、イスラエルを支持したとしても、それはこのことが正しいとは意味しない」と付言したうえで、「重要なことは多数派にあるのではなく、それに多数派が 全文をよむ

  • 2024-07-09
  • Al-Nahar紙

エジプト:アラブ議会がガザ地区で活動するUNRWAの保護を求める

■アラブ議会が「UNRWA」の保護を要求:イスラエルはパレスチナの大義を清算し、帰還権の拒否を計画している      【カイロ:ターミル・ヒンダーウィー、本紙】      アラブ議会はガザ地区を含むパレスチナ被占領地のパレスチナ人への人道支援とサービスを提供において重要な役割を担っているUNRWAをはじめとする救援団体とそのスタッフの保護を求めた。      アラブ議会のアーディル・アスーミー議長は、イスラエル政府が国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)をテロ組織に指定し、その活動を犯罪化 全文をよむ

  • 2024-07-09
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:ヨルダン外務省、「イスラエル軍によるガザ地区の学校への攻撃は国際法違反」と糾弾

■ヨルダン:ガザ地区にある市民避難の学校を標的としたイスラエルの攻撃は国際法の「違反」      【アンマン:アナトリア通信】      ヨルダン外務省は日曜日、イスラエル軍がガザ地区中部のナセイラット難民キャンプにある国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)運営の学校を攻撃したことを痛烈に非難し、国際法の「違反」だと断言した。この学校は市民の避難所として使われていた。      同省は、イスラエル軍がガザ地区のパレスチナ人難民キャンプを攻撃し続けている行為を激しく糾弾すると表明した。昨年1 全文をよむ

  • 2024-07-07
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:南部で対立が激化するなか、グテーレス国連事務総長がコメント(3)

■南部に対するイスラエルの集中的な空爆...グテーレス国連事務総長は全面戦争を懸念      【レバノン:本紙】            アントニオ・グテーレス国連事務総長は、レバノンのヒズブッラーとイスラエル占領国家間の対立が全面戦争へと変容する危険性について警告しつつ、「政治的解決」実現の必要性を強調した。この発言は、ヒズブッラーと占領国家間での空爆の応酬が激化するなか、ステファン・ドゥジャリク国連事務総長報道官による声明のなかで取り上げられた。また声明で、「国連は、ブルーライン(訳注:イスラ 全文をよむ

  • 2024-07-06
  • al-Mudun紙

レバノン:南部で対立が激化するなか、グテーレス国連事務総長がコメント(2)

■南部に対するイスラエルの集中的な空爆...グテーレス国連事務総長は全面戦争を懸念      【レバノン:本紙】      ヒズブッラーは、「ガザ地区で耐え忍んでいる我々のパレスチナ民衆を支援するため、そして、名誉ある勇敢なパレスチナ人抵抗勢力を支援するため、さらに、怯むことのない南部の村々や安全な住居への攻撃、民間人に対する敵対行為を行う敵のイスラエルに反撃するために、イスラーム抵抗勢力のムジャーヒディーンらは2024年07月6土曜日、昨日我々の村々および民衆を攻撃した、バイト・ヒリルにある、 全文をよむ

  • 2024-07-06
  • al-Mudun紙

レバノン:南部で対立が激化するなか、グテーレス国連事務総長がコメント(1)

■南部に対するイスラエルの集中的な空爆...グテーレス国連事務総長は全面戦争を懸念      【レバノン:本紙】      (イスラエル)北部戦線では、イスラエル占領軍・ヒズブッラー間の交戦が273日前から続いており、イスラエル軍は昨夜一晩中、スール地区およびビント・ジュバイル地区の村々の上空に閃光爆弾を発射した。同軍がアイター・シャアブ村に面した自軍の拠点から複数回発砲し、また、ビルカ・リーシャ村およびラーミヤー村郊外を攻撃したため、破壊や損傷が発じた。また土曜日(6日)未明には、上ガリラヤ地 全文をよむ

  • 2024-07-06
  • al-Mudun紙

英国:パレスチナに連帯を示したベテラン議員が議席を失う

■ギャロウェイ氏、英国議会にて議席を失う      【ロンドン:諸通信社】      左派のベテラン、ジョージ・ギャロウェイ氏が昨日(4日)木曜日に行われた英国議会選挙で、イングランド北部の町ロッチデールにて労働党の候補者に敗れ、議席を失った。      ギャロウェイ氏はロッチデール選出の議員の死去を受けて行われた補欠選挙にて勝利して以来4ヵ月間のみ議席を保持したことになる。      今年3月、パレスチナと連帯するキャンペーンを同氏が掲げたことが町のイスラム教徒の票を獲得につながり、勝利を後押 全文をよむ

  • 2024-07-05
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:イスラエル軍司令官らが兵士らの疲労について警告(4)

■ガザ地区で展開しているイスラエルの4部隊の司令官らはネタニヤフ首相に対して、「我々の兵士らが過労に苦しんでいる」と語る。      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      同様に同協会は、政治レベル・軍事レベル間の対話に精通している匿名の複数筋の話として、「政治指導者らは、イスラエルが7月中に戦争の第3段階に段階的に移行する予定だと確認した」と伝えた。      さらにイスラエル軍は第3段階において「フィラデルフィア回廊一帯や、ガザ地区を分断するネツァリム回廊に部隊を残しておき、さらに 全文をよむ

  • 2024-07-03
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:イスラエル軍司令官らが兵士らの疲労について警告(3)

■ガザ地区で展開しているイスラエルの4部隊の司令官らはネタニヤフ首相に対して、「我々の兵士らが過労に苦しんでいる」と語る。      【占領下エルサレム:アナトリア通信】            イスラエル放送協会は匿名の複数筋を引用して、「ハマースに所属するラファフ旅団は、政治レベル(政府)が民衆に宣伝しようとしているほど悪くはない」と伝えた。      さらに同協会は、「ラファフ旅団の戦闘員数は3千人を少し超えるほどだが、彼らの多くは旅団の将来的な能力を保つために街を去った」と続けた。     全文をよむ

  • 2024-07-03
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:イスラエル軍司令官らが兵士らの疲労について警告(2)

■ガザ地区で展開しているイスラエルの4部隊の司令官らはネタニヤフ首相に対して、「我々の兵士らが過労に苦しんでいる」と語る。      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      ハマースは連日のようにガザ地区の各地におけるイスラエル兵らの殺傷や軍用車両の破壊について発表し、時にはイスラエルに対してロケット弾を発射し、自らの作戦の一部を記録した動画を放映している。      イスラエル放送協会によると、「今週始め、4人の司令官らがネタニヤフ首相と面会し、戦争開始から9か月が経ったなかで兵士らに 全文をよむ

  • 2024-07-03
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:イスラエル軍司令官らが兵士らの疲労について警告(1)

■ガザ地区で展開しているイスラエルの4部隊の司令官らはネタニヤフ首相に対して、「我々の兵士らが過労に苦しんでいる」と語る。      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      ガザ地区に展開しているイスラエル軍の4部隊の司令官らは水曜日(3日)、昨年10月7日から続いている戦争の影響で兵士らに疲労が見え始めたと警告した。      イスラエルのガザ地区に対する戦争は米国の絶対的な支援のもとで、大規模な破壊や数十人の子供の命を奪った飢餓を引き起こすとともに、その大半が子供や女性である12万5 全文をよむ

  • 2024-07-03
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:フーシ派が紅海で新型無人船による攻撃を示唆

■イエメン:商船が紅海で「事故」に遭遇、フーシ派が無人船「破壊の洪水」を発表、米国特使は地域視察を開始      【アデン:本紙】      米国務省がティム・レンダーキング駐イエメン特使が今週サウジアラビアとオマーンを訪問し紅海でのフーシ派の攻撃について協議することを発表している中、英海事当局によると、昨日日曜日、イエメンのモカ港の南西13海里地点で商船が「事故」に巻き込まれた。      アンサール・アッラー(フーシ派)の勢力は、「大きな破壊力」と「高度な技術」を持つ無人船を発表しており、先 全文をよむ

  • 2024-07-01
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:イスラエル軍による捕虜の「人間の盾」としての利用は戦争犯罪である

■ハマース:(イスラエル)占領軍による捕虜の「人間の盾」としての利用は「戦争犯罪であり裁かれなければならない」      【ガザ:諸通信社】      ハマースは6月30日(日)、イスラエル占領軍がガザ地区での軍事作戦中にパレスチナ人捕虜を「人間の盾」として利用したことを「完全な戦争犯罪」とみなし、裁判を要求した。      これはカタールのアルジャズィーラ・チャンネルが公開した、イスラエル占領軍がガザ地区でパレスチナ人勾留者を盾として利用している写真についてのコメントとして、ハマース政治局員イ 全文をよむ

  • 2024-07-01
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:シーシー大統領「エジプトはパレスチナの兄弟に関して決して沈黙することはなかった」

■シーシー大統領:エジプトは全力と決意をもってパレスチナの兄弟たちへの支援について話す以前から、決して沈黙することはなかった      【カイロ:本紙】      アブドゥルファッターフ・シーシー大統領は次のように述べた。「エジプトの誇り高き国民の皆さん、地域における直近の危険な変化について周知されていることでしょう。またガザ地区における、人道的な良心が欠如した残忍なイスラエルの戦争で、国際社会はそれについて沈黙し、多数の無実の犠牲者や避難民、苦しむ人々から目を背けたこともご存じのことでしょう。 全文をよむ

  • 2024-06-30
  • Al-Ahram紙

エジプト:6月30日の革命記念日に際して、シーシー大統領が苦境の渦中にいる国民に対して演説

■6月30日の革命記念日に際して、シーシー大統領が苦しむエジプト国民に対して演説      【カイロ:本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・シーシー大統領は次のように述べた。「偉大なエジプト国民のなかの名誉ある闘士たちに対して、私は言葉を伝えます」。      「私はあなたたち苦しみの程度を完全に理解しており、私にとっての主要な関心事と新政府の最優先事項は、その苦しみを和らげ、より多くの雇用機会を創出し、エジプトの全ての名誉ある人々にとってより良い未来を築くことです」。      全文をよむ

  • 2024-06-30
  • Al-Ahram紙

シリア:イスラーム国は2019年以降約4000人のシリア人を殺害(3)

■「敗北」から5年後も「ダーイシュ」は4000人のシリア人を殺害      【本紙】      一方でSOHRによると、ダーイシュにも甚大な損害が引き起こされている。実際に、2019年にダーイシュが形式的に崩壊を宣言してから現在まで、同組織の構成員や幹部ら2063人以上が殺害された。      国連は1月に公表された報告書で、国連の推計によればダーイシュはいまだにイラクとシリアで3000~5000人の戦闘員を有していると述べた。2011年にシリアでぼっ発した残虐な紛争が原因で、50万人以上が死亡 全文をよむ

  • 2024-06-30
  • al-Mudun紙

シリア:イスラーム国は2019年以降約4000人のシリア人を殺害(2)

■「敗北」から5年後も「ダーイシュ」は4000人のシリア人を殺害      【本紙】      SOHRは、ダーイシュが「シリア政府やSDFの勢力地域内で2500以上の作戦によって民間人と軍人ら4085人を殺害した」と指摘したうえで、「犠牲者の大半は、政府軍やそれに近い民兵、SDFの戦闘員であった」ことに着目しつつ、「この総計は627人の民間人も含んでいる」と付言した。      犠牲者の総数は4085人に達し、その半数以上がダマスカス郊外からイラク国境に広がるシリアの砂漠地帯で殺害された。また 全文をよむ

  • 2024-06-30
  • al-Mudun紙

シリア:イスラーム国は2019年以降約4000人のシリア人を殺害(1)

■「敗北」から5年後も「ダーイシュ」は4000人のシリア人を殺害      【本紙】      「シリア人権監視団(SOHR)」によると、ダーイシュ(イスラーム国)は2019年にシリアで最後の要地を失って以降、4000人以上のシリア人を殺害した。犠牲者の大半を政府軍とその同盟部隊の構成員が占め、627人が民間人であった。      ダーイシュは2014年にイラクおよびシリアで広大な地域を支配したのち、相次いで敗北を喫していた。クルド人主導で米国が支援する「シリア民主軍(SDF)」は2019年3月 全文をよむ

  • 2024-06-30
  • al-Mudun紙

サウジアラビア:レバノンに滞在中の自国民に退去を要請

■サウジアラビア政府はレバノンにいる自国民に即時退去を促す      【リヤド:DPI通信】      サウジアラビアは土曜日、レバノンにいる自国民に対し直ちに同国から退去するよう呼びかけた。      在レバノン・サウジ大使館は土曜日の声明で、同大使館が「レバノン南部付近で起きている事態の当面の進展を見守っている」としつつ、すべてのサウジアラビア国民に対しレバノンへの渡航禁止にかかわる以前の決定に従うようあらためて呼びかけた。      同大使館は土曜日にプラットフォーム「X」に掲載された声明 全文をよむ

  • 2024-06-29
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:イスラエル紙がガザでの停戦協定に関して新たに生じた立場について報道(2)

■イスラエル紙:「ガザ停戦と北部での戦争防止に関して、今後の数日が極めて重要となる」      【本紙】      イェディオト・アハロノト紙によると、「この追加の試みは、イスラエル軍がラファフに進軍しており、北部における『ヒズブッラー』との戦争を防ぐことが目的といわれる軍事作戦第3段階への移行が予想されているなかで生じたものである」という。      同紙は、「ガザ地区におけるフェーズCへの移行が北部での戦争を防ぎ、取引への経路を開く可能性があるというイスラエルの見立て」に関するニュースを報じ 全文をよむ

  • 2024-06-29
  • Al-Nahar紙

ガザ:イスラエル紙がガザでの停戦協定に関して新たに生じた立場について報道(1)

■イスラエル紙:「ガザ停戦と北部での戦争防止に関して、今後の数日が極めて重要となる」      【本紙】      ハマースとイスラエルの交渉が決裂し、ガザとレバノンでの情勢激化が全面戦争に突入する瀬戸際に達してから数週間後、イスラエルの『イェディオト・アハロノト」紙は事情に通じた複数筋の発言を引用しつつ、停戦協定に関して新たに生じた立場について報じた。      イスラエルの複数筋は、「ガザでの停戦や、ハマースとの捕虜交換協定に関して、今後の数日が極めて重要だ」と述べた。      同複数筋は 全文をよむ

  • 2024-06-29
  • Al-Nahar紙

ガザ:エジプト赤新月社から大量のガザ支援物資に被害が出ているとの報告(2)

◼︎エジプト:天候と占領軍のかたくなな態度により大量のガザ支援物資に被害      【カイロ:本紙】      同キャンペーンの調整担当メンバーであるアブドゥルアズィーズ・フサイニー氏によると、キャンペーンは、ガザの住民のための食糧輸送団を組織するための現物寄付の受領を開始したという。      5月下旬、エジプトのアブドゥルファッターフ・シーシー大統領とアメリカのジョー・バイデン大統領は、パレスチナ側からラファフ通行所を再開するメカニズムが形成されるまで、人道支援物資と燃料を、一時的にケレム・ 全文をよむ

  • 2024-06-28
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:エジプト赤新月社から大量のガザ支援物資に被害が出ているとの報告(1)

◼︎エジプト:天候と占領軍のかたくなな態度により大量のガザ支援物資に被害      【カイロ:本紙】      エジプト赤新月社北シナイ支部の公式筋が『クドス・アラビー』に語ったところによると、5月7日にイスラエル軍がパレスチナの都市ラファフに侵攻、同市を占領し、ラファフ通行所のパレスチナ側を掌握して以来、食糧・医療支援物資がガザに入っていないために、その大部分が毀損された。      同筋によると、イスラエル側が、支援物資がケレム・シャローム通行所を通過することをかたくなに拒否しているなか、さ 全文をよむ

