帝王の復帰-ナショナルチームの監督にガラタサライ元監督ファーティフ・テリム就任(Milliyet紙)
2005年06月26日付 Milliyet紙

トルコサッカー連盟は、エルスン・ヤナルに代わるトルコ代表チームの新監督として、ファーティフ・テリムを起用した。テリムは今日から監督としての活動を開始する。

ガラタサライを1年半前に離れて以来、どこのチームの監督にも就かなかったファーティフ・テリムは、就任要請の圧力に屈する形でトルコ代表チームの監督になることを受諾した。
同連盟が地中海大会の視察を拒否したため解任したエルスン・ヤナルに代わり、ごく最近になってテリムの名前が新監督候補の筆頭に浮上していた。レヴェント・ブチャクジュ会長は、先日開かれた理事会で代表監督問題に関する全権を委任され、金曜日にテリムの別荘があるボドルムを訪ねていた。
マスコミ関係者の追跡のため「プライベートで来た」と言っていたブチャクジュ会長は、昨日滞在先のホテルでテリムと面会した。ファーティフ・テリムは、新聞記者たちに気づかれないようこっそりとホテルに入った。サッカー界の著名な2人が行った会見で、監督就任が決まった。

ブチャクジュ会長は今日、理事会の承認を得たあとに行われる記者会見で、ファーティフ・テリムの代表監督就任を正式に発表する。1996年に代表監督を退いたテリムは、総額200万ドルで、5年間の契約にサインする予定。
昨夜イスタンブルに到着したテリムは、ブチャクジュ会長と合意したことを明らかにし、「明日(今日)もう一度会い、コーチについて話し合う予定だ。代表チームのユニホームを着て長い間指揮を執ってきた。代表チームのことが私の頭から離れることはなかった」と述べた。テリムは、マスコミ関係者から、重責を任されたことについての質問に「プレッシャーがなければ成功しない」と答えた。

■テリムの代表チーム戦績

●公式戦
[1994年ワールドカップ予選]     
1993年10月27日 トルコ対ポーランド:2-1
1993年11月10日 トルコ対ノルウェー:2-1

[1996年ヨーロッパチャンピオンズリーグ予選]
1994年9月7日  ハンガリー対トルコ:2-2
1994年10月12日 トルコ対アイルランド:5-0
1994年12月14日 トルコ対スイス:1-2
1995年3月29日 トルコ対スウェーデン:2-1
1995年4月26日 スイス対トルコ:1-2
1995年9月6日  トルコ対ハンガリー:2-0
1995年10月11日 アイルランド対トルコ:0-0
1995年11月15日 スウェーデン対トルコ:2-2
イギリス(決勝戦開催地)への出場権獲得

[1996年ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝]
1996年6月11日  トルコ対クロアチア:0-1
1996年6月14日  ポルトガル対トルコ:1-0
1996年6月19日  トルコ対デンマーク:0-3

●交流試合
1994年2月23日  トルコ対チェコ:1-4
1994年4月20日  トルコ対ロシア:0-1
1994年8月21日  マケドニア対トルコ:0-2
1994年12月21日  イタリア対トルコ:3-1
1995年2月15日  トルコ対ルーマニア:1-1
1995年3月8日   トルコ対イスラエル:2-1
1995年6月4日   カナダ対トルコ1-3
1995年6月7日   トルコ対カナダ:3-0
1995年6月11日  トルコ対ホンジュラス:1-0
1995年6月18日  トルコ対パラグアイ:0-0
1995年6月21日  トルコ対ニュージーランド:2-1
1995年6月23日  トルコ対チリ:0-0
1995年8月30日  トルコ対マケドニア:2-1
1995年10月4日  フィンランド対トルコ:0-0
1995年11月9日  ヴィテッセ・アルンヘイム対トルコ2-0(後半戦中止)
1996年2月14日  トルコ対ベラルーシー:3-2
1996年3月26日  チェコ対トルコ:3-0
1996年4月9日   アゼルバイジャン対トルコ:0-1
1996年5月1日   トルコ対ウクライナ:3-2
1996年5月29日  エストニア対トルコ:0-0
1996年6月2日   フィンランド対トルコ:1-2

Tweet
シェア


現地の新聞はこちらから
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:田辺朋子)
(記事ID:307)