検索結果 558件

検索条件 メディア トルコ語メディア全て 
ジャンル スポーツ記事 
特集ジャンル 全て
期間
キーワード
2018-07-24 フェネルバフチェの負債総額は? (Cumhuriyet紙)

フェネルバフチェ会長のアリ・コチ氏は、FBTVで参加した「仲間への呼びかけ」という番組においてクラブの財政とマネージメントの状況について情報を与えた。      フェネルバフチェ会長のアリ・コチ氏は、FBTVにおける「仲間への呼びかけ」という番組においてクラブの財政とマネージメントの見取り図について会見を行った。コチ氏の会見における要旨は以下のようである:      -「大衆への呼びかけ」という名タイトルで行った番組の続編は一か月に一度もしくは最も遅くても2二ヶ月に一回は行われる。前期における最 全文をよむ

2018-07-22 メースト・エジル、エルドアン写真について初めて語る (Hurriyet紙)

ロンドンでエルドアン大統領と撮影した写真が原因で、ドイツでほとんどリンチともいえる批判の標的となったメースト・エジル選手が、初めて胸中を明かした。エジル選手は、ソーシャルメディア上でのコメントに「この写真はこれからでも撮らせるさ」と記した。      ワールドカップで早々に敗退したドイツ代表チームの批判の対象となったメースト・エジル選手は、レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領と撮影した写真に関して、初めて胸中を明かした。フェイスブックで、エジル選手が英語で発信したメッセージは以下の通りである。  全文をよむ

2018-06-30 スウェーデン、極右標的のトルコ系選手に声援 (Milliyet紙)

ドイツ対スウェーデンの試合後、人種主義者らによる攻撃の標的となったジミー・ドゥルマズ選手をスウェーデン市民が支持した。    2018年FIFAワールドカップのグループFで行われたドイツ対スウェーデンの試合後、人種主義者らによる攻撃の標的となったジミー・ドゥルマズ選手をスウェーデン市民が支持した。    トルコ人の父を持つスウェーデン出身のサッカー選手であるジミー・ドゥルマズ選手は、ドイツ対スウェーデンの試合で試合終了15秒前に出したファウルにより、スウェーデンサポーター内の人種主義者らによる攻 全文をよむ

2018-06-30 ワールドカップドイツ敗退の戦犯は、エルドアン? (Cumhuriyet紙)

ワールドカップでのドイツ代表敗退の反響が続いている。ZDFテレビジョンで放送された番組に出演したドイツ人のジェム・オズデミル氏は、ドイツ代表はトルコのせいで敗退したと述べた。      ドイツは、ワールドカップ敗退のショックから、未だ立ち直れていない。ショックから立ち直れないため、問題の原因に関する分析に至っていなかったドイツ人だったが、突如ある考えが生まれてきた。      ZDFテレビジョンで放送されているマルカス・ランツ氏のテレビ番組で、ワールドカップでの惨敗について話題となった際、結果を 全文をよむ

2018-06-21 ワールドカップ・イラン・スペイン対戦、イラン人観光客トルコで応援 (Hurriyet紙)

イランのマシュハド市にあるカフェではイラン対スペイン戦の観戦が間接的に禁止された。一方、休暇をトルコで過ごすイラン人観光客は、スペインと戦うイラン代表を応援し続けた。      イランのエンテクハブのニュースサイトによると、マシュハド市警による文書では市内にあるカフェは現地時間で22時(トルコ時間で20時30分)以降閉店となる。      ニュースでは、ロシアで開催中の2018FIFAワールドカップBグループのイラン対スペイン戦が始まる30分前にカフェが閉まるというこの決定は、試合を「公共の場で 全文をよむ

2018-06-17 サッカーワールドカップで活躍のトルコ人審判チャクル、インタビュー (Milliyet紙)

ロシアで我が国トルコを代表してFIFAのレフェリーワッペンを持つジュネイト・チャクル審判が、われわれのインタビューに応じてくれた。チャクル氏は、「人々が私を強く批判した試合でもなく、とてもいい判断だったと言った試合でさえも私を最も強く批判したのは父でした」と語った。    ロシアで我が国を代表してFIFAのレフェリーワッペンを付けて活躍しているジュネイト・チャクル審判は、「母がサッカーは辞めて審判になりなさい。あなたはワールドカップで試合を管理するようになるわ。私にはわかるの。と言ったのです。母 全文をよむ

2018-06-05 フェネルバフチェ会長選挙、アリ・コチ勝利―ユルドゥルム氏破る (Milliyet紙)

フェネルバフチェの会長となり、子供時代の夢を叶えたアリ・コチ氏は、会長選の日、勝利の後会員たちの間に駆け寄る一方、その後喜びを現してロッジへ移った。      フェネルバフチェの会長となり、子供時代の夢を叶えたアリ・コチ氏は、会長選の日、勝利の後会員たちの間に駆け寄る一方、その後喜びを現してロッジへ移った。そこで1日着続けたシャツを脱ぎ一息ついた氏は、家族、友人、支援者とともにたっぷりお祝いをした。その際に、勝利会見のために少し準備をした。      支援者と幹部とともに演壇に上がったコチ氏は、 全文をよむ

2018-06-05 フェネルバフチェ・コチ会長、仕事はじめ (Cumhuriyet紙)

フェネルバフチェで6月3日に行われた会長選挙でアジズ・ユルドゥルムを敗北させたアリ・コチ氏は、正式な就任書類を得て仕事を開始した。      6月3日月曜日に行われた会長選挙で用いられた2万736票中、1万6千92票を獲得してフェネルバフチェ・スポーツ・クラブの、第37代会長に選ばれたアリ・コチ氏と運営委員は、ウルケル・スタジアムで約1万5000人の黄色と紺色のファンたちの前で行われた公式の式典において公式に仕事を開始した。      ■「偉大な会長」      式典の始まりにスピーチを行ったフ 全文をよむ

2018-05-28 サッカー、トルコ・イラン44年ぶりに対戦 (Milliyet紙)

サッカートルコ代表チームは、イスタンブルを開催地として本日44年ぶりにイランと対戦する。      サッカートルコ代表チームは、イスタンブルを開催地として本日44年ぶりにイランと対戦する。両チームは、1974年1月20日にパキスタンのカラチで開催された「発展のための地域連合カップ」で対戦したのが最後であった。トルコ代表は、ライバル・イランとのこの最後の試合でシナン・アラヨールのゴールで勝利した。      トルコ代表チームは、イランとの史上7回目の試合に臨む。両チーム過去6試合の対戦で、トルコは 全文をよむ

2018-05-26 イスタンブル音楽祭、始まる (Cumhuriyet紙)

昨夜、イスタンブル文化芸術財団(İKSV)主催、E.C.A.ダイキャスト工業株式会社提供の第46回イスタンブル音楽祭が、開会式とコンサートを皮切りにルトフィ・クルダル会議・展示場で始まった。      昨夜、İKSV主催、E.C.A.ダイキャスト工業株式会社提供の第46回イスタンブル音楽祭が、開会式とコンサートを皮切りにルトフィ・クルダル会議・展示場で始まった。      第46回イスタンブル音楽祭はプレゼンターにジェイラン・サネル氏を迎え、İKSVのビュレント・エジャジュバシュ会長が開会の式辞 全文をよむ

2018-05-20  スペル・リーグ・チャンピオン!ガラタサライ (Cumhuriyet紙)

スポル・トト・スペル・リーグ2017-2018シーズンで、ガラタサライがチャンピオンになった。黄と赤のガラタサライは、アウェイでゴミスのペナルティ・キックのゴールでギョズテペを破り、幸せな結果にたどり着いた。サポーターらは、21回目の優勝を国中で盛大に祝った。最終試合まで優勝を狙っていたフェネルバフチェはコンヤスポルを、バシャクシェヒルはカスムパシャを3-2で破った。フェネルバフチェはリーグ2位、バシャクシェヒルは3位になった。スィヴァススポルを5-1で破ったベシクタシュは、直近2回のシーズンで 全文をよむ

2018-04-28 トルコサッカーリーグにまた日本選手―ベシクタシュ (Hurriyet紙)

ポルトガルのスポーツ紙『ボラ』によると、ベシクタシュJKが、(ポルトガルの)ポルティモネンセSCのスターとして知られる中島翔哉選手の獲得へ意欲を見せている。      『ボラ』の報道によると、ベシクタシュJKのモニタリング委員会は、4月22日日曜日、チャベス対ポルティモネンセSCの試合を観戦し、中島のプレーを注視した。      中島については、ポルトガルメディアでは将来有望な選手とされており、来季はベシクタシュJKの他にも多くのチームが彼の移籍を望んでいるとされる。      報道によると、中 全文をよむ

2018-03-31 ガラタサライの2018年度予算、承認 (Cumhuriyet紙)

ガラタサライスポーツクラブの定例総会で公表された2018年度の予算では、収入は8394万3510トルコリラで、支出は1億5336万4334トルコリラになるとされ、投票によって承認された。       リュトゥフィ・クルダル会議場で行われたガラタサライの財務定例総会において、2018年度予算の投票が行われた。総会で過半数の票獲得によって承認された予算によると、ガラタサライの2018年度予算では、収入は8394万3510トルコリラになると説明された。支出に関しては、 1億5336万4334トルコリラ 全文をよむ

2018-03-14 ガラタサライ長友インタビュー「テリム監督とはイタリア語で話している」 (Cumhuriyet紙)

ガラタサライに新しく移籍した長友佑都選手が、同クラブチーム公式マガジンのインタビューに答えた。      ガラタサライの日本人選手である長友佑都は、「ファーティフ・テリム監督は素晴らしいコーチであると同時に非常にいい人です。選手にどうアプローチすべきかをとてもよく分かっています。監督とはよくイタリア語で話しています」と述べた。      クラブマガジン175号でインタビューで、長友佑都選手は次のように語った。      ―ファーティフ・テリム監督は、トルコサッカー界最大の生ける伝説的存在ですが、 全文をよむ

2018-03-12 税金の無駄!オリンピックスタジアムは何回使われたのか (Cumhuriyet紙)

コジャエリ選出の共和人民党(CHP)国会議員タフシン・タルハン氏は、「稼働も使用もされておらず、死んだ施設となっているアタテュルク・オリンピックスタジアムの国民への負担は1億1,280万リラである」と述べた。      アタテュルク・オリンピックスタジアムの費用負担に関して、コジャエリ選出のCHP国会議員タフシン・タルハン氏はスポーツ省へ書面で質問し、同省が回答した。タルハン氏は、「稼働も使用もされておらず、死んだ施設となっているアタテュルク・オリンピックスタジアムの国民への負担は1億1,280 全文をよむ

2018-02-12 ガラタサライ長友、テリム監督を激賞 (Milliyet紙)

スポル・トト・スーパーリーグ第21節で、アンタルヤスポルとのホーム戦を3-0で勝利したガラタサライの長友佑都選手が試合後、会見を行った。      スポル・トト・スーパーリーグ第21節で、アンタルヤスポルとのホーム戦を3-0で勝利したガラタサライの長友佑都選手が試合後、会見を行った。      ■「本当に嬉しい」      「今日、獲得した勝利は本当に嬉しい。今日私が見せたパフォーマンスは、チームの友人らの助けによるものです。彼らに感謝したい。」      ■「ファティフファーテフ・テリム監督は 全文をよむ

2018-02-05 初戦を落としたガラタサライ長友「リーグになれるには時間がかかる」 (Hurriyet紙)

ガラタサライ所属の長友佑都選手はデミルグループ・スィヴァススポル戦後のコメントで、「初試合で負けてしまったのでとても残念だった。2日間チームで練習して、それから先発メンバーでスタートした。もちろん新リーグや新チームに慣れるのは簡単ではなく、どうしても慣れる時間が必要だ」と述べた。      ガラタサライがシーズン中の移籍期間の最終日にイタリアのチーム、インテルから期限付きで獲得したDF長友佑都選手は、デミルグループ・スィヴァススポル戦にて先発フル出場でデビューした。試合後のコメントで長友はこう述 全文をよむ

2018-01-13 アルダ・トゥラン、バシャクシェヒルに移籍 (Cumhuriyet紙)

メディポル・バシャクシェヒルが長い間交渉を続けていたアルダ・トゥランの移籍が決まった。国民的サッカー選手のアルダ・トゥランは1年の延長猶予付き1.5年契約で移籍することとなった。このスター選手が本日イスタンブルに来ることを皆待ち望んでいる。      バルセロナでは活躍の場を見いだせなかったアルダ・トゥランは、間もなくイスタンブルに来ることになる。このスター選手は1年の延長猶予付き1.5年契約で、バシャクシェヒルに移籍する。       またCNNトルコのインタビューを受けたバシャクシェヒルのア 全文をよむ

2017-11-25 故スレイマンオールの日本人「妻」の子「ナオミ」は今、どこに? (Hurriyet紙)

故ナイム・スレイマンオール氏の家族は、この伝説の重量挙げ選手の日本人の娘を探している。家族は、「彼女にも相続の権利がある」と述べている。      ナイム・スレイマンオール氏の家族のこの捜索を、ハベルチュルク紙のムハッレム・サルカヤ記者が記した。サルカヤ記者の記事は以下の通り。      夜電話が鳴った時、このような話を聞くことになるとは思ってもいなかった。重量挙げ連盟の元副会長で友人のゼキ・チュルケシュ氏が、「君にナイム・スレイマンオールについて1つ頼みがある」と話し始めた。   チュルケシュ 全文をよむ

2017-11-18 小さな巨人スレイマンオール、死去ー重量挙げで金メダル (Cumhuriyet紙)

重量挙げ界のもっとも重要な選手であり、「小さな巨人」と呼ばれたナイム・スレイマンオールが亡くなった。同選手は肝臓移植を受け、集中治療を受けていた。ブルガリアで生まれたスレイマンオール氏は、トルコ代表として戦ったソウルオリンピックで6つの世界記録と9つのオリンピック記録を打ち立てた。これらの記録は未だ並ばれていない。スレイマンオール氏の遺体は、今日(18日)正午の礼拝の後、ファーティフ・モスクから運び出される。      肝硬変による肝不全のため9月28日から現在までアタシェヒル記念病院の集中治療 全文をよむ

2017-09-15 サッカークラブ会長の「ホントの」職業は? (Hurriyet紙)

50億リラ近くの経済規模を持つスーパーリーグの会長の座にある人物たちは、建設から医療、エネルギーから食品に至る様々な業界の企業のオーナーだ。      18チームのうち17チームの会長は企業オーナーだが、カラビュクスポルのトップ、フェルドゥン・タンクト氏だけは定年退職した元労働者だ。      タンクト氏はどの企業の株式も経営権も保有せず、現在カラビュクスポルのみと関係している。      ベシクタシュのフィクレト・オルマン会長とフェネルバフチェのオーナーであるアズィズ・ユルドゥルム会長の企業は 全文をよむ

2017-08-11 ラミル・グリエフ、ロンドン世界陸上男子200メートル走で金メダル! (Cumhuriyet紙)

グリエフが、陸上競技で世界チャンピオンとなった。    トルコへ世界陸上で最初の金メダルをもたらしたラミル・グリエフ選手が、歴史にその名を刻んだ。ロンドンで開催された第16回世界陸上の男子200メートル決勝において、20.09秒というタイムでライバルたちを突き放したアゼルバイジャン出身で27歳のこの国民選手は、今回のサクセスストーリーにより全世界の注目の的となった。アゼルバイジャン代表としてレースに出場していた時代も、欧州や世界のユース選手権において金・銀メダルを獲得していたグリエフ選手は、これ 全文をよむ

2017-06-09 4大サッカーチーム、いずれも財政大ピンチ (Hurriyet紙)

トルコでサッカーチームの抱える負債は2016~2017年のシーズンで過去最高額に達した。イスタンブル証券取引所で株式を公開するトルコの4大サッカーチームの負債は38億リラとなった。それに対しベシクタシュ、フェネルバフチェ、ガラタサライ、トラブゾンスポルの合計収入は11億リラにとどまっている。      近年、支出の管理と収入源の多様化に失敗してきたトルコの4大チームの負債は、過去最高額となった。イスタンブル証券取引所で株式を公開するトルコの4チーム、ガラタサライ、フェネルバフチェ、ベシクタシュ、 全文をよむ

2017-06-08 ファズル・サイ、アルダ・トゥランを批判 (Cumhuriyet紙)

世界的に有名なピアニストであるファズル・サイは、サッカートルコ代表のアルダ・トゥランが移動の飛行機内で記者のビラル・メシェに暴行を加え、「トルコ代表をやめる」と発言したことに批判した。      ピアニストのファズル・サイは、アルダ・トゥランが移動の飛行機内で記者のビラル・メシェに暴行を加えたのち、トルコ代表からはずれたことについて、SNSアカウントで批判した:      「アルダ・トゥランがトルコ代表をやめる、だと。そもそも追放されたんだ…。エゴイスティックの喧嘩、金を巡る喧嘩、飛行機での罵り 全文をよむ

2017-04-06 サッカー選手にテロ支援で執行猶予つき有罪判決 (Hurriyet紙)

デニズ・ナキに対し、テロに関する有罪判決!   ガーズィアンテプ地方裁判所第3法廷が無罪判決を覆し、スポル・トト第2リーグに所属するアメドスポルティフ団のデニズ・ナキ選手が追訴された。ナキ被告は、「テロ組織のプロパガンダ」の罪で1年6カ月22日の禁固刑を宣告された。      第4重罪法廷で行われた審問にナキ選手と弁護士団が出廷した。共和国検察は起訴状でナキ容疑者の有罪を主張した。これに対して弁護を行なったナキ被告は、前回の審議での弁護を繰り返し、無罪を要求した。裁判官らはナキ被告に対し、「テロ 全文をよむ

2017-03-01 イラン、レスリングチームのトルコ派遣を中止 (Hurriyet紙)

イランが近頃徹底している、「トルコに行かないでください」という指導にまた新たな事例が加えられた。今回、トルコで開催されるヴェフビーエムレ国際競技会とヤシャルドーウ国際競技会への不参加を表明したイランは、その理由について明かす必要性を感じてさえいない。      イランは、トルコで開催予定のヴェフビーエムレ国際競技会とヤシャルドーウ国際競技会に参加しないことを明かした。今月中に行われる全二つのトーナメントに参加予定であったイランのチームのトルコ派遣が、イラン・スポーツ省の指導により中止となった。ス 全文をよむ

2017-02-22 フェネルバフチェ、UEFAヨーロッパリーグ戦敗退、会長辞任!のシュプレヒコール (Cumhuriyet紙)

フェネルバフチェサポーターがクラスノダールとの試合でまずチームに対して拍手で抗議し、それから会長の辞任を訴えた。試合終盤と試合終了後にフェネルバフチェサポーターらが「アリ・コチを会長に!フェネルバフチェはチャンピオン!」とシュプレヒコールを行った。      カドゥキョイでクラスノダールと1-1で引き分け、ヨーロッパリーグを敗退したフェネルバフチェで試合終盤、スタンド席の観客が荒れた。フェネルバフチェの黄色と藍のユニフォームを着たサポーターらは試合終盤の10分間でスコアが1-1で継続する中、チー 全文をよむ

2016-12-06 キエフでベシクタシュサポーター襲われる―チャンピオンリーグ戦 (Cumhuriyet紙)

チャンピオンリーグ戦応援のためウクライナのキエフを訪れたベシクタシュサポーターが、ダイナモ・キエフのサポーターによる襲撃に遭った。この襲撃では爆竹も使用された。      チャンピオンリーグ戦応援のため、ウクライナのキエフへ渡ったベシクタシュサポーターが、ダイナモ・キエフのサポーターによる襲撃に遭った。この襲撃では爆竹の使用も見られ、負傷者も出ているという。      サイグ・オズチュルク報道官の述べたところによると、一部のベシクタシュサポーターは第一便の旅客機でトルコへ帰国したが、覆面に軍服姿 全文をよむ

2016-10-14 サッカーワールドカップ予選成績不振組は? (Cumhuriyet紙)

トルコ代表は、2018年ワールドカップ欧州予選で自身同様4位だった同位のチームの中で最下位となった。チームのコストは1億5200万ユーロだが、グループ予選の3戦で上げたのはわずか2点だった。2500万ユーロ規模で4点を獲ったフェロー諸島ですら我々を追い抜いた。      2018年にロシアで行われるワールドカップの予選試合は3週間の試合期間を終えた。グループ戦で4位となり、同位チームとの対戦での得点数を見ると、トルコチームは最下位に終わった…。   ファーティフ・テリム監督とアルダ・トゥラン選手 全文をよむ

2016-09-18 リオ・パラリンピック3つめの金メダル、女子ゴールボールで金 (Milliyet紙)

リオパラリンピックで中国を4-1で破り、トルコが優勝した。パワーリフティングでナズミイェ・ムスル選手が、卓球でアブドゥッラー・オズチュルク選手が手にした優勝に続き、トルコに3つ目の金メダルがもたらされた。      2016年のリオパラリンピックのゴールボール種目で、トルコは3つ目の金メダルを獲得した。女子チームは、ブラジルのリオデジャネイロにあるフューチャーアリーナで行われた決勝戦で中国と対戦。極東の国を4-1で破ったトルコが金メダルを手に入れた。      中国を相手に終始優位に試合を進めた 全文をよむ

2016-09-08 リオ・パラリンピック女子重量上げ、トルコに金メダル! (Hurriyet紙)

女子重量挙げのナズミエ・ムラトル選手が、リオデジャネイロ・パラリンピック大会で世界新記録を打ち立てた。      リオ・パラリンピック大会の女子重量挙げ(パワーリフティング)41キロ級に出場したナズミエ・ムラトル選手は104キロをクリアして金メダルを獲得し、同時に世界新記録を樹立した。   ブラジルのリオデジャネイロで開かれている大会の女子重量挙げ41キロ級で、トルコのナズミエ・ムラトル選手が注目を浴びた。国民的重量挙げ選手は104キロを持ち上げて金メダルを獲得するとともに、世界記録保持者となっ 全文をよむ

2016-09-06 ワールドカップ予選初戦、クロアチアと引き分け1ポイント (Hurriyet紙)

 サッカー・トルコ代表チームは、2018FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選第1グループの初戦、アウェーでのクロアチア戦は1-1で引き分けとなった。両チームはこの初戦でそれぞれ1ポイントずつを獲得した形でスタートを切った。対戦は、ザグレブのマクシミール・スタジアムで無観客試合として行われた。ホームのクロアチアによるゴールは、開始後44分、イヴァン・ラクティッチによるペナルティ・キックだった。トルコ代表チームの得点は前半終了間際のハーカン・チャルハンオールが記録した。第1グループにおけるそのほか 全文をよむ

2016-08-21 オリンピック、男子レスリングで金メダル (Cumhuriyet紙)

タハ・アクギュルがレスリングのフリースタイル125キロ級で、イランのコメイル・ガセミ選手を破り、オリンピックのチャンピオンとなった。      タハ・アクギュルがフリースタイル・レスリングでオリンピックのチャンピオンとなり、トルコへリオオリンピック最初の金メダルをもたらした。      125キロ級決勝戦で、イランのコメイル・ガセミに3-1で勝利したタハ・アクギュルは、リオオリンピックでトルコ勢初の金メダリストとなった。      世界チャンピオンとなったタハ・アクギュルは以前、世界レスリング協 全文をよむ