  • 2024-06-28
  • al-Quds al-Arabi紙

イラン:大統領選挙の開票が始まるなか、正体不明の武装集団が投票箱を積んだ車両を襲撃

■大統領選挙の開票が始まるなか、正体不明の武装集団が投票箱を積んだ車両を襲撃      【テヘラン:諸通信社】      第14回大統領選挙における投票が終わり、イラン当局は有権者の票の集計を開始した。投票は国全土で3度にわたって延長され、計18時間に及んだ。      国家選挙管理委員会のモフセン・エスラーミー報道官は報道声明で、投票は現地時間0時ちょうど(GMT+3:30)に終了したと発表した。      イラン国営通信(IRNA)は、関係当局が投票締め切り後に選挙の票の集計を開始したと報じ 全文をよむ

  • 2024-06-28
  • al-Quds al-Arabi紙

米国:トランプ氏、討論会後バージニア州での大規模な選挙集会で「馬鹿な」バイデン氏を批判

■トランプ氏、討論会後バージニア州での大規模な選挙集会で「馬鹿な」バイデン氏を批判      【バージニア:本紙】      ドナルド・トランプ前大統領は金曜、広く批判にさらされている討論会でのバイデン大統領のパフォーマンスを非難し、これが未断の有権者たちの方向性を自身に向けて動かす「重要な瞬間」になりうると指摘した。      トランプ氏は2004年以来共和党の大統領候補者が勝利を収めていないバージニア州で支持者らを結集した。しかし同氏の支持者らはその際、11月に「勝負がつく」と宣言した。   全文をよむ

  • 2024-06-28
  • al-Quds al-Arabi紙

モロッコ:国際スポーツイベントの主催に向けた宿泊施設の近代化プログラムを始動

■モロッコはアフリカ・ワールドカップに先立ちホテルの近代化プログラムを開始      【ラバト:アナトリア通信】      モロッコは水曜、2025年のアフリカネイションズカップと2030年のFIFAワールドカップに備え、ホテル部門の近代化プログラムを打ち出した。このプログラムは1千万ドルに相当するホテルへの融資を基礎としており、またその利息の全額を国が負担する。      モロッコ観光省の声明によると、この措置は「2025年のアフリカネイションズカップや2030年のFIFAワールドカップなど、 全文をよむ

  • 2024-06-27
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:兵員不足が問題視されるなか、最高裁判決は超正統派からの徴兵を可能に(5)

■ドイツ紙:イスラエル軍は深刻な兵員不足に直面している      【ベルリン:本紙】      ハンデルスブラット紙によると、テルアビブの多くの軍事専門家らは、10月7日により多くの地上部隊がいれば、強固な戦線を形成することができただろうと考えている。同様に彼らは、それがガザ地区全体での同時的かつ包括的な攻撃を可能にしていたかもしれないとも考えている。さらに彼らは、10月7日にイスラエルに対して行われた攻撃やネタニヤフ政権が決定した激しい反撃は軍司令部にとって予期せぬものであり、当時の軍部隊はこ 全文をよむ

  • 2024-06-27
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:兵員不足が問題視されるなか、最高裁判決は超正統派からの徴兵を可能に(4)

■ドイツ紙:イスラエル軍は深刻な兵員不足に直面している      【ベルリン:本紙】      過去数十年にわたってイスラエル軍は、正規兵および予備役の数を大幅に削減してきた。「この政策は潜在的な脅威に対する誤った評価を反映していた」。テルアビブ近郊にあるバル=イラン大学のベギン・サーダート戦略研究センターのエイタン・シャーミル所長は言う。また同所長は、「約17万人の兵士が予備役から除隊された。軍司令部が彼らはもはや必要ではないと決定したためだ」と述べた。      しかし現在の戦争は、これが大 全文をよむ

  • 2024-06-27
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:兵員不足が問題視されるなか、最高裁判決は超正統派からの徴兵を可能に(3)

■ドイツ紙:イスラエル軍は深刻な兵員不足に直面している      【ベルリン:本紙】      以前の法律は、全日制の宗教学校で学ぶ若者らを兵役から免除していた。しかし現在この法的例外は終わり、裁判所は負担の公平な分担が求められる現行の厳しい戦争のもとでは、このような例外はもはや容認されないと指摘した。      最初のステップとして、軍は超正統派から3千人を徴兵する予定だ。しかしガリー・バハラフ・ミアラ司法長官は、このステップは社会全体に対する負担の公平な分担を保証するものではないと強調した。 全文をよむ

  • 2024-06-27
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:兵員不足が問題視されるなか、最高裁判決は超正統派からの徴兵を可能に(2)

■ドイツ紙:イスラエル軍は深刻な兵員不足に直面している      【ベルリン:本紙】      さらに政府は、予備役の定年年齢の引き上げを規定する新たな法律を準備している。この法案では、予備役の免除年齢を兵士の場合は40歳から41歳に引き上げ、将校の場合は45歳から46歳に引き上げることが提案されている。            ハンデルスブラット紙の報告は、ユダヤ教超正統派を軍隊へ参加させる新たな決定について指摘している。そして今週、最高裁は全会一致で、ユダヤ教宗教学校にいる超正統派の学生らを兵 全文をよむ

  • 2024-06-27
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:兵員不足が問題視されるなか、最高裁判決は超正統派からの徴兵を可能に(1)

■ドイツ紙:イスラエル軍は深刻な兵員不足に直面している      【ベルリン:本紙】      ドイツ紙『ハンデルスブラット』は「現行の危機のなかで、イスラエル軍は25,000~50,000人規模と推定される深刻な兵員不足に苦しんでいる」と伝えた。      同紙の報告はヨハーナン・ベン・ヤコブ元軍報道官がインタビューで語った内容にもとづき、「専門家らは、ガザ地区とレバノンの両戦線で同時に武力紛争が勃発するとは予期しておらず、軍の要員需要を誤って推定した」と指摘し、「10月7日以降、少なくとも男 全文をよむ

  • 2024-06-27
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエルがカフルシューバーの家屋を攻撃し、ヒズブッラーは報復攻撃

■イスラエルがカフルシューバーの家屋を攻撃…レバノンを潜在的な戦争から守るための継続的な外交努力      【本紙】      南部戦線での容赦ない戦闘激化を踏まえ、レバノンを潜在的な戦争の影響から守るための外交努力が続いている。      アブドゥッラー・ブーハビーブ外務大臣がベルギー、米国、カナダの当局を訪問するなか、南部戦線は依然として激化しており、イスラエルはカフルシューバーにある家屋を空襲し、その結果大規模な火災が発生した。      本紙の特派員が付言したところによると、カフルシュー 全文をよむ

  • 2024-06-26
  • Al-Nahar紙

ガザ:占領軍が食糧配給センターを破壊(2)

◼︎ガザ: 占領軍が食糧配給センターを破壊...21,000人の子どもたちが今なお行方不明に      【ガザ:本紙】      保健省はジャアファラーウィー氏を追悼し、「動詞と同氏とともに働く救急隊員らは、あらゆる国際条約や条約を無視するイスラエルの砲撃や脅威にもかかわらず、24時間体制で死傷者らを避難させるという人道的義務を遂行し、不屈の精神、決意、犠牲の確固たる模範を示した」と述べた。      また国際組織「セーブ・ザ・チルドレン」は、ガザでは約21,000人の子どもたちが瓦礫の下に残さ 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:占領軍が食糧配給センターを破壊(1)

◼︎ガザ: 占領軍が食糧配給センターを破壊...21,000人の子どもたちが今なお行方不明に      【ガザ:本紙】      月曜日、ガザ地区で飢餓状態が悪化し、避難民らが消費期限切れの食糧を食べて食中毒を起こすなか、イスラエル占領軍はガザのいくつかの地域を攻撃し、多数の防衛隊員を含む死者を出した。      占領軍の戦闘機がハーン・ユーニス市東部にいた民間人の集団を爆撃し、彼らのうち7人が死亡し、多数人が負傷した。占領軍は具体的にはバニー・スハイラー交差点で民間人らを攻撃し、死傷者らは同市 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

チュニジア:サイード大統領がチュニジア軍の能力開発を呼びかけ

■サイード大統領はチュニジア軍の能力開発を呼びかけ、領土内に外国の軍事基地を設置することに対する自国の拒否を確認      【チュニス:本紙】      チュニジアのカイス・サイード大統領は、チュニジア軍の能力開発を呼びかけると同時に、領土内に外国の軍事基地を設置することに対する自国の拒否を強調した。またサイード氏はチュニジア軍創設68周年を祝うパレードを指揮した際、軍が国を守るために払っている努力を称賛し、「国家集団全体がインフラ、武装用品、専門や階級を問わない全ての軍要員といった面での軍事能 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ヨルダン川西岸を「イスラエルの不可分な領土」にする計画(2)

■ボレル:イスラエルはヨルダン川西岸を段階的に併合する明確な意図を持っている      【ロンドン:アナトリア通信】      国際連合は占領地での入植活動を違法とみなし、これが(パレスチナとイスラエルの)二国家解決の原則に基づく紛争解決の可能性を損なうと警告しており、何十年間にわたってその停止を求めてきたが、これらはいずれも無駄に終わった。      10月7日以来のガザへの破壊的な戦争と同時に、イスラエル軍はヨルダン川西岸での突入や軍事作戦を拡大した。ガザ地区保健省のデータによると、これによ 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ヨルダン川西岸を「イスラエルの不可分な領土」にする計画(1)

■ボレル:イスラエルはヨルダン川西岸を段階的に併合する明確な意図を持っている      【ロンドン:アナトリア通信】      欧州連合の外務・安全保障政策上級代表であるジョセップ・ボレル氏は、イスラエルが占領下のヨルダン川西岸を段階的に併合する明確な意図を持っていると警告し、これが「平和につながることはない」と述べた。      ボレル氏は月曜日、ルクセンブルクで行われたEU外相級会合ののちの記者会見で次のように述べた。「イスラエルにはヨルダン川西岸を段階的に併合する明確な意図があるように見え 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ラファフ市での限定的な作戦停止を示唆(3)

■ネタニヤフ首相:「暴力的な」段階の戦争は終了間近である      【本紙】      さらに同首相はこの声明のなかで、米国による武器供与停止は「劇的だった」と述べたうえで、自国が保有するもので戦争を継続する可能性を示唆したが、さらなる米国の武器の獲得が望ましいとした。      米国は供与した爆弾が人口密集地域に引き起こしうる影響を懸念して、イスラエルに対する2000ラトルおよび500ラトル相当の爆弾を積んだ貨物の供与を中断したが、イスラエルが今後米国の武器を数十億ドルで入手することはいまだ決 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Mudun紙

イスラエル:ラファフ市での限定的な作戦停止を示唆(2)

■ネタニヤフ首相:「暴力的な」段階の戦争は終了間近である      【本紙】      さらに同首相は自身が「地元のパレスチナ人らの協力のもとで民政を確立することを望んでいる」と説明したうえで、「ガザ地区への再入植は現実的なことではない」と指摘した。      そして同首相は、イスラエルが「ハマース、レバノンのヒズブッラー、イエメンのフースィー派のほかイラク、シリア、ヨルダン川西岸地区、イランにいる武装諸派」との計7戦線における戦争に乗り出していると付言した。      相互人質交換の取引に関し 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Mudun紙

イスラエル:ラファフ市での限定的な作戦停止を示唆(1)

■ネタニヤフ首相:「暴力的な」段階の戦争は終了間近である      【本紙】      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は日曜日(23日)、自国軍が地上戦を仕掛けているガザ地区ラファフ市での「暴力的な」戦闘は「終了間近」になったと述べた。      ネタニヤフ首相は日曜日夕方、イスラエルの「チャンネル14」によるインタビューのなかで、「ハマースに対する戦闘の暴力的な段階は終了間近だ。このことは戦争が終結間近だということを意味しないが、暴力的な段階にあるラファフ市での戦争は終了間近である」と 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Mudun紙

ガザ: 戦車とドローンに包囲され、新しい住居を奪われる市民たち(2)

■ガザ:ジェノサイドにより新しい住居を奪われた殉教者たち… ラファは戦車とドローンに包囲される      【ガザ:本紙】      ラファでは、イスラエル占領軍の戦車がラファ北西部の避難民用テントがあるマワーシー地区郊外まで進軍した。      関係者によると、イスラエル占領軍とハマース勢力との間で激しい衝突が起きた。      戦車とドローン(クワッドコプター)がラファを四方八方から包囲しているなか、遺体は市北部のタル・アッ=スルターン地区とウライバ地区をはじめとした数カ所の道路に遺棄されてい 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ: 戦車とドローンに包囲され、新しい住居を奪われる市民たち(1)

■ガザ:ジェノサイドにより新しい住居を奪われた殉教者たち… ラファは戦車とドローンに包囲される      【ガザ:本紙】      イスラエル軍はガザ地区各地、特に住宅への爆撃を止めず、死傷者が発生している。ラファ(ラファフ)では戦車とドローンによる包囲、家屋の爆破が見られた。      ガザ市南部サブラ地区の住宅を狙った爆撃では、10人の死者と多数の負傷者が出た。      パレスチナ国営通信『ワファー』は地元からの情報として、「占領軍の戦闘機が近隣の住宅を標的とし、住民8人が死亡、数十人が負 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

スーダン:内戦の激化、AUが調停試み

■スーダン:首都での戦闘激化に伴い、アフリカ連合(AU)はブルハーン議長とダカルー氏(通称ヘメッティ)の会合を直ちに行うよう呼びかけ      【ハルツーム:本紙】      スーダンの首都ハルツームでは、数日前に暫定主権評議会のヤースィル・アター将軍が市内中心部にある国軍総合指令本部の包囲を解除する準備を進めていると発表したことを受け軍事衝突が激化しており、国軍による空爆や砲撃の応酬が増加する中、装甲・通信両部隊駐留地での攻撃も新たに発生している。      事態を受けて、アフリカ連合はスーダ 全文をよむ

  • 2024-06-24
  • al-Quds al-Arabi紙

スーダン:国境なき医師団、北ダルフール紛争での医療施設への攻撃を強く非難、医療活動の安全確保を要求(2)

■国境なき医師団:スーダンのファーシルで260人が死亡、1630人が負傷      【スーダン:アナトリア通信】      そして(彼は)、「医療施設が意図的に狙われているかどうかは不明だが、医療施設は常に尊重され、保護されなければならない。民間人は包囲され、逃れることすらできない。彼らの保護と必要な治療提供の確保が不可欠である」と続けた。      MSFは5月26日、ファーシルでスーダン軍(SAF)とRSFの戦闘が激化して以来、市内での死亡者数が134人に達したと発表した。      ダルフ 全文をよむ

  • 2024-06-23
  • al-Quds al-Arabi紙

スーダン:国境なき医師団、北ダルフール紛争での医療施設への攻撃を強く非難、医療活動の安全確保を要求(1)

■国境なき医師団:スーダンのファーシルで260人が死亡、1630人が負傷      【スーダン:アナトリア通信】      国際医療組織「国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF)」日曜日、「スーダン西部の北ダルフール州の州都ファーシルで、約6週間前に激しい戦闘があって以来、260人が死亡、1630人以上が負傷した」と発表した。      MSFはX上で「国連安全保障理事会(国連安保理)がスーダンのファーシルでの戦闘停止を呼びかけてから9日が経過したが、戦闘は依然 全文をよむ

  • 2024-06-23
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:イスラエルの入植者が西岸のベドウィン集落を2日にわたり襲撃(2)

■2日にわたる襲撃…イスラエル入植者がヨルダン川西岸のパレスチナ人の集落を襲撃      【ラマッラ:諸通信社】      バイダル機構は土曜日(22日)にも、入植者らが同一集落内の住宅や羊小屋を襲撃したと発表した。      同機構は、入植者らが「盗まれた羊を捜索するという口実のもと、群落の住民である市民ザフラーン氏とジャラール・ラシャーイダ氏が所有する家屋や羊小屋を襲撃し、小屋や家屋を捜索した」と付け加えた。      同機構はさらに、「この襲撃を主導したのは、アル=オージャにおいてパレスチ 全文をよむ

  • 2024-06-23
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:イスラエルの入植者が西岸のベドウィン集落を2日にわたり襲撃(1)

