イラク:キリスト教徒による初めての部隊設立、ISとの戦闘に参加
2015年02月09日付 al-Quds al-Arabi紙


■イラク人キリスト教徒による初めての部隊設立、イスラーム国との戦闘に参加

【バグダード:アナトリア通信】

イラク議会のキリスト教ブロックは月曜日(9日)、イラク人のキリスト教徒による初めての部隊を立ち上げたと発表した。キリスト教政党「ラーフィダイン・リスト」のユーナーダム・カンナー党首によれば、部隊は1,000人の戦闘員から成り、イスラーム国(ダーイシュ)との戦闘に参加する。

この部隊は、(政府を支援するシーア派勢力の)「国民部隊」に加わり、ニーナワー平原を「ダーイシュ」の支配から解放するべく行動する。

アナトリア通信に対する声明で、同党首は、「1,000人以上のキリスト教徒が、国民部隊の構成員としてバグダード(中部)およびキルクーク、ザーフー(北部)の訓練キャンプに公式に加入した。彼らはその後、祖国防衛隊の指揮下に加わる」と述べた。

アナトリア通信の記者によると、この部隊は、「ダーイシュ」との戦闘に加わるべく創設された、初のキリスト教部隊だという。

「ラーフィダイン・リスト」は昨年8月頭、ニーナワー平原の大部分がダーイシュの手に落ちた後、自らの地域を守るため、イラク統一政府に対して、キリスト教徒から成る連隊の創設と、それに向けての予算の捻出を要求した。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:所巧)
(記事ID:36862)