2016-08-11 元トルコ代表ハーカン・シュクルとその父に逮捕命令 (Cumhuriyet紙)

サカリヤ県共和国首席検事局はクーデター未遂の調査の一環で、アメリカに滞在中のハーカン・シュクルとその父親セルメト・シュクルに逮捕命令を出した。      サカリヤ警察署の署員らが、アメリカ合衆国に滞在中のハーカン・シュクルが所有するイスタンブルにある自宅で捜索を行ったことが明らかになった。アダパザルに住むセルメト・シュクルは行方不明だ。アメリカに滞在中のハーカン・シュクルに対し、レッドノーティスによって逮捕命令が出されることも明らかになった。 全文をよむ

2016-06-22 ユーロ2016、トルコは第一次リーグ敗退 (Hurriyet紙)

トルコ代表サッカーチームに、待望の良い知らせは届かず、無念にもユーロ2016に別れを告げなければならなくなった。      サッカー界の勝利の女神は今回、トルコには微笑まなかった。トルコは、チェコ共和国に2―0で勝利し、各組上位3チームからベスト16に進出したが、イタリアチームの餌食となった。      ■ポルトガルが復活      注目の初戦はグループFのハンガリー対ポルトガル。ハンガリーの勝利がトルコ代表にベスト16の切符をもたらすはずだった。しかし、ポルトガルが巻き返して3-3の引き分けと 全文をよむ

2016-06-21 チェコ戦2-0勝利!ユーロ2016、勝ち残るには・・ (Hurriyet紙)

チェコを 2-0で破り、Dグループを第3位で終えたトルコが、第二次ステージに進めるかどうかは、今日の3試合で決まる。      トルコナショナルチームは、ユーロ2016、Dグループの最終戦でチェコを2―0でやぶり、第3位で終えた。3戦で2ゴールを決め、4ゴールを決められたため、-2の得失点差となったトルコは、Aグループを同ポイント・同得失点差で終えたが得点1のアルバニアを上回った。      トルコは、「3位グループ上位」に入り、第二ステージにすすむには、Eグループ、Fグループの第3位にくるチー 全文をよむ

2016-06-21 プーマ社トルコ工場製サッカーユニフォームボロボロ事件、「生産続ける」 (Hurriyet紙)

サッカー欧州選手権に出場する五カ国のテクニカル・スポンサーを務めるプーマ社のトルコ製ユニフォームが破れた問題は、大会に泥を塗る出来事となった。スイス対フランス戦で、スイス人選手らのユニフォームがボロボロになり、その後この製品がトルコ製だったことがわかった。この件に関してプーマ社はヒュッリイェト紙の取材に対し、「ユニフォーム製造時に、微量の不良素材が使用されていたようだ。我が社はトルコ製品の品質に大変満足している。今後もトルコでの製造を続けていくつもりだ」とこたえた。      ■ユニフォームはす 全文をよむ

2016-06-18 UGUR MELEKEコラム:EURO2016、トルコは最下位チーム (Hurriyet紙)

負けるということは問題ではない。   得点差をつけられることも。      サッカーには勝ちもあれば、負けもある。   3試合を経て0得点、0ゴールであったとしても国に帰って来て何の問題もない。   けれども走ることなく、戦うことなく、相手にプレッシャーを与えず、戦略的なプレーを一切せずには帰ってくるべきではない。   とにかく残念なのはこのことだ。      平均年齢31.5歳のイタリアチームが(1試合で)120キロ走っている一方、トーナメント中最も若いトルコチームが走ったのが102キロだっ 全文をよむ

2016-06-18 ファーティフ・テリム監督、辞任を示唆 (Cumhuriyet紙)

トルコサッカーナショナルチームのファーティフ・テリム監督が、3-0で敗北したスペイン戦後「このようなスコアだ。そうすべきと言われるならばそれを私はするまでだ」と発言した。    対スペイン戦での見せ場のないサッカーとこれまでとは違う敗北を受け、ファーティフ・テリム監督より重要な発表があった。自身の責任を強く主張したテリム監督は、「このようなスコアだ。そうすべきと言われれば、私はそれをするまでだ」と発言し、辞任を示唆した。    試合後に記者団の質問に答えていたテリム監督は、以下のように発言した。 全文をよむ

2016-04-28 キックボクサー世界チャンピオン大乱闘、8人を倒す (Milliyet紙)

イズミル県トルバル郡で道路で道を譲らなかったことが問題で起こった喧嘩で世界チャンピオンを4つ、トルコチャンピオンを9つ持つキックボクサーのジェスル・トゥルガイが一人で6人を病院送りにした。      入手した情報によると、事件はトルバル郡アイランジュラール地区で起こった。ジェスル・トゥルガイはキックボクシングで4つの世界チャンピオンと9つのトルコチャンピオンを獲得しているという。彼は車を右車線に駐車して買い物袋をトランクに入れたかったが、その時、他の車が彼の車の脇に近づいて止まると、車から5人降 全文をよむ

2016-04-11 ベシクタシュ、新スタジアム・オープン! (Hurriyet紙)

ベシクタシュの新しい聖地ボーダフォンアリーナは、予想通りブルサスポル戦で満員となった。4万1903人の観客で一杯のスタジアムで、ただの一つも空席さえ残っていない一方、スタジアムの輝きは老若男女全ての人を魅了した。本日ベシクタシュで生じたことごと...      ■午後3時、町中はお祭りの場へ      トルコとヨーロッパの各地から訪れたベシクタシュファンたちは、ベシクタシュ地区のキョイチとカザンで集まりだした。すぐにどこでも、白と黒のユニフォームを着たファンたちが何時間も王者の行進曲を歌い、お祭 全文をよむ

2016-04-03 スペイン紙、アルダ・トゥラン批判 (Hurriyet紙)

スペイン・メディアは、サッカーのスペイン1部リーグ(ラ・リーガ)第31週目に、レアル・マドリードが敵地でバルセロナを2-1で下したことを報じた。各紙は、 この「エル・クラシコ(伝統の一戦)」についての報道で、バルセロナを批判する一方、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリードを称賛した。      エル・パイス、エル・ムンド両紙は、レアル・マドリードのチーム精神が今シーズン初めてフィールド上に映し出された、という見出しを用いて、ライトパープル・ホワイトのチーム(レアル・マドリード)は諦めず 全文をよむ

2016-01-07 英アーセナルのメスト・オズィル、エルドアン大統領を訪問 (Radikal紙)

トルコを訪れたアーセナルのメスト・オズィル(エジル)が、レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領を表敬訪問した。      アーセナルの世界的なトルコ系サッカー選手・メスト・オズィルが、一時訪れたトルコでエルドアン大統領を表敬訪問した。アーセナルで示したその最高のパフォーマンスでチームをプレミアリーグでの1位へと導いたメストと大統領の間で、ディープなサッカー談義に花が咲いた。大統領は「トルコの稲妻スター」を褒め称え、英国プレミアリーグ での成功を祈った。      この訪問にはサバフ紙記者・ルドヴァ 全文をよむ

2015-12-12 ユーロ2016、トルコはグループD―ライバルはスペイン、チェコ、クロアチア (Milliyet紙)

トルコのAナショナルチームの対戦相手が明らかになった。トルコのAナショナルチームはグループDになった。対戦相手はトーナメントの前王者スペイン、予選で戦ったチェコ共和国、そしてクロアチアとなった。トルコは初戦を2016年6月12日16時にクロアチアと行う。トーナメントの開幕試合は2016年6月10日フランス対ルーマニアで行われる。      Aサッカーナショナルチームは、フランスで行われる2016欧州サッカー選手権(EURO2016)で、グループDでスペイン、チェコ、クロアチアと戦うことになった。 全文をよむ

2015-10-18 83 分の1の可能性!トルコの本戦出場を決めた7つの奇跡 (Radikal紙)

トルコ代表チームは、7つの別々の可能性が実現した結果、プレーオフ戦なしでユーロ2016への出場を決めた。この7つの可能性が、すべて、トルコに優位な結果になるのは、83分の1の可能性だった。      トルコ代表チームが、プレーオフ戦なしで出場を決めるのは、ほとんど奇跡に近かった。しかし、運命が、トルコをヨーロッパ選手権本大会に導いた。   もし、サッカーファンのだれかが、ユーロ2016予選の最終週にトルコが、各組3位のなかの最優秀チームになるための7つの条件で賭けをしていたら、83分の1の可能性 全文をよむ

2015-10-16 アルダ、喜び過ぎたトルコの危機を救っていた―サッカー欧州選手権予選 (Hurriyet紙)

セルチュク・イナンのフリーキックゴール後、一団となって自陣サイドで喜びを表現していたトルコ・ナショナルチームは、アルダ・トゥランのおかげで危機を脱した。      セルチュク・イナンの89分のフリーキックゴールでアイスランドを1-0で下したトルコは、カザフスタンがラトビアを1-0で下したことで2016年欧州選手権への切符を掴んだ。      セルチュクは完璧なゴールを決めた後、走りながら自陣まで来て、出場中のチームメイトやベンチのチームメイトとゴールの喜びを分かち合った。セルチュクの決めたゴール 全文をよむ

2015-10-13 奇跡を実現!サッカー欧州選手権2016出場、決定 (Hurriyet紙)

サッカートルコ代表チームは、2016年欧州選手権予選Aグループ最終戦第10節、アイスランドと対決し89分、セルチュク・イナンが決勝点を決め1-0で勝利した。この結果、勝ち点を18とし、さらにカザフスタンがラトビアを1-0で下したことでグループ3位となったトルコ代表は、フランスで開催される決勝トーナメントへの出場権を獲得した。      〈中略〉      ゴール:89分 セルチュク・イナン(トルコ)   レッドカード:77分 ギョクハン・トレ(トルコ)   イエローカード:22分 グドムンソン( 全文をよむ

2015-10-10 サッカー八百長裁判終わる、全員無罪! (Hurriyet紙)

ずっと続いていたサッカー八百長裁判の第六と最後の審理がイスタンブール第13重罪裁判所で行われた。弁護士のアブドッラー・ミルザ・ジョシクン氏は、1つ前の審理でフェネルバフチェ会長のアジズ・ユルドゥルム氏が受けた容疑に無罪判決を請求していた。裁判所は、被告の「犯罪組織設立」と「八百長」により無罪判決を下した。さらに、すべての DVDとテープの破棄が決定された。全会一致により判決が下ったことが明らかとなった。      サッカー八百長を審理したイスタンブール第13重罪裁判所は、フェネルバフチェ・スポー 全文をよむ

2015-10-01 イラン女子サッカーチーム、8人は男だった!? (Hurriyet紙)

イランのサッカー女子代表の8人が男であると発言された。      英国テレグラフ紙によると、イランサッカー連盟に関してサッカーチームで性転換手術を行っていない男性の選手出場について調査が開始された。      イランサッカーチームの関係者は、チームに入団する際男性であることは周知であったと述べた。      男性選手たちには性転換手術を行わせると発言された。イスラム法によって統治されているイランでは男性が性転換手術を行うことには問題ない。 全文をよむ

2015-08-23 ベシクタシュ、「殉職兵士は不滅」を胸に登場 (Radikal紙)

ベシクタシュの選手らが対トラブゾンスポル戦前に「殉職兵士は不滅」と書かれたTシャツを身にまといフィールドにあらわれた。      ベシクタシュの選手らが対トラブゾンスポル戦前に「殉職兵士は不滅」と書かれたTシャツを身にまといフィールドにあらわれた。      黒地に白のユニフォームを着た選手らは、先日のテロ攻撃で命を落とした殉職兵士らへの追悼の意を示す特注Tシャツで、「殉職兵士は不滅」のメッセージを表現した。 全文をよむ

2015-08-20 ドーピング黒のアスルへ、賞金返還のショック (Hurriyet紙)

2012年ロンドン・オリンピックで金メダルを獲得したアスル・チャクル・アルプテキン選手のドーピング問題に関し、実業家のアリ・アアオール氏は、当時賞として授与したアパートの返還を求めないことにしたという。      トルコのスポーツ界に初めてオリンピックの金メダルをもたらしたアスル選手。しかしその後ドーピングを行ったことを認め、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定を受け入れ、8年の出場停止が決定した。そして今度は、獲得した賞金からの一撃を受けることになる。トルコ政府から授与された賞金の返還が求められ 全文をよむ

2015-08-18 陸上女子アルプテキン、ドーピングで8年間出場停止処分 (Radikal紙)

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、国際陸上競技連盟(IAAF)によるオリンピック金メダリストのアスル・チャクル・アルプテキン氏に関する申し立てを認めた。禁止薬物使用を理由に8年間の出場停止となった国民的アスリートは、2012年ロンドンオリンピック競技で獲得した金メダルも剥奪された。      CASの発表によれば、提訴したIAAFとアスル・チャクル・アルプテキン氏、トルコ陸上競技連盟(TAF)は、国民的アスリートが2010年7月から2012年10月までの間、血液サンプルに異常値があったことについて 全文をよむ

2015-07-06 アルダ・トゥラン、スペイン・バルセロナと契約―注目の契約条件 (Radikal紙)

バルセロナでアルダ・トゥランの移籍に関して認可が下りた。アルダとバルセロナの間で行われた契約には興味深い項目もあった。      バルセロナの首脳陣は、今日10人のメンバーと共にクラブの建物で、ラモン・アデルが議長となって行った会議でアルダ・トゥランへの移籍に許可を下した。約2時間以上続いた会議の後で行われた通達によって、アルダの移籍が、7月18日に行われる予定の会長選挙を待たずに、実施されるという決定に至ったことが明らかになった。行われた通知では、興味深い項目も含まれた。これによれば、7月18 全文をよむ

2015-06-13 ヨーロッパ競技大会、バクーで開催―開会式盛大に (Hurriyet紙)

アゼルバイジャンの首都バクーで開催される第1回ヨーロッパ競技大会が6万8千人を収容できるバクー国立スタジアムでの開会式と共にスタートした。開会式にはトルコを代表してレジェプ・タイイプ・エルドアン大統領が出席した。      オープニングセレモニーはアゼルバイジャン人歌手のアリム・カスモフさんによる民謡「サル・ゲリン」と、伝統音楽の一つ、ムガムのステージで始まり、同じく伝統楽器のナガラ50台の伴奏で、国の独立の年数を示す24からのカウントダウンが行われた。   その後ステージに登場した約千人のパフ 全文をよむ

2015-05-26 ベシクタシュ離任のビリッチ監督、どこへ? (Radikal紙)

ベシクタシュを離任すると公表したスラヴェン・ビリッチ監督に関する新たな噂が浮上し続けている。      数週間、プレミアリーグチームのウェストハムで話題となりサム・アラダイス氏の離任後にイギリスへ移ると伝えられているビリッチ監督に関して今回、新たな噂が浮上した。      クロアチアのメディアによると、ビリッチ監督を新たに希望しているチームは今日、ディ・マッテオ監督が離任するドイツのチーム、シャルケ04である。      クロアチアのスポーツメディアは同チームのディ・マッテオ監督が本日離任した後 全文をよむ

2015-05-25 ガラタサライ優勝!―サッカートルコリーグ (Radikal紙)

スポル・トト・スーパーリーグの2014-2015年度シーズンのチャンピオンは、ガラタサライになった。フェネルバフチェが引き分けになったことにより、終了まで一週間を残して、得点差は5となった。そしてジムボム(ガラタサライの愛称)がチャンピオンとなった。20回目の幸福に最終的に到達したガラタサライは、このようにしてユニフォームのエンブレムに四つ目の星をつける(*1)権利を獲得した。      フェネルバフチェがバシャクシェヒルに対して2点を失った後で、ガラタサライがリーグ終了まで一週間を残してチャン 全文をよむ

2015-05-25 ガラタサライ優勝、各地でお祭り騒ぎ (Radikal紙)

ガラタサライのリーグ終了まで一週間を残しての優勝宣言に、通りは黄色と赤色(ガラタサライ)のサポーターで溢れかえった。イスタンブルでの祝いの中心は タクスィム広場だった。チャナッカレからシャンルウルファまでの多くの都市でユニフォームを身に付け旗を掴んだ何万人もの人々がジムボム(ガラタサライの 愛称)の4つめの星を祝福した。      フェネルバフチェがイスタンブル・バシャクシェヒルと2-2で引き分けたことを受け、ガラタサライが通算20回目のリーグ優勝を宣言した後、黄色と赤色のサポーターがトルコ各地 全文をよむ

2015-04-09 今度は、ベシクタシュのバスに投石 (Hurriyet紙)

今日行われたハンドボール男子スーパーリーグ・プレイオフのメルスィンハンタシュ対ベシクタシュモガズ戦で、興醒めの事件が発生した。セイフィ・アランヤ屋内競技場で行われた試合のハーフタイムに、両チームの選手及び監督らが場内にいる中、ベシクタシュのバスが投石に見舞われた。チームマネージャーのベルク・カラハン氏は、事件について以下のように述べた。      「我々が競技場内にいた試合のハーフタイム中に事件は起きた。18歳位の少年数名が、競技場駐車場に停留していたバスのリアガラスに向かって石を投げ、窓を割っ 全文をよむ

2015-04-04 フェネルバフチェの選手をのせたバスに銃撃、運転手負傷 (Milliyet紙)

フェネルバフチェ・サッカーチームのバスが、リゼ・トラブゾン間で襲撃された。運転手が負傷、病院に搬送された。運転手の顔の左側の骨に、弾丸の貫通した痕が確認された。トラブゾンのアブディル・ジェリル・オズ知事は、フェネルバフチェのバスに対する襲撃に関連して今日事件現場で会見を行い、「検証の結果、バックショットを用いた散弾銃で2発発射されたことが判明した」と述べた。      ■「何か起きそうだ」   チャイクル・リゼスポル戦後イスタンブルに戻るため高速道路でトラブゾン空港に向かっていたフェネルバフチェ 全文をよむ

2015-02-27 ベシクタシュ、リバプール破る―UEFAヨーロッパリーグ (Hurriyet紙)

 UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント一回戦第2節の試合が行われ、ベシクタシュがPK戦でリバプールを下し、ベスト16に駒を進めた。白と黒を基調とするユニフォームのベシクタシュは前半を無得点で折り返すこととなったが、後半27分にトルガイ・アルスランがすばらしいゴールを決め、1点をリードした。対戦の90分間がこのスコアーで終了すると、延長に入った。延長の前後半もノーゴールに終わると興奮の波はPK戦に及んだ。ベシクタシュ側はデンバ・バ、ギョクハン・トレ、エルスィン・ヴェリ、アティバ・ハッチンソン、 全文をよむ

2015-02-25 テニスのマルセル・イルハン、No.1 ジョコビッチと対戦 (Milliyet紙)

ドバイ・テニス選手権で準々決勝に進んだマルセル・イルハンは世界ランキング1位のノバク・ジョコヴィッチの対戦相手となった。      トルコのテニス選手マルセル・イルハンはドバイ・テニス選手権の第二試合でスペイン人のフェリシアーノ・ロペスを2-1で負かし、準々決勝でノバク・ジョコヴィッチの対戦相手となった。      アラブ首長国連邦のドバイで行われる選手権には世界ランキング上位3位にいるノバク・ジョコヴィッチ、ロジャー・フェデラーそしてアンディ・マレーも参加している。      第一試合でドイツ 全文をよむ

2014-11-16 ボーダフォン・イスタンブル・マラソン、本日 (Zaman紙)

毎年参加者が増加しているボーダフォン・イスタンブル・マラソンは、本日36回目を迎える。9時にアルトゥニザーデ橋からスタートするレースは、スルタンアフメトでゴールとなる。118カ国から2万5,000人が参加する。入賞者には、賞金もある。10万人を超えるイスタンブル市民も ボスフォラス海峡を歩いて渡る興奮を味わえる。      トルコの国際舞台での最も重要なスポーツの大会の一つであるボーダフォン・イスタンブル・マラソンが本日36回目を迎える。118カ国から2万5,000人を超える選手が大陸から大陸へ 全文をよむ

2014-09-10 ユーロ2016へ最悪のスタート―アイスランドに0-3 (Radikal紙)

サッカートルコ代表チームはアウェーでのアイスランド戦に3-0で敗れEURO2016予選のスタートを勝利で飾ることはできなかった。      サッカートルコ代表チームはアウェーでのアイスランド戦に3-0で敗れ、EURO2016グループ予選で最悪のスタートを切った。      スターティングメンバー   アイスランド:ハルドールソン、ビャルナソン、アルナソン、シグルズソン、スクラソン、グナーソン、シグルズソン、ビャルナソン、ハルフレドソン、ボドゥヴァルソン・シグトルソン      トルコ:オヌル・ク 全文をよむ

2014-09-09 EURO2016予選、開幕! (Zaman紙)

Aナショナルチームの、フランスで行われる2016年UEFA欧州選手権への歩みが今日始まる。Aグループに属する月と星の (トルコ)チームの最初の対戦相手はアイスランドである。EURO2012に進むことができなかった代表チームは次の決勝トーナメントの前にサプライズを味わいたくはない。      われらがAナショナルチームはアイスランドを相手に2016年UEFA欧州選手権Aグループの最初の試合に登場する。レイキャビックのラウガウダルス・スタジアムにおいてトルコ時間9時45分に開始予定の対戦ではクロアチ 全文をよむ

2014-08-24 ベシクタシュ新スタジアム、建設中 (Milliyet紙)

トルコサッカーのファーティフ・テリム監督が、ボーダフォンアリーナに感嘆した。   セバ氏の葬儀にて、新しく建設されているスタジアムを見る機会のあったファーティフ・テリム監督は、「スタジアム建設が終わったら、いくつか代表戦をここで開催したい。ベシクタシュはここで簡単に負けたりしない。スタンドがピッチに非常に近いのだ。ファンの歓声が敵チームにマイナスに作用するだろう」と話した。      スレイマン・セバ氏(訳注:往年のトルコ代表サッカー選手。後、ベシクタシュ会長などトルコサッカー界の要職を歴任した 全文をよむ

2014-07-20 第26回ボスフォラス競泳大会 (Milliyet紙)

トルコオリンピック委員会によって実施され、今年で26回目となるサムスン・ボスフォラス二大陸間競泳大会が、イスタンブルのボスフォラス海峡で行われた。大会には、イギリス王室王位継承権第2位のウィリアム王子の妻のケンブリッジ公爵夫人ケイト・ミドルトンの妹ピッパ・ミドルトンも参加していた。   カンルジャ港からスタートし、クルチェシュメ・ジェミル・トパズル公園の前がゴールとなる約6.5kmの競泳に45ヶ国から1,749人のアスリートが参加した。   イスタンブルのボスフォラス海峡で、208人のトルコ人女 全文をよむ

2014-07-19 女子バレーボール、ヨーロッパチャンピオン! (Radikal紙)

トルコAナショナル女子バレーボールチームは、2014 CEV女子欧州リーグ決勝のリベンジで、ドイツを3-1で破り優勝した。      ドイツのリュッセルスハイムの大スタジアムで行われた試合で、トルコは、各セット25-19、25-23、20-25の3-1で勝利し、2014CEV女子欧州リーグでチャンピオンとなった。      月と星の(トルコ)チームは非常によいスタートを切り、短時間で5-1と優位に立った。トルコは有効な攻撃で次々に点を取り、8-5でリードしたまま試合の最初のテクニカルタイムアウト 全文をよむ