■2日にわたる襲撃…イスラエル入植者がヨルダン川西岸のパレスチナ人の集落を襲撃      【ラマッラ:諸通信社】      日曜日(23日)、イスラエルの入植者がヨルダン川西岸地区東部のイェリコ市近郊に位置するパレスチナ人の牧畜集落を2日連続で襲撃し、羊10頭を横奪した。      ベドウィン権利保護バイダル機構(市民団体)によると、イスラエルの入植者はイェリコ北部のラアス・アイン・アル=オージャ地区をここ2日間で2回襲撃したという。      同機構は、襲撃は家畜小屋の襲撃や羊複数匹の横奪を含 全文をよむ

  • 2024-06-23
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:ヒズブッラーが偵察画像を用いてイスラエルを牽制(2)

■ヒズブッラーは「限度のない」戦争によってイスラエルを脅迫      【ベイルート:アナトリア通信】      先週火曜日(18日)、ヒズブッラーは無人機の派遣を伴った「ヤツガシラ」作戦の実行を明かしたが、この無人機はイスラエル北部、特にハイファ市から複数の機密写真をもって帰還した。      さらに同組織は、無人機が撮影したイスラエル北部の諸地域の正確な測定を含むビデオクリップを公開したうえで、自身の無人機が同国の防空システムを越えることができ、発見されることも撃墜されることもなく帰還したと述 全文をよむ

  • 2024-06-23
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:ヒズブッラーが偵察画像を用いてイスラエルを牽制(1)

■ヒズブッラーは「限度のない」戦争によってイスラエルを脅迫      【ベイルート:アナトリア通信】      ヒズブッラーは土曜日(22日)夕方、イスラエルがレバノンとの戦争へ突入すると決定した場合には、イスラエルに「統制も、ルールも、限度もない」戦争を仕掛けると脅迫した。      これはヒズブッラー管轄の「戦争メディア」が『関係者へ』と題して公開したプロパガンダ動画のなかで語られた。      この動画には、ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長による以前のテレビ放送済みの発言の一部が含 全文をよむ

  • 2024-06-23
  • al-Quds al-Arabi紙

キプロス:ヒズブッラーの想定するキプロス内の攻撃目標が報じられる(3)

■ナスルッラー氏による警告後…イスラエルのレポートがヒズブッラーの想定しているキプロス内の攻撃目標を明かす      【ベイルート:本紙】      英軍基地      キプロスにおけるもっとも重要な空軍関係の攻撃目標の一つとしては、キプロス南部のレメソスの近くに位置するイギリス王立空軍に属する「アクロティリ基地」も挙げられる。      アクロティリ基地は英軍専用の基地であり、キプロス空軍に関連する活動には使用されないとされる。      そしてこの基地は英軍が地中海地域で運用している唯一の基 全文をよむ

  • 2024-06-22
  • Al-Nahar紙

キプロス:ヒズブッラーの想定するキプロス内の攻撃目標が報じられる(2)

■ナスルッラー氏による警告後…イスラエルのレポートがヒズブッラーの想定しているキプロス内の攻撃目標を明かす      【ベイルート:本紙】      パフォス基地      レポートが明らかにしたところによると、「パフォス空軍基地」がキプロスにおける最大かつもっとも重要な基地であり、ここには空軍の主要な航空インフラが存在するほか、通信分野に関連する多くの部隊が駐留しているという。      チャンネル12は、同基地のほかにも攻撃目標となりうる対象として、ニコシアの南西部に位置するラカタミア郊外の 全文をよむ

  • 2024-06-22
  • Al-Nahar紙

キプロス:ヒズブッラーの想定するキプロス内の攻撃目標が報じられる(1)

■ナスルッラー氏による警告後…イスラエルのレポートがヒズブッラーの想定しているキプロス内の攻撃目標を明かす      【ベイルート:本紙】      ヘブライ語メディアの「チャンネル12」は、ヒズブッラーのナスルッラー書記長が警告を行ったことを受け、もしキプロスがレバノンへ攻撃するための空港や軍事基地の利用をイスラエルに許可した場合に、ヒズブッラーがキプロス国内で攻撃対象とする可能性のある標的について明らかにした。      同チャンネルは、キプロスの空軍は小規模で強力ではなく、保有している軍事 全文をよむ

  • 2024-06-22
  • Al-Nahar紙

レバノン:なぜキプロスがヒズブッラーに脅されるのか、イラン・米国間会議の結果とは?(4)

■ナスルッラー書記長の「抑止」言説…米国・イラン間の会議は戦争を「延期させる」?      【本紙:ムニール・ラビーウ】      複数の情報は、この会合では「軍事衝突の停止」、「国境地帯からのヒズブッラーの撤退および同域からの重火器の撤去」、またこれらの見返りとして米国が「イスラエルに対して作戦停止に向けた圧力をかけ、イスラエル人らがヒズブッラーの幹部陣に対して行っている殺害作戦の停止を保証すること」など、アモス・ホッホシュタイン米特使がすでに示していた複数の提案について協議がなされたことを明 全文をよむ

  • 2024-06-21
  • al-Mudun紙

レバノン:なぜキプロスがヒズブッラーに脅されるのか、イラン・米国間会議の結果とは?(3)

■ナスルッラー書記長の「抑止」言説…米国・イラン間の会議は戦争を「延期させる」?      【本紙:ムニール・ラビーウ】      ヒズブッラーの確信のなかでは、イスラエル人らは抑制されていた。そして(ナスルッラー氏の)立場が表明されたのち、さらに抑制された。同組織は自身の司令官であるサーミー・ターリブ・アブドゥッラー氏が殺害されたのち、ゴラン高原へ最大規模の攻撃を行っていた。 この攻撃は、イスラエル人らがホッホシュタイン米特使にエスカレーションの停止に向けて行動するよう依頼する動機となった。も 全文をよむ

  • 2024-06-21
  • al-Mudun紙

レバノン:なぜキプロスがヒズブッラーに脅されるのか、イラン・米国間会議の結果とは?(2)

■ナスルッラー書記長の「抑止」言説…米国・イラン間の会議は戦争を「延期させる」?      【本紙:ムニール・ラビーウ】      ナスルッラー氏の脅迫はキプロスにも及んだ。同氏は特にイスラエル人らがキプロスで数々の軍事演習を実施していたとして、その理由を説明した。同氏は同様に、ヒズブッラーがイスラエルの諸空港を攻撃した場合、イスラエル人らがレバノンに攻撃を仕掛けるためにキプロスの空港を使用する可能性があると述べ、これを自身からの警告とした。また情勢をフォローしている複数筋は、ナスルッラー氏によ 全文をよむ

  • 2024-06-21
  • al-Mudun紙

レバノン:なぜキプロスがヒズブッラーに脅されるのか、イラン・米国間会議の結果とは?(1)

■ナスルッラー書記長の「抑止」言説…米国・イラン間の会議は戦争を「延期させる」?      【本紙:ムニール・ラビーウ】      ヒズブッラーは挑戦の上限を取り払った。「アクサーの大洪水」作戦後、ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長が戦場面で、あるいは軍事的にこれほどの明確性をもって現れたのはこれが初めてである。ナスルッラー書記長は支援戦線の継続を強調した一方で、戦争を拡大するためのイスラエルのいかなる試みにも立ち向かう明白な軍事計画を発足した。            特にイスラエルによる 全文をよむ

  • 2024-06-21
  • al-Mudun紙

レバノン:ナスルッラー氏の警告後、キプロスとの外交関係に危機(3)

■ナスルッラー氏の警告後、レバノンとキプロスの外交関係に危機…在ベイルート・キプロス大使館はビザの発行業務を停止      【ベイルート:本紙】      ヒズブッラーやレバノン政府とやり取りをする手段は今もあるのかという質問に対しては、同大統領は「もちろんレバノン政府ともイラン政府とも連絡のチャンネルは存在する」と回答し、「これは外交チャンネルを通じて行われる」と補足した。      さらに同大統領はナスルッラー氏の発表については次のように述べた。「この発表は良いものではないが、キプロスが軍事 全文をよむ

  • 2024-06-20
  • Al-Nahar紙

レバノン:ナスルッラー氏の警告後、キプロスとの外交関係に危機(2)

■ナスルッラー氏の警告後、レバノンとキプロスの外交関係に危機…ベイルートのキプロス大使館はビザの発行を停止      【ベイルート:本紙】      キプロスの大統領が初めてコメント      キプロスのニコス・フリストドゥリディス大統領はナスルッラー氏の警告に対して次のように返答した。「キプロスは戦争には関与していない…そして敵対的な行為にはまったく参加することはない」。      またキプロスの『フィレニュース』紙は昨日の遅い時間に、同大統領の次のような発言を報じた。「キプロス共和国は問題の 全文をよむ

  • 2024-06-20
  • Al-Nahar紙

レバノン:ナスルッラー氏の警告後、キプロスとの外交関係に危機(1)

■ナスルッラー氏の警告後、レバノンとキプロスの外交関係に危機…ベイルートのキプロス大使館はビザの発行を停止      【ベイルート:本紙】      ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、もし全面戦争中にキプロスがイスラエルにレバノン空爆を目的とした自国空港利用を許可した場合、ヒズブッラーがキプロスを攻撃する可能性について警告した。そしてその数時間後、ベイルートのキプロス大使館は閉鎖され、その職員らが業務を停止したという情報が広まった。      本紙が得た情報では、「ベイルートのキプロス 全文をよむ

  • 2024-06-20
  • Al-Nahar紙

米国:米・イスラエル危機が「全面戦争」回避のための外交努力を妨げる(2)

■「ヒズブッラー戦線」がネタニヤフ首相とバイデン大統領の危機を深める…戦争拡大に米国が大きな懸念!      【本紙】      バイデン大統領のチームは、個人的にも、ネタニヤフ首相の発言に怒り、衝撃を受けた。「アクシオス」によれば、ネタニヤフ首相の動画を見た米国当局者の中には、「ネタニヤフ首相が動揺しているようだ」と言った者もいたという。      ネタニヤフ首相の動画は、アモス・ホッホシュタイン米特使のレバノンとイスラエル訪問に合わせて公開された。      また、ネタニヤフ首相とホッホシュ 全文をよむ

  • 2024-06-19
  • Al-Nahar紙

米国:米・イスラエル危機が「全面戦争」回避のための外交努力を妨げる(1)

■「ヒズブッラー戦線」がネタニヤフ首相とバイデン大統領の危機を深める…戦争拡大に米国が大きな懸念!      【本紙】      ジョー・バイデン米大統領とベンヤミン・ネタニヤフ・イスラエル首相の危機は収まらないようだ。むしろ両者の溝は深まりつつある。これまでは、イスラエルによるラファ侵攻やガザへの人道支援物資の搬入阻止が危機の焦点であったが、(今後)イスラエル・ヒズブッラー戦争(の拡大)が、イスラエル・米国両首脳の緊張を深めることになりそうだ。      米国政府高官らはこの件について、米ニュ 全文をよむ

  • 2024-06-19
  • Al-Nahar紙

レバノン:ホッホシュタイン米特使がレバノン政府高官らと面会(3)

■ホッホシュタイン米特使が軍司令官、ビッリー国会議長、ミーカーティー暫定首相、ブーハビーブ外相と会談:最後通牒か      【本紙:レバノン】      ≪ミーカーティー暫定首相と≫      その後ホッホシュタイン特使は、ナジーブ・ミーカーティー暫定首相の官邸へ向かい、同暫定首相と面会した。そのなかで、南部でのエスカレーション軽減の必要性を強調した。そして同特使は面会後、「我々はエスカレーションに歯止めをかける方法を実現するためにともに取り組んでいる」と述べた。      一方でミーカーティー 全文をよむ

  • 2024-06-19
  • al-Mudun紙

レバノン:ホッホシュタイン米特使がレバノン政府高官らと面会(2)

■ホッホシュタイン米特使が軍司令官、ビッリー国会議長、ミーカーティー暫定首相、ブーハビーブ外相と会談:最後通牒か      【本紙:レバノン】      ≪アイン・ティーナ村で≫      ホッホシュタイン特使はヤズラ村からアイン・タイナ村へ移動し、そこでナビーフ・ビッリー国会議長と面会した。面会は約1時間続き、その後同特使は「困難な状況で迎えた犠牲祭おめでとう。これを理由にジョー・バイデン大統領が私をレバノンへ派遣し、ナビーフ・ビッリー議長と素晴らしい会議および協議ができた。その際に我々はレバ 全文をよむ

  • 2024-06-19
  • al-Mudun紙

レバノン:ホッホシュタイン米特使がレバノン政府高官らと面会(1)

■ホッホシュタイン米特使が軍司令官、ビッリー国会議長、ミーカーティー暫定首相、ブーハビーブ外相と会談:最後通牒か      【本紙:レバノン】      アモス・ホッホシュタイン米特使は、レバノンでの会談をヤズラ村から開催し、そこでジョセフ・アウン軍司令官と面会し南部での情勢展開に関して検討した。同会談では、戦域の非拡大を目的に、エスカレーションの軽減の必要性や衝突の継続の防止に焦点があてられた。      なお、米国政府がヒズブッラー・イスラエル軍間の国境付近でのエスカレーション軽減に向けて尽 全文をよむ

  • 2024-06-19
  • al-Mudun紙

レバノン:イスラエルの砲撃により停電(2)

レバノン:イスラエルの砲撃により南部の複数の村で停電      【ベイルート:アナトリア通信】      イスラエル軍は「ヒズブッラーの攻撃により、レバノンおよび地域全体に壊滅的な結果をもたらす可能性がある広範な激化の縁が見えてきている」と警告した。      ヒズブッラーによって状況が激化するのは通常、イスラエルによるヒズブッラーの戦闘部隊幹部の暗殺や、イスラエルの空爆によるレバノン市民の死亡を受けてのことである。      イスラエルは数十年にわたりレバノン領土の南部を占領している。     全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:フーシー派が「軍事行動の停止はイスラエルのガザ侵攻の停止が条件」と表明(2)

■フーシー派:「イスラエルによるガザ侵攻の停止が担保されれば、我々は軍事行動を止める」      【サナア:アナトリア通信】      そして次のように続けた。「我々の要望は公正であり、理性的であり、明白である。ガザへの侵攻を止め、住民の包囲を解け。そうすれば、我々も軍事行動を停止する。」      また次のように補足した。「米国やその同盟国が自分たちの利益に基づいて追及する人権や自由に関する二重規範的な政治を止めるために、イエメンは戦い続ける。これは、人々の自由と権利、尊厳を保障する、包括的で 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:フーシー派が「軍事行動の停止はイスラエルのガザ侵攻の停止が条件」と表明(1)

■フーシー派:「イスラエルによるガザ侵攻の停止が担保されれば、我々は軍事行動を止める」      【サナア:アナトリア通信】      イエメンのフーシー派は火曜(18日)、イスラエルがガザ地区への侵攻を止め、パレスチナ人の包囲を解くことが担保されれば、同組織は紅海やアデン湾での軍事作戦を止めると発表した。      これは同組織の政治部門による声明の中で発表された。一方で前日には、米国政府が「フーシー派テロリストに自らの行動の責任を問う」と脅していた。      フーシー派は声明の中で次のよう 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍がレバノンへの軍事攻撃に同意(3)

■イスラエル軍がレバノンへ攻撃を開始する軍事計画に合意したと発表      【エルサレム:諸通信社】      ホッホシュタイン特使は今日火曜日、レバノン軍の司令官と面会、また、レバノン国民議会の議長でありアマル運動の指導者でもあるナビーフ・ビッリー氏との会談し、その後記者会見を行った。アマル運動はヒズブッラーと同盟関係にある武装組織で、同組織も過去数ヶ月の間にイスラエルへ向けてミサイルを複数発射している。      米国とフランスは、レバノン国境における軍事行動の停止を保証するため、交渉を通じ 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍がレバノンへの軍事攻撃に同意(2)

■イスラエル軍がレバノンへ攻撃を開始する軍事計画に合意したと発表      【エルサレム:諸通信社】      一方、米国のアモス・ホッホシュタイン特使はレバノンを訪問し、緊張状態にある事態の沈静化を図った。これは、ヒズブッラーがハイファへの攻撃の可能性をほのめかし、レバノン南部の国境からの砲撃が激化したことを受けてのものだった。      ガザ地区で進行中の戦争と並行して、ヒズブッラーは8ヶ月にわたりイスラエルと交戦している。そして先週には、幹部の命がイスラエルの攻撃によって奪われたことを受け 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍がレバノンへの軍事攻撃に同意(1)

■イスラエル軍がレバノンへ攻撃を開始する軍事計画に合意したと発表      【エルサレム:諸通信社】      今日火曜日、イスラエル軍はレバノンへの攻撃を開始する軍事計画に合意したことを発表した。ヒズブッラーとイスラエルは双方とも発言を激化させており、戦争の勃発を招く恐れが出てきている。      イスラエル軍は声明で「北部司令部司令官のオリ・ゴルディン少佐と作戦局長のオデド・バシュク少佐は、北部司令部の現状について共同で分析を行った。その中で、レバノンへの軍事攻撃の計画に合意し、戦線における 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:米国と英国が数時間の間にフダイダへ10回攻撃(2)

■フーシー派:米国、英国が数時間の間にフダイダへ10回攻撃      【イエメン:諸通信社】      フダイダ空港はイエメン西部沿岸部にあるフダイダ県の南部に位置していて、空港には全長3kmの滑走路がある。戦争前(9年前に政府とフーシー派の間で戦争が勃発する前)は、同空港には国内線と国際線が就航していたが、現在は紛争の影響で運用を停止している。      またカマラン島は、紅海に位置する島々の中ではイエメン最大の島で、行政上は国の西部の沿岸部にあるフダイダ県に属している。      米国の支援 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:米国と英国が数時間の間にフダイダへ10回攻撃(1)

■フーシー派:米国、英国が数時間の間にフダイダへ10回攻撃      【イエメン:諸通信社】      イエメンのフーシー派は月曜(17日)、イエメン西部のフダイダ県において、米国と英国による攻撃を数時間の内に10回受けたと発表した。      フーシー派傘下のマスィーラ・チャンネルは、短い緊急速報の中で、「米国と英国がフダイダ国際空港を6回攻撃した」と報じた。      また、フーシー派はこの速報に先んじて同日、フダイダ空港が米国と英国による5回の攻撃を受けたほか、沿岸部に位置する同県のカマラ 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエルの砲撃により停電(1)

レバノン:イスラエルの砲撃により南部の複数の村で停電      【ベイルート:アナトリア通信】      月曜日午後、ラッブ・サラースィーンまで達したイスラエルの砲撃によりレバノン南部の複数の村で停電が起きた。      レバノン国営通信は、ラッブ・サラースィーンへのイスラエルによる激しい砲撃について短く報じた。      同通信は「ラッブ・サラースィーンへの攻撃により、タイバ、ダイル・スィルヤーンなどの南部の複数の村で停電が起きた」と明らかにした。      これらの攻撃は、アメリカのアモス・ 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ネタニヤフ首相と米大統領特使、イスラエル・ヒズブッラー間の全面戦争回避に向けた協議

■バイデン大統領特使、ヒズブッラーとの全面戦争回避のためにネタニヤフ首相と会談      【テルアビブ、ワシントン:諸通信社】      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は月曜日、アモス・ホッホシュタイン米大統領特使とイスラエル・ヒズブッラーの緊張関係について会談した。      イスラエルのニュースチャンネル「i24 News」は、「会議には、ロン・デルメル戦略問題相、ツァチ・ブレイバーマン内閣官房長官、ロマン・ゴフマン首相軍事秘書官、オフィル・フォーク政策顧問、ステファニー・ハレット駐 全文をよむ

  • 2024-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:アサド大統領がアスマー夫人の病気に言及(3)

■バッシャール・アサド大統領、妻が患った2度目のがんについて初めてコメント      【本紙】      アスマー氏は2018年にも乳がんにかかったことを公表しており、その時の病気はシリアの体制のプロパガンダに組み込まれた。夫であるバッシャール・アサド大統領に寄り添われながら、軍病院で治療を受けている妻の様子が撮影され、その枠組みのなかで「復興しつつあるシリア」のイメージが発信された。      2019年にはアスマー氏はシリアのテレビ番組によるインタビューで、がんの克服を発表した。彼女は2人の 全文をよむ

  • 2024-06-17
  • al-Mudun紙

シリア:アサド大統領がアスマー夫人の病気に言及(2)

■バッシャール・アサド大統領、妻が患った2度目のがんについて初めてコメント      【本紙】      アサド大統領は続けて、「戦争中のシリアの家族を見れば、病気であれ家族の一員を失ったことによるものであれ、彼らの多くはより困難な状況に置かれている」と述べ、「普通の人間はほとんどの場合、自分自身になんらかの災難が降りかかった時、他人に対してより共感する」と強調した。      そして同大統領は妻の精神力は高いと強調し、「多くのシリア人の祈りが家族全体に大きな影響を与えた」と明かした。さらに「患 全文をよむ

  • 2024-06-17
  • al-Mudun紙

シリア:アサド大統領がアスマー夫人の病気に言及(1)

■バッシャール・アサド大統領、妻が患った2度目のがんについて初めてコメント      【本紙】      シリアのバッシャール・アサド大統領は、シリア大統領府によってそれが公式に発表されてから約一か月後、妻のアスマー氏が病気を患っていることに初めて言及した。      SNSプラットフォーム上に投稿されたビデオのなかでは、アサド大統領がダマスカスでのイード・アドハーの礼拝の間に現れ、彼を取り囲む宗教家のうちの1人によって投げかけられたアスマー・アサド氏の健康状態についての質問に答える姿が映し出さ 全文をよむ

  • 2024-06-17
  • al-Mudun紙

レバノン:ジャアファル・ファドゥルッラー尊師、政治家が行動を起こせば、初めて国家が建設される

■ファドゥルッラー尊師:政治家たちが深層で課題に対応することでのみ、祖国を建設することができる      【本紙】         ジャアファル・ファドゥルッラー尊師は、「レバノンで政治と政治家たちが行動を起こし、表面上ではなく深層から課題に対応すれば、祖国を築き、国民と歴史にふさわしい国家を樹立することできる」と説いた。      ファドゥルッラー尊師は、ベイルート南部のハレト・フレイク地区にあるイマーマイン・ハサナイン・モスクで、大勢の礼拝者の前にしてイード・アドハー(犠牲祭)のフトバ(説教 全文をよむ

  • 2024-06-16
  • Al-Nahar紙

モロッコ:非政府系組織が「イード期間中もパレスチナ問題を忘れない」よう呼びかけ(2)

■モロッコの非政府系組織がイード期間中もパレスチナ問題を念頭に置くように呼びかける      【ラバト:アナトリア通信】      加えて同局は「SNS上でパレスチナに関する内容を拡散し、飲食に関わる拡散は行わず、この状況下での拡散が適切でないものに関して配慮する必要性」について指摘した。      さらにこの声明は「パレスチナ人支援において連帯を継続する必要性」を指摘した。      2023年10月7日以降、イスラエルはガザに対して戦争を行っている。そして児童らや高齢者らの命を奪った恐ろしい 全文をよむ

  • 2024-06-15
  • al-Quds al-Arabi紙

モロッコ:非政府系組織が「イード期間中もパレスチナ問題を忘れない」よう呼びかけ(1)

■モロッコの非政府系組織がイード期間中もパレスチナ問題を念頭に置くように呼びかける      【ラバト:アナトリア通信】      モロッコ民族問題支援局は土曜日、ガザ地区に対するイスラエルの戦争が継続している状況下で、イード期間中もパレスチナ問題を念頭に置くように呼びかけた。      非政府系である同局は声明のなかで、「我々のイードをあなたたちの支援でさらに偉大に」というスローガンのもと「ガザを支援するためにイード期間中に多くの活動を組織すること」を呼びかけた。      イスラーム問題・ワ 全文をよむ

  • 2024-06-15
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザの子ども10人に9人が栄養不足 (3)

■ガザの子ども10人中9人が栄養不足にさらされている      【ガザ:本紙】      ガザ政府広報局によると、ガザ地区では、イスラエルの占領政策による飢餓、ミルクや食料の不足、栄養補助食品の不足、予防接種の妨害などにより、5歳未満の幼児3500人以上が徐々に死亡する危険にさらされているという。      そして同局は、これらの幼児は体の構造に影響を及ぼすほどの極度の栄養失調に苦しんでおり、感染症に感染して命を落としたり、成長が遅れたり、生存が脅かされる危険性が実際にあると説明した。      全文をよむ

  • 2024-06-12
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザの子ども10人に9人が栄養不足 (2)

■ガザの子ども10人中9人が栄養不足にさらされている      【ガザ:本紙】      また、「これは、家族が子どもの栄養ニーズを満たすのにかかっている制約や紛争の恐ろしい影響の証拠、そして命を脅かす栄養不良の危険に子どもがさらされているペースが速いことの証拠と考えられる」と述べた。      そして、「健康な発育のための最低レベルの食事多様性を満たすためには、子どもたちは、ユニセフと世界保健機関が使用する食事多様性スコアで定義された8つの食品群のうち、少なくとも5つを摂取しなければならない。 全文をよむ

  • 2024-06-12
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:北・東「自治行政区」の自治体選挙が無期限延期(3)

■シリア東部の「自治体選挙」が無期限延期…クルド民族主義自治行政区:「米国政府は選挙を実施した場合の結果について我々に強く警告した」      【諸通信社】      一方複数の反体制系ウェブサイトによると、この決定がなされる前、自治行政区の消息筋は、「それを実施した場合にトルコによる脅威の程度がエスカレートする懸念から、自治行政区は選挙の無制限延期を検討している」と述べ、「過去2週間にわたってトルコが選挙に反対してきた結果、選挙をめぐる米国の立場には明らかな変化が生じた」と説明していたという。 全文をよむ

  • 2024-06-11
  • al-Watan紙

シリア:北・東「自治行政区」の自治体選挙が無期限延期(2)

■シリア東部の「自治体選挙」が無期限延期…クルド民族主義自治行政区:「米国政府は選挙を実施した場合の結果について我々に強く警告した」      【諸通信社】      この党首はまた、ボルズ氏が自治行政区とシリア民主軍の高官らに対して、トルコの脅威の深刻さについて警告したことを明らかにした。また同氏は、米国政府が「近い将来行われるであろう石油プラントや発電所などの戦略拠点に向けた大規模な爆撃や、限定的な地上作戦といったトルコによる新たなエスカレーションを止めることができないだろう」としたうえで、 全文をよむ

  • 2024-06-11
  • al-Watan紙

シリア:北・東「自治行政区」の自治体選挙が無期限延期(1)

■シリア東部の「自治体選挙」が無期限延期…クルド民族主義自治行政区:「米国政府は選挙を実施した場合の結果について我々に強く警告した」      【諸通信社】      いわゆるクルド民族主義「自治行政区」の消息筋は、民兵組織「シリア民主軍」(SDF)が支配する複数地域で今日実施される予定だった「自治体選挙」が無期限延期されたと明らかにした。これに先立ち米国政府は、それが領土、住民に関するシリアの一体性を標的とした分離主義者の計画であることが裏付けられた、同選挙に対する広範な拒否の波について言及し 全文をよむ

  • 2024-06-11
  • al-Watan紙

ヨルダン:ガザ地区での人道的対応に関する国際会議を主催(2)

■ヨルダンが火曜日にガザ地区での人道的対応に関する国際会議を主催      【アンマン:諸通信社】      ヨルダン外務省が配布した会議プログラムによると、午前の部では「3つの作業部会」が開催され、そこでの議論は「ガザに必要に応じた人道支援を提供する」方法、「人道支援の提供と民間人の保護が直面している課題を克服する」方法、そして「早期復興の優先」に焦点を当てる。      午後の部では、多くの国家元首や政府首脳に加え、ヨルダン国王、エジプト大統領、国連事務総長、パレスチナ大統領がスピーチを行う 全文をよむ

  • 2024-06-11
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:ガザ地区での人道的対応に関する国際会議を主催(1)

■ヨルダンが火曜日にガザ地区での人道的対応に関する国際会議を主催      【アンマン:諸通信社】      ヨルダンは火曜日、8か月間にわたってイスラエルによる血生臭い戦争にさらされているガザ地区での緊急人道対応に関する国際会議を主催する。      この会議は国連、ヨルダン、エジプトの共催であり、ヨルダン国王のアブドゥッラー2世、国連のアントニオ・グテーレス事務総長、エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領の呼びかけを受けたものである。      ヨルダン王宮府の声明によると、死 全文をよむ

  • 2024-06-11
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:野党勢力指導者のラピド氏、ガンツ氏へ内閣離脱を要求

■ラピド氏、ガンツ氏に「失敗した」ネタニヤフ内閣からの離脱を求める:「ガザとレバノンで明確な政治的目標は存在しない」      イスラエル戦争内閣の閣僚ベニー・ガンツ氏がベンヤミン・ネタニヤフ内閣からの離脱を意図しているという最近のニュースを受け、同国野党勢力の指導者であるヤイル・ラピド氏は同内閣を「狂っており、失敗した」政府と評し、ガンツ氏率いる「ナショナル・ユニティ」党に「戦争内閣」から離脱するよう呼びかけた。      同氏は、「ガンツ氏率いるナショナル・ユニティ党はネタニヤフ首相の失敗し 全文をよむ

  • 2024-06-09
  • Al-Nahar紙

イスラエル:軍がガザ地区から人質4人を救出したと発表(3)

■占領軍はガザ地区中部ヌサイラートでの「複雑な作戦」で生存中の人質4人を解放したと発表      【エルサレム:本紙】      一方でハマースの高官は、占領軍による9か月越しの人質解放は失敗の証拠であり、実績ではないと述べた。      またレバノンにいるハマースのアフマド・アブドゥルハーディー代表は土曜日、「占領軍はヌサイラート区での虐殺において、航空系や砲撃系などすべての犯罪的能力を行使した」と語った。      同代表はレバノンのチャンネル「マヤーディーン」がウェブサイトに掲載した声明で 全文をよむ

  • 2024-06-08
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:軍がガザ地区から人質4人を救出したと発表(2)

■占領軍はガザ地区中部ヌサイラートでの「複雑な作戦」で生存中の人質4人を解放したと発表      【エルサレム:本紙】      イスラエル国営放送局は、人質らをヌサイラート・キャンプからガザ地区の海岸で待機していたヘリコプターまで誘導している様子を映した映像を公開した。また映像によると、このヘリコプターはその後彼らをイスラエルへと移送した。      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、「イスラエルはテロリストに屈しない」と発表した。      さらにネタニヤフ首相は、自国軍が「イスラエ 全文をよむ

  • 2024-06-08
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:軍がガザ地区から人質4人を救出したと発表(1)

■占領軍はガザ地区中部ヌサイラートでの「複雑な作戦」で生存中の人質4人を解放したと発表      【エルサレム:本紙】      イスラエル軍は土曜日(8日)、同軍がガザ地区中部から生存中の人質4人を救出したと述べた。      同軍は、(救出された)男性3人と女性1人の人質は昨年10月7日のノヴァ音楽祭で拘束されたと付言した。      そして、診察を行うために彼らを病院へ移送したと続けた。      イスラエル軍のアヴィーチェー・アドライー報道官はプラットフォーム「X」上で、「本日朝、ノア・ 全文をよむ

  • 2024-06-08
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザの子ども10人に9人が栄養不足 (1)

■ガザの子ども10人中9人が栄養不足にさらされている         【ガザ:本紙】      イスラエルの戦争による、ガザ地区の人道的状況の深刻さを示すさらなる証拠として、国連児童基金(ユニセフ)が述べたところによると、ガザ地区の子ども10人のうち9人が、健康的な成長と発育を確保するのに十分な食品群の栄養素を摂取できていないという。      ユニセフは、「戦争と人道援助の制限が、食料・保健システムを崩壊させ、子どもとその家族に壊滅的な結果をもたらした 」と強調した。      また、パレスチ 全文をよむ

  • 2024-06-06
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:在レバノン米国大使館に対する攻撃(4)