2014-07-14 エジルのユニフォームは、誰の手に? (Hurriyet紙)

昨日行われ、ドイツ優勝で幕を閉じたワールドカップ決勝で、注目されている話題の一つが、ミシェル・プラティニUEFA会長が表彰式の最中にメスト・エジル選手のユニフォームをもらったことであった。      マラカナン・スタジアムでの試合の後、素晴らしい表彰式が催された…ドイツチームが優勝杯を受け取るために檀上に上がると、スタンドの観客は立ち上がり拍手を送った…   優勝杯がフィリップ・ラーム選手の両手で掲げられたとき、トルコ人のメスト・エジル選手はユニフォームを脱ぎミシェル・プラティニUEFA会長に渡 全文をよむ

2014-07-10 ワールドカップ準決勝チャクル主審に賞賛の声 (Hurriyet紙)

ガゼッタ・デロ・スポルト紙(伊)は、チャクル主審を「今大会で最も素晴らしいレフェリーの一人」と評し、SKYスポーツは「退屈な試合をまともなものに変えた」と伝えた。      ワールドカップの準決勝、オランダ‐アルゼンチン戦でホイッスルを吹いたジュネイト・チャクル主審を、イタリアが絶賛する。イタリアのメディアは「決勝戦でも彼が主審をするべきだった」と評した。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は、「今大会で最も素晴らしいレフェリーの一人だ。選手たちに対し威厳を保ち、自信にあふれている。ミスも非常に少ない」と 全文をよむ

2014-07-08 ガラタサライ、新監督はプランデッリ元伊代表監督 (Radikal紙)

ガラタサライ・スポーツクラブは新監督ジェサレ・プランデッリ氏との二年契約にサインしたことを株式市場に伝えた。      ガラタサライは新監督ジェサレ・プランデッリ氏と二年契約にサインしたことを株式市場に伝え、一方でイタリア人監督が受け取る報酬額も明らかになった。      ■世論啓発プラットホーム(KAP)に送られた発表は以下      「我がプロ・サッカーチームは、我が社とジェサレ・プランデッリ氏との間に2014-2015年のシーズンから始まる2年間のシーズン契約を結びました。これにより監督に 全文をよむ

2014-06-26 ワールドカップ、断食はどうする? (Milliyet紙)

ブラジルで行われているワールドカップの日程がラマダーン月に重なったことで、サッカー選手たちの断食問題が再び話題になっている。      W杯ではイランやアルジェリアといった国々のナショナルチームに加え、フランス、ドイツ、スイス、ベルギーなどの参加国の中にもムスリムの選手を抱えるチームがある。こうした選手たちがラマダーン月の間どのようにして過ごすのか、気になるところだ。というのも、濃密なスケジュールをこなす選手たちの断食について、専門家たちの意見がバラバラだからだ。      ■FIFAとしてはO 全文をよむ

2014-06-17 人種差別発言でエムレ・ベロズオールに有罪判決 (Radikal紙)

2012年4月15日のフェネルバフチェ対トラブゾンスポル戦で、トラブゾンスポルのゾコラ選手へ人種差別的発言をしたとして2年間の禁固刑を求刑されていたフェネルバフチェのエムレ・ベロズオール選手に、2カ月と15日の禁固刑が言い渡された。      アナトリア第17簡易刑事裁判所で審議が行われた。在宅起訴中のベロズオール被告は法廷に出廷せず、エムレ・ベロズオール被告の弁護士、ジャンス・シャーヒン氏と、原告であるトラブゾンスポルクラブ協会とディディエル・ゾコラ氏の代理人、ヌスレト・ユルマズ弁護士が出廷し 全文をよむ

2014-04-29 フェネルバフチェ優勝、ショップも大入り満員 (Milliyet紙)

フェネルバフチェは日曜日にチャンピオン戦で勝利するや、フェネリウムでは一日200万トルコリラ(約9600万円)の収益をたたき出した。      フェネルバフチェはスポル・トト・スペルリグ(スポーツ・トト・スーパーリーグ)終了まで3週間を残す時点で、優勝を果たしたが、日曜日、小売り部門においても最高記録をだした。フェネルバフチェ公式グッズを販売するフェネリウム各店舗において、日曜日の合計収益は200万トルコリラに達した。   チャイクル・リゼ・スポルとホーム戦で引き分けとなったフェネルバフチェは、 全文をよむ

2014-04-26 フェネルバフチェへ罰則、「女性と子供」チケットに1キロの行列 (Radikal紙)

フェネルバフチェが勝ち点を得れば優勝が確実となる、チャイクル・リゼスポルとの試合は罰則の対象なっているため、女性と子供が1キロメートルの行列をなした。チケットは2時間でなくなった。      フェネルバフチェが、スポル・トト・スーパーリーグで明日チャイクル・リゼスポルとフィールドで行う、罰則により女性と12歳以下の子供しか観戦できない試合の招待状の配布が、朝開始された。      招待状の配布が行われた場所から、フェネルバフチェ・シュクリュ・サラジオール・スタジアムにあるフェネリウム店舗前まで、 全文をよむ

2014-04-10 サウジ女性、スポーツ界に初デビュー (Milliyet紙)

サウジアラビアで火曜日に開かれた評議会で公立学校の女子生徒のスポーツ禁止が取り払われる事が議事に挙げられた。      昨年5月から私立学校ではスポーツの禁止が緩まったと認められているが、公立学校でもスポーツの禁止が取り払われ、完全に終了するとうわさされている。大多数が男性である150人の評議会は、長い間の努力の結果この件を提案として教育省へ提出した。2012年ロンドンオリンピックでサラ・アッター選手はサウジアラビア代表として参加した初めての女性選手となった。 全文をよむ

2014-04-10 メスト・オズィルへの人種差別プラカードで、バイエルン・ミュンヘンに罰則 (Hurriyet紙)

UEFA(欧州サッカー連盟)がバイエルン・ミュンヘンに与えた罰を、全世界が目にすることとなった。   チャンピオンズリーグ第2戦アーセナルとの試合で、メスト・オズィルに向けて出されたプラカードが理由で、UEFAはマンチェスターユナイテッドとの試合で、バイエルン・ミュンヘン側のスタンドへの観客の立ち入りを禁止した。      チャンピオンズリーグ第2戦アーセナルとの試合で、アーセナルのトルコ系ドイツ選手メスト・オズィルの漫画を描いたプラカードが原因で、UEFAは、ドイツのチーム、バイエルン・ミュン 全文をよむ

2014-03-18 ガラタサライ、英チェルシーに敗れチャンピオンズリーグ敗退 (Radikal紙)

ガラタサライは、チャンピオンズリーグのリターンマッチ第2回戦で英国代表チェルシーに2-0で敗退し、欧州を後にした。ガラタサライが欧州を後にしたにも関わらず試合で最も注目を集めた選手は、ディディエ・ドログバだった。      チュルク・テレコム・アリーナ(TTアリーナ)において1-1に終わった試合のリターンマッチであるスタンフォードブリッジでの試合で、ホームチームに勝利をもたらしたゴールを試合開始4分でサミュエル・エトオが、42分でケーヒルが決めた。この得点で英チェルシーはチャンピオンリーグ準々決 全文をよむ

2014-03-10 フェネルバフチェ・トラブゾンスポル対戦、フーリガン暴徒化 (Radikal紙)

中止となったトラブゾンスポル-フェネルバフチェ戦に引き続き、スタジアムで事件が起こった。フェネルバフチェチームの退場口付近へ入ろうとしたファンと警官がけんかとなった。      アヴ二・エケル・スタジアムでの緊張は、試合が中止されたことによってさらに増した。スタジアムから出ようとしていたファンのグループが、観客席の前に集まった。フェネルバフチェチームが退場する退場口に入ろうとしたファンたちは柵を越えようとした。      間に入った警官はファンを制止した。ファンと警官らは観客席の前でけんかとなっ 全文をよむ

2014-02-09 ソチ・オリンピック、最下位で始動―クロスカントリートルコ代表、61人中61位 (Radikal紙)

クロスカントリーで、トルコ代表のケリメ・チェティンカヤ選手は61人の選手の中で最下位となった。      ロシアのソチで開催中の冬季五輪最初の競技として、ローザ・クトール・エクストリーム・パークでスノーボードの競技が行われた。      第22回冬季五輪で最初の金メダルを獲得したのは、スノーボード男子スロープスタイルのセイジ・コッツェンバーグ選手とアメリカチームとなった。ロシアのソチで開催中の大会では、ローザ・クトール・エクストリーム・パークでスノーボード競技が行われた。      アメリカのコ 全文をよむ

2014-01-24 フェネル・ユルドゥルム会長「アタテュルク主義ゆえに標的に」 (Milliyet紙)

アズィズ・ユルドゥルム会長がポスタ紙のジャンダシュ・トルガ・ウシュク記者のインタビューに応じた。      最高裁の八百長裁判で6年3ヵ月の禁固刑が承認され、さらに2年8カ月以上の禁固刑が議論されているフェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長は判決の後、語った。ポスタ紙のアズィズ・ユルドゥルム会長へのインタビューの内容は以下の通りだ。      -気分はどうですか。      「非常に良い」      -このような判決を予想していましたか。      「もちろん予想していた」      -最 全文をよむ

2014-01-18 最高裁、サッカー八百長裁判に最終決定―ユルドゥルム・フェネル会長有罪 (Radikal紙)

最高裁は八百長裁判の判決を発表した。地方裁判所の判決は一部認められたが、一部は差し戻され、一部は棄却された。判決は「全会一致で」下されたと分かった。      最高裁は八百長裁判の判決を発表した。地方裁判所の判決は一部認められたが、一部は差し戻され、一部は棄却された。アズィズ・ユルドゥルム氏の一試合以上での八百長と賄賂授受の罪が認められ、最高裁第5刑事小法廷の判決は全会一致で下されたことが分かった。      最高裁第5刑事小法廷は「賄賂授受」と「一試合以上での八百長」、「犯罪組織設立」の罪でフ 全文をよむ

2014-01-18 最高裁、全会一致で八百長判決を承認 (Radikal紙)

最高裁、全会一致で「八百長」の認定      最高裁が、八百長訴訟の判決を下した。アズィズ・ユルドゥルムも含む容疑者の大部分の刑を承認した。決定で、ユルドゥルム会長は会長職を失い、さらに32ヶ月収監されることが分かった。      最高裁第五法廷は、サッカーでの八百長裁判に関し、フェネルバフチェの会長、アズィズ・ユルドゥルムを含む数名の被告に関して決定を承認した。アズィズ・ユルドゥルム、オルグン・ペケル、セルダル・タイフル・ハブトチュらも含む93被告に関するイスタンブル第16重罪裁判所の判決に対 全文をよむ

2014-01-17 フェネルバフチェ会長はだれに? (Hurriyet紙)

最高裁判所の八百長裁判に関して出された判決の結果、アズィズ・ユルドゥルム氏はフェネルバフチェクラブ会長職から失脚した。クラブ規定が定めるところによると、フェネルバフチェは45日間で新しい会長を選出しなければならない。それまではすべての権限がアブドゥッラー・キウル副会長に委ねられる。      フェネルバフチェ規律委員会のユクセル・ギュナイ会長は、判決が出た後ユルドゥルム氏が会員資格を失い、1ヶ月以内に新しい会長が選出されると発表した。ギュナイ会長は、「判決が出された後に会長の会員資格は失われる。 全文をよむ

2013-11-18 イスタンブル・マラソン、今年も橋を揺さぶる (Milliyet紙)

今年で35回目となるイスタンブル・マラソンへの関心はやはり大きかった。老若問わず、イスタンブル在住者と国外参加者がマラソンに出場した。(橋の上では)「駆け足」禁止とされたにもかかわらず、橋で起きた揺れは恐怖であった。      今年で35回目を迎えるイスタンブル・マラソンだが、橋での光景はさながらカーニバルであった。晴天も手伝ってマラソン大会の中で開催された市民ウォーキングには10万人以上のイスタンブル市民が参加し、橋ではランナーではなくメッセージを伝えようとする人々が競い合った。橋の両方向で右 全文をよむ

2013-11-18 トルコ系独元サッカー選手、シリア内戦で爆死? (Radikal紙)

ビルド紙は、U-17代表チームにおいてサミ・ケディラ、ケヴィン=プリンス・ボアテング、デミス・アオゴといったドイツ人サッカー選手らと共にプレーしたブラク・カラン(26)が、戦場に向かった者たちに連なりシリアにおけるアサド政権による爆弾攻撃でばらばらになって死亡したと報じた。      ドイツの新聞は、今日大見出しでブラク・カランを報じた。ブラク・カナンは、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ハンブルクそしてハノーファーの若手チームでプレーした後、アレマニア・アーヘンに移籍し、2008年7月1日、2 全文をよむ

2013-11-05 フェネルバフチェ会長選、アズィズ・ユルドゥルム大差で勝利 (Milliyet紙)

ユルドゥルム氏は、面識のある人たちとは直接会い、面識のない人たちには電話をかけて、自身への投票ではなく、ただ総会への出席を要請したという。フェネルバフチェの未来にとってこの会長選は重要だと強調する会長の声を聞いたある会員は喜びの声をあげ、別の会員は悪戯だと思って電話を切った。      フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長の会長選の勝利の裏には、真剣なコミュニケーションの成功がある。   ユルドゥルム氏は任期中ずっと会員と築いた親しい関係に加え、選挙期間中も密接な接触を絶やさないことに力 全文をよむ

2013-10-15 さようなら、ブラジル―WC予選、オランダに2―0で敗れる (Hurriyet紙)

2014年ワールドカップ予選D組、がけっぷちに追い込まれたトルコの最終戦は、出迎えたオランダに2-0で敗れブラジル行きに別れを告げた。      アブデゥッラー・アヴジュが代表監督を辞任後、それを引き継いだファーティフ・テリム監督が率いる代表チームは、ブラジルで開かれる2014ワールドカップ予選に三連勝して、ブラジル行きを再点灯させた。      アンドラ、ルーマニア、エストニア相手に勝利したテリム監督と子弟たちは、予選グループ2位通過を賭け、オランダ戦の勝利に最後の命運を託した。だがしかし、代 全文をよむ

2013-09-23 ベシクタシュに、大きなペナルティ確実―ガラタサライ戦ピッチへ乱入 (Milliyet紙)

ベシクタシュ・ファンにとって、(延長戦でベシクタシュ側の応援団がピッチに流れ込み、殴る蹴るの騒ぎをおこした)ガラタサライ戦での混乱は、大きな打撃となるだろう。ベシクタシュには、6~10試合の観客なしでの試合が課せられるとみられている。審判団と代表団の報告書が、罰則の内容を決定する。      アタテュルク・オリンピックスタジアムでおきた事件は、ベシクタシュ・ファンに重くのしかかるだろう。ガラタサライとの試合の4試合を全勝し、快進撃を続けていたベシクタシュは、今回の事件により、大きなペナルティを課 全文をよむ

2013-09-11 ルーマニアに2―0、サッカーワールドカップ出場に望みつなぐ (Hurriyet紙)

サッカートルコ代表チームは、ワールドカップ本選に進むための、ヨーロッパ予選Dグループにおいてもっとも重要な試合で、アウェーでのルーマニア戦を2-0で勝利した。この結果でトルコ代表月星チームは、2011年以来初めて2二試合連勝した。試合の最後に、セルチュク・イナンに関して悲しい知らせが入ってきた。後半35分に左足にファールを受けたセルチュク・イナンは、試合後、スタジアムを松葉づえをついて後にした。      サッカートルコ代表チームは、ワールドカップ本選に進むための、ヨーロッパ予選Dグループにおい 全文をよむ

2013-09-11 ガラタサライの「借金」、新記録 (Milliyet紙)

ガラタサライが今日行った9月定例評議会において、財務諸表が評議員へ発表された。      ガラタサライが今日行った9月定例評議会において、財務諸表が評議員へ提出された。しかしながら、この発表が行われる前に、メディア関係者が会場の外へ出るようにとの申し立てがあり、この申し立てに従って、メディア関係者は退場させられた。      評議会以前に、評議員へ配布された財務諸表は、評議員たちの批判の的となった。ガラタサライの総財務諸表には、ガラタサライのスポーツ株式会社 (Sportif A.Ş)のみの借金 全文をよむ

2013-09-08 オリンピックがダメなら、サッカーEuro2020(準)決勝を! (Milliyet紙)

2020年夏のオリンピック及びパラリンピックの主催国が日本の東京になったことを受け、人々の関心は2020年のUEFA欧州選手権へと移った。      トルコサッカー連盟(TFF)は2020年のUEFA欧州選手権において準決勝もしくは決勝が行われる開催地への立候補申請をする予定だ。      ユルドゥルム・デミリョレン連盟会長の署名と共に書かれた申請書は月曜日か火曜日にUEFA(欧州サッカー連盟)へ送られる予定だ。マイケル・プラティニUEFA会長もTFFに、トルコが準決勝もしくは決勝の開催地となる 全文をよむ

2013-09-08 2020オリンピック、逃す (Yeni Safak紙)

2020年オリンピックに向けたあらゆるアンケートで本命と目されていたイスタンブルは、アルゼンチンで行われた投票で東京とともに決選投票に残った。何百人もがスクリーンに釘付けになった投票で、封筒から出されたのは東京だった。      アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにおいて、昨日(7日、日本時間8日)は歴史的な日となった。イスタンブル、東京、マドリードは、「2020年夏季オリンピック・パラリンピック」の開催国となるための熾烈な競争を繰り広げた。ゲズィ公園事件まで本命と見られていたイスタンブルは、決 全文をよむ

2013-09-07 オリンピック招致に敗れたエルドアン首相、第一声 (Cumhuriyet紙)

2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催が東京と決まったのち、その結果について語ったエルドアン首相は、「我々の、現時点での唯一の目標は、オリンピック競技でもっとよい結果をだすことだ。オリンピックでのメダル獲得数を増やす努力をすることだ」と述べた。      2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地の発表ののち、エルドアン首相は、最終決戦に残ったことは大きな成功であるとし、今後の目標は、オリンピックでもっとよい結果をだすことだと述べた。次のように語った。      「以前にオリン 全文をよむ

2013-09-07 エルドアン首相、オリンピック決定で安倍首相を祝福 (Radikal紙)

2020オリンピックへのイスタンブルの立候補のため、ブエノスアイレスに赴いたエルドアン首相は、東京勝利の発表後、日本の安倍晋三首相を、非常に親しく抱擁し、祝福した。         本記事はAsahi 中東マガジンでも紹介されています。 全文をよむ

2013-09-05 Tanil Bora コラム:私たちにはふさわしくない―2020年オリンピック招致 (Radikal紙)

マドリードの立候補は4回目だが、最大の問題は経済だ。マドリードは、スペイン経済が陥っている緊縮予算のなかで、「いったいどの金を使ってやるんだ」という目で見られている。東京の弱点は、2011年の地震で影響をうけた福島原子力発電所の汚染水のもたらすリスクだ。とくに、今週になってこのリスクが大きくなったとの報道で下降線という雰囲気。東京にはもう一つ小さな弱点がある。ナオキ・イノセ市長の暴言癖。ある会見で、イスタンブルは開発途上国で、今後の投資が必要で、さらには結局のところイスラム教徒の国は、「彼らの神 全文をよむ

2013-09-02 オリンピック招致、ラストスパート (Zaman紙)

2020年オリンピック開催地候補であるトルコは、招致に向けた全ての準備を完了した。9月7日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われる投票においてイスタンブルが票を獲得できるよう、政治、ビジネス、スポーツの各業界が尽力する。イスタンブルは招致を目指しマドリード、東京と激しく競うこととなる。東京と最終選考に残ることが、イスタンブルの戦略である。      トルコは2020年オリンピック招致レースを固唾を飲んで見守っている。トルコは、ブエノスアイレスで開かれオリンピックの開催都市が決定するIOC総 全文をよむ

2013-09-02 メスト・オズィル(エジル)、英アーセナルに高額移籍 (Milliyet紙)

アーセナルFCは、レアル・マドリードのスター選手メスト・オズィル(エジル)を獲得したことを認めた。      アーセナルは、レアル・マドリードのスター選手メスト・オズィル(エジル)を獲得したことを認めた。      ドアン通信社(DHA)が電話でアーセナルのフロントに確認したところ、メスト・オズィル(エジル)の移籍について最終的な合意を得たことを認め、このスター選手(メスト)がナショナルチームのキャンプ練習のために滞在しているドイツで健康診断を終えたと話した。      メストの移籍料は4,24 全文をよむ

2013-08-29 フェネルバフチェ、2年間の欧州戦出場停止確定 (Milliyet紙)

フェネルバフチェは、2年間のUEFA主催クラブ大会への出場停止が確定した後、クラブの臨時総会開催を決定した。クラブ関係者による会議で、アズィズ・ユルドゥルム会長が、「私は会長職に固執していない。我こそはと思うものは立候補して欲しい。私は、選ばれた者を最後まで支える」と発言したとされる。      クラブ経営陣内で予期した通りのことがおこった、臨時総会開催を決定した。フェネルバフチェがUEFA主催クラブ大会への出場資格剥奪処分に対し行った異議申し立てを、国際スポーツ仲裁裁判所が却下したことを受け、 全文をよむ

2013-08-22 ファーティフ・テリム、1年間、ナショナルチーム監督へ 就任 (Milliyet紙)

トルコフットボール連盟は、ガラタサライのファーティフ・テリム監督と1年間の契約合意に至った。   ファーティフ監督は、1年間の間、ガラタサライ監督を兼務する形でナショナルチームを率いる。同氏は20時30分(日本時間23日未明)、イスティニイェの連盟本部で契約にサインし、今の気持ちを語った。      ガラタサライのファーティフ・テリム監督は、トルコフットボール連盟とナショナルチーム監督の契約を交わした。契約期間は1年間。      イスティニイェのフットボール連盟本部で行われた就任式には、テリム 全文をよむ

2013-08-12 オイルレスリングで、ドーピングショック! (Radikal紙)

クルクプナル・オイルレスリングにて、ゴールド・ベルトを永久に所有する権利を獲得していたアリ・ギュルビュズ氏が禁止薬物を使用していたことが明らかになった。      トルコ・レスリング連盟オイルレスリング運営委員会のアフメト・タシュチュ委員長は、第652回クルクプナル・オイルレスリングにて3回度目の優勝を飾り、ゴールド・ベルトを保有しているアリ・ギュルビュズ氏のドーピングの使用が確認されたと述べた。      世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が同委員会に提出した報告書において、ギュルビュズ氏 全文をよむ

2013-08-11 国際レスリング連盟、ルザー・カヤアルプ選手に処罰 (Milliyet紙)