■米国大使館に対する攻撃:要求後の「治安事件」      【本紙:ムニール・ラビーウ】      この点で多くの人は、これに反対する勢力がいるという分析にいたるだろう。こうした反対は、レバノンや攻撃の標的となった両在外公館周辺における治安上の、軍事的情勢のぜい弱性を踏まえたものであるに違いない。またこうした国内の情勢をコントロールする能力がないかぎり、南部での情勢コントロールには大きな困難が伴うだろう。そのため、合意ないし協議は米国以外の当事者と実施されるのが不可欠だろう。      おそらくイ 全文をよむ

  • 2024-06-06
  • al-Mudun紙

レバノン:在レバノン米国大使館に対する攻撃(3)

■米国大使館に対する攻撃:要求後の「治安事件」      【本紙:ムニール・ラビーウ】      少し前から、レバノンでの治安上のリーク情報は、いくつかの過激派武装組織がレバノン領内に対する作戦を再開していると伝えている。そしてこれは、これらの組織が要求の後に、必要に応じて作戦や作業に復帰していることに関して、多くの人がさらなる分析を行う動機となった。      イラクの例      シナリオや分析の1つとして、大使館に対する攻撃は、軍司令官のジョセフ・アウン少将が米国を訪れる3日前のことだった 全文をよむ

  • 2024-06-06
  • al-Mudun紙

レバノン:在レバノン米国大使館に対する攻撃(2)

■米国大使館に対する攻撃:要求後の「治安事件」      【本紙:ムニール・ラビーウ】      開かれた領域      この2つの事件は犯罪であるかもしれない。あるいはそうではないかもしれないが、これら2つは多くの分析や評価を呼び起こすことになるだろう。特に(今回事件の舞台となった)両大使館の2か国は、安全保障上および防衛上の合意、あるいは和平ないし国交正常化の路線に入ることを含む戦略的合意に至るための交渉に数か月前から加わっている。そして今後生まれる分析のなかには、「この路線に反対し、サウジ 全文をよむ

  • 2024-06-06
  • al-Mudun紙

レバノン:在レバノン米国大使館に対する攻撃(1)

■米国大使館に対する攻撃:要求後の「治安事件」      【本紙:ムニール・ラビーウ】      レバノンは水曜日(5日)、諸在外公館に関連する2つの治安関連事件によって目を覚ました。特に地域内で目下発生しており、レバノンにおける複数の事件にも関係している情勢展開がある状況下では、このことが多くの分析やシナリオを呼び起こすに違いない。2か所の大使館でそれぞれ事件があった。1つ目は、ここ数か月で2度目となるアウカル地区の米国大使館に対する発砲である。またこの前回は、同大使館の守衛から侮辱を受けた「 全文をよむ

  • 2024-06-06
  • al-Mudun紙

シリア:北・東「自治行政区」主導の自治体選挙に対する反発(3)

■「部族・氏族評議会」は参加への招待を拒否…反体制派「国民調整委員会」:「自治行政区の選挙はシリアの統一性を侵害する」      【ダマスカス:本紙】      さらにシリア部族・氏族評議会連絡事務所のザカリヤー・アフマド所長は声明のなかで、総会における会談で「シリアの分断と、シリア北部のユーフラテス川以東において実施予定のいわゆる選挙」への拒否することが決定されたと述べた。      タイイ族の部族長であるダーリー・ムハンマド・ファーリス氏は一昨日、本紙に宛てた声明のなかで、現在起きていること 全文をよむ

  • 2024-06-05
  • al-Watan紙

シリア:北・東「自治行政区」主導の自治体選挙に対する反発(2)

■「部族・氏族評議会」は参加への招待を拒否…反体制派「国民調整委員会」:「自治行政区の選挙はシリアの統一性を侵害する」      【ダマスカス:本紙】      さらに同委員会は、これらの選挙は「民主統一党」と「シリア民主軍」に従属する「自治行政区」によって組織された事実上の政権によって、シリア人男女の意志や選択の範囲外で押し付けられたものだとした。さらに次のように述べた。「(自治体選挙の準備と並行して、)息苦しい生活の危機や、生活必需品の大幅な高騰、市場価格を下回る穀物価格という危機、占領国米 全文をよむ

  • 2024-06-05
  • al-Watan紙

シリア:北・東「自治行政区」主導の自治体選挙に対する反発(1)

■「部族・氏族評議会」は参加への招待を拒否…反体制派「国民調整委員会」:「自治行政区の選挙はシリアの統一性を侵害する」      【ダマスカス:本紙】      反体制派の「国民調整委員会」は、いわゆる「自治行政区」による、同行政区の覇権を握る民兵組織「シリア民主軍」(SDF)支配下の地域での「自治体選挙」実施への呼びかけ・準備が、「シリアの国土と人民の統一性への侵害」であるとして非難した。またこの動きに並行して、シリア部族・氏族評議会も同選挙が「分離主義的計画」であるとして、これへの反対を表明 全文をよむ

  • 2024-06-05
  • al-Watan紙

エジプト: 迫る高校試験に備え、準備態勢を確認

■カルユービーヤ県知事が高校試験に向けた最終準備をフォローアップする会議を開催      【n.p.:ムハンマド アーディル】      カルユービーヤ県のアブドゥルハミード・ハッガーン知事は、次の月曜日6月10日に始まる高校(卒業資格)試験の最終準備をフォローアップする会議を開催した。      知事は、学生が快適に落ち着いて試験を受けることのできる適切な環境を整えるために、十分な照明、扇風機、クーラーを迅速に試験委員会に設置し、万全の準備をする必要性を訴えた。また、委員会各部の毎日の消毒と除 全文をよむ

  • 2024-06-03
  • Al-Ahram紙

ガザ:停戦交渉の進展に期待感を示すアメリカ

■ アメリカ政府:イスラエルはガザ地区における軍事目標のほとんどを達成した‎      【ワシントン:本紙】      ホワイトハウス国家安全保障会議広報調整官ジョン・カービー氏によれば、もしハマースがガザでの戦闘を終わらせるための最新の3段階の提案に同意するなら、イスラエルは「イエスと言うだろう」と米国は期待しているという。      カービー氏はABCニュースの番組『This Week』で、「これはイスラエルの提案であり、イスラエルの国家安全保障チームや国務省との激しい外交の末にたどり着いた 全文をよむ

  • 2024-06-03
  • al-Quds al-Arabi紙

リビア:国連安保理が武器禁輸のための「イリニ作戦」の期限を1年延長

■国連安全保障理事会が武器禁輸のための「イリニ作戦」の期限をさらに1年延長…ロシアは決議案への投票を棄権      【トリポリ:本紙】      国連安全保障理事会がリビア沖の公海で武器禁輸措置に違反していると合理的に疑われる船舶に対する査察許可をさらに一年延長したことは、同国におけるロシアの影響力拡大の報告を受けて同国が暴力の場へと戻ることへの不安が高まるなかで、広範な反応を引き起こした。      メディアによるとこの決定に関する投票は金曜日に行われ、理事国9か国が賛成したが、残りの6か国は 全文をよむ

  • 2024-06-02
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:暫定移行評議会を批判したイエメンのジャーナリストに懲役4年

■暫定移行評議会を批判したイエメンのジャーナリストに懲役4年の判決が下る      【ロンドン:本紙】      アデンにあるイエメンの裁判所は、ジャーナリストのアフメド・マーヒル氏がメディア分野での活動を理由に逮捕された約2年後にあたる先週、同氏に対し懲役4年の判決を下した。      この判決は、国際的に承認された政府が存在するアデン市にある、テロ事件を専門とする裁判所によって下された。      28歳の同ジャーナリストの家族は、アデンの刑事専門裁判所が下した司法判決を非難し、これが「不正 全文をよむ

  • 2024-06-01
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ: パレスチナ指導部がガザ地区に接する全ての通行所を解放するよう要求(3)

■パレスチナ指導部はガザの通行所を開放し自らの管理下に引き渡すよう呼びかけ      【ラーマッラー:アナトリア通信】      そしてイスラエル軍はラファフ通行所のパレスチナ側を支配下に置いてから、ガザ地区に通じる導入口を管理している。      一方『ワファー』が伝えたところによると、パレスチナ指導部は「ガザ地区の復興に到達するために、わが子たる国民の立ち退きを防ぎ、避難民らの自らの地域への帰還を保証し、住居や救援物資のほか、水や電気、保護、医療といった基礎的サービスを確保する」と明らかにし 全文をよむ

  • 2024-06-01
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ: パレスチナ指導部がガザ地区に接する全ての通行所を解放するよう要求(2)

■パレスチナ指導部はガザの通行所を開放し自らの管理下に引き渡すよう呼びかけ      【ラーマッラー:アナトリア通信】      ラファフ国境検問所は2005年、いかなるイスラエル治安局員がいないなかで、パレスチナ当局者らにならんで国際監視員らを駐留させることを定めた、イスラエル側との合意に基づいて、イスラエルの撤退から3か月後に開通した。      この合意に基づき、パレスチナとイスラエルの治安局員らは、EUの監視員らが運営する中央指令室から遠隔のカメラを用いて同検問所の動向を監視してきた。し 全文をよむ

  • 2024-06-01
  • al-Quds al-Arabi紙

カタール:カタール首相、米国のガザ停戦案にすべての当事者が前向きに対処することを望む

■カタールはガザ地区での戦争の当事者がバイデン米大統領の停戦案に前向きに対処することを望む      【ドーハ:諸通信社】      カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー首相は土曜日(1日)、仲介役らはジョー・バイデン米国大統領が推進するガザ停戦案の原則に、すべての当事者が前向きに対処することを望んでいると述べた。      カタール国営通信は、首相がアントニー・ブリンケン米国務長官との電話会談でその旨発言したと報じた。      首相は、「停戦案の原則では、イスラ 全文をよむ

  • 2024-06-01
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ: パレスチナ指導部がガザ地区に接する全ての通行所を解放するよう要求(1)

■パレスチナ指導部、ガザの国境検問所を開放し、政府に引き渡すよう呼びかけ      【ラーマッラー:アナトリア通信】      パレスチナ国営通信『ワファー』が報じたところによると、パレスチナ指導部はガザ地区の境界通行所を解放しこれをパレスチナ政府に引き渡すよう呼びかけ、「平和、安全、安定は政治的な解決策を通してのみ実現される」と付言した。      同指導部はさらに「イスラエル占領軍がガザ地区から撤退し、また2005年の通行所に関する協定を含む署名済み協定に従って、ガザ地区に接するすべての通行 全文をよむ

  • 2024-06-01
  • al-Quds al-Arabi紙

コロンビア:国連にガザへの平和維持軍派遣を要請

■コロンビア:国連にガザへの平和維持軍派遣を要請      【ボゴタ:アナトリア通信】      コロンビアのグスタボ・ペトロ大統領は水曜日(29日)、国連に対してガザに平和維持軍を派遣するための行動を求めた。      Xへの投稿で、ペトロ大統領は次のように述べた。「ガザ地区に国連平和維持軍を派遣するしかない。コロンビアはこの部隊の一員となるだろう。」      イスラエル軍がラファ市のパレスチナ人避難民キャンプを攻撃した後、彼は個人のXアカウントからイスラエルを非難するニュースを投稿し、パレ 全文をよむ

  • 2024-05-29
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ヒズブッラーが北部入植者らに通達を送付するなか、ネタニヤフ首相がレバノン国境付近を視察(3)

■ネタニヤフ首相がレバノン国境付近を1週間で2度訪問..入植者らに対する「ヒズブッラー」の通達      【本紙】      さらに通達は、「北部の入植者らよ、ガラント国防相があなた方にヒズブッラーをリーターニー川以北まで撤退させると約束するとき、彼はあなた方に幻想を売りつけている。あなた方は現実とともに生きなければならない。我々は永遠にここにいる」と続けた。そして、「北部の入植者らよ、あなた方は、我々が兵士の隠れている家屋しか攻撃していないことを理解するべきだ。もしあなた方が政府にガザ地区への 全文をよむ

  • 2024-05-29
  • al-Mudun紙

イスラエル:ヒズブッラーが北部入植者らに通達を送付するなか、ネタニヤフ首相がレバノン国境付近を視察(2)

■ネタニヤフ首相がレバノン国境付近を1週間で2度訪問..入植者らに対する「ヒズブッラー」の通達      【本紙】      ネタニヤフ首相やイスラエル高官らが発する脅迫に対して、イスラエル国内のメディアには対立しあう評価・傾倒が存在する。というのもイスラエル軍高官らが、自軍の「レバノンに戦争を仕掛け、2つの戦線を開く能力」を否定する一方で、こうした立場や北部への訪問を、住民を安心させるための試みの範疇に置き、政府は彼らを見捨てなかったと言う人もいる。これらの見解は政府が、北部の入植地から移住し 全文をよむ

  • 2024-05-29
  • al-Mudun紙

イスラエル:ヒズブッラーが北部入植者らに通達を送付するなか、ネタニヤフ首相がレバノン国境付近を視察(1)

■ネタニヤフ首相がレバノン国境付近を1週間で2度訪問..入植者らに対する「ヒズブッラー」の通達      【本紙】      1週間で2度目となるレバノンとの国境付近にある入植地への訪問のなかで、複数の軍事拠点を視察したベンヤミン・ネタニヤフ首相は、将校らや兵士らとの面談に際し、「我々は民間レベルおよび軍事レベルで、(北部の)住民らを自身のコミュニティや自宅へ安全に帰還させることに取り組んでいる」と述べた。      さらにネタニヤフ首相は、「これは戦争の1つの目標であり、我々はこれを断念するつ 全文をよむ

  • 2024-05-28
  • al-Mudun紙

エジプト:元エジプト大統領候補を逮捕

■エジプト:エジプト治安部隊、「国民委任状」事件で禁固刑の判決が支持された反体制派のアハマド・タンターウィー氏を逮捕      【カイロ:本紙】      エジプト治安部隊は、希望の潮流党の共同設立者であり、反体制派のアハマド・タンターウィー氏を逮捕した。同氏は、メディアで「大統領選の委任状」問題として知られる事件で禁固1年を言い渡されており、それが執行されたことになる。      エジプトの裁判所は27日、タンターウィー氏の禁固刑判決を支持した。裁判所は2月にタンターウィー氏と彼の選挙活動マネ 全文をよむ

  • 2024-05-27
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン: イスラエル軍によるレバノン南部攻撃

■イスラエルによるレバノン南部攻撃でヒズブッラー戦闘員5人と民間人2人が死亡      【ベイルート:諸通信社】      国営通信社およびイランと同盟関係にあるヒズブッラーによると、日曜(26日)、レバノン南部を標的としたイスラエルの攻撃で、ヒズブッラー戦闘員5人と民間人2人が殉教したという。      イスラエルのガザに対する血腥い攻撃が始まって以来、ヒズブッラーとイスラエルはほぼ毎日のように越境爆撃を行っている。      レバノン国営通信社は、イスラエルによる襲撃はレバノン南部のフーラー 全文をよむ

  • 2024-05-27
  • al-Quds al-Arabi紙

モロッコ:ガザ停戦を訴える連帯活動

■ モロッコ:ガザにおけるイスラエルの「ジェノサイド」戦争の終結を求める3都市での連帯活動      【ラバト:アナトリア通信】      日曜日午後、数百人のモロッコ人が、ガザ地区で8ヶ月間続いているイスラエルによる「ジェノサイド」戦争の終結を訴えた。      昨年10月7日以来、イスラエルはガザで戦争を続けており、子供や高齢者の命を奪った大規模な破壊と飢餓で、11万6千人以上のパレスチナ人が死傷した。そのほとんどは女性や子供であり、約1万人が行方不明になっている。      アナトリア通信 全文をよむ

  • 2024-05-27
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:ICJの判決を受けイスラエルはラファフ検問所からの軍撤退を準備(4)

■イスラエル国営メディアは、イスラエルに「現実的かつ政治的な考慮を理由に自国軍をラファフ検問所から撤退させる準備がある」と主張      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      一方でICJは金曜日、賛成13、反対2のもとで新たな暫定措置を命じ、イスラエルに対して、「ラファフに対する攻撃の即時停止」、「ガザ地区への支援搬入を容易にするためにラファフ検問所の解放を維持すること」、そして「これらのために講じた措置に関する報告書を1か月以内にICJに提出すること」を求めた。      国連の最 全文をよむ