タクスィム・ゲズィ公園運動の際、投稿ツイートが問題となったルザー・カヤアルプ選手に、国際レスリング連盟(FILA)から処分が下った。トルコを代表するレスリング選手は、人種差別的発言を理由に6か月の大会出場禁止に処された。      タクスィム・ゲズィ公園運動の際、国民的なレスリング選手であるルザー・カヤアルプ氏が個人のツイッターアカウントから書き込んだメッセージが大きな波紋を呼んだ。特に、参加者について「アルメニア人に広場を明け渡すとは。神よ天罰を与えよ、ならず者の参加者に」とツイートすると、カ 全文をよむ

2013-08-08 どうしてトルコでスポーツ選手が育たないのか? (Milliyet紙)

2020年のオリンピックまであと7年ある。この間に、難なくエリートスポーツ選手を育てられるかもしれない。 しかし現在の教育システムでは成功は難しいだろう。なぜだろうか?       ■教育システム       教育システムとスポーツ選手育成システムは相互に調和し合わなくてはならないが、完全に齟齬をきたしている。       例えば、ひとりのスポーツ選手がオリンピックで成功を収めるためには、少なくとも1万時間の練習を行う必要がある。しかし、現行の教育システムでは学生がこれほどの時間を確保することは 全文をよむ

2013-07-25 ベシクタシュ新スタジアム建設差し止め、カズルチェシュメへ移転? (Milliyet紙)

解体作業が「一時的に」中止させられていたベシクタシュ・イノニュスタジアムでは、中止の決定の何日も前になされた発言が人々を混乱させた。7月12日に、「ベシクタシュ・イノニュスタジアム内に歴史的遺構が発見されて、取り壊しの決定を差し止める」と述べられたのだ。発言をおこなったジャーナリストのハルク・ケスィム氏は、ベシクタシュの新たなスタジアムがドルマバフチェではなく、カズルチェシュ メにある会議場の土地に建設される予定だと言及した。      何年もスタジアムのリニューアル作業を待ち望んでいたベシクタ 全文をよむ

2013-07-18 フェネルバフチェ、今年も欧州チャンピオンズリーグに参戦へ (Milliyet紙)

フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長は、フェネルバフチェが今季も欧州チャンピオンズリーグへ出場することをFB Tvチャンネルで発表した。その後、ベシクタシュもヨーロッパリーグの予選組み合わせ抽選会に参加することを公表した。      フェネルバフチェがチャンピオンズリーグ参戦を表明したあと、ベシクタシュからも予想通りの発表があった。ベシクタシュはUEFAヨーロッパリーグ予選のため、明日の組み合わせ抽選会に参加する。ベシクタシュのメリフ・サーミ・エセン代表が、「UEFAヨーロッパリーグの抽 全文をよむ

2013-07-15 どうなる?UEFAのトルコ・サッカーチームへの処罰問題 (Radikal紙)

フェネルバフチェとベシクタシュは欧州リーグへの出場禁止処分を受けた後行動を開始した。しかしトルコサッカーも大きな危険と向き合うことになるかもしれない。      欧州サッカー連盟(UEFA)仲裁委員会は、フェネルバフチェに対する2+1年間のヨーロッパでの大会出場禁止処分を2年間に修正した一方、ベシクタシュ は1年の処分に決定した。処罰が発表された後最も注目を集めた問題はというと、「二つのクラブにとって重要な過程がどのように作用するか」と「代表チー ムも含んだ重罪が与えられるか否か」ということであ 全文をよむ

2013-07-03 オリンピック招致プレゼン、ババジャン副首相「今こそ、イスタンブルで」 (Radikal紙)

イスタンブル2020年五輪招致委員会は、スイスのローザンヌで行われた国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーに向けての「2020年候補地プレゼンテーション」で、技術的なアピールを行った。招致委員会のメンバーは副首相アリ・ババジャンの他、青年スポーツ相スアト・クルチ、IOC委員でありトルコ国民オリンピック委員会会長のウウル・エルデネル教授、イスタンブル2020年候補委員会会長ハサン・アラト、イスタンブル2020年招致委員会CEOのアリ・キレミトチオール、国民的スポーツ選手であるネスリハン・デミル 全文をよむ

2013-06-25 UEFA、ベシクタシュ・フェネルバフチェに出場禁止処分―八百長問題 (Zaman紙)

八百長問題に関して、ベシクタシュとフェネルバフチェはUEFA(欧州サッカー連盟)規律委員会に召喚され、聴聞会で釈明した上で、ベシ クタシュに1年の出場禁止処分が科せられた。またフェネルバフチェはというと2+1年の大会出場禁止処分が下された。UEFA規律委員会はアズィズ・ユルドゥルム会長を含めたフェネルバフチェ執行部の追加報告書提出を要請した。      トルコサッカー連盟、フェネルバフチェ、ベシクタシュをはじめとして、全スポーツ関係者が固唾を呑んで見守っていたUEFAの決定が明らかとなった。UE 全文をよむ

2013-06-21 第17回地中海スポーツ大会開幕―エルドアン首相「オリンピックの予行練習」 (Hurriyet紙)

レジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、「我々はメルスィンで(オリンピックの)予行練習を行っています。2020年イスタンブル・オリンピックの準備をしているのです。ここにいる皆様をイスタンブルにもお迎えしたい」と述べた。      メルスィンで開催される第17回地中海スポーツ大会の開会式が、メルスィン・スタジアムで行われた。開会式には、レジェプ・タイイプ・エルドアン首相も参加した。   (開会式での)ショーの前に挨拶を行ったエルドアン首相は、挨拶の中で、イスタンブルが2020年オリンピックに立候補し 全文をよむ

2013-06-01 「オリンピックの経済効果は、すでに始まっている」スポーツ相 (Hurriyet紙)

[オリンピック選出に関して]トルコの最大の利点のひとつは建築業である、と青年スポーツ省のクルチ相は強調する。同相は、「トルコは技術力が高く、施行期間を延長することもありません。競技施設は入札後、長くても3年以内に完成するでしょう」と話した。      トルコ青年スポーツ省のクルチ大臣は、2020年のオリンピックならびにパラリンピック開催候補都市イスタンブルのプレゼンを行うため、ロシアのサンクトペテルブルグを訪れ会見をおこなった。ロシアの印象について非常に好意的な発言をおこない、トルコが国、[立候 全文をよむ

2013-05-31 フェネルバフチェ新監督、決定へ (Milliyet紙)

アイクト・コジャマン氏の辞任後、監督を探していたフェネルバフチェとエルスン・ヤナル氏との初めての話し合いは、前向きな成果を収めた。黄と紺の(フェネルバフチェ)の経営陣は、他の監督候補者とも話し合いを行った後、新監督を決定する見通しだ。      エルスン・ヤナル氏はプラハでの休暇を途中で切り上げトルコに戻った。その後、名将(ヤナル氏)はボドゥルムでフェネルバフチェグループに大きな影響力を持つユクセル・チャーラル氏と会談をした。ヤナル氏は順調に進んだこの会談後、アルペル・ポトゥク選手の移籍において 全文をよむ

2013-05-25 イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)、ゴール!―チャンピオンズリーグ決勝 (Hurriyet紙)

ボルシア・ドルトムントでプレイするトルコ系のイルカイ・ギュンドアン選手が、チャンピオンズリーグ決勝試合で歴史的なゴールを放った。      ウェンブリー・スタジアムで行われた決勝で、イルカイ選手は同点に追いつくゴールを決めた。同選手は、このゴールで優勝のかかった決勝試合でゴールを決めた初のトルコ人となった。      68分、(ドルトムントに)与えられたペナルティキックで、23歳のギュンドアン選手は、バイエルンのキーパー、マヌエル・ノイアール選手を見事に打ち倒した。      ■「トルコ代表とし 全文をよむ

2013-05-18 ガラタサライ、優勝をTTアリーナで祝う! (Radikal紙)

2012年はカドゥキョイで「暗闇」の中、優勝カップを手にしたガラタサライだが、今回は自分たちのホームでサポーターの目の前で優勝杯を受け取る喜びを経験した。      スポル・トト・スーパーリーグ2013シーズン勝者となったガラタサライは、第19回優勝杯をサポーターの前で勝ち取った。   黄赤のユニホームをまとったガラタサライの選手らは、リーグ32週目にシヴァス・スポルを4-2で打ち負かし、優勝を決めた。   以前からの発表どおり、優勝杯はトラブゾン・スポルの試合終了後、チュルク・テレコム・アリー 全文をよむ

2013-05-06 トルコ・スーパーリーグ、ガラタサライ優勝! (Hurriyet紙)

スポルトト・スーパーリーグの32週目で、ガラタサライはチュルク・テレコム・アリーナ・スタジアム(TTアリーナ)で迎えたシヴァス・スポルを4-2で破 り19回目の優勝を決めた。黄色と赤のユニフォームの選手たちは(リーグ)終了まで2週を残し、追うフェナルバフチェに10ポイント差をつけた。ガラタサライのクラブ経営陣、指導陣、選手らは夜、クラブ・レイナで優勝を祝った。      スポルトト・スーパーリーグ32週目でシヴァス・スポルを4-2で破ったガラタサライは、2012-2013シーズンの優勝を決め、1 全文をよむ

2013-05-03 ありがとうフェネルバフチェ!―UEFAヨーロッパリーグ準決勝で敗退 (Hurriyet紙)

UEFAヨーロッパリーグの準決勝にLベンフィカに対するホーム初戦の1―0の優位で臨んだフェネルバフチェだったが、アウェイ2試合目で3―1でベンフィカに敗れた。この結果、決勝は、ベンフィカとチェルシーが対戦することになった。      試合はボルトガルの首都リスボンの5万人収容のLuz スタジアムで行われた。ゴールは、9分にGaitan(ベンフィカ)、23分にDirk Kuyt(フェネルバフチェ)のPK、35分と66分にCardozoが決めた。 全文をよむ

2013-04-30 東京都知事、イスタンブルに謝罪 (Zaman紙)

イノセ・ナオキ(猪瀬直樹)東京都知事は、2020年オリンピックへの立候補に関する発言について謝罪した。      2020年オリンピックの招致合戦で、イスタンブルのライバル2都市のうちの一つ東京の「招致委員会委員長」も務める猪瀬知事は、米ニューヨークタイムスに先週載せたメッセージにおける表現について、謝罪をした。知事は、この発言が、「不適切であり、この状況の改善をのぞむ」としている。      イスタンブルが東京に比べて「未発展」であり、「インフラが整っていない」都市であるとした猪瀬知事は、東京 全文をよむ

2013-04-30 イスタンブル県知事、猪瀬東京都知事を批判 (Yeni Safak紙)

イスタンブルのアブニ・ムトゥル知事は、イノセ・ナオキ(猪瀬直樹)東京都知事の2020年オリンピックへのイスタンブルの立候補に関する発言について、「この発言は、皆が共有するオリンピック精神に反するものであると考える」と述べた。      ムトゥル知事は、タクスィム・ゲズィ公園の入り口での「5月1日メーデー」の祝賀に関する発表のあと、記者らの質問に答えた。      ムトゥル知事は、2020年オリンピック招致におけるイスタンブルの2つのライバルのうちのひとつ東京の招致委員会委員長も務める猪瀬知事によ 全文をよむ

2013-04-17 2020サッカー欧州選手権、立候補?断念?4月26日決断へ (Milliyet紙)

トルコは2020年サッカー欧州選手権開催地に立候補するか否かを今月26日までに明らかにする必要がある。準決勝、決勝の試合のために求められる観客収容数7万人のスタジアムの条件を満たす場所はイスタンブル・オリンピック・スタジアムのみである。      UEFAは2020年サッカー欧州選手権を13カ国もの会場で開催することを決定し、会場となるスタジアムの候補基準を明らかにしたが、トルコが準決勝・決勝の開催地となる確率はかなり低いものとなった。      UEFA実行委員会は会議において2020年サッカ 全文をよむ

2013-04-11 ガラタサライ・テリム監督に9試合の出場禁止処分 (Hurriyet紙)

トルコサッカー協会規律委員会は、チュルク・テレコム・アリーナで行われたガラタサライ対メルシン・イドマン・ユルドゥ戦での出来事に関する処分を発表した。プロサッカー規律委員会により、ガラタサライのファーティフ・テリム監督に対し9試合、ハサン・シャシュ・アシスタントコーチに対しては2試合、ウミト・ダバラ・アシスタントコーチ、サブリ・サルオール選手(DF)に対してはそれぞれ1試合の出場禁止処分が下された。      ファーティフ・テリム監督は、9試合の出場禁止処分を受けたことで、今シーズンはカラビュクス 全文をよむ

2013-04-09 み~んな、ファーティフ・テリム (Radikal紙)

チャンピオンズ・リーグでの試合を前に、会場に来たサポーターにファーティフ・テリムのお面が配布された。      チュルク・テレコム・アリーナで行われるチャンピオンズ・リーグベスト4、イスタンブルを本拠地とするガラタサライ対スペインのレアル・マドリード戦開始前に、会場に来たガラタサライサポーターにファーティフ・テリムのお面が配布された。      ガラタサライサポーターは週末に行われたメルスィンを本拠地とするメルスィン・イドマンユルドゥとの試合でグラウンドに侵入しレフェリーに詰め寄ったため、スレイ 全文をよむ

2013-04-09 善戦実らずガラタサライ、欧州チャンピオンズリーグ敗退 (Milliyet紙)

トルコの「獅子(ガラタサライの愛称)」はチャンピオンズリ-グ準決勝第一試合0-3で敗れたレアル・マドリードと再戦し、3-2で勝利するも得失点差でチャンピオンズリーグを後にした。      チュルク・テレコム・アリーナで行われた準決勝第二試合、レアル・マドリードは試合開始7分、クリスティアーノ・ロナウドのゴールで1-0の先制。ガラタ サライは57分、エマニュエル・エボウエのゴールでスコアを振り出しに戻した。さらに70分にウェズレイ・スナイデル、72分にはディディエ・ドログバが 相次いで得点を決め、 全文をよむ

2013-04-03 欧州チャンピオンズリーグ、ガラタサライ、リアル・マドリードに0-3で敗れる (Hurriyet紙)

今期の欧州チャンピオンズリーグでいい成績を収め、ベスト8まで進んだガラタサライだったが、準々決勝ではアウェイのリアルマドリード戦で3対0で敗れた。      ベルナベウ・スタジアムで行われ、何千人ものトルコ人応援団が押し寄せた試合で、ガラタサライ・デフェンスは、開始後9分にロナルド、28分にベンゼマ、72分にはイグアインのゴールを防げなかった。      ホームでの二試合目は、4月9日(火曜)にチュルクテレコム・アレーナスタジアムで9時45分キックオフとなる。   (後略) 全文をよむ

2013-03-29 女子バレーの星ネスリハン離婚、その条件は? (Hurriyet紙)

エジザージュバシュチーム所属のネスリハン・デミル・ダルネル選手と七年間結婚生活を送ってきた夫、ガラタサライのバレーボール部門責任者であるオルクン・ダルネル氏との離婚の詳細がわかった。      先日行われた一度の聴取で離婚が成立した二人であるが、離婚申し立てを行った両名が裁判所に離婚を申し立てる際の申請書で、原告ネスリハン・ダルネル、 被告オルクン・ダルネルとなっていたことが分かった。      ■「考え方、性格の不一致」      「結婚生活を継続することが根底から揺らいだため、協議離婚の要請 全文をよむ

2013-03-28 オリンピック準備、イスタンブルに100億ドル (Milliyet紙)

国際オリンピック委員会へのプレゼンテーションで、イスタンブルに行われる投資の詳細が明らかとなった。      国際オリンピック委員会(IOC)へのプレゼンテーションを行う交通省のビナリ・ユルドゥルム大臣は、イスタンブルへ合計100億ドルのインフラ投資を行うと明らかにした。IOCメンバーのボビ氏はコメントの中で「トルコとイスタンブルを工事現場へ変えたようだ」と述べた。   交通海事通信省とイスタンブル広域市が国際オリンピック委員会に行ったプレゼンテーションでは、イスタンブルの交通渋滞を解消するため 全文をよむ

2013-03-23 国際オリンピック委員会視察の日に、ドーピング問題再浮上 (Zaman紙)

トルコは2020年オリンピック開催地候補としてのプロセスにおいて重要な局面を迎えている。      様々な視察・調査を行うために昨日トルコを訪問した国際オリンピック委員会(IOC)メンバーは報告書を作成するわけだが、ドーピングのためにかなりの痛手を負ったトルコは、新たな危機に直面している。      オリンピックの陸上競技分野でトルコに初の金メダルをもたらしたアスル・チャクル・アルプテキン選手のドーピング使用疑惑が、IOCメンバーのトルコ訪問日と重なったことはかなり興味深い。関係者は、イスタンブ 全文をよむ

2013-03-15 マドリード便航空運賃、急上昇―ガラタサライの対戦相手はRマドリード (Milliyet紙)

ガラタサライとレアル・マドリードの対戦が決まると、トルコ航空マドリード便の航空券運賃が急上昇した。      ガラタサライが、チャンピオンズリーグ準々決勝でレアル・マドリードと対戦することが決まると、トルコ航空のチケットの値段はわずか数分で更新された。抽選会の前後に、トルコ航空のインターネットサイトを訪問したサポーターたちは、航空運賃を見て衝撃を受けた。      ■トルコ航空のマドリード便価格の驚くべき変化…      ガラタサライがチャンピオンズリーグの準々決勝でレアル・マドリードと対戦する 全文をよむ

2013-03-14 フェネルバフチェのUEFA欧州リーグ勝利の儲けはいくら? (Yeni Safak紙)

UEFA欧州リーグでビクトリア・プレゼニを破り、準々決勝進出を決めたフェネルバフチェは、大きな収入を得た。      UEFAチャンピオンズリーグプレーオフでスパルタク・モスクワに敗れ、UEFA欧州リーグに回ったフェネルバフチェは、グループリーグを勝ち抜き、 140万ユーロのボーナスを得た。強豪犇めくグループリーグを5勝1敗で1位通過を決め、140万ユーロを獲得したのである。決勝トーナメントラウンドのバテ戦では、第1戦(アウェー)を0-0で引き分け、ホームでの第2戦に1-0と勝利したことで、30 全文をよむ

2013-03-12 ガラタサライ歴史的勝利、欧州チャンピオンリーグで準々決勝進出 (Hurriyet紙)

ガラタサライは、欧州チャンピオンリーグ・決勝トーナメントの第2戦を敵地でシャルケ04と戦い、3-2で勝利を収めた。これにより、準々決勝進出を果たした。      ヴェルティンス・アレーナで行わらた試合で、ガラタサライのゴールは36分にハミト・アルトゥントプ、42分にブラク・ユルマズがきめ、さらに、延長4分にウムト・ブルトが決勝ゴールをきめた。シャルケ04のゴールは、17分にNeustadter、62分にバストスがきめた。      この結果、ガラタサライは、2000/2001年につづき、史上2度 全文をよむ

2013-03-10 バレーボールのワクフ・バンク、ヨーロッパチャンピオン (Milliyet紙)

バレーボールCEV女子チャンピオンズリーグファイナル4の最終戦でワクフバンクは、アゼルバイジャンのラビタ・バクーを3対0で破りヨーロッパチャンピオンになった。   CEVチャンピオンズリーグで今シーズン無敗同士のと対戦となった最終戦で、ワクフバンクは、相手よりもすべてのセットで主導権を握り、質の高さを示し、ヨーロッパバレーボールの最も権威のある大会の歴史で2回目のチャンピオンになった。      ■歴史は繰り返した。      ワクフバンクがヨーロッパンチャンピオンという結果で幕を閉じたCEVチ 全文をよむ

2013-03-07 マンチャスターUファン、チャクル主審を警察に訴える (Hurriyet紙)

欧州チャンピオンズリーグ2012-13決勝トーナメント1回戦マンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)対レアル・マドリードの第2戦、ジュネイト・チャクル主審がマンUのナニ選手を退場処分としたことにマンUファンは怒り、チャクル氏を訴えた。      イギリス・ノッティンガム在住のマンUサポーター(18)が緊急電話を掛け、ナニ選手を退場としたチャクル氏を犯罪者だと通報した。      テレグラフ紙によると、イングランドサポーターは、警察に対し、チャクル氏の今回の判定に怒りを爆発させ、後に、興奮にま 全文をよむ

2013-03-02 ガラタサライ、日本の本田選手を獲得か? (Milliyet紙)

ヴェスレイ・スナイデル選手とディディエ・ドログバ選手の移籍の後、ガラタサライは移籍市場の著名チームの一つとなった。ヨーロッパの主要な名門チームと共に名を連ねるガラタサライは、シーズン後にトルコサッカー連盟の外国人ルールで徐々に進んでいる制限も考慮しながら、まずメンバーにいる外国人選手を除き、後に著名外国人の移籍を行う予定だ。      ■ニコンとの契約もある!      この著名選手移籍の契約のうちの一人は、本田圭祐選手であるといわれている。日本企業ニコンと3年間のスポンサー契約で合意したガラタ 全文をよむ

2013-02-27 フェネルバフチェにUEFAから再び罰則 (Zaman紙)

欧州カップから除外の可能性      フェネルバフチェは、UEFA欧州リーグの2回戦、イスタンブルで行われたベラルーシ代表BATEボリソフとのリベンジ試合で、スタジアムの外からピッチに花火が投げ込まれたために、UEFAから更に1試合を無観客で行うペナルティを受けた。       フェネルバフチェクラブの会見で、罰として無観客で行われたBATEボリソフ戦で、スタジアムの外から不審物が投げ入れられたために、ベスト16の第1試合、ヴィクトリア・プルゼニ戦の無観客での開催をUEFA管理規律委員会が決定し 全文をよむ

2013-02-26 2020オリンピック、最有力候補はイスタンブル (Radikal紙)

イスタンブル2020オリンピック誘致委員会のハサン・アラト委員長は、今回の立候補がこれまでの立候補と異なるとの見解を示した。      英国の首都ロンドンの国際スポーツ機構コンサルタンティング会社JTAが開催した会議に参加したハサン・アラト委員長は、イギリスメディアに対し、イスタンブルの2020年夏季オリンピック開催誘致に向けた現在の活動について説明し、記者らの質問に答えた。アラト委員長は3月24日から27日にかけてイスタンブルに視察団が訪れるのに先駆けて、国外キャンペーンを強化し、2012年に 全文をよむ

2013-02-26 メスト・オズィル(エジル)試合前の祈り、世界の話題に (Yeni Safak紙)

緑のフィールドのスター、メスト・オズィル(エジル)は試合に入る前に行った祈りで世界の注目の的となった。メストは、これに関して初めてメディアに語った。      トルコのヨーロッパにおける誇り、メストは、今回その脚ではなく手で世界を揺るがした。名門サッカーチーム、レアルマドリードがデポルティーボ・ラ・コルー ニャとのアウェイ試合で1対0と先制を許していた。ジョセ・モウリーニョ監督は57分に珍しく一度に3人の選手を交代させた。ロナウド、ケディラと共にフィールドの脇で準備をしているトルコ人のスター、メ 全文をよむ

2013-02-21 フェネルバフチェ処罰の観客なし試合で勝利、しかし花火の愚行 (Milliyet紙)

試合の後半54分、スタジアムの外からロケット花火が投げ込まれた。      ロケット花火に続いて、小さなパラシュートのついた火薬がスタジアムの外からフィールドに投げ込まれ始めたため、試合の審判であるゴティエ氏は試合を中断させた。   スタジアム内に煙が立ち上る中、大きなトルコ国旗の上に火薬が落ちると旗の角が燃え始めた。スタジアムの係員たちは、旗の燃えている箇所を叩いて小さな炎を消火した。試合はしばらく中断した後、再開された。      ■「愚かな行為だ」      UEFA(欧州サッカー連盟)の 全文をよむ

2013-02-20 ガラタサライ、ヨーロッパチャンピオンズリーグでシャルケに引き分け (Radikal紙)

ガラタサライ、ヨーロッパチャンピオンズリーグの第二次予選で、ホームでシャルケに引き分けた。決着は3月12日にドイツで行われる第二選に持ち越された。ガラタサライは、ブラクのゴールで先制したが、ジョーンズのゴールを防ぐことができなかった。 全文をよむ

2013-02-13 NBAヒダーイェト・チュルクオール選手にドーピング反則、20試合出場停止処分 (Milliyet紙)

NBAのオーランド・マジックでプレーする国民的バスケットボーラー、ヒダーイェト・チュルクオール選手に、NBAのドーピング規定に反する成分を摂取していたことから、20試合の出場停止処分が下された。      NBAの発表では、ヒダーイェト・チュルクオール選手の血液から規定で禁止されているメテノロンが検出されたと述べられ、ドーピング規定を順守しなかったことを理由に20試合の出場停止処分が下されたと明らかにされた。      ヒダーイェト・チュルクオール選手は会見で、「昨年夏、トルコにいた頃、肩の不調 全文をよむ

2013-02-12 アユク国際レスリング連盟共同会長、「レスリングのオリンピック競技除外、認めない」 (Yeni Safak紙)

国際レスリング連盟共同会長のアユク氏は、レスリングのオリンピック競技からの除外は認められることではなく、また除外が決定したわけではないと述べた。      国際レスリング連盟のアユク共同会長は、国際オリンピック委員会(IOC)理事会が2020年のオリンピック競技からレスリングを除外する件についてコメントを出した。この決定に驚いているというアユク会長は次のように述べた。      「タイで行われる国際レスリング連盟の会議に参加するため、明日タイへ行く。この件についても話し合うつもりである。この話は 全文をよむ

2013-02-12 トルコ・レスリング協会会長「レスリングはオリンピックの屋台骨」 (Radikal紙)

トルコ・レスリング協会(TGF)のハムザ・イェルリカヤ会長は、「今は、確定情報でも、最終決定でもありません。5-10名のメンバーが『手にしただの、決めただの、出すだの』と言う権限はありません。これは国際オリンピック委員会(IOC)が下しうる決定です」と述べた。      レスリングは近代オリンピックが始まった時、最初の5つに入っていた種目であると述べる同会長は、「こういったことが理事会で論じられることでさえ間違っています。我々は友好国と共に然るべき行動に出ます」と語った。      「レスリング 全文をよむ

2013-02-03 テリム監督、訴えられる (Yeni Safak紙)

2011年10月21日(アンタルヤスポル対ガラタサライが行われた)マルダンスタジアムで侮辱されたということで女性サポーターのミュルベト・カラボーアは訴えを起こした。彼女の弁護士ラスィム・デミルカンは、アンタルヤ検察に試合の翌日に訴訟を起こした。アンタルヤ第7民事法廷で10万リラの慰謝料を請求して訴訟を起こした後、ファーテイフ・テリムの弁護士ミュゲ・デミレルは逆訴訟を起こした。      ■1年3カ月後      アンタルヤ検察のフェヴズィエ・アルグチは、約1年3カ月間の捜査を行い、起訴状を作成し 全文をよむ

2013-01-13 サッカー選手レフテル、没一年 (Milliyet紙)

トルコサッカーとフェネルバフチェにとって、伝説的な選手であるレフテル・キュチュクアンドニヤディス選手の没後一年の追悼式が行われた。   ビュユクアダにあるアヤ・ディミトリ教会と墓前で行われた追悼式には、故レフテル・キュチュクアンドニヤディス選手の家族と親族、フェネルバフチェ・クラブのアズィズ・ユルドゥルム会長、タラト・ユルマズ事務局長、前執行部のアリ・コチ氏、アダラルのムスタファ・ファルサクオール市長とフェネルバフチェのサポーターらが参加した。      アダラル市、アダラル財団と1907大学フ 全文をよむ

2012-12-22 フェネルバフチェ・コジャマン監督、辞意表明 (Milliyet紙)

フェネルバフチェのアイクト・コジャマン監督が、対カラビュクスポーツ戦の後に行われた記者会見で辞意を明らかにした。      この試合とともにフェネルバフチェの監督に終止符を打ったとしたコジャマン氏は、次のように述べた。      「約2年半にわたり非常に名誉あるフェネルバフチェの監督に従事しました。私たちのような人間にとって、様々な場所でこのユニフォームの、とりわけある意味で名声と信頼を受けてきた人々にとって、頂点はまさにここなのです。私はここを経験しました。しかしながら率直に言うと、この仕事を 全文をよむ

2012-12-05 F1イスタンブル・グランプリ、復活へ (Zaman紙)

トルコモータースポーツ連盟(TOSFED)は、イスタンブルが再びフォーミュラ1の日程の中に加えられるために、バーニー・エクレストンとグランプリ開催料以外、すべての合意に達したと明らかにした。イスタンブルでのグランプリ開催日は2013年の7月21日になるとみられている。      連盟の行った説明によれば、イスタンブル・チュラーン・パレスで昨日始まった国際自動車連盟総会のためにイスタンブルへ来ると見られていたF1の主催者であるエクレストンが、イスタンブルパーク(サーキット)のマネージャーであるヴラ 全文をよむ

2012-12-05 ガラタサライ、チャンピオンズリーグベスト16進出―テリム監督「ああ疲れた!」 (Hurriyet紙)

ガラタサライのファーティフ・テリム監督は2対1で勝利したブルガ戦の後、会見を行った。      試合の後の記者会見に現れたテリム監督の喜びは彼の表情にも表れていた。   以下が、ファーティフ・テリム監督の試合後の会見である。      「夜遅くまで寝ずに起きていて下さった方、また、この試合まで足を運び、我々を応援して下さった全てのみなさんに感謝している。試合の前半、我々はあまり良いプレーが出来なかった。それは、『どっちにしたってマンチェスターが勝ってくれる』と考える心理があった(注)思ったとおり 全文をよむ

2012-11-28 エルドアン首相訪西、スペインリーグで活躍のアルダとも面会 (Hurriyet紙)

エルドアン首相は滞在していたマドリードのホテルで、アルダ・トゥラン、エムレ・ベルオズオール両選手と面会した。面会ではアルダ・トゥラン選手の髪型が印象的だった。エルドアン首相はアルダ選手の長髪を見て有名サッカー選手に「ここには床屋はないようだね」とからかった。アルダ・トゥラン選手も首相に「不景気ですからね、散髪できないんですよ」とエスプリの利いたジョークで返した。      アルダ選手とエムレ選手は、昔は自身もサッカー選手であったエルドアン首相からアドバイスをもらい、首相の孫のアフメト・アーキフと 全文をよむ

2012-10-29 2020オリンピック等開催めざすトルコ、全国に11スタジアム建設開始 (Zaman紙)

トルコは2020年の夏季五輪&サッカー・ヨーロッパチャンピオンシップ開催を目指し、18のスタジアム建設を計画しているが、その内11の建設を開始した。トラブゾンのスタジアムは埋立地に建設され、シヴァスの競技場は気候条件を加味したものとなる。青年スポーツ省が389のスポーツ施設建設を主導、最大規模のインフラ整備に乗り出す。      トルコではサッカーを含めスポーツが停滞期にあるが、その大きな原因は、スポーツ施設が充実していないことにある。近年フェネルバフチェのスタジアム建て替え、カイセリのサッカー 全文をよむ

2012-10-21 TEB BNPパリバ・WTAチャンピオンシップス、今週イスタンブルで (Milliyet紙)

トルコ経済銀行(TEB)のヴァロル・シヴィル代表取締役は、テニス界でも大きなトーナメントの1つであるWTAチャンピオンシップの第2回大会が今年イスタンブルにて開催されることに言及し、このイベントが大きな関心を呼んでおり、チケットも完売したと述べた。トーナメントはバイラムの時期に開催されるにもかかわらず大きな関心を呼んでいると話したシヴィル代表取締役は、以下のように述べた:「世界の164カ国にて22の国際テレビチャンネルから放送される。さらには当社と同じぐらいトルコとイスタンブルの企業にも最大の貢 全文をよむ

2012-10-17 予選3敗、ブラジルの夢遠のく―アヴジュ監督「辞任はしない」 (Hurriyet紙)

サッカートルコ代表コーチのアブドゥッラー・アヴジュ氏は3対1で負けたハンガリー戦の後、説明を行った…   アブドゥッラー監督は3対1で負けた試合後NTVスポーツからの質問に答え、辞任せず、任期満了まで監督を続けると話した。      以下アブドゥッラー・アヴジュ監督の説明      ■「しかたない」      ゲーム及びプレーは我々に有利な形で始まった。加えて、トルコ代表チームが先制点を入れた。しかし相手に非常に簡単なゴールを許してしまった。トルコは2、3回の速い猛攻撃でもゴールを決められなかっ 全文をよむ

2012-10-14 Derya Sazak コラム:さよならアレックス―どん底のトルコサッカー (Milliyet紙)

フェネルバフチェのブラジル人スタープレーヤーでチームのキャプテンだったアレックス・デ・ソウザのトルコでの冒険は壮大な送別セレモニーによって幕を閉じた。しかしアレックスを見送りにきたチームメートはセミフと彼の妻だけだったらしい。      本紙のスポーツ版は、アレックスが妻と子供と一緒に空港に来てくれたファンに手を振る写真に「私たちは、君を忘れない!」という見出しを付けた。ブラジル人プレーヤーは、フェネルバフチェの「忘れられない人」になったに留まらず、銅像も建てられた。しかし、まさに「ここはトルコ 全文をよむ

2012-10-13 このチームではブラジルは夢のまた夢!―ワールドカップ予選2敗目喫す (Zaman紙)

2014年開催のワールドカップ予選でオランダに敗れ、続くルーマニア戦で再び敗れたトルコ代表チームの意気込みは、ハンガリー戦を前に落ちたままである。スポーツ関係者らは、3試合で3勝ち点しかあげておらず、期待される結果を出せない代表チームに落胆している。アブドゥッラー・アヴジュ監督の信用もガタ落ちである。      2014年開催のワールドカップ決勝へDグループ1位で進出したいトルコ代表チームは、3試合目にして早くも目標から遠ざかった。対オランダ戦後、Dグループの別のライバルチームであるルーマニアに 全文をよむ

2012-10-12 さよならアレックス、「50%はトルコ人」の言葉残し・・ (Radikal紙)

アレックスはサビハ・ギョクチェン空港を後にした。「あなたがたトルコ人をとても愛している。もはや死ぬまで、私たちは、半分はトルコ人です・・・」。      フェネルバフチェ執行部のユクセル・ギュネイ会長は、サビハ・ギョクチェン空港で、アレックス・デ・ソウザに感謝の記念品プレートを渡した。   ギュネイ会長は空港で報道陣に対して、「8年間、サッカーにおいてフェネルバフチェに尽くしたチームのキャプテンであるアレックスを見送りに来ました。彼に対し、あなた方全員の前で、トルコサッカーとフェネルバフチェに果 全文をよむ

2012-10-01 フェネルバフチェ、アレックスとの契約解消 (Radikal紙)

フェネルバフチェを戦力外となったアレックス選手は、夕刻、ツイッター上で「契約を解消した。人生で最も辛い(解消の)サインとなった。フェネルバフチェは選手を一人失ったが、サポーターを一人獲得した。すべてに感謝したい」とつぶやいた。クラブ側もアレックス選手の契約解消を発表した。      アレックス(本名:アレクサンドロ・デ・ソウザ) 選手は、105年の歴史を誇るフェネルバフチェ史上最高の外国人プレーヤーとして讃えられ、数々の記録を樹立し、チームに成功をもたらしてきたことで、その名をクラブ史に刻んでき 全文をよむ

2012-09-29 不調のフェネルバフチェ、コジャマン監督の去就は? (Hurriyet紙)

アイクト・コジャマン監督 辞表受け入れられず      対カスムパシャ戦の終了15分前、フェネルバフチェチームのサポーターから「アイクト・コジャマン辞任しろ」コールが起こった。アイクト・コジャマン監督は、その後生放送番組にも記者会見にも姿を現さず、代理としてイスマイル・カルタル技術コーチが質疑応答した。試合後、アズィズ・ユルドゥルム会長とアリ・ユルドゥルム副会長は選手控え室に向かい、アイクト・コジャマン監督と選手を交え1時間15分にわたる緊急会議を開いた。会議後、ゴールキーパーのヴォルカン・デミ 全文をよむ

2012-09-20 善戦ガラタサライ、マンチェスターUに0-1で敗れる (Zaman紙)

ガラタサライは、六年ぶりに参加する欧州チャンピオンリーグでの最初の試練においてマンチェスター・ユナイテッドに1対0で敗北したにもかかわらず、そのサッカーは称賛の的となった。三回ゴールポストに(シュートを)当てた赤と黄色のユニフォーム(ガラタサライ)の選手たちは、ドイツ人審判のシュタルク氏をやり過ごせなかった。フェルナンド・ムスレラがセーブしたペナルティー・キックによる失点を防いだ。       欧州CLにおける我々の代表ガラタサライは、Hグループでの最初の試合においてアウェーでマンチェスターユナ 全文をよむ

2012-09-19 トルコ女子サッカーチーム、ドイツに0-10の大敗 (Hurriyet紙)

トルコ女子サッカー代表は、UEFA欧州女子選手権2013予選のアウェイゲームで、ドイツに0-10で大敗した。      ドイツ・のオーバーハウゼンで調整を終えたトルコ女子代表は、デュイスブルクのMSVアリーナで、グループ首位の強豪ドイツに大金星を狙い挑んだ。しかしそれは叶わなかった。試合は大方トルコサイドでの展開になった。前半17分、ドイツのセリア・オコイノ・ダ・エムバセル選手の先制点。その後、トルコ代表は健闘するものの、試合に反映できなかった。      2点目は前半23分、ドイツの人気者、ア 全文をよむ

2012-09-18 女子バレーボールチームで、報奨金争い (Radikal紙)

ロンドンオリンピック2012で奮闘したバレーネットのスルタンたちだが、報償として授与された金を分配できなかったことから大問題が起きた。キャプテンのエスラ選手の平等に分けるという提案をクルダル姉妹が拒否し、連盟の幹部が仲介に入る事態となった。      ミッリイェット紙のラグプ・テキン記者の記事によると、ロンドンオリンピックで52年越しの悲願をかなえ、最終予選をこそ逃したが世界の強豪と戦ったバレーボール選手の間を「分けられない」報奨金が引き裂いた。      アンカラで開かれたオリンピック選考会で 全文をよむ

2012-09-13 ワールドカップ予選エストニア戦勝利、報奨金は3万ドル (Hurriyet紙)

2014年ワールドカップ予選で、対エストニア戦に3-0で勝利した代表チームの選手が受け取る報奨金が明らかとなった。      ラディオスポル紙によると、予選は対オランダの敗戦から始まり、ホームのシュクリュ・サラジオール・スタジアムで行われた対エストニア戦に3-0で勝利した代表チームに、3万ドルの報奨金が与えられた。以前は2万ドルとされていた報奨金は、ロッカールームで3万ドルに増額されたと選手は知らされた。      今年のヨーロッパチャンピオンであるスペインは、優勝した場合のみ報奨金が支払われる 全文をよむ

2012-09-08 サッカーワールドカップ予選、初戦落とすー対オランダ戦 (Hurriyet紙)

2014年ワールドカップ予選Dグループの第一試合では、トルコナショナルAチームはオランダでのアウェイ試合となり、2-0で試合に敗れた。      アムステルダム・アリーナ・スタジアムで行われた試合をトルコは華麗にスタートさせた。試合開始直後にオメル・トプラク選手がゴールに急接近したのだ。試合前半、ボールはアルダ・トゥラン選手、そして各ポジションから空手で戻る月・星(トルコ)の選手らへ渡り、ウムト・ブルト選手のヘディングはポールに跳ね返された。   オランダの勝利ゴールは、17分にロビン・ファン・ 全文をよむ

2012-09-04 ガラタサライファン傷害殺人事件、犯人自首 (Radikal紙)

メジディイェキョイでナイフで刺され殺害された19歳のガラタサライファンであるウール・ファクル氏の殺人容疑者ムハンメト・ヤクプ・İ(20)が警察に自首した。      メジディイェキョイにてナイフで刺され殺害された19歳のガラタサライファンであるウール・ファクル氏の殺人容疑者ムハンメト・ヤクプ・İ(20)が警察に自首した。彼の供述を受け事件時に彼の側にいた友人2名も逮捕された。逮捕された容疑者3名には様々な前科があることが判明した。ファクル氏の胸に突き刺さったナイフを使用したムハンメト・ヤクプ・I 全文をよむ

2012-08-26 ヌーリー・シャーヒン、リヴァプールに移籍 (Zaman紙)

レアルマドリードに在籍していたヌーリー・シャーヒン選手の移籍先が公表された。今週アーセナルFCとの契約交渉に臨んだヌーリー選手だったが、プレミアリーグの有名チームである リヴァプールへの移籍が決まった。新しいチームと1年の契約を結んだヌーリー選手は、リヴァプールでプレーする初めてのトルコ人選手であることを嬉しく思うと心境を語った。      数ヶ月間スペインとイギリスをはじめ、ヨーロッパのメディアで多くのチームへの移籍が噂されていたヌーリー・シャーヒン選手の正式な移籍先が公表された。昨シーズ ン 全文をよむ

2012-08-17 オリンピック開会式のトルコ国旗、販売中 (Radikal紙)

2012年ロンドンオリンピックの終了後、ロンドンオリンピック組織委員会は各国が開会式で使用した国旗を売りに出している。      2012年ロンドンオリンピックの開会式で、ネスリハン・ダルネルが持ったトルコ国旗は、オリンピック組織委員会によって公開競売にかけられ、400ポンド(約5万円)から開始した。      オリンピックの収益を増やすことに励んでいるイギリス人達は、アメリカ国旗を8,605ポンド(約107万円)で売った。需要があるギリシャ国旗の値段は、現在3,905ポンド(約48万円)である 全文をよむ

2012-08-12 ロンドン五輪は5つのメダル (Milliyet紙)

ロンドンオリンピックに16競技114人の選手が出場したトルコは、金メダル2つ、銀メダル2つと銅メダル1つの合計5つのメダルでロンドンオリンピックを終えた。   金メダルと銀メダルはテコンドーと陸上、唯一の銅メダルはレスリングで獲得した。      トルコのロンドンでの最初の金メダルはテコンドーのセルヴェト・ターゼギュル選手が獲得した。      陸上の女子1500mではアスル・チャクル・アルプテキン選手が歴史的な成功を収め、オリンピックの歴史においてトルコに陸上競技で初めての金メダルの喜びをもた 全文をよむ

2012-08-11 英選手のドーピング発言を一蹴、「人格の問題」 (Radikal紙)

青年・スポーツ省のスアト・クルチュ同相は、リサ・ドブリスキー選手(英)からドーピング疑惑が申し立てられたことに関する発言で、「トルコの選手は国民からの声援でドーピング効果(ざらなる力)を得ているのです」と話した。      クルチュ青年・スポーツ相は、首都ロンドンのウェストミンスター地区タジ・ホテルでの会合でスピーチをおこなった。同相は、前日夕方、五輪スタジアムで開催された女子1500メートル競技で1O位だったリサ・ドブリスキー選手(英)が、同競技1位で金メダルを獲得したアスル・チャクル・アルプ 全文をよむ

2012-08-10 金メダリスト、アスル・チュカル・アルプテキンを私たちは忘れていた―出場停止からの復活劇 (Milliyet紙)

アスル・チャクル・アルプテキンは今晩オリンピック陸上競技女子1500メートル決勝に出場し、4分10秒23のタイムで優勝した。      いやはや、我々はアスルを忘れてしまっていた。本当に。ページ全面の記事や写真・はもちろんのこと、数年間、アスルがどこにいたのかを知るものはないいなかった。興味をもった新聞記者達も・・・。彼女への関心は、アスルが、(トルコの)不毛な陸上競技砂漠においてオアシスのように輝いたあとになって、ようやく実現したのだ。一体、どうやって?      それはこういうことだ: 20 全文をよむ

2012-08-10 オリンピック陸上女子1500メートルでトルコ、金と銀! (Radikal紙)

陸上のアスル・チャクル・アルプテキン選手とガムゼ・ブルト選手は、1500メートル決勝で金・銀メダルを獲得した。      ロンドンオリンピック陸上女子1500メートル決勝で、トルコ人選手のアスル・チャクル・アルプテキン選手は金、ガムゼ・ブルト選手は銀メダルを獲得した。      オリンピック・スタジアムで行われた女子1500メートル決勝で、アスル・チャクル・アルプテキン選手は4分10秒23のタイムで1位、ガムゼ・ブルト選手は4分10秒40で2位となった。      競技序盤からガムゼ・ブルト選手 全文をよむ

2012-08-08 8日現在―銅メダル1つ、落胆のオリンピック (Yeni Safak紙)

16の競技に114人のスポーツ選手が参加したロンドン・オリンピック大会であるが、成果を上げられず帰ろうとしている。現在までに銅メダル一つだけを手にしたトルコは(メダル獲得)国別順位で最下位にいる。      2012年ロンドン・オリンピックでトルコは最初のメダルをレスリングで獲得し、銅メダルに輝いた。この結果としてオリンピックに参加した国(メダル獲得国)の中で69番目として最下位につけた。銅メダル一つでクエート、プエルトリコ、シンガポール、トリニダードトバゴ、ウズベキスタンと並んだトルコであるが 全文をよむ

2012-08-07 100メートル障害女子でネヴィン・ヤヌト健闘、5位入賞! (Milliyet紙)

ロンドン・オリンピックの女子100メートル障害の決勝戦に登場したネヴィン・ヤヌトは、12秒58で、第5位になった。      オリンピックスタジアムで行われた決勝戦で、ネヴィン・ヤヌットは、有力な陸上選手のオーストラリア人のサリー・ピアソンとアメリカ人のケリー・ウェ ルスの間で、6番レ―ンで走った。小雨の下で始まったレースでいいスタートをきったヤヌットは、最終コーナーにおけるライバルたちのアタックに追いつくことができなかった。       準決勝におけるにおける12秒58ものタイムを、決勝戦に 全文をよむ

2012-08-06 オリンピックで初のメダル―120キロ級グレコローマンレスリングで銅 (Yeni Safak紙)

120キロ級でグルジア代表のフェルセリッゼ選手を破ったルザー・カヤアルプ選手は銅メダルを手にした。オリンピックでトルコ初のメダルを勝ち取った国民的レスリング選手はほろ苦い喜びを語った。      トルコの2012年ロンドンオリンピックにおける初のメダルは、グレコ・ローマン・レスリングのルザー・カヤアルプ選手が勝ち取った。ルザー・カヤアルプ選手はグレコ・ローマン・レスリング120キロ級でグルジア代表のフェルセリッゼ選手と銅メダルをかけて闘い、2対0で負かし、トルコに銅メダルをもたらした。対戦で、第 全文をよむ