  • 2024-05-25
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:ICJの判決を受けイスラエルはラファフ検問所からの軍撤退を準備(3)

■イスラエル国営メディアは、イスラエルに「現実的かつ政治的な考慮を理由に自国軍をラファフ検問所から撤退させる準備がある」と主張      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      同チャンネルが身元を明かさなかった同筋は、「エジプトは、ガザ地区での惨事的で破壊的な人道危機を前に身動きが取らないままではいないだろう」と語った。      さらに同筋は、「ラファフ検問所はエジプト・パレスチナ間の検問所であり、エジプト政府は、パレスチナ政府との調整下で合意された制度を通じて支援の搬入を再開する予 全文をよむ

  • 2024-05-25
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:ICJの判決を受けイスラエルはラファフ検問所からの軍撤退を準備(2)

■イスラエル国営メディアは、イスラエルに「現実的かつ政治的な考慮を理由に自国軍をラファフ検問所から撤退させる準備がある」と主張      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      19:40(GMT)時点では、イスラエル政府からこの点に関して公式の発表は出されていない。一方イスラエル国営放送局はラファフ検問所問題に関して、同局が「イスラエルの譲歩」と評したものが、「軍を検問所から撤退させるよう米国にかけられた圧力を受けたものである」と報じた。      エジプト大統領府の声明によると金曜日 全文をよむ

  • 2024-05-25
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:ICJの判決を受けイスラエルはラファフ検問所からの軍撤退を準備(1)

■イスラエル国営メディアは、イスラエルに「現実的かつ政治的な考慮を理由に自国軍をラファフ検問所から撤退させる準備がある」と主張      【占領下エルサレム:アナトリア通信】      イスラエルの国営メディアによると、同国の治安関係者らは土曜日(25日)、同国には軍をエジプトとの国境沿いにあるラファフ検問所から撤退させる準備があると主張した。      これはイスラエル国営放送局が匿名の関係者らの話として報じたことから明らかになった。一方同局の報道は、国際司法裁判所(ICJ)がイスラエルに対し 全文をよむ

  • 2024-05-25
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:ガザ地区に連帯し数十万人がデモ参加…フースィー派が地中海での船舶攻撃を初めて発表(4)

■数十万人がガザへの連帯を示すためのデモ…フースィー派は声明で地中海の1隻を含む計3隻の船舶を攻撃したと発表      【サナア:本紙】      さらにサリーウ氏は船舶「ヤニス」を標的とした作戦は、「今月5月の4日および今年5日に、イースタン・メディテラニアン社に所属する3隻の船が占領下パレスチナ内の複数港に着岸したのちに行われた」ことを明らかにした      さらに同氏は、3回目の作戦で、イスラエルの船舶「エセックス」が占領地パレスチナ内の港への着岸を禁止する決定に違反したことにより、同船を 全文をよむ

  • 2024-05-24
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:ガザ地区に連帯し数十万人がデモ参加…フースィー派が地中海での船舶攻撃を初めて発表(3)

■数十万人がガザへの連帯を示すためのデモ…フースィー派は声明で地中海の1隻を含む計3隻の船舶を攻撃したと発表      【サナア:本紙】      これらのデモでは、イスラエルを支援する国々の製品の製品に対する経済的ボイコットという武器を発動させ続けることの重要性が強調された。      さらに、パレスチナ人民が昨年10月7日以降連日流している血の程度に対する立場表明に関して、アラブおよびイスラーム諸国が怠慢を続けていることが非難された。      一方フースィー派を代弁する「マスィーラ」チャン 全文をよむ

  • 2024-05-24
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:ガザ地区に連帯し数十万人がデモ参加…フースィー派が地中海での船舶攻撃を初めて発表(2)

■数十万人がガザへの連帯を示すためのデモ…フースィー派は声明で地中海の1隻を含む計3隻の船舶を攻撃したと発表      【サナア:本紙】      デモ参加者らは声明で「パレスチナ人民が230日前から爆撃と破壊、封鎖、強制移住、飢餓の下で苦しんでいるところのもの、つまり米国の支援のもとで、地上における最大の犯罪者たるシオニストらによって推進され続けている、ムスリムおよび彼らの神聖性に対する完全で包括的な侵攻における残忍かつもっとも醜悪な犯罪」を非難した。      さらに声明は、「パレスチナ人民 全文をよむ

  • 2024-05-24
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:ガザ地区に連帯し数十万人がデモ参加…フースィー派が地中海での船舶攻撃を初めて発表(1)

■数十万人がガザへの連帯を示すためのデモ…フースィー派は声明で地中海の1隻を含む計3隻の船舶を攻撃したと発表      【サナア:本紙】      「アンサール・アッラー」(フースィー派)の軍報道官であるヤフヤー・サリーウ准将は昨日金曜、同組織の部隊が紅海、アラビア海、地中海で計3隻の船を攻撃したと発表した。フースィー派によって地中海での攻撃が公表されたのは今回が初めてである。      サリーウ氏の発表は、「アクサーの大洪水」の戦闘が開始してから33回目の金曜日に、イエメンの首都サナアで行われ 全文をよむ

  • 2024-05-24
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:停戦交渉が行われるも仲裁国エジプトとイスラエルの関係が悪化(2)

■イスラエルが停戦交渉の再開を望むも、エジプトは仲裁努力からの撤退を示唆      【本紙】      ラシュワーン長官は「スカイ・ニュース」によるインタビューで、「仲裁努力からの撤退は、パレスチナ人民の権利を擁護し続けるというエジプトの在りようを妨げるものではない」と語った。      5月初頭、米国、カタール、エジプトがイスラエル・ハマース間を仲裁しており、ガザ地区で拘留されている人質らとイスラエルの刑務所にいるパレスチナ人被拘束者らの解放を含む、7か月以上にわたって続いている戦争の停戦をめ 全文をよむ

  • 2024-05-23
  • Al-Nahar紙

ガザ:停戦交渉が行われるも仲裁国エジプトとイスラエルの関係が悪化(1)

■イスラエルが停戦交渉の再開を望むも、エジプトは仲裁努力からの撤退を示唆      【本紙】      エジプトの首都カイロで行われている「ハマース」・イスラエル間の停戦交渉は、いまだ実効的な成果に至っていない。一方複数の報道記事は、ハマースに提示された提案のうち1つの形式を修正したとしてエジプトを非難したが、同国は自国の果たしている役割が原因で同様の攻撃が続いた場合は、仲裁から身を引くとの脅迫で反応した。このような雰囲気と時を同じくしてエジプト・イスラエル関係が緊迫しており、1つ目の脅威はエジ 全文をよむ

  • 2024-05-23
  • Al-Nahar紙

サウジアラビア:サルマーン国王の「健康状態」によりムハンマド・ビン・サルマーン皇太子の来日が延期

■サウジアラビアのサルマーン王の「健康状態」のため、ビン・サルマーン皇太子の来日が延期      【東京:AFP通信】      日本政府報道官は月曜日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が今週に予定されていた自身の来日予定を、父であるサルマーン国王の「健康状態」により延期したと発表した。      一方サウジの王宮府は日曜日にすでに、サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王(88)に医学的検査が実施され、これにより同国王が肺炎を患っていることが明らかになったと発表していた。ま 全文をよむ

  • 2024-05-20
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、ガザ地区内での地上侵攻続く(2)

■イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、100万人近くのパレスチナ人を避難させる      【ガザ:本紙】      同軍によると、5月6日にガザ地区で作戦を開始して以来、「わずか2週間で同地区南部のラファフから95万人以上のパレスチナ民間人を避難させることに成功した」という。      同軍は声明で、「現在ラファフ市の30~40%がイスラエルの支配下にあり、60~70%では(民間人らの)市内からの完全な掃討がなされた。残りの民間人は30万人から40万人と推定され、海岸沿いのタッル・ 全文をよむ

  • 2024-05-20
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、ガザ地区内での地上侵攻続く(1)

■イスラエルはフィラデルフィア回廊の3分の2を占領、100万人近くのパレスチナ人を避難させる      【ガザ:本紙】      イスラエル占領軍はガザ地区南部ラファフ市への地上侵攻を拡大し、フィラデルフィア回廊の3分の2を掌握したと宣言した。さらに同軍は、同市への爆撃を続け犠牲者を生むなかで、避難民の数が2週間以内に民間人95万人に達したことを確認した。      また、市域の完全占領に備えた侵攻がいつ起こってもおかしくない同市の中心部に位置する地域を標的とした空爆により、8人のパレスチナ人が 全文をよむ

  • 2024-05-20
  • al-Quds al-Arabi紙

イラン:ヘリコプターの墜落事故で大統領と外相が死亡(2)

■イランはイブラヒーム・ライースィ大統領と外相の死亡を正式に発表      【n.p.:本紙】      救助隊は一晩中吹雪や険しい地形と戦い、月曜日早朝、東アゼルバイジャン州の瓦礫にたどり着いた。      イブラヒーム・ライースィ大統領は、イランの第8代大統領で、2021年にハッサン・ローハーニー大統領の後任として選出された。      ライーシー大統領は、長年司法府で数々の要職を歴任し、司法府長官になった。彼はイランの最高指導者アリー・ハメネイ師と強固な関係を構築してきた。2016年、ハメ 全文をよむ

  • 2024-05-20
  • al-Mudun紙

イラン:ヘリコプターの墜落事故で大統領と外相が死亡(1)

■イランはイブラヒーム・ライースィ大統領と外相の死亡を正式に発表      【n.p.:本紙】      イラン政府は月曜日(20日)、「イラン西部のアゼルバイジャンとの国境付近で日曜日、ヘリコプターが墜落し、イランのイブラヒーム・ライースィ大統領とフサイン・アミール・アブドゥッラヒヤーン外相、および同乗していた随行員らが死亡した」と発表した。      イラン国営通信(IRNA)はテレグラムを通じて声明を発表し、「ヘリコプターの墜落事故で、ライースィ大統領とその随行員らが死亡した」と報じた。  全文をよむ

  • 2024-05-20
  • al-Mudun紙

チュニジア:チュニジア・ジャーナリスト組合の代表が、ジャーナリストの自由と権利のために違憲法令の廃止を強く求める

■チュニジア・ジャーナリスト組合の代表は、メディア部門における「権威主義的雇用」に対して警告する      【チュニス:本紙、ハサン・サルマーン】      チュニジア・ジャーナリスト組合(SNJT)のジヤード・ダバール代表は、彼が自ら「権威主義的雇用」と名付けたジャーナリズムに対する行為に警告を発し、チュニジア人ジャーナリストの「自由の価値とあらゆる身の安全の保証を損なう」恐れのある法令第54号の廃止を呼びかけた。      ダバール代表は土曜日、チュニジア人権擁護連盟(LTDH)設立47周年 全文をよむ

  • 2024-05-19
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:米国はイスラエルにレバノンとの全面戦争を避けるよう圧力をかける(2)

■戦闘がレバノン南部からベカーまで拡大…米当局者「米国政府はレバノン全土での戦争を始めないようイスラエルに圧力をかけている」      【ベイルート:本紙】      今日の戦況の展開      今日の最新のイスラエルの攻撃については、ナークーラ村でドローンがバイクを攻撃した。この攻撃によってバイクの運転手が負傷し、スール市内の病院へ搬送された。      また早朝の数時間では、キリヤット・シュモナを含む、フーラ渓谷と上ガリラヤにあるイスラエル入植地計15地点で、レバノンからドローンが侵入した疑 全文をよむ

  • 2024-05-18
  • Al-Nahar紙

レバノン:米国はイスラエルにレバノンとの全面戦争を避けるよう圧力をかける(1)

■戦闘がレバノン南部からベカーまで拡大…米当局者「米国政府はレバノン全土での戦争を始めないようイスラエルに圧力をかけている」      【ベイルート:本紙】      ここ数日間でイスラエルとヒズブッラーの間の戦闘がエスカレートし続けるなかで、国境での衝突がレバノン全土へ広がることへの懸念が国内で、地域で、そして国際的に拡大している。このような状況下で、米国の当局者は「米国政府はレバノン全土での戦争を始めないようイスラエルに圧力をかけている」と明らかにした。      同当局者は、「アラビーヤ」 全文をよむ

  • 2024-05-18
  • Al-Nahar紙

モーリタニア:大統領が公式演説にてガザへの立場を表明

■モーリタニアはガザと共に:アメリカ大使館へ集中した夜間の座り込み、部族からの寄付の増加、公式演説への参加      【ヌアクショット:本紙】      モーリタニア国民は、ガザの現状に対する自分たちの立場がイデオロギーと宗教意識の根底からくる基本的かつ運命的なものであり、大多数のアラブ人がとるような一時的な立場でも状況の変化で変わるような反応でもないことを何度も繰り返し主張している。      モーリタニア大統領の公式演説のなかで、ガザは確固たる大きな存在感を示し、その扱いは他のアラブ諸国首脳 全文をよむ

  • 2024-05-18
  • al-Quds al-Arabi紙

フーシー派がアメリカ軍無人機を撃墜

フーシー派、イエメン中部マアリブ県空域でアメリカ軍無人機の撃墜したと発表      【サヌア:アナトリア通信】      イエメンのフーシー派は金曜日、イエメン中部のマアリブ県でアメリカのMQ9型無人機を撃墜したと発表した。      これは、同派の軍報道官ヤフヤー・サリーウ氏が発表した声明の中で明らかになった。      サリーウ氏は、「(同団体傘下の)イエメン防空部隊は、昨日木曜日の夕方、マアリブ県の領空で敵対行為を行っていたアメリカのMQ9型航空機を撃墜することができた」と述べた。     全文をよむ

  • 2024-05-17
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:シュクリー外務大臣がイスラエル側の声明に反論し「真実を歪曲する政策」を拒否

■エジプトは「真実を歪曲する政策」を拒否し、ガザ地区における危機の責任をイスラエルに負わせる      【カイロ:諸通信社】      エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は、イスラエルのイスラエル・カッツ外務大臣が発した「ラファフ国境検問所の再開を要求し、ガザ地区での人道危機発生を防ぐ責任をエジプトに負わせる」旨の声明に反論し、「イスラエル側が進めている、真実の歪曲と責任逃れの政策」に対する自国の揺るぎない拒否を表明した。      さらにガザ地区においてパレスチナ人が現在直面している人道的 全文をよむ

  • 2024-05-14
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:南部でヒズブッラー司令官が殺害されるも、イスラエル北部で増す脅威(3)

■イスラエル兵士1人が死亡し5人が負傷..スールでヒズブッラーの司令官が殺害される      【本紙】      衝突ラインフォーラムの会長であり「マテフ・アシェル」地方議会議長のモーシュ・ダビドビッチ氏は、イスラエル政府に「崩壊した北部のための即時予算」を要求した。また同氏は、「7か月にわたって北部の住民らは住居を離れており、いつ自宅に戻るのかも知らない。我々は政府に対し、行動計画を提示し、北部住民らに対しいつ自宅に帰還できるかに関する説明を求める」と述べた。さらに同氏は、「7か月にわたって安 全文をよむ

  • 2024-05-14
  • al-Mudun紙

レバノン:南部でヒズブッラー司令官が殺害されるも、イスラエル北部で増す脅威(2)

■イスラエル兵士1人が死亡し5人が負傷..スールでヒズブッラーの司令官が殺害される      【本紙】      イスラエル軍は声明で、自軍の複数の戦闘機がレバノン南部、アイター・シャアブ村およびカフルキラー村の両地域でヒズブッラーが保有する複数の軍事施設を爆撃したと述べた。また同軍は、「日中、ガリラヤ地方西部のアダミート地区に複数の対戦車ミサイルが発射されたことを観測した。これらが原因でイスラエル軍兵士1人が中度のけがを負い、他4人が軽傷を負った」と伝えた。      イスラエルは北部を喪失す 全文をよむ

  • 2024-05-14
  • al-Mudun紙

レバノン:南部でヒズブッラー司令官が殺害されるも、イスラエル北部で増す脅威(1)