2012-08-05 エルドアン首相の「オリンピックの聖火はアンタリアから」発言にギリシャ反発 (Hurriyet紙)

スアト・クルチ青少年スポーツ相が、エルドアン首相の発言として語った「オリンピック聖火は、発祥の地であるアンタリアのオリンポス山、チュラル地域で燃え続けている」という言葉がギリシャで反発を買った。ギリシャの関係者およびメディアは、「聖火はギリシャのものだ。エルドアンは歴史を学ぶべきだ」と語っている。      レジェプ・タイイプ・エルドアン首相が、国際オリンピック委員会(IOC)ジャック・ロゲ会長との会談で、「オリンピック聖火は、発祥の地であるアンタリアのオリンポス山、チュラル地域で燃え続けている 全文をよむ

2012-08-04 オリンピック、女子バスケット準々決勝進出 (Hurriyet紙)

女子バスケット・トルコ代表チームは、2012年ロンドンオリンピックのAグループで4試合目となる最も重要な対中国戦で、82-55で中国を破った。「バスケットの妖精たち(Potanın Perileri)」は、この勝利で準々決勝進出を決め、Aグループ2位に向け大きな一歩を踏み出した。      「バスケットの妖精たち」は、2012年ロンドンオリンピックで、最初の対アンゴラ戦で72-50で勝利し、第2戦ではチェコ共和国を61-57で破り、2戦2勝とした。トルコ代表チームは、Aグループの第3戦では、最近 全文をよむ

2012-08-04 オリンピック女子陸上3000メートル、がっかり (Hurriyet紙)

ロンドンオリンピックで、陸上女子3000メートル障害走に出場したビンナズ・ウスル選手、ギュルナン・ムングル選手、オズレム・カヤ選手は予選を突破できなかった。      オリンピック・スタジアムで行われ、総勢44人の選手が競う競技で、トルコ代表からビンナズ・ウスル選手は1レース目に、ギュルナン・ムングル選手は2レース目に、オズレム・カヤ選手は3レース目にフィールドに立った。      レースの序盤、集団の真ん中あたりを走っていたビンナズ・ウスル選手はリズムを崩し、最後尾まで後退し予選落ちした。10 全文をよむ

2012-07-30 オリンピックがトルコ開催になったら… (Milliyet紙)

もしあなたが2012年のロンドンオリンピックの開会式を見なかったら、多くのことを見逃したことになる。ご存知のように、イスタンブルは 2020年のオリンピック候補地となっている。私は、式典を少しこの観点から見物した。      ―たしかにダニー・ボイル監督のショーは、簡略化されたものであったにも関わらず、長かった……。イギリスの「幸福な」村の生活から業界革命への発展とオリンピックを結び付けるのは、強引だった。      ―イギリスポップカルチャーの聖像が次から次へと列挙された式典は、初めの1時間半 全文をよむ

2012-07-29 エルドアン首相、英オリンピック職員と口論 (Zaman紙)

エルドアン首相は、訪問先のロンドンで彼(の行動)を妨害しようとした職員に「お前は、なんて無礼な男なんだ」と怒声を上げた。      バスケットボール・トルコ代表がアンゴラ共和国を72-50で破ったことを大変喜んだ首相だったが、イギリス人セキュリティー担当者の態度に喜びがあせた。      妻のエミネ夫人と一緒に更衣室に入り、選手を祝福したレジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、続いてメディア関係者のブースへ行こうとした。その時、オリンピック大会職員が、外交儀礼に違反し、大きな無礼をおかした。この大 全文をよむ

2012-07-28 ロンドンのエルドアン首相「イスラム教徒の多数派の国でオリンピック開催を」 (Zaman紙)

レジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、「人口の大多数がムスリムである国で、今日までオリンピックが開かれることはなかった。国民は、それはなぜかと人に問う。なんの不足があって行わないのか?」と述べた。      エルドアン首相は、バスケットボール女子のトルコ代表チームがロンドン・オリンピックのグループAの初戦でアンゴラと戦った後会見を行い、国際オリンピック委員会のジャック・ロペ会長とロンドンで行った会談に関する質問に、「会談は肯定的な雰囲気で進んだ。今年はジャック氏の任期最後の年にあたり、我々に関す 全文をよむ

2012-07-25 さあ、オリンピック、トルコのメダル予想は9つ (Hurriyet紙)

投資会社であるゴールドマンサックスはオリンピックにおけるメダル獲得予想を行い、ロンドンオリンピックでメダル獲得がどのようになるのかレポートを発表した。      レポートでは、トルコのオリンピックにおける成功を予想している。2008年の北京オリンピックでは、金メダル一個を含む8個のメダルを勝ち取ったトルコが、今回は金メダル3つ、獲得総数も9個と予想された。トルコは重量上げ、射撃、レスリング競技においてメダルが期待されている。しかし、レポートではメダル予想されていないアスル・チュカル・アルプテキン 全文をよむ

2012-07-22 2020オリンピック候補イスタンブルのロゴマーク決まる (Radikal紙)

エルドアン首相は、2020年オリンピック候補地であるイスタンブルのロゴを発表した。      レジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、2012年ロンドンオリンピックに出場する選手たちをドルマバフチェ宮殿でのイフタール(断食明けの食事)に招いた。エルドアン首相は、イフタール後に2020年オリンピック候補地となったイスタンブルのロゴを発表した。      ドルマバフチェ宮殿のハスバフチエでイフタールの後、エルドアン首相は、トルコとして、2012年オリンピックに本当に「歴史的な出陣」がなされたと述べ、政 全文をよむ

2012-07-21 ロンドン・オリンピックへドルマバフチェ宮殿で壮行式 (Milliyet紙)

エルドアン首相は、2012年ロンドン・オリンピックへ参加する選手のために、ドルマバフチェ宮殿でイフタールの食事会を開いた。イフタール後、首相は発言の機会を設け、「トルコは、2012年オリンピックに歴史的な出場を果たします。政府として選手達を支援した結果、181人もの選手をオリンピックに送り出すことになります」と述べた。      エルドアン首相は、独立実業家協会(MÜSİAD)のナイル・オルパク総裁と会談した。会談はドルマバフチェ宮殿の執務室でメディア非公開で行われ、約1時間半続いた。会談後、ナ 全文をよむ

2012-07-02 フェネルバフチェ・ユルドゥルム会長、八百長裁判で有罪判決も、釈放 (Hurriyet紙)

八百長裁判の判決が発表された。勾留されていたアズィズ・ユルドゥルム氏、イルハン・エクシオール氏、ユスフ・トゥランル氏、オルグン・ぺケル氏は釈放された。フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長には、犯罪組織設立の罪で懲役2年6か月、八百長の罪で懲役3年9か月及び罰金100万トルコリラの支払いが命じられた。勾留者たちは、家族に手荷物が引き渡されたあと、16時に釈放された。      メフメト・エキンジ裁判長:「我々はこの裁判のために集中的に作業した。裁判官たちは私以上に大変な労力を費やした。彼ら 全文をよむ

2012-06-30 ヘルシンキ欧州陸上で「トルコの夜」―金メダル3つ (Milliyet紙)

フィンランド・首都ヘルシンキで行われたヨーロッパ陸上競技選手権大会で、ギュルジャン・ムングル選手トルコ代表は、女子3000メートル障害で金メダルに輝いた。ポラト・ケムボイ・アルカン選手は、10000メートル決勝において、28分22秒27で金メダルを獲得した。女子100メートル障害決勝で、ネヴィン・ヤヌト選手が12秒81の記録で金メダルを受賞した。      トルコ代表ギュルジャン・ムングル選手は、ヨーロッパ陸上競技選手権大会において女子3000メートル障害で優勝した。ヘルシンキオリンピック・スタ 全文をよむ

2012-06-26 トルコ女子バスケ、日本を破る (Zaman紙)

FIBA女子オリンピック世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)Aグループにおいて、トルコは日本に65対49で勝利し、Aグループを首位で終えた。 全文をよむ

2012-06-23 ドイツ内相、メスト・エジルへの中傷を非難 (Milliyet紙)

ドイツのハンス=ペーター・フリードリッヒ内相は、サッカードイツ代表チームのメスト・エジルが「純粋なドイツ人でない」とするツイッター攻撃について厳しく非難した。      フリードリッヒ内相は、新オスナブリュク紙に対して、インターネットでのエジルへの人種差別的な攻撃は「不快」と述べた。同内相は、エジルへの攻撃は 「氷山の一角」としながらも、エジルの父親であるムスタファ・エジルがこの問題で訴訟を起こすのはもっともであると語った。また、「インターネットの履歴から容疑者の手がかりが見つかる可能性がありま 全文をよむ

2012-06-23 女子バレーボールチーム、日本をやぶりワールドグランプリ決勝ラウンドへ (Radikal紙)

バレーボールワールドグランプリにおいて、ネットのスルタン(註:トルコ女子ナショナルチームの愛称)が日本を各セット23-25、25-14、25-21、25-17の3対1で下し、ファイナルラウンド進出を確実にした。ワールドグランプリ決勝は6月27日~7月1日の期間に中国寧波市にて開催される。      バレーボールワールドグランプリで、ネットのスルタンは7試合中6つの白星を得、ファイナルラウンド進出を確実にするために、日本と対戦した。ネットのスルタンらは日本を相手どり、第1セットを23-25で失した 全文をよむ

2012-06-22 フェネルバフチェ、欧州チャンピオンリーグへ出場権 (Radikal紙)

欧州サッカー連盟(UEFA)は、フェネルバフチェがUEFAチャンピンズリーグへ出場する可能性があることを明記した書面をトルコサッカー協会(TFF)とフェネルバフチェに送付した。UEFA規律委員会が承認を与えた場合、フェネルバフチェは世界最高峰のリーグで戦うことになる。      UEFAはここ数ヶ月間注目されていた決定を発表した。UEFAはフェネルバフチェのUEFAチャンピンズリーグ出場がありうることを明記した書面を、TFFとフェネルバフチェに送付した。ワルシャワで開かれた会議での決定により、フ 全文をよむ

2012-06-06 移籍商売のお手本!―香川の購入35万ユーロ、売却2000万ユーロ (Milliyet紙)

ドイツ・ブンデスリーガのチャンピオンクラブ、ボルシア・ドルトムントは、2年前に35万ユーロで獲得した日本のスター香川真司選手を約2000万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ引き渡した。      ドイツ・ブンデスリーガのチャンピオン、ボルシア・ドルトムントは、日本代表MF香川真司選手を1600万ユーロ と引き換えに、世界的に有名なイギリスのサッカーチーム、マンチェスター・ユナイテッドへ渡した。マンチェスター・ユナイテッドが今年、香川真司選手と共にリーグチャンピオンになった暁には、ドイツチーム 全文をよむ

2012-06-01 フェネルバフチェ・ユルドゥルム会長に、求刑13年!―八百長疑惑裁判 (Milliyet紙)

イスタンブル第16重罪裁判所で行われている八百長裁判担当の検察官ウフク・エルメルトジャンは、フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長が6試合で八百長を行ったこと、利潤目的の犯罪組織の首謀者であることを理由に、13年10か月15日の刑期を要求した。本件では、全容疑に対しまとめて一つの求刑が行われた。      イスタンブル第16号重罪裁判所で行われている裁判の19回目の審議において担当検察官ウフク・エルメルトジャンは、260ページに及ぶ報告書を公開した。新法の制度に基づくとするエルメルトジャン 全文をよむ

2012-05-30 欧州サッカー連盟、ベシクタシュらに出場停止処分 (Radikal紙)

欧州サッカー連盟(UEFA)は、ベシクタシュを1年間出場停止処分にする決定の後、ブルサスポルとガズィアンテプスポルも1年間、欧州リーグへの出場停止処分を受けた。欧州リーグ戦には、ベシクタシュに代わり、エスキシェヒルが、ブルサスポルの代わりにはイスタンブル・ビュユクシェヒルが参加する。      UEFAが、ベシクタシュクラブを金銭問題の件で、管理規律委員会に問題を送ったために、ベシクタシュクラブ会長フィクレト・オルマン氏と同行団がUEFAの担当者と行っていた会合が終わった。決定が下され、ベシクタ 全文をよむ

2012-05-27 リュシュテュ、サッカー代表引退へ (Zaman紙)

A代表チームは、2014年ワールドカップ予選に向けてオーストリアのレオガング地方で合宿をしている。昨日代表ユニフォームに最後にそでを通したキーパーのリュシュテュ・レチベルのために、チームメートはお別れ会を開いた。代表として120試合に出場した経験豊富なキーパーのために行われたお別れ会では感動的な時間が過ぎた。監督コーチ、選手、その他スタッフが参加したお別れ会で、アブドゥラー・アヴジュ代表監督がスピーチをおこなった。リュシュテュのクラブと代表の両方での大きな成功と貢献について述べたアヴジュ監督は、 全文をよむ

2012-05-25 イスタンブルにオリンピックへの道、開かれる (Zaman紙)

イスタンブル、東京、マドリードは2020年夏季オリンピック開催都市最終候補に正式に名を連ねた。      カナダのケベック州で行われた国際オリンピック委員会の会議で、国際オリンピック委員会のマーク・アダムス広報部長とジルベール・フェリ五輪統括部長が、投票結果による決定を発表した。バクーとドーハは落選、トルコは5回目になる今回の申請で初めて開催能力を認められ勝ち進んだ。最終選考ではまた新しい競争が予想される。マドリードと東京は12項目中12、イスタンブルは12項目中11のプラス評価を得た。ドーハは 全文をよむ

2012-05-17 ヒュンダイ、トルコ工場での生産を倍増へ (Milliyet紙)

ヒュンダイ・アッサン社がヨーロッパへ輸出しているi20の新型車が、ザフェル・チャーラヤン経財相とニハト・エルギュン科学産業技術相も出席したイズミト工場における式典でお披露目された。式ではヒュンダイ・アッサン社の年間生産能力が6億7百万ドルの追加投資により、年産20万台に増える見込みであることが明らかにされた。      ヒュンダイ・アッサン社のイズミト工場で行われた式にはS・K・リ在トルコ韓国大使、エルジャン・トパジャ・コジャエリ県知事、イブラヒム・カラオスマンオール・コジャエリ広域市市長、ヒュ 全文をよむ

2012-05-16 トルコ杯はフェネルバフチェに―29年ぶり優勝 (Hurriyet紙)

 フェネルバフチェ対ガラタサライ戦で緊張が広がったトルコは、アンカラから届いた素晴らしい光景により、忘れられていたフェアプレーの雰囲気に再び戻った。      先週は、スタンドから投げられた異物、ピッチに降りたサポーター、罵倒、ピッチ外で生じた戦場を想起させる光景でしばしば話題に上がっていたトルコサッカーであるが、アンカラで、待ち望まれていた場面を目にした。      ■ブルサスポルのサポーター達はフェネルバフチェを讃えた      フェネルバフチェが4-0で勝利し、29年ぶりにトルコカップで優 全文をよむ

2012-05-14 捕まえて、びっくり-サッカー・フーリガンらの驚くべき職業 (Radikal紙)

カドゥキョイにあるシュクリュ・サラチオールスタジアムで行われたチャンピオンリーグでの騒動で逮捕された47人の職業は、警察官をも驚かせた。フーリガンの中には医師、教師、会社の重役、金融会社の上役、エンジニア、取締役、そして弁護士もいた。      逮捕者の中には指名手配犯が1人含まれていたことが判明した。その一方で逮捕者の大多数に麻薬、窃盗、密輸、暴行といった犯罪歴があったことが明らかになった。逮捕者のうちの15人がグラウンド内の騒動の際に、残りはスタジアムの外での騒動の際に捕まったことが分かった 全文をよむ

2012-05-13 優勝!ガラタサライ-トルコ全土が赤黄に染まる (Hurriyet紙)

スポルトト・スーパー・ファイナルの6週目にフェネルバフチェと対戦したガラタサライは、この巨大なダービーマッチをフェネルバフチェのシュクリュ・サラジオール・スタジアムで戦い、宿敵と0-0で引き分けて2011-2012シーズンのチャンピオンとなった。試合終了のホイッスルとともに黄と赤(ガラタサライのチームカラー)のチームのサポーターたちは通りに飛び出し、優勝を存分に祝った。      ■タクシム広場      フェネルバフチェ・ガラタサライ戦の終了ホイッスルが鳴らされると、ガラタサライ・サポーターた 全文をよむ

2012-05-13 優勝のテリム・ガラタサライ監督、「難しい1年だった」 (Zaman紙)

ファーティフ・テリム・ガラタサライ監督は、フェネルバフチェとの対戦で引き分けたことにより、スポルトト・スーパーリーグでシーズン・チャンピオンになったことに関して、大変満足していると述べた。      試合のおよそ3時間後にチャンピオンカップを受け取ったガラタサライのファーティフ・テリム監督は、その後記者会見室に来てメディア関係者に会見を行った。      監督はやむを得ない状況により会見が遅れたかも知れないことを詫びたうえで、「優勝に向け努力をしてきた皆を祝福します。(フェネルバフチェの)アユク 全文をよむ

2012-05-13 優勝!ガラタサライ (Zaman紙)

スポルトト・スーパーリーグにおいてフェネルバフチェとシュクリュ・サラチオールスタジアムで対戦したガラタサライは、0-0で試合をおえ、2011-2012年の優勝を勝ち取った。   今年の最終戦をトップでおえ、18回目の優勝を決めた赤・黄のユニフォームのガラタサライは、優勝回数でもフェネルバフチェに並んだ。(試合後の混乱にもかかわらず)フェネルバフチェのホームであるシュクリュ・サラチオールスタジアムでの優勝カップの授与を望んだガラタサライは、エルドアン首相の仲介もあり、ようやく、それを実現させた。  全文をよむ

2012-05-12 優勝!ガラタサライ-試合後は大混乱 (Radikal紙)

フェネルバフチェに対しノーゴールで引き分けたガラタサライがチャンピオンとなった後、黄・紺のチームカラーを身にまとったフェネルバフチェのサポーターがピッチに乱入。サポーターらは破壊した椅子を警官に投げつけた。      ガラタダライの優勝に伴い、サラチオール・スタジアムは大混乱となった。まず、フェネルバフチェ選手を賞賛する黄・紺のチームカラーに身を包んだサポーターらがピッチに降りた。また、試合後、優勝に歓喜する黄・赤(ガラタサライ)の選手のうち、メロ、セミヒ、サブリの各選手がユニフォームを脱いで振 全文をよむ

2012-05-12 ショックのファネルバフチェ・ファン、心臓発作で死亡 (Milliyet紙)

スーパーリーグ・スーパーファイナル選手権でファネルバフチェとアウェイで戦い、0対0で引き分け、チャンピオンとなったガラタサライのサポーターらは町に飛び出し歓喜した。      試合後、デニズリのガラタサライのサポーターたちが、ガーズィ通りとデリキリチュナル広場をいっぱいにした。何百人ものサポーターたちは「チャンピオン、ジムボム(ガラタサライの愛称)」の歓声で充分に盛りあがった。デニズリ警察署は優勝の祝賀が行われている地区で厳重な安全対策をとった。この間、あるファネルバフチェのサポーターは、ユニフ 全文をよむ

2012-05-09 オリンピックか、欧州サッカー選手権か?-2020年立候補 (Milliyet紙)

国際オリンピック委員会(ICO)ジャック・ロゲ会長は、イスタンブルが2020年のオリンピック開催地に決定した場合、2020年欧州サッカー選手権の開催国への立候補は取り下げてもらいたいと述べた。      ロゲ会長はフランス通信社(AFP)への会見で、「来年9月7日にブエノスアイレスで行われる投票で、もしイスタンブルがオリンピックの開催地に選ばれれば、トルコには欧州サッカー選手権の開催国になることは断念していただきたい」と述べた。      又、「決定は政府に委ねることになるが、投票は他の大会開催 全文をよむ

2012-05-08 サッカー八百長疑惑、5試合さらに調査へ (Yeni Safak紙)

昨今の歴史的八百長問題について最初の報告書をトルコサッカー協会(TFF)運営者首脳陣に提出した倫理委員会は、委員会に疑惑が寄せられた5試合について、八百長と扇動の調査を始めた。      トルコサッカーの第一の問題であり続けている歴史的八百長問題の裁判で、第2波が今日始まった。      倫理委員会は、約9ヶ月間の調査を経て、スポルトトスーパーリーグとジラートトルコカップに関する720ページに及ぶ報告書を先日TFF首脳陣に提出し、今日また、トルコ下位リーグにおいて疑いのある5試合に関して調査を開 全文をよむ

2012-05-06 トルコ女子バレー、ロンドン五輪行き切符を獲得 (Milliyet紙)

2012年のロンドンオリンピック・ヨーロッパ大陸予選トーナメントにおいて、トルコ女子ナショナルチームが、最終戦でポーランドに3-0で勝利し、歴史的勝利を収めた。この勝利により、トルコチームはロンドンオリンピックへの出場権を獲得した。      バレーボールでトルコ女子ナショナルチームが画期的な成功を収めた。トルコチームは2012年のロンドンオリンピック予選の最終戦でポーランドを破りロンドンへの切符を手に入れた。      試合の最初のテクニカルタイムアウトを8-6とリードして迎えたポーランドに対 全文をよむ

2012-04-20 ハーカン・シュクル議員、人種差別発言のエムレを擁護 (Yeni Safak紙)

 公正発展党イスタンブル選出議員ハーカン・シュクル氏は、サッカーチーム、フェネルバフチェ所属のエムレ・ベロゾール選手を「兄弟」とみなして擁護した。       アヴジュラルにある施設を巡りそこから公正発展党イスタンブル支部で青年団と会合した公正発展党のハーカン・シュクル議員は、ジハン通信にエムレ・ベロゾール、ガラタサライ対フェネルバフチェの試合、八百長裁判について言及した。       ハーカン・シュクル議員は、エムレ・ベロゾール選手がフェネルバフチェ対トラブゾン・スポルの試合で、トラブゾンのデ 全文をよむ

2012-04-18 エムレが初めてではない―トルコ・サッカー史にみる差別発言の数々 (Radikal紙)

トルコのサッカー場から人種差別が無くなったことはない!      フェネルバフチェ所属のエムレ・ベロゾール選手で話題になった差別発言はトルコには長年存在している      対カザフスタン戦の国際試合においてFIFAの、人種差別を非難するフェアプレーの原則を読みあげたフェネルバフチェ所属のエムレ・ベロゾール選手は、トラブゾンスポル所属のゾコラ選手に対し「汚い黒人」と言う差別発言をしたために出場停止(処分)の上、懲戒委員会に訴えられた。ベロゾール選手の騒ぎに端を発した人種差別問題は、トルコリーグにと 全文をよむ

2012-04-17 トルコ、ヨーロッパ2020サッカー選手権開催地に正式立候補 (Yeni Safak紙)