■イスラエル兵士1人が死亡し5人が負傷..スールでヒズブッラーの司令官が殺害される      【本紙】      ヒズブッラーはここ数日、イスラエルの標的に対する的を絞った集中的な攻撃を激化させている。同組織はこれによって「開始する」立場、そして「動作体」に返り咲いた一方で、イスラエルは「反撃体」へと変容した。また同組織は、軍事拠点や最新の盗聴機器に加えて住居も攻撃しており、イスラエル人一同に損害を与えている。実際にイスラエル軍ラジオの発表は、ガリラヤ地方西部のアダミート地区で対戦車ミサイル攻撃 全文をよむ

  • 2024-05-14
  • al-Mudun紙

アラブ首長国連邦:「係争海域」をめぐりサウジアラビアと新たな緊張関係

■アラブ首長国連邦はサウジアラビアが国連に宛てたヤーサート海域に関する主張を拒否      【ドーハ:スライマーン・ハージュ・イブラヒーム、本紙】      アラブ首長国連邦(UAE)が、サウジアラビアが国連に提出した海上国境画定に関する要求を正式に拒否したことで、アブダビとリヤドの関係が新たな局面を迎えた。ラナー・ヌセイベUAE国連常駐代表が国連事務総長に宛てた3月13日付の書簡が公表され、UAEがサウジアラビアからの国境地帯に関する略式の通達を拒否していることが明らかとなった。      書 全文をよむ

  • 2024-05-13
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:シリア民主軍がダイル・ザウル県内での部族勢力の伸張を懸念(3)

■シリア民主軍は部族勢力の能力増大と統制からの離脱を懸念している      【アレッポ:ハーリド・ズィンクルー】      同県では部族民らが地域内の油田やガス田からの収入を享受できていないばかりか、これが民兵組織によって略奪され外部へと密輸されているため、盗難された石油が貯蔵しているタンクが置かれたこれらの油田が、部族勢力の恒常的な攻撃目標と化しているのだという。      ユーフラテス川以東の複数の部族筋によると昨日現地では、アラブ部族軍がダイル・ザウル市東方の田園地帯にあるハワーイジュ・ズ 全文をよむ

  • 2024-05-12
  • al-Watan紙

シリア:シリア民主軍がダイル・ザウル県内での部族勢力の伸張を懸念(2)

■シリア民主軍は部族勢力の能力増大と統制からの離脱を懸念している      【アレッポ:ハーリド・ズィンクルー】      しかし民兵に対する部族メンバーらの蜂起が続き、「民兵を追放しその支配を避けて地域を統治する」という彼らの要求を満たすべきとの主張が生じていることから、これが不可能となった。      さらに同複数筋によると現在、ブーサラーヤー部族やブーシャアバーン部族などのメンバーによって構成された新たな複数の旅団がイブラーヒーム・ハーフィル最高司令官の指揮する部族軍に参加したことによる最 全文をよむ

  • 2024-05-12
  • al-Watan紙

シリア:シリア民主軍がダイル・ザウル県内での部族勢力の伸張を懸念(1)

■シリア民主軍は部族勢力の能力増大と統制からの離脱を懸念している      【アレッポ:ハーリド・ズィンクルー】      米国の支援を受けるシリア民主軍(SDF)に近い複数筋は同軍が、ダイル・ザウル県の田園地帯でアラブ系部族勢力の軍事力が増大していることに対して、高まる懸念を有していると述べた。      同複数筋が本紙に伝えたところによると、SDFの現場指揮官らは、「アラブ部族の大多数がSDFに対し反旗を翻した」うえに、同民兵組織に対して攻撃を実行しており、彼らに多大な人的・軍事的損害を与え 全文をよむ

  • 2024-05-12
  • al-Watan紙

レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(4)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      ラドワーン部隊とイスラエルの侵攻      アルマー・センターの研究者らは、ラドワーン部隊が継続的な司令系統のもとで行動しているために、イスラエル軍による目標を絞った攻撃は同部隊の準備状態に影響を与えることはなく、その能力に影響するような重要な措置を講じる必要であると考えている。そしてビーリ氏は、「ラドワーン部隊はイスラエル領土へのいかなる侵攻に関して、明白かつ即時の脅威および課題となり続けている」と 全文をよむ

  • 2024-05-11
  • al-Mudun紙

レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(3)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      また同氏は、「ヒズブッラーは射程359kmにも及ぶ『ファタフー110』のような弾道ミサイルを保有してはいないものの、この組織はイランが1980年代にシリアにある専用施設で生産していた旧式のミサイルの改良を行っている。この改良はミサイルの正確性改善に寄与し、これにより125km離れた目標への攻撃が可能となったた」と説明した。      ビーリ氏は、「数百もの正確なミサイルや弾薬の代わりに、現在ヒズブッラ 全文をよむ

  • 2024-05-11
  • al-Mudun紙

レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(2)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      そしてビーリ氏は、同国北部戦線における安全保障上の課題に関する会議で、「現時点でイスラエル軍は、ヒズブッラーの重要なシステムに打撃を与えていない」と述べたうえで、「もし政府が外交上の合意を締結したとしても、ヒズブッラーがそれを選択するときにヒズブッラーの条件下で勃発するであろう戦争を遅らせるだけである。そして私の分析によると、その期日は2026年末以前であると予想される」と付言した。      ビーリ 全文をよむ

  • 2024-05-11
  • al-Mudun紙

レバノン:イスラエル研究機関「ヒズブッラーの部隊はイスラエルに侵攻可能である」(1)

■イスラエル研究機関:ラドワーン部隊はイスラエルに侵攻可能である      【本紙】      イスラエルの研究・教育センター「アルマ」の研究部門長であるタル・ビーリ氏は土曜日(11日)、「ヒズブッラーは良質なミサイルの武器庫を保有し、戦争の準備ができており、またこれに所属するラドワーン部隊は『イスラエル領地に侵攻』することが可能である」と説明した。また、『イェディオト・アハロノト』紙が伝えた同センターによる安全保障能力評価のなかでビーリ氏は、イスラエル北部国境付近での軍事的増強の継続に対して警 全文をよむ

  • 2024-05-11
  • al-Mudun紙

イスラエル:軍はラファから発射された2発のロケット砲弾を迎撃したと主張

■イスラエル軍、ラファから発射された2発のロケット弾を迎撃したと主張      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエル軍は金曜日、ガザ地区南部のケレム・シャローム検問所でサイレンを鳴らしたのと同時刻に、ラファ地区から発射された2発のロケット砲弾を迎撃したと発表した。      軍は声明で次のように述べた。「ケレム・シャローム検問所で先刻発令された警報に続き、ロケット砲弾1発がラファ地区からガザ周辺地区に飛来したのが観測された。なお、防空戦闘機が迎撃に成功している。」      さら 全文をよむ

  • 2024-05-10
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:ハマースがイスラエルによるパレスチナ人捕虜への拷問を非難

■ハマースはイスラエルの刑務所におけるパレスチナ人捕虜への拷問を非難する      【イスタンブール:アナトリア通信】      イスラーム抵抗運動「ハマース」は金曜日、イスラエルが刑務所に拘束しているパレスチナ人を拷問した結果、大勢のパレスチナ人捕虜が死亡したと非難した。      ハマースは声明を出し、「シオニストの刑務所管理局が、勇敢なわが捕虜たちに対する敵対的で犯罪的な政策をエスカレートさせても、彼らの決意を弱めることはない。むしろ、占領に立ち向かうさらなる起爆剤になるだろう」と述べた。 全文をよむ

  • 2024-05-10
  • al-Quds al-Arabi紙

トルコは対イスラエル貿易制限解除を否定

■トルコ、イスラエルに対する貿易制限を解除したとの主張を否定      【アンカラ:アナトリア通信】      木曜日、トルコ偽情報対策センターは、トルコがイスラエルに課していた貿易制限を撤回したという、イスラエルの公的機関が報じた主張の正しさを否定した。      大統領府通信局に付属する同センターは声明で、「イスラエルによるガザへの戦争が停止し、恒久的な停戦が実現され、ガザ地区のパレスチナ人に途切れることのない人道支援が提供されるまでは、トルコによるイスラエルとの貿易停止の決定は有効である」 全文をよむ

  • 2024-05-10
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:シリア人難民を「抑制する」新たな措置(3)

■シリア人難民の存在を「抑制する」ためのレバノンの新たな強硬措置      【本紙】      レバノン公安総局はUNHCRに対して書簡を送付し、これを根拠にこれまでUNHCRに引き渡された「データ」に追加するようないくつかの基本的なデータを求めた。これは過去にUNHCRに登録された人々や彼らに登録継続の必要がどれほどあるかを再アセスメントすることを通じた、シリア人難民問題に対処するための戦略的ロードマップの範疇における総局の取り組みの改善を目指すものである。      同様に公安総局は、そして 全文をよむ

  • 2024-05-09
  • al-Mudun紙

レバノン:シリア人難民を「抑制する」新たな措置(2)

■シリア人難民の存在を「抑制する」ためのレバノンの新たな強硬措置      【本紙】      1.入国および滞在制度に違反したシリア人に対し、国境を管轄する部門・部署に直接向かうことを求める。これは彼らの状況を是正しレバノン領土から退去させるために、彼らに必要な設備を提供するためであり、退去しない者に対して適切な法的措置を講じる権限を設定する。      2.レバノン国民に対し、レバノンに不法滞在しているシリア人を雇用したり、宿泊させたり、住居を確保することがないよう強調する。違反者に対しては 全文をよむ

  • 2024-05-09
  • al-Mudun紙

レバノン:シリア人難民を「抑制する」新たな措置(1)

■シリア人難民の存在を「抑制する」ためのレバノンの新たな強硬措置      【本紙】      レバノンの「公安」は、シリア人難民の数を抑制し、彼らを抑圧し、退去へと追いやるためのレバノンの公共政策を実施するための強硬的かつ「断固とした」ステップとして、新たな諸措置にもとづいた実務的、実践的、行政的な計画から始めようとしているようだ。これはレバノン公安総局の広報事務所から出された最新の声明において明らかであり、そこは以下のように記されている。      「公安総局がレバノン領土にいるシリア人の問 全文をよむ

  • 2024-05-09
  • al-Mudun紙

イスラエル:イスラエル軍がハマースの海軍司令官の殺害を発表

■イスラエル占領軍はガザ市のハマースの海軍司令官を殺害したと主張      【テルアビブ:諸通信社】      イスラエル占領軍は水曜日、ガザ地区を空爆し、ハマースの海軍司令官を殺害したと発表した。イスラエル軍は、当司令官がたび重なるイスラエル入植地への攻撃を推進したと主張している。      イスラエル軍は声明を出し、「国防軍と総保安庁(シンベト)共同作戦で、イスラエル空軍機がガザ市のハマース海軍のムハンマド・アフマド・アリー司令官を排除することができた」と発表した。      ハマース側は、 全文をよむ

  • 2024-05-09
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:UNRWAが警告、「ガザの子供たちは壊滅的なレベルのストレスを抱えている」

■UNRWA:ガザの子供たちが壊滅的なレベルのストレスに苦しんでいる      【ガザ:諸通信社】      国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は土曜日、包囲されたガザ地区に対するイスラエルの継続的な攻撃の結果、ガザの子供たちは壊滅的なレベルの精神的ダメージに苦しんでいると警告した。      国連機関(UNRWA)はX上に声明を発表し、ガザの子供たちが壊滅的なレベルのストレスに苦しんでいると述べた。      声明文には、「UNRWAのチームは、戦争の恐怖の影響を軽減するために、ガザ 全文をよむ

  • 2024-05-05
  • al-Quds al-Arabi紙

アルジェリア、ガザ集団墓地に関する安保理非公式会合を呼びかけ

アルジェリアは、ガザ集団墓地に関する安保理非公式会合を火曜日に開催するよう呼びかけ      【アルジェリア:ドイツ通信】      アルジェリアは本日土曜日、ガザ地区で発見された集団墓地に関して、次の火曜日に安保理非公式協議を開催するよう呼びかけた。      アルジェリア通信は土曜日、「アルジェリアは、6ヶ月以上にわたってシオニストによる敵対行為を受けているガザ地区にある集団墓地に関して、次の火曜日午後に安保理非公式協議を開催することを要求した」と報じた。      これに関連して、アントニ 全文をよむ

  • 2024-05-05
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(5)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      イスラエルによる(レバノン)南部への爆撃は続いており、ヒヤーム村は何度も砲撃を受けた。またナークーラ村やマジュダル・ズーン村の郊外、ブラート山も砲撃されたほか、東部地区のマルカバー村の郊外もイスラエルによる攻撃を受けた。      さらに、レバノン南部からはイスラエル北部のメロン山に向けて大規模なミサイル攻撃が行われ、メロン軍事基地周辺で爆発音が観測された。イスラエルの「チャンネル12」は、「防空システムが上 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • Al-Nahar紙

レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(4)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      そしてマクロン大統領は、フランスがエスカレーションの危険を減らすことに全面的に取り組むと明らかにした。これは、国連安保理決議1701号に基づくレバノン・イスラエル間のブルーライン沿いでの緊張の高まりと、フランスのレバノンおよびレバノンの安全保障への歴史的な寄与に基づいての取り組みだという。またこの文脈の中で、マクロン大統領はフランスがUNIFILへの支援及び参加を続けることにも言及し、レバノンの安定を保障する 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • Al-Nahar紙

レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(3)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      レバノンの現状を支配する憂鬱に対する外交筋の提案に話題に戻すと、同外交筋は今週木曜日に欧州委員会の委員長がベイルートを訪問した際のレバノンの反応を批判した。その反応とは、ヨーロッパがレバノンへ10億ユーロ相当の支援パッケージを決定したことに対してメディアや政界が嘲笑するようなトーンが支配的になり、この支援をまるで賄賂であるかのように描き、そしてそれをメディアやジャーナリスト、政治家や議員、聖職者が繰り返し語っ 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • Al-Nahar紙

レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(2)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      さらに同外交筋は、レバノンの返答は政府やナジーブ・ミーカーティー首相の返答ではなく、シーア派二者(ヒズブッラーとアマル運動)の返答をまとめたものであると指摘した。そしてこれは非常に危険なことであり、戦争や和平、条約や国際的な決議といった重要な問題において、シーア派二者が諸外国や外国機関との交渉をコントロールするようになったのだと指摘した。なお、この返答の予想される内容については、ヒズブッラーがリークによって、 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • Al-Nahar紙

レバノン:イスラエル軍の攻撃が続くも、合意形成に向けた動きが加速(3)

■イスラエルによる攻撃が続くなか、「チャンネル12」は「結実寸前」の合意について報道      【本紙】      イスラエル・ヒズブッラー間の合意?      次にイスラエルの「チャンネル12」は報道した新たなレポートのなかで、テルアビブの治安機関が「イスラエルはヒズブッラーおよびレバノン国家との合意署名に近づいており」、さらに「これはその性質において、国連安保理が2006年に採択した安保理決議第1701号に似た合意になるだろう」と考えていると伝えた。      このレポートによるとイスラエル 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • al-Mudun紙

サウジアラビア:ビン・ファルハーン外相がイスラーム協力機構首脳会議に際してガザ地区での即時停戦を改めて要求

■サウジアラビアがイスラーム協力機構首脳会議に際してガザ地区での即時停戦を改めて要求      【バンジュル:諸通信社】      サウジアラビアは土曜日、約7か月間戦争に苦しんでいるガザ地区での即時停戦を改めて要求し、同地区のパレスチナ人の苦難を終わらせるために安全な人道回廊を提供することの重要性を強調した。      これはガンビアの首都バンジュルでイスラーム協力機構が「継続的な発展のための対話を通じた団結と連帯の強化」をスローガンに開催したイスラーム諸国サミットに際して、サウジアラビアのフ 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:イスラエルの侵攻による犠牲者の累計が34,654人まで増加

■昨年10月7日以降の、イスラエル戦争による犠牲者の累計が34,654人まで増加      【イスタンブール:アナトリア通信】      ガザ地区保健省は土曜日、昨年の10月7日以来イスラエルによってガザ地区で続けられている戦争による犠牲者の累計が「死者34,654人、負傷者77,908人」に増加したと発表した。      これは、ガザ地区で211日間にわたって続いているイスラエルの戦争による死傷者数に関して、同省がテレグラムを介して発表している日次統計レポートによって明らかにされた。      全文をよむ