トルコサッカー連盟(TFF)のユルドゥルム・デミリョレン会長は、トルコが2020年UEFA欧州選手権に立候補することを発表した。   トルコサッカー連盟のユルドゥルム・デミリョレン会長は、同連盟の公式サイトで行った発表で、「世界で2番目に重要なサッカーイベントである欧州サッカー選手権を2020年にトルコで開催するため、本日、立候補ファイルをUEFA(欧州サッカー連盟)本部に提出致します。ご存知の通り、我々は2016年 UEFA欧州選手権の開催地選考に1票差で敗れました。その日以来、トルコサッカー 全文をよむ

2012-04-14 豪雨で、ガラタサライ・ベシクタシュ・ダービーマッチ、延期 (Yeni Safak紙)

スポルトト・スーパーファイナル選手権で、ベシクタシュとガラタサライチーム間で19:00に始まるはずのダービーマッチは、豪雨の影響を受けたグラウンドの悪条件により、審判であるヒュセイン・ギョチェキ氏により延期が決定された。      スポルトト・スーパーファイナル選手権の一週目に行われる予定だったベシクタシュとガラタサライ間のダービーマッチは強雨のため延期された。      今日(4/14)イスタンブルに影響を与えた豪雨は、ベシクタシュ・ガラタサライ間の試合に悪影響を与えた。イノニュ・スタジアムで 全文をよむ

2012-04-13 国際サッカー連盟、「クルディスタン」チームを承認か―北イラク自治区 (Radikal紙)

国際サッカー連盟(FIFA)が北イラク・クルド自治政府のサッカーチームを公式に承認したとされた。       クルド・サッカー連盟のセラム・フセイン事務局長は、FIFAが同連盟を公式に承認し、5月にパレスチナで開催される国際サッカートーナメントに出場する予定であると述べた。      ■“パレスチナでのトーナメントに出場する”       イラクのアルビルを拠点とするアクニュース通信社は、FIFAが北イラク・クルド自治政府のサッカーチームを公式に認め、5月にパレスチナで行われる国際トーナメントへ 全文をよむ

2012-04-03 ドイツ2部リーグの乾貴士、ガラタサライが獲得か (Milliyet紙)

ガラタサライのスカウトマン、マフムト・アルパスランは、今季4回実際その眼で見るため視察に訪れたVfLボーフムの日本人選手に関し、前向きな報告書を提出した。あとはガラタサライのファティフ・テリム監督次第であり、監督のゴーサインが出次第すぐ獲得が実現する。      選手獲得を目指すガラタサライから長らく注目されていた乾貴士にとって、重要なチャンスが巡ってきた。今季4度の視察に訪れたドイツ・ブンデスリーガ2部、VfLボーフムの日本人選手に対し、ガラタサライのスカウトマン、マフムト・アルパスランは、コ 全文をよむ

2012-04-01 スポーツ界、女性の活躍続く、その秘密は? (Hurriyet紙)

この2週間、女子選手の競技が私たちに喜びと興奮を与えている。ヨーロッパの頂点でトルコのチームがプレーしているのだ。彼女たちはしばしば優勝カップを獲得し、しばしば決勝戦に進出している。ナショナルチームはオリンピックを目前にしている。各選手は世界選手権や欧州選手権でメダルを目指している。トルコのスポーツにおいて原動力となっている女子スポーツの成功の秘訣はなんであろうか。      ■女性の快挙   ・バスケットボール・トルコ代表、ヨーロッパ第2位   ・バレーボール・トルコ代表、ヨーロッパ第3位   全文をよむ

2012-03-25 フェネルバフチェ、女子バレーヨーロッパチャンピオンリーグで優勝 (Radikal紙)

フェネルバフチェ・ユニバーサルは女子バレーヨーロッパチャンピオンリーグの「ファイナル4」決勝戦において、フランスのRCカンヌを3対0で破り、ヨーロッパチャンピオンとなった      昨日の準決勝で強敵であるロシアのディナモ・カザンを3-1で破り決勝に駒を進めた「黄色い天使たち」は、決勝戦でフランスを代表するチームに1セットも与えずに勝利し、ヨーロッパチャンピオンになった。   好調なスタートを切り、最初のテクニカルタイムアウトを7-8とリードされた状態で迎えたフェネルバフチェ・ユニバーサルは、試 全文をよむ

2012-03-22 フェネルバフチェ・ファン、おでこの絆創膏ブームのわけ (Radikal紙)

ダービーでサポーターが投げたもので怪我をしたファーティフ・テリム監督に対し抗議するフェネルバフチェサポーターが、新しいブームを生み出した。      フェネルバフチェがサムソンスポルと対戦したトルコ農業カップ4回戦の試合では、黄色とネイビーブルーのチーム(注:フェネルバフチェ)が受けた罰のため、 スタンドには女性と子供のサポーターしかいなかった。クラブが罰を受けるきっかけとなったガラタサライとの試合での出来事は、フェネル女性サポーターにとってブームのきっかけとなった。ダービー・マッチで、ガラタサ 全文をよむ

2012-03-14 エルドアン、モンテネグロ首相と会談、2020オリンピック招致に支持要請 (Zaman紙)

レジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、モンテネグロのイゴル・イクシッチ首相との会談で、2020オリンピック開催候補国として支持を要請した。   エルドアン首相は、モンテネグロの好意的な態度に満足していると述べた。      首相官邸での両首相による二者会談と代表者会談が行われた後、トルコ―モンテネグロ間で様々な合意に調印がなされた。   調印後に話をしたエルドアン首相は、モンテネグロ―トルコ間のバルカン半島における歴史的繋がりの重要性を強調し、トルコにいるモンテネグロ人も、モンテネグロにいるボス 全文をよむ

2012-03-10 イスタンブルで開催の陸上の世界室内選手権、トルコ・メダル獲得 (Radikal紙)

陸上の世界室内選手権14回大会の女子1500メートルで、トルコのアスリート、アスル・チャクル・アルプテキン選手が3位の銅メダルに輝き、トルコに史上初のメダルをもたらした。また、イルハム・タヌイ・オズビレン選手は男子1500メートルで2位となり、銀メダルを獲得した。      1500メートルの決勝は、アタキョイ陸上競技場で大会2日目夜の部にて争われた。競技中、中位につけていたアスル選手は、最終トラック、観客らの声援を受けて挑んだアタックでスパートをかけ第3位を獲得し、銅メダルを勝ち取った。アスル 全文をよむ

2012-03-08 国会議員ハーカン・シュクル、サッカーTV解説問題で反論 (Milliyet紙)

公正発展党(AKP)イスタンブル選出のハーカン・シュクル議員は、サッカー解説を行ったことに関する批判に対しトルコ国民議会議長が最近行った説明に 触れながら反論した。シュクル議員は、サッカー解説が合法であると述べたうえで、「これ以上問題を大きくし、無意味なものにし、議会で議論する必要はない」と述 べた。      AKPのシュクル議員は、トルコ国民議会の記者会見場で女性記者らへ3月8日の国際女性デーにちなみバラを配った。シュクル議員は女性の重要性を指摘 し「女性は、その価値を知らない人にとっては希 全文をよむ

2012-03-04 建築家シナンに関する都市伝説、否定するのは容易ではない (Zaman紙)

どの検索サイトで、「400年後への手紙」と検索しても、99%の確率で下記の文章がヒットするだろう。      ネット住民はだまされやすく、すぐに信じこんでしまう。特に、それが国民の誇りや意識を呼び起こし、祖先がいかに聡明で先見の明があったのか尾ひれがついていれば、つまり、私たちが昔から持っている劣等感の一端に触れていれば、よく考えたり調べたりせずに、そのことを信じ込んでしまう。これだけにとどまらずに、「みんなこれを読み、教訓とするべきだ。かしこまり、自己を律すべきだ」と言って、善行として共有する 全文をよむ

2012-03-01 国連、ムスリム女性スポーツ選手のユニフォーム問題で勧告 (Yeni Safak紙)

国連はムスリム女性スポーツ選手の競技会におけるスカーフの着用が認められるよう国際サッカー連盟(FIFA)へ勧告した。国連の発表で潘基文事務総長のスポーツ顧問ウィルフレッド・レムケ氏がFIFA会長ゼップ・ブラッター氏へ書簡を送り、ムスリム女性スポーツ選手は競技会へスカーフを着用して出場できるとする提案を支持したことが明らかになった。書簡にて「サッカーへ全員が同一の条件を持ち、参加できるように努めることはFIFAの責任である。」という表明がされたとも述べられた。 全文をよむ

2012-02-27 トルコサッカー協会新会長に、ユルドゥルム・デミリョレン氏選出 (Milliyet紙)

トルコサッカー協会の第41代会長には、臨時総会での選挙にただ一人の候補者としてのぞんだユルドゥルム・デミリョレン氏が就任した。      サッカー協会の第41代会長は、221票を獲得したユルドゥルム・デミリョレン氏がなった。全229票のうち、トルコサッカー協会の第41代会長ユルドゥルム・デミリョレン氏に投票されたのは221票だった。   トルコサッカー協会(TFF)の臨時選挙総会で、たった一人の候補として選挙にのぞんだユルドゥルム・デミルリョレン氏が、会長に選ばれた。   アンカラのJW・マリオ 全文をよむ

2012-02-25 サッカー八百長疑惑事件7人釈放、ファンは拘置所まえで暴動さわぎ (Zaman紙)

「八百長サッカー」の裁判で第16重罪裁判所は、シェキプ・モストゥルオール氏、ジェミル・トゥルハン氏、メジュヌン・オドゥヤクマズ氏、メフメト・イェニジェ氏、ビュレント・ウイグン氏、チョスクン・チャルク氏、オメル・ウルク氏の釈放の判決を下した。      しかし弁護士だけが集められた部屋でメフメト・エキンジ裁判長は説明を行い、アズィズ・ユルドゥルム氏、オルグン・ペケル氏、そして他の容疑者の身柄拘束の続行の決断を下した。      ユルドゥルム・デミリョレン容疑者を証人とする決定を下した裁判所は次の審 全文をよむ

2012-02-24 サッカー新全トルコチーム発表、3歳若返り (Hurriyet紙)

アヴジュ監督率いるトルコ代表チームとヒディングの監督時代のトルコチームとの間には、大きな違いがある。      2月29日(水)、ブルサにおいて、トルコA代表チームがスロヴァキアと行う特別な試合のメンバー候補が明らかになった。アブドゥッラー・アヴジュ監督は、メンバーに大幅な修正を加えた。      若き監督は、フェネルバフチェのエムレとGKのヴォルカン、ガラタサライのセルヴェト、ハカン・バルタ、ハミト・アルトゥントプ、ハリル・アルトゥントプの兄弟、そしてカズムのような、11人のスターティングメン 全文をよむ

2012-02-15 サッカー八百長事件、シリヴリ裁判所で審理2日目 (Hurriyet紙)

「サッカー八百長」問題について、関係者の中にサッカーチーム、フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルムを含む23人の被告と93人の 被告について行われた訴訟が2日目の日程を終えた。訴訟はスィリヴリで開かれた。アズィズ・ユルドゥルムが請願書を提出したにも関わらず、スウェーデンに 暮らすハサン・チェトキンカヤの誤ったテープが起訴状から外されなかったため、裁判所では波紋を呼んでいる。      フェネルバフチェ会長のアズィズ・ユルドゥルムについて「アズィズ・ユルドゥルムが首謀者となっている犯罪組織」とい 全文をよむ

2012-02-06 フェネルバフチェ・ベシクタシュ戦後の暴力行為、市への被害485000TL (Hurriyet紙)

ーディル・トプバシュイスタンブル広域市長は、フェネルバフチェとベシクタシュ間で昨夜行われたダービーマッチの後、メトロバスの車両が破損されたことに関して、「公共交通サービスを普及させ、これまで以上に多くの交通車両を配置し、そして利便性を提供することに務めているにもかかわらず、このような行為が行われることは、私たちの努力を台無しにしている」と述べた。   トプバシュ氏は、ストゥルジェでのイスタンブル広域市投資情報センターで報道陣に向けて行った会見で、残念ながらフェネルバフチェ対ベシクタシュのダービー 全文をよむ

2012-01-31 トルコサッカー連盟、会長、副会長辞任―激震つづく (Zaman紙)

トルコサッカー連盟が昨日行った会議で「続投」の意志を示していたメフメト・アリ・アイドゥンラル会長、ギョクセル・ギュムシュダー第一副会長、ルトゥフィ・アルボアン第二副会長の3名は、今日、突如辞職した。      総会は2月27日に行われ、それまではヒュスニュ・ギュレリ氏が会長職に就く。      ■トルコサッカー連盟公式ホームページの発表:      「皆様へご報告      トルコサッカー連盟執行委員会が本日行った会議の結果、トルコサッカー連盟のメフメト・アリ・アイドゥンラル会長、ギョクセル・ギ 全文をよむ

2012-01-29 サッカークラブ(アンカラギュジュ)にみる軍民関係 (Yeni Safak紙)

トルコサッカーのスーパーリーグで現在、経営難に苦しんでいるアンカラギュジュ(「アンカラの力」の意)は、アマチュアサッカー選手で試合に臨み、給料はサポーターが仲間内で集めた資金で支払われている。面白いところは、30年前にアンカラギュジュを特別法で1部リーグに昇格させことで知られるケナン・エヴレン元将軍も近頃困難な日々を過ごしているということだ。さて、1世紀の歴史を持つクラブの軍民関係をも映し出す興味深い歴史とは・・・。      トルコで最も歴史のあるクラブの内の一つであるアンカラギュジュは、リー 全文をよむ

2012-01-20 世界「凶暴」フーリガン・リスト、4位にガラタサライ (Radikal紙)

アメリカのスポーツ専門インターネットサイト「ブリーチャー・レポート」が、世界で最も凶暴なサポーターを抱える20のチームのリストを作成、ガラタサライは4位に入った。       このインターネットサイトで、ガラタサライのサポーターは次のように紹介された:「『地獄へようこそ』と言えるサポーターは数少ない。ガラタサライの旧スタジアムであるアリ・サーミー・イェンは、一時期ヨーロッパでサッカーの試合を行うのが最も困難な場所のひとつであった。彼らはチュルク・テレコム・アリーナに本拠地を移動したが、それにも関 全文をよむ

2012-01-15 伝説のサッカー選手レフテル、ビュユクアダに埋葬 (Yeni Safak紙)

亡くなったトルコのサッカー界とフェネルバフチェの伝説的選手レフテル・キュチュクカンドンヤディスは、ビュユクアダで行われた葬儀後に埋葬された。      レフテルの遺体は、フェネルバフチェのシュクル・サラチオールスタジアムで行われたセレモニーのあと船でビュユクアダに運ばれた。彼の遺体は、船から担がれて島に引き上げられ、葬儀のためにアヤ・ディミトリ教会に運ばれた。      レフテルのために、ビュユクアダで行われた葬儀にEU加盟交渉担当大臣エゲメン・バウシュとイスタンブル県知事ヒュセイン・アイニ・ム 全文をよむ

2012-01-06 ベシクタシュの新スタジアム構想、承認される (Radikal紙)

記念建造物委員会は、ベシクタシュの新スタジアム構想を承認した。この承認を受けて、ベシクタシュは(新スタジアム建設に向けた)取り組みを加速する一方、現在のスタジアムはシーズン後に取り壊しが開始される予定。      記念建造物委員会は、長い間拒否権を行使していたベシクタシュの新スタジアム構想に関する決定を発表した。委員会は、ベシクタシュの「新イノニュ・プロジェクト」を承認し、イスタンブル広域市とベシクタシュ区にこれを報告した。ベシクタシュクラブは決定を受け、(新スタジアム建設に向けた)取り組みを加 全文をよむ

2011-12-27 女子重量挙げ世界チャンピオン・ヌルジャン・タイラン、ドーピングで「黒」! (Hurriyet紙)

女子重量挙げトルコ代表チームに所属し、オリンピックチャンピオンでヨーロッパ及び世界チャンピオンの記録保持者ヌルジャン・タイランにドーピングが発覚した。      国際ウェイトリフティング連盟(IWF)が2011年10月26日にアンカラで実施したドーピング検査で、女子重量挙げトルコ代表選手から採取されたサンプルから禁止されているステロイドが検出された。自身のサンプルAについて不服申し立てを行っていたヌルジャン・タイランのサンプルBは、昨日12月26日にドイツのケルン市で開封された。このサンプルBか 全文をよむ

2011-12-21 メスート・オズィル、専用機で「村」へ凱旋 (Hurriyet紙)

レアルマドリードでプレイする、ドイツのトルコ人サッカー選手メスート・オズィルがスペインから自家用飛行機で(父の)故郷のゾングルダクを訪れた。      メスート・オズィルは、姉妹のムトゥルさん、いとこのセルダル・オズィルさん、友人のバルシュ・チフッチさん、ラマザン・ヤージュオールさんと共に、自家用飛行機で帰郷した。ゾングルダクのチャイジュマ郡のサルトゥコヴァ町にあるゾングルダク空港で、親しい人たちや、チャイジュマ郡のミットハト・ギュルシェン市長、フィリオス町のオメル・ユナル町長と、空港の管理責任 全文をよむ

2011-12-14 メスート・オズィル、不調の原因は私生活の乱れ? (Milliyet紙)

スペインのレアル・マドリードに所属するメスート・オズィルは試練の日々を過ごしている。      スペインのスポーツ新聞であるエル・ムンド・デポルティーボ紙は、オズィルが昨年のプレースタイルとはかけ離れた状態にあり、ドイツナショナルチームとして出場した試合でのみ結果を残していると伝えた。   記事によると、メスート・オズィルの不調に対し、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長の我慢は限界に達しており、ジョゼ・モウリーニョ監督へメスートについての最後通牒が突きつけられたという。ジョゼ・モウ 全文をよむ

2011-12-12 サッカー八百長捜査、8人釈放―まずはケバブ屋へ (Milliyet紙)

イスタンブル第16重罪裁判所は、八百長問題の起訴状を受理し、8人へ釈放の決定をした。これを受け、8人はメトリス刑務所を離れた。メトリス刑務所をでた8人のうち、ディヤルバクルスポルの元会長アブドゥッラフマン・ヤクトは、ケバブが食べたかったと話し、親しい友人らとケバブ屋に向かい、久しぶりのケバブを堪能した。      7月3日に始まった八百長捜査で多くの逮捕者がでた。うのうち、8人が今日(12日)に釈放された。釈放されたのは、ベシクタシュ広報部長セルダル・アダル、タイフル・ハヴッチュ監督、ベシクタシ 全文をよむ

2011-12-09 サッカー八百長疑惑、起訴状内容明らかに―誰に何年求刑? (Milliyet紙)

第16重罪法廷によって承認されたサッカー八百長疑惑の起訴状において、フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長に懲役 156年、ビュレント・ウユグン容疑者に懲役40年、ナイジェリア代表のエメニケ選手に懲役12年、イブラヒム・アクン選手に懲役30年、トラブゾン・ス ポルのサドゥリ・シェネル会長に懲役18年、ベシクタシュの監督であるタイフル・ハヴトチュ容疑者に懲役12年がそれぞれ求刑されている。      起訴状では、フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長は、犯罪を目的とした組織の形成、意図 全文をよむ

2011-12-03 7チーム14選手に「容疑」―サッカー八百長疑惑 (Radikal紙)

メフメト・ベルク特任共和国検事は、トルコを揺るがしている「サッカー八百長捜査」に関する起訴状を作成した。サッカー八百長事件の起訴状は主席検事に提出され、第16重罪裁判所に送られた。      サッカー八百長疑惑に関して行われていた捜査で用意された起訴状は、フィクレト・セチェン・イスタンブル県共和国次席検事によってイスタンブル第16重罪裁判所に送られた。   昨年の12月に開始された捜査で起訴状を整えたメフメト・ベルク検事は、今日起訴状をフィクレト・セチェン主席検事に提出した。起訴状を承認し、イス 全文をよむ

2011-11-17 アブドゥッラー・アヴジュ氏、サッカートルコ監督に就任 (Hurriyet紙)

トルコ・サッカー連盟はナショナルチームの監督に、アブドゥッラー・アヴジュ氏と契約を結んだ。      トルコ・サッカー連盟(TFF)運営委員会は、今日イスタンブルで行われた会議で、ナショナルチームの監督にアブドゥッラー・アヴジュ氏を起用することで合意に至り、アヴジュ氏と2015年5月31日までの契約が結ばれた。   現在までに入っている情報によると、最高位の指導者資格であるプロライセンスを保持するアヴジュ氏の報酬は、月15万リラ(約622万円)である。      ■アヴジュ氏の補佐はブルク氏に  全文をよむ

2011-11-15 EURO2012予選敗退をうけ、ヒディンク監督辞任表明 (Milliyet紙)

トルコA代表のフース・ヒディンク監督は、クロアチア戦後に行った会見で、今年中にナショナルチームの監督を辞任することになるだろうと発言した。      新聞各社との会見に出席したオランダ人のヒディンク監督は、クロアチア戦について次のように話した。      「選手は自身の力を出し切って戦った。私は彼らを誇りに思う。特に20代の若い選手たちのパフォーマンスは素晴らしかった。これからのトルコは彼らにかかっている。」      また監督は、特にGKのスィナン・ボラトのパフォーマンスを称賛し、「スィナン・ 全文をよむ

2011-11-12 2012欧州選手権予選プレーオフ、クロアチアに惨敗で本戦絶望 (Zaman紙)

トルコ代表チームは、2012年欧州選手権のプレーオフ初戦でクロアチアをホームに迎えた。フィールドで興奮ややる気を失い、バラバラとなった代表選手たちはホームで0-3の敗北を喫した。ゴールさえ決められなかったトルコ代表チームにとって、11月15日火曜日に行われる再戦に希望を見出せない結果となった。試合後、スタンドの観客と代表選手たちの間には緊張が走っていた。      2012年欧州サッカー本戦への参加権を賭け、クロアチアと対戦したトルコ代表チームは初戦で早くもKO状態である。11月15日の再戦に有 全文をよむ

2011-10-17 イスタンブルで、第33回大陸間ユーラシア・マラソン開催 (Zaman紙)

「イスタンブル、走る」のスローガンのもと、何万人もの人が参加し「第33回大陸間ユーラシア・マラソン」が開催された。      雨天にも関わらず、市民は大きな関心を示し、アジア側からヨーロッパ側への横断を楽しむ一方、ボスポラス大橋の上で記念撮影を行ない、大切な思い出を作っていた。マラソン(42km)男子の優勝者は昨年と同じくヴィンセント・キプラガト(ケニア)、女子はアレミツ・アベラ(エチオピア)が優勝した。      ■黄金期を迎えるマラソン      8kmウォーキングのスタート地点はアジア側の 全文をよむ

2011-10-13 Derya Sazakコラム:トルコサッカーの退潮とメスット・エジル (Milliyet紙)

ドイツがトルコに3対1で勝った試合後のことだった。あるサポーターのグループは、ドイツ人選手団を乗せたバスの中にいたメスット・エジ ル選手にトルコ国旗を振った。メスット選手は試合に出なかったというのに!ドイツのロゥ監督は、トルコの経験に照らして、起こりうる反発を考慮し、メ スット選手を出場させなかった。我々はエジル選手を観客席で見た。メスット選手はありったけの親しみをもって、サポーターに写真を撮らせ、サインも配っ た。試合終了後はドイツ代表チームとともにスタジアムから離れた。      メスットは 全文をよむ

2011-10-11 アゼルバイジャンに1―0、トルコ、2012年欧州選手権予選プレイオフに残る (Radikal紙)

トルコは欧州選手権の予選グループリーグの最終試合をアゼルバイジャンと行い、ブラク・ユルマズ選手の決めたゴールで1−0で勝ち越してプレイオフに残った。      トルコ・ナショナルチームは2012年欧州選手権の予選Aグループの最後の試合をアゼルバイジャンと行い、1−0で勝利した。トルコはグループ内の他の試合において、ドイツがホームでベルギーを3−1で破ったことによりグループ内2位となり、プレイオフ参加権を勝ち取った。10月7日金曜日のTTアリーナで行われたトルコ対ドイツの試合では、トルコ・ナショナ 全文をよむ

2011-10-08 解説者のルゥドヴァン、怒って生放送放棄―欧州選手権予選ドイツに3-1敗北 (Milliyet紙)

サッカー欧州選手権予選で、トルコのAナショナルチームがドイツに3-1で敗北を喫した試合の最後、驚くべき出来事が起きた。      昨夜TTアリーナ・スタジアムで、トルコがドイツに3-1で敗北した試合の最後、解説者のルゥドヴァン・ディルメン氏は、堪えられず試合解説を放棄してしまった。   試合を解説していたベテラン解説者のルゥドヴァン・ディルメン氏は、トルコチームのひどいプレーに解説を続けることができず、ともに試合を実況していたエルジャン・タネル氏にむかって、「悪いけどイヤホンをはずすよ」と言い残 全文をよむ

2011-10-02 女子バレー、ヨーロッパ3位に (Zaman紙)

ヨーロッパ女子バレーボール選手権において、女子ナショナルチームは3位決定戦でイタリアを3対2で破り、ヨーロッパ第3位となった。      イタリア:2‐トルコ:3   第1セット:21-25->0-1   第2セット:25-15->1-1   第3セット:27-25->2-1   第4セット:19-25->2-2   第5セット:10-15->2-3      ヨーロッパ女子バレーボール選手権の第3位第4位決定戦で、トルコは開催国のイタリアを第1セット21-25、第2セット25-15、 第3セッ 全文をよむ

2011-09-22 フェネルバフチェ女性観戦の日に男性と疑われたセマーさん、「ひどい!外も歩 けない」 (Milliyet紙)

トルコサッカー協会は、罰則命令に関する措置で、協会が観客の入場を禁止した試合を「女性と12歳未満の子どもが観戦する日」にすると決めた。その決定が最初に適用されたフェネルバフチェとマニサスポルの試合において『フェネルバフチェの熱狂的ファン、女装をしてまで忍び込む』という見出しでインターネット上に共有された写真のなかの人物が、セマーさんという名の女性であることが明らかになった。「外も歩けない」というセマーさんは、裁判に訴える予定だ。      シュクリサラチオールスタジアムで、5万人近い女性と子供の 全文をよむ

2011-09-20 女性だけで大声援!―制裁処置のフェネルバフチェ、観客は「女性と子供」デー (Milliyet紙)

観客が女性と子供だけだった試合として歴史に名を刻むことになったフェネルバフチェとマニサスポルの試合には、フェネルバフチェファンの女性がおしかけた。その様子を覗いてみると・・・。      トルコサッカー協会の決定にしたがい、今晩(21日)、サッカー史上初の出来事がおこった。フェネルバフチェとマニサスポルが対戦するスポルトト・スーパーリーグ第3週の開幕戦で、観客席は女性と子供で埋め尽くされた。 全文をよむ

2011-09-16 イスラエル紙「はいはい、謝りますよ!」―ベシクタシュ、マッカビ・テルアビブを5-1で破る (Yeni Safak紙)

イスタンブルで開催されたヨーロッパリーグの試合で、ベシクタシュはイスラエルのマッカビ・テルアビブを5-1で破った。この試合はイスラエルで広く報じられたのだが、新聞報道はこの試合に「敗北」、「トルコ風呂」といった見出しを使った。      新聞には試合の写真はもちろん、デモ参加者が試合の前後に行った抗議行動の写真も掲載された。ヘブライ語新聞のイェディオト・アハロノト紙は、試合の結果を1面で「トルコで敗北」という見出しで報じた。スポーツ面ではマッカビ・テルアビブに対して「守備が機能していなかった」と 全文をよむ

2011-09-15 欧州チャンピオンズリーグ初出場のトラブゾンスポル、インテルに1-0勝利 (Zaman紙)

トラブゾンスポルは、昨日、はじめて参加した欧州チャンピオンズリーグの初戦で勝利した。ミラノで行われたインテルとの試合に出場した「黒海の嵐(トラブゾンスポルの愛称)」は、チェルストカのゴールにより、ジュゼッペ・メアッツ・スタジアムでイタリア人たちに苦汁をのませた。スコアは0-1。28年後、再び9月14日。奇しくも同じスコアで相手を破ったこのトルコの代表チームは、次の試合を、9月27日にホームでフランスのリールを迎えて行う。      トラブゾンスポルは、ちょど28年前にインテルと対戦したことがある 全文をよむ

2011-09-13 レスリング世界選手権、グレコローマン120キロ級でカヤアルプ選手金メダル (Radikal紙)

レスリング世界選手権、グレコローマン120キロ級でルザー・カヤアルプ選手がキューバのライバルを破り金メダルを獲得した。      イスタンブルのシナン・エルデム競技場において行われたレスリング世界選手権のグレコローマン120キロ級で、ルザー・カヤアルプ選手は次のような成績を収めた。      第1試合はチュニジア人選手に2-0(4-0,1-0)で勝ち、第二試合はブルガリア人選手を2-0(1-0、3-0)で下した。準々決勝ではハンガリー人選手に2-0(4-0、1-0)で勝利し、準決勝ではカザフスタ 全文をよむ

2011-09-09 国際スポーツ調停裁判所、チャンピオンズリーグ問題でフェネルバフチェの提訴を却下 (Zaman紙)

UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグの出場権を剥奪され、その撤回を求めていたフェネルバフチェに対し、国際スポーツ調停裁判所(CAS)は提訴を棄却した。      CASはホームページ上で、サッカー連盟はフェネルバフチェのチャンピオンズリーグへの出場を認めないこと、UEFAはフェネルバフチェに変わり、トラブゾンスポルに出場権を与えたことを改めて発表した。      発表では、フェネルバフチェがチャンピオンズリーグ出場を求めて、CASに提訴したとし、八百長疑惑によりフェネルバフチェへの捜 全文をよむ

2011-09-08 ディヤルバクルスポル、政治的ヤジの防止をサッカー協会に要請 (Milliyet紙)

サッカー・スポルトト第2リーグで活動している、ディヤバクルスポルは試合中の政治的ヤジを防止するよう、トルコサッカー協会(TFF)に要請する。      ディヤルバクルスポル会長のヌルラー・エデメン氏は、チーム本部で新聞記者へ向けて行った会見で、少し前にエラズースポルと行った練習試合で、昨期と同じような政治的ヤジがあったことを明らかにし、そのために大変な不快感を味わったと述べた。      エラズーは友好的で兄弟愛に満ちた都市であり、ヤジはエラズーの人々のせいだとは思わないと語るエデメン氏は以下の 全文をよむ

2011-08-28 フェネルバフチェ・ショック!―熱狂的地元サポーターの反応― (Milliyet紙)

フェネルバフチェのUEFAチャンピオンズリーグ出場権剥奪処分を受け、私たちはシュクリュ・サラチュオールスタジアム周辺のサポーターや店に話を聞きに行った。全員が爆発寸前の爆弾の様なサポーター達は、これを政治問題だと主張したり、協会の不手際だと批判したり、トルコサッカーは10~15年逆戻りすると嘆いている…。      フェネルバフチェがUEFAチャンピオンズリーグの出場権を剥奪された後の、シュクリュ・サラチュオールスタジアムの周辺を覆う雰囲気を最もよく表している言葉はこれだろう、「今はサッカーに幻 全文をよむ

2011-08-24 サッカー八百長疑惑のフェネルバフチェ、UEFAチャンピオンズリーグ不出場 (Radikal紙)

トルコサッカー連盟(TFF)は、サッカーチームのフェネルバフチェが2011-2012シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに出場できないことを明らかにした。      TFF事務局の緊急会議のあとに行われた発表では、UEFA(欧州サッカー連盟)から昨日、同チームの不参加を要請する文書が送られてきたという。 「TFF事務局は緊急会議の結果、フェネルバフチェに対する、またはトルコサッカー連盟すなわちトルコに対する制裁措置の可能性を考慮し、フェネルバフ チェ・スポーツクラブの今期のUEFAチャンピオン 全文をよむ

2011-08-19 ラクダを屠って優勝祈願—イズミル・カルシュヤカ (Hurriyet紙)

創立100周年を祝うための準備が行われているカルシュヤカ(サッカーのクラブチーム)のチーリ、セルチュク、ヤシャルにある施設で、トレーニングを続けるチームを訪れたサポーターらは、練習前にラクダを屠り、これまでにはなかった、あることを行った。      シーズン優勝に向け備えているチームを奮い立たせようとしたカルシュヤカのサポーターたちは、アイドゥン県から連れてきた800キロのラクダを施設の中央に掘られた穴の横で屠った。カルシュヤカの関係者らがラクダを救出しようとしたが、その努力の甲斐なく、緑と赤( 全文をよむ

2011-08-15 トルコサッカー協会、八百長問題で報告書発表 (Hurriyet紙)

トルコ全土が注目する日がついに訪れた。トルコサッカー協会は、トルコサッカー史における最も重要な決定を発表するため、スイスホ テルで記者会見を開いた。発表によると、資料が不十分であるため、また決定内容は極秘であるため、最終決定が下されるのは検察による起訴状の作成と裁判所による承認の後となる。      ■これがメフメト・アリ・アイドゥンラルTFF会長の会見...       我々はトルコサッカー協会(TFF)として、この国のサッカー界にとり特別な日々を過ごす中で作業をつづけている。今日はいくつかの 全文をよむ

2011-08-13 イスタンブル、2020年オリンピックに立候補 (Yeni Safak紙)

レジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、トルコが2020年のオリンピック候補地に立候補したことを発表した。      エルドアン首相は、本日、国家とトルコ人にとって最も重要だと思われる2020年のオリンピック候補地への立候補を、全世界に宣言することを会見で明らかにし、「私たちは興奮しています。何故なら、今回は私たちが目標を達成するであろうと心から信じているからです。私たちは立候補しました。何故なら、私たちは世界平和の確立においてとても大きな影響と貢献をすると信じているスポーツの力とオリンピック精神 全文をよむ

2011-08-11 アトレティコ・マドリードに移籍のアルダに、ガラタサライ特別条件付記 (Milliyet紙)

ガラタサライはキャプテンのアルダ・トゥラン選手を記録的な金額でアトレティコ・マドリードに売却した。ガラタサライは契約に信じられないある項目をつけた。      数年前、エムレ・ベロゾール選手がトルコではガラタサライ以外のチームでユニフォームを着ないと言ったにも関わらず、ヨーロッパでのプレーのあとフェネルバフチェに入団したことで、ガラタサライはショックをうけた。そのガラタサライは、今回はキャプテンのアルダ・トゥラン選手をフェネルバフチェにとられないよう特別な防止策をとった。      契約にサイン 全文をよむ

2011-08-09 ガラタサライのキャプテン・アルダ、スペインリーグ移籍 (Milliyet紙)

ガラタサライ所属トルコ代表サッカー選手のアルダ・トゥラン選手がアトレティコ・マドリーと5年間の契約を結んだ。      ガラタサライ・スポーツクラブのアリ・デュリュスト副会長は「アルダ・トゥラン選手の移籍についてアトレティコ・マドリーと合意に至りました。アルダ選 手にはガラタサライに在籍していてほしかったのですが、彼はヨーロッパで活躍することを選択しました。アルダ選手は今後むこうで生活を送るでしょう。私たちのドアはいつでも開いています。この移籍は彼にとって金銭的な問題ではありません。海外での活躍 全文をよむ

2011-08-06 ブルサスポル、16年ぶりにヨーロッパリーグ戦で勝利 (Yeni Safak紙)

トルコのサッカーチーム、ブルサスポルはゴメル(ベラルーシ)に勝利し、ヨーロッパカップ遠征で16年ぶりに試合を制した。ブルサスポルは遠征試合でゴメルに3-1で勝利しヨーロッパリーグを制し、16年ごしの悲願を達成した。緑と白(ブルサスポルのチームカラー)の選手は、一番最近では1995年にインタートトカップでシャルルロワ(ベルギー)を2-0で破っている。 全文をよむ

2011-08-05 F1グランプリ開催国から落選の教訓 (Radikal紙)

イスタンブル商工会議所(İTO)のムラト・ヤルチュンタシュ会頭は、「民間部門がこの問題に対応することができないことが明確になった」と話した。      フォーミュラ―・イスタンブル投資株式会社(FİYAŞ) とイスタンブル商工会議所(İTO)のムラト・ヤルチュンタシュ会頭は、トルコのF1グランプリ開催国からの落選について、「民間部門がこの問題に対応することができないことが明確になりました。世界でF1レース開催を最もよく知るFOA?は、サーキットの運営による会計上の収益を確保することができません 全文をよむ

2011-08-04 ガラタサライにも捜査の手ーサッカー八百長疑惑 (Milliyet紙)

スーパーリーグで2005年~2006年のシーズンの34週目と最終週にデニズリで行われ、1対1の引き分けとなったデニズリスポル対フェネルバフチェ戦で、ガラタサライがデニズリスポルに奨励金を贈ったという疑いに関して、捜査決定が下されたことがわかった。      さらに検察は、ガラタサライが優勝を収めたスーパーリーグの2005年~2006年シーズンの全試合を捜査対象とした。      ガラタサライ関連捜査は5年前のデニズリスポル対フェネルバフチェ戦に関するものだとわかった。捜査決定が、フェネルバフチェ 全文をよむ

2011-07-24 ヨーロッパ・ユース・オリンピック・フェスティバル、トラブゾンで開幕 (Zaman紙)

トルコで開催されるオリンピックレベルの初めてのスポーツ大会である、ヨーロッパ・ユース・オリンピック・フェスティバル2011(EYOF 2011)が、トラブゾンで始まる。ヨーロッパ・ユース・オリンピック・フェスティバルにより共和国史上初めて、オリンピックの旗がトラブゾンではためいている。      レジェプ・タイイプ・エルドアン首相の開会式への参加を受けて、トラブゾンのヒュセイン・アブニ・スタジアムでは第11回ヨーロッパ・ユース・オリンピック・フェスティバルのための熱狂的な瞬間が始まった。7月24 全文をよむ

2011-07-22 八百長疑惑の25容疑者、釈放認められず―理由は「逃亡の恐れ」 (Zaman紙)

サッカー八百長疑惑に関する捜査の一環で、フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長も含め、拘留されていた25人の容疑者の異議申し立ては認められなかった。イスタンブル第11および第14重罪裁判所は、判決理由に「犯罪の質、犯罪の疑惑が濃厚、証拠隠滅と逃亡の可能性」を示した。元ベシクタシュ監督セルダル・アダルと同監督のタイフル・ハヴッチュの要求は今後、検討予定。      八百長捜査の中で7月3日に逮捕された後、裁判所で抑留決定が下された25人についての判決が出た。フェネルバフチェのアズィズ・ユルド 全文をよむ

2011-07-16 八百長問題でゆれるフェネルバフチェにファンの支援―ショップは大繁盛 (Radikal紙)

八百長問題でゆれるフェネルバフチェを、ファンたちはお金を使うことで支援した。      フェネルバフチェのファンは、「愛の活動が必要だ、5日で5行動」というスローガンで宣伝する一連の活動の一環として、今日「フェネリウム(フェネルバフチェのグッズショップ)襲撃」企画を決行した。   黄と紺(フェネルバフチェのチームカラー)のファンたちは、全国にあるフェネリウムで買い物をし、フェネルバフチェチームへの支援につとめた。フェネルバフチェ・クラブのシュクリュサラジオール・スタジアム下にあるフェネリウムショ 全文をよむ

2011-07-14 ベシクタシュ、トルコ杯を返還へ―八百長疑惑 (Zaman紙)

サッカー八百長疑惑の捜査における盗聴捜査で、イスタンブル広域市スポルと行われた決勝戦で八百長があったと主張されているベシクタシュのクラブ役員会が、トルコ杯をトルコサッカー協会に返還する。      ベシクタシュは、サッカー八百長疑惑捜査でセルダル・アダル副会長、タイフル・ハヴッチュ監督と、アフメト・アテシュ・プロトコル担当部長が拘留された後、今季優勝したトルコ杯をトルコサッカー協会に返還する事を決めた。協会は、白黒(ベシクタシュのチームカラー)からのこの申し出を了承したということだ。      全文をよむ

2011-07-13 UEFA、八百長疑惑で揺れるトルコの全チームの選手権出場を認める (Zaman紙)

UEFA(欧州サッカー連盟)は、フェネルバフチェを含むトルコサッカーチームへヨーロッパリーグへの出場権を認めたと発表した。      UEFA(欧州サッカー連盟)は、トルコでの八百長捜査を詳細に追跡し、現在捜査で名前が挙がっているチームのヨーロッパリーグ出場権を剥奪する要因は見当たらないと報告した。      UEFAの発表によると、八百長疑惑の進展は毎日追跡され、トルコサッカー連盟(TFF)と頻繁に情報交換がなされていると明らかにされた。      この問題に関する発表では「複雑な裁判が続いて 全文をよむ

2011-07-12 八百長問題でゆれるフェネルバフチェ株価、乱高下 (Milliyet紙)

フェネルバフチェ株は、八百長捜査以後35%の株価下落に見舞われたが、損失分の半分を一日で取り戻した。      トルコサッカー界を震撼させた「八百長捜査」以後、10日間で34.45%下落したフェネルバフチェ株価は、一日で18.31%増となり、55.25リラ(2,644円50銭)まで上昇した。月曜日に、トルコサッカー連盟(TFF)のメフメト・アリ・アイドゥンラル会長がおこなった、リーグ戦は以前から予定していた通り行われ、また八百長に関する証拠がないためこれ以上の追及はないとの発表が影響し、フェネル 全文をよむ

2011-07-09 フェネルバフチェ執行部記者会見、疑惑を否定 (Milliyet紙)

オズデミル会長代理は「決定機関でない警察が、19の試合で八百長があったと説明している。会長や執行部のせいにされようとしている罪を信じない」と語った。      フェネルバフチェ執行部は八百長問題の捜査に関し世論に向けて記者会見を行った。シュキュル・サラジュオールスタジアムでの会見では、チームを代表してニハット・オズデミル会長代理が回答した。      オズデミル会長代理は、フェネルバフチェのみでなく、トルコのサッカーを代表して、(トルコサッカー界が)この上なく重要な時期を過ごしているとし、「フェ 全文をよむ

2011-07-07 ユルドゥルム・フェネル会長病院から警察へ、問われた12の問い (Hurriyet紙)

フェネルバフチェの会長に対して、数々の試合で八百長を行うために組織メンバーに命令したかどうか、トルコサッカー連盟と協会メンバーに電話をして圧力をかけたかどうかが問われた。      サッカーの八百長疑惑についての捜査の一環で逮捕令状がでたアズィズ・ユルドゥルム・フェネルバフチェ会長は、治療を受けていたイスタンブル大学循環器科を昨日の昼に退院し、イスタンブル警察署に連行された。ここでユルドゥルム氏に事情聴取が行われ、捜査に関する質問がされた。しかしユルドゥルム氏は、「黙秘権」を行使した。アズィズ・ 全文をよむ

2011-07-04 フェネルバフチェ・ユルドゥルム会長に逮捕状、その15の罪状 (Milliyet紙)

フェネルバフチェ会長が15の異なる罪で逮捕された。   日曜日(3日)の朝は、トルコサッカー界の八百長捜査に揺れた。(トルコ)サッカー史上最大の八百長捜査ではフェネルバフチェ会長のアズィズ・ユルドゥルム氏を含む、40人以上が「営利目的の武装組織の設立、その運営、非合法活動をする目的でつくられたその組織に参加した」として逮捕された。   警察の盗聴捜査において、ベシクタシュの運営委員セルダル・アダル氏、エスキシェヒルの監督、ビュレント・ウイグン氏とトレーニングコーチのウミット・カラン氏、シヴァス・ 全文をよむ

2011-06-17 メスート・オズィル(レアル・マドリード)、歌手エブル・ポラトとベッドでポーズ (Hurriyet紙)

メスート・オズィルが歌手のエブル・ポラトと付き合っていることが、ドイツのホテルでとられた写真で証明された。      ■写真は、ホテルの部屋      4年前に歌手デビューしたエブル・ポラトと、世界で最も高額プレーヤーのひとりであるメスート・オズィルの恋愛は、ついに写真で証明された。多くの人が「ありえない!」といっていた2人の関係だが、オズィルの兄弟の結婚式のあとでドイツのあるホテルの寝室で撮られた写真により証明される形となった。      ■家族に紹介      レアル・マドリードが移籍料2億 全文をよむ

2011-06-08 バイエルン退団のクローゼのガラタサライ入り、子供の教育問題から破談 (Hurriyet紙)

クローゼのガラタサライ入団において妻が障壁となった。ガラタサライ(黄・赤のチーム)はエルマンデル獲得後、クローゼを移籍によって獲得し、ストライカー問題を解決しようとしていたが、クローゼルの妻のためにその目論見が外れてしまった。       クローゼ移籍のためドイツを訪れたディレクターのビュレント・トゥルンとファティフ・テリムの代理ウミト・ダヴァラは、スター選手クローゼの移籍について初日に基本合意に至った。両者は契約期間と年俸の合意に至ったが、最終段階に達したところで、クローゼの妻が、今年小学校に 全文をよむ

2011-06-03 サッカーEURO2012予選、ベルギーと1-1引き分け (Hurriyet紙)

トルコのナショナルサッカーチームは、EURO2012年欧州選手権予選Aグループの6試合目、敵地ブリュッセルでベルギーと1対1で引き分けた。この引き分けという結果は、世界のメディアで「トルコ、ベルギーを打ち負かせず」「トルコ、ベルギーを倒せず」と報じられた。      試合はブリュッセルにあるボードゥアン国王競技場で行われた。開始22分、トルコナショナルチームのブラク・ユルマズがゴールをきめた。一方、ホームでの試合となったベルギーは開始4分でマルビン・オグンジミが点をいれた。ベルギーのアクセル・ウ 全文をよむ

2011-05-25 伝説の重量挙げ選手スレイマンオール、蜂に刺されて入院 (Radikal紙)

世紀のアスリートと呼ばれ、オリンピックにも出場した元世界チャンピオンの重量挙げ選手ナイム・スレイマンオールが、自宅の庭にあった養蜂箱の蜂に刺され入院した。      アンカラ県プルサクラル郡にある自宅の庭に蜂蜜用の養蜂箱を設置していたスレイマンオールは、蜂に襲われた愛犬「アセナ」を救おうとして被