  • 2024-05-04
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍の攻撃が続くも、合意形成に向けた動きが加速(2)

■イスラエルによる攻撃が続くなか、「チャンネル12」は「結実寸前」の合意について報道      【本紙】      一方でヒズブッラーは、バイヤード・ブリーダー拠点で活動中だった敵国イスラエルの兵士の集団を迫撃弾で攻撃したと発表し、さらにラーヒブ拠点内の諜報機材を適切な武器で攻撃し、これらに直接的な損害を与えたと明らかにした。また同組織は、レバノンの占領下シャブアー農場にあるレーダー拠点を適切な武器で攻撃し、これに直接的な被害を与えたと発表した。      イスラエル軍はシャブアー農場、ハルター 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • al-Mudun紙

ガザ:「イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否する」との予測(2)

■ヘブライ語メディア:イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否      【アナトリア通信】      民間チャンネル「カイロ・ニュース」は土曜日未明、匿名の高官筋の話として、ハマースの使節団がカイロに到着したとしつつ、ガザ停戦交渉において「目覚ましい進展」が生じていると伝えた。      同チャンネルは先週の月曜日には、ハマースの使節団がカイロを出発し、今後ガザ地区情勢緩和の取引をめぐるエジプトの提案に対する書面回答とともに再びカイロに戻る予定であると報じていた。      同日、 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:「イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否する」との予測(1)

■ヘブライ語メディア:イスラエルはハマースとのいかなる取引を含む停戦を拒否      【アナトリア通信】      イスラエルのメディアは土曜日、同国政府は流布している情報とは異なり、ハマース運動との間で生じうるいかなる取引を含む停戦に合意することはないだろうとの見解を述べた。イスラエル軍のラジオ局は、「イスラエル政府はハマースとのいかなる取引を含む停戦に合意しない」とする同国当局者(匿名)の発言を引用した。      さらにこのイスラエル当局者は「人質解放のための停戦があってもなくても、軍はラ 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍の攻撃が続くも、合意形成に向けた動きが加速(1)

■イスラエルによる攻撃が続くなか、「チャンネル12」は「結実寸前」の合意について報道      【本紙】      レバノン南部でヒズブッラーとイスラエル軍の間で漸進的なエスカレーションが続いている一方で、レバノンはカイロで行われている、ガザ地区での鎮静化ないしは停戦合意に至る可能性をめぐる交渉の結果を待望している。今日(4日)新たに、ビント・ジュバイル村のガソリンスタンド付近の路上にあった自動車に対してイスラエルの無人機が攻撃を実行したが、情報によるとこれによる負傷者は確認されていない。さらに 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • al-Mudun紙

レバノン:フランスの和平案への各当事者の反応(1)

■イスラエルが軍事演習を開始…そして「二者」が交渉を独占      【本紙】      レバノン南部情勢についての所与のはずの前提に大きな矛盾が生じている。西側使節団、特にレバノンに駐在するヨーロッパの使節団と強い関係を持っている外交筋は、レバノン南部で展開されている戦線を鎮静化させる新たな本格的な機会がなく、むしろ戦況がさらにエスカレーションする兆候があり、しかもそれが今後数週間にわたって長引く恐れもあることを懸念している。そして同外交筋は、イスラエルによる脅迫のトーンが上がっている今日、特に 全文をよむ

  • 2024-05-04
  • Al-Nahar紙

イスラエル:ガザ地区停戦交渉に関してイスラエル側が「大きな譲歩」を提供

■複数のレポート:イスラエルはガザに関する合意のために大きな譲歩を提供する準備ができている      【DPI通信:カイロ/テルアビブ】      ガザ戦争に関してカイロで進行中の停戦交渉のさなかに、ハマースが提出した合意の提案についての詳細が明らかになった。      『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙が火曜日、エジプトの当局者らの話として報じたところによると、イスラエルが起草に参加したが、まだ承認していない同提案は2つの段階に基づいている。      第1段階には、イスラエルが不特定数の 全文をよむ

  • 2024-05-01
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:仏外相がレバノン問題をめぐってイスラエル外相と会談(2)

■セジュルネ仏外相が南部での対立を終結させるためにイスラエルに「フランス文書」を提示      【本紙】      第一段階は、国連安保理決議第1701号に則ったヒズブッラー・イスラエル軍間の軍事作戦停止である。第二段階は、イスラエル北部住民(北部入植地の入植者ら)の安全な帰還、レバノン国民が南部にある自身らの町村へ安全に帰還すること、さらにレバノン軍の国境地帯への展開、国境では国連レバノン暫定軍(UNIFIL)を強化するとともにレバノン軍の数を増やすこと、そしてこのために必要な支援を供給するこ 全文をよむ

  • 2024-04-30
  • al-Mudun紙

イスラエル:仏外相がレバノン問題をめぐってイスラエル外相と会談(1)

■セジュルネ仏外相が南部での対立を終結させるためにイスラエルに「フランス文書」を提示      【本紙】      フランスのステファヌ・セジュルネ外相は、イスラエルのイスラエル・カッツ外相とテルアビブで面会した。エルサレムとテルアビブをまたぐことで計24時間を要するセジュルネ氏の訪問は、イスラエルのガザ地区に対する戦争にならび、レバノン国境付近でのエスカレーションが続いているなかでの中東歴訪の一環として行われた。またセジュルネ氏はカッツ氏との会談に際して、自身が「人質の釈放、(ガザ地区の)停戦 全文をよむ

  • 2024-04-30
  • al-Mudun紙

エジプト:農業省高官「年末まで十分な量の砂糖を備蓄がある」

■「エジプトは年末まで十分な量の砂糖を備蓄している」      【カイロ:ロイター通信】      エジプト農業省の高官は『ロイター』に対し、砂糖の備蓄量は2024年末まで十分であると述べ、エジプト商品取引所のイブラーヒーム・アシュマーウィー会長は、同国には6か月分の消費に十分なほどの小麦の戦略的備蓄があると述べた。      さらに同高官は、同国は今シーズンが終了する6月までにサトウキビまたはテンサイから約240~250万トンの砂糖を生産することを目指していると述べた。しかし一方で、今シーズン 全文をよむ

  • 2024-04-29
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:レバノン南部でハマースとヒズブッラーがイスラエル軍と交戦

■「カッサーム旅団」と「ヒズブッラー」のミサイルが(レバノン)南部からイスラエルへ向けて発射される、南部の村々では激しい空爆      【ベイルート:本紙】      イスラエル軍がレバノン南部への空爆と砲撃を行う中、ハマースの軍事部門カッサーム旅団とヒズブッラーはそれぞれレバノン南部から軍事作戦を展開した。      最初にカッサーム旅団が月曜日の午後、テレグラムを通じて、レバノン南部からイスラエル軍の軍事施設をミサイルで集中的な空爆を行ったと発表した。      一方、ヒズブッラーは同日夕方 全文をよむ

  • 2024-04-29
  • Al-Nahar紙

エジプト:紅海での緊張により、スエズ運河の通行料収入が50%減少

■紅海での緊張により、スエズ運河の通行料収入が50%減少      【リヤド:アナトリア通信】      エジプトのハーラ・サイード計画相は日曜日、紅海における最近の緊張によりスエズ運河の通行料収入が50%減少したと述べた。      サイード氏の発言は、4月28日から29日にかけてサウジアラビアの首都リヤドで開催される世界経済フォーラムの折に開催された特別会合の演説のなかでなされたものである。      エジプトの大臣は、「スエズ運河の通行料収入は50%の減少を目撃した。この減少は、紅海での諸 全文をよむ

  • 2024-04-28
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:ヒズブッラー副書記長「レバノン南部問題をめぐるイニシアチブは生き長らえることはできない」

■ヒズブッラー副書記長「レバノン南部問題をめぐるイニシアチブは生き長らえることはできない」      【ベイルート:DPI通信】      レバノンのヒズブッラーの副書記長であるナイーム・カースィム師は土曜日、レバノン南部問題をめぐるイニシアチブは「その骨子がガザで停戦とならない限り、生き長らえることはできないだろう」との見解を述べた。      同師は今日のスピーチで、「(レバノン)南部における停戦という主題のもとに、イスラエルにガザでより多くのことを行えるような安堵をもたらすためのイニシアチ 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエルの攻撃で民間人14人が負傷…ヒズブッラーの役割とは(2)

■レバノン南部スリッビーナ村で民間人14人が負傷   ■エルサレム・ポスト:ヒズブッラーは巨大すぎて失敗できない      【本紙】      「巨大すぎて失敗できない」      『エルサレム・ポスト』紙は、ヒズブッラーが複数のミサイルや爆弾、そして無人機からなる「巨大な武器庫」を所有していると指摘し、同組織は地域でのイランの重要な代理勢力として、「巨大すぎて失敗できない」と説明したうえで、「イランは同組織の破壊を危惧し、これを紛争に巻き込むコストを背負えない」と付言したレポートを報じた。他方 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • al-Mudun紙

レバノン:イスラエルの攻撃で民間人14人が負傷…ヒズブッラーの役割とは(1)

■レバノン南部スリッビーナ村で民間人14人が負傷   ■エルサレム・ポスト:ヒズブッラーは巨大すぎて失敗できない      【本紙】      イスラエル軍は、土曜日(27日)夜に行った南部の村々への集中的な空襲を行った。これは、スリッビーナ村郊外の家屋を標的としたもので、即座に救急隊が攻撃を受けた場所に向かったが、攻撃された家屋周辺にいたレバノン人12人とシリア人2人の計14人の民間人が負傷した。      イスラエルの戦闘機は、複数のミサイルでフーラー村を標的とした空襲を2回仕掛けたうえ、一 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • al-Mudun紙

レバノン:ジャアジャア氏がマアラーブ会議に際してレバノン軍の南部展開を訴える(3)

■マアラーブで開かれた野党会議でのジャアジャア氏の発言:ヒズブッラーはレバノンを防衛することができず、軍を派遣することが唯一の解決手段である      【ベイルート:本紙】      そしてジャアジャア氏は事態がピークに達しつつあると警告し、次のように述べた。「我々は個人、グループ、議員、オピニオンリーダー、ジャーナリストの集合体として、なにもしないまま事を終わらせることはできない。我々は、今日我々、そしてレバノン南部を襲っている危険にスポットライトを当てる。どんな分析やデータによってでも、南部 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • Al-Nahar紙

レバノン:ジャアジャア氏がマアラーブ会議に際してレバノン軍の南部展開を訴える(2)

■マアラーブで開かれた野党会議でのジャアジャア氏の発言:ヒズブッラーはレバノンを防衛することができず、軍を派遣することが唯一の解決手段である      【ベイルート:本紙】      そして同氏は、最終的に、南部における「危険な」軍事行動という新たな問題が生じたと指摘した。この軍事行動はヒズブッラー単独の決断によって開始され、ヒズブッラーに従順な政府でさえその決定について知らされなかったという。      続けて同氏は次のように述べた。「パレスチナの大義は我々全員にとっての義務である。なぜならそ 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • Al-Nahar紙

レバノン:ジャアジャア氏がマアラーブ会議に際してレバノン軍の南部展開を訴える(1)

■マアラーブで開かれた野党会議でのジャアジャア氏の発言:ヒズブッラーはレバノンを防衛することができず、軍を派遣することが唯一の解決手段である      【ベイルート:本紙】      マアラーブで野党会議が開かれ、レバノンの防衛のために安保理決議第1701号の完全な履行が訴えられた。会議には野党勢力や現議員および元議員、また元大臣らや諸政党、著名人らが参加した。      会議の冒頭では、レバノン軍団の党首であるサミール・ジャアジャア氏が演説した。同氏は、「レバノンには国家が存在しない状態に達し 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • Al-Nahar紙

アメリカ:大学での座り込みで「ヒズブッラー」の旗が掲揚される(2)

■米国の大学で「ヒズブッラー」の旗が掲げられ、アラブのSNSユーザーらに分裂が生じる      【本紙】      さらにSNSユーザーらは、プリンストン大学での座り込み実行から間もなくして、米当局がこれを解散させている場面が写された動画を拡散した。      ヒズブッラーはレバノン南部を起点としてイスラエルに対する軍事闘争に参加しており、この闘争が「支援戦線」であり、「ガザ地区への支援」だと述べている。      米国はすでにレバノンのヒズブッラーを「テロ組織」リストに登録しており、米国諸機関 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • al-Mudun紙

アメリカ:大学での座り込みで「ヒズブッラー」の旗が掲揚される(1)

■米国の大学で「ヒズブッラー」の旗が掲げられ、アラブのSNSユーザーらに分裂が生じる      【本紙】      ヒズブッラーが米国の「テロ組織」リストに登録されているにもかかわらず、米国プリンストン大学でガザ地区と連帯するために実施された座り込みで、参加者らはヒズブッラーの旗を掲げた。      SNSユーザーらは、パレスチナのクーフィーヤやパレスチナ旗のほかヒズブッラーの旗を掲げた学生らの写真を拡散したが、これは米国では注目すべき事態である。      拡散された写真のうち1枚には、ヒズブ 全文をよむ

  • 2024-04-27
  • al-Mudun紙

レバノン:ヒズブッラーが議員らにマアラーブ会議への参加を拒否するよう連絡(2)

■ヒズブッラーが議員らに「マアラーブ会議に参加しない」よう連絡      【ベイルート:本紙】      レバノン軍団の複数筋が会議の目的とタイミングについて明らかにしたところによると、一部の人々はこの会議が「政治戦線や野党戦線、あるいはそれに類似するもの」だとする噂を広めようとしているが、これは「正しくない」という。同複数筋によると、同会議の目的はむしろ限定的であり、その主題は「レバノンでの戦争拡大の回避」であるという。これはすべての外交的指標が、レバノンが戦争の全土への拡大の可能性をともなっ 全文をよむ

  • 2024-04-26
  • Al-Nahar紙

レバノン:ヒズブッラーが議員らにマアラーブ会議への参加を拒否するよう連絡(1)

■ヒズブッラーが代表者らに連絡…マアラーブ会議への参加を拒否      【ベイルート:本紙】      明日土曜日にマアラーブで開かれる野党会議に注目が集まっている。これまで明らかになっているところによると、この会議には、3月14日勢力の方針や精神を継ぐ政治的、文化的、社会的活動団体のほか、現職議員らや元議員らも参加する。      この会議の目的や内容について提案された内容にもとづいて、レバノン軍団の情報筋が本紙に明かしたところによると、ヒズブッラーはマアラーブ会議への参加を表明した一部の議員 全文をよむ

  • 2024-04-26
  • Al-Nahar紙

レバノン:イスラエル軍が東部で燃料輸送トラックを攻撃(2)

■レバノン東部のバアルバック(バールベック)で燃料トラックを狙ったイスラエルの空襲により1人負傷      【ベイルート:本紙】      同通信の情報筋によると、イスラエル軍は「閃光弾」をスール、ビント・ジュバイル両地区でブルーライン(訳注:イスラエル・レバノン間の停戦ライン)に隣接する国境付近の村々の上空に発射し、さらに無人機がレバノン南部の村々の上空を飛行した。      2023年10月8日以降、レバノンの諸派とレバノン国内のパレスチナ諸派は、イスラエル占領軍と国境付近で日常的な砲撃の応 全文をよむ

  • 2024-04-25
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエル軍が東部で燃料輸送トラックを攻撃(1)

■レバノン東部のバアルバック(バールベック)で燃料トラックを狙ったイスラエルの空襲により1人負傷      【ベイルート:本紙】      木曜日(25日)、レバノン東部のバアルバック地区のドゥーリス村の平野で、イスラエルが燃料輸送用のトラックを空襲した結果、1人が負傷した。      レバノン国営通信は、「無人機による敵国の(イスラエルの)空襲が、レバノン東部のバアルバック地区のドゥーリス村の平野で、燃料輸送用のトラック1台を標的とした」と伝えた。      さらに同通信は、空襲が原因で「運転 全文をよむ

  • 2024-04-25
  • al-Quds al-Arabi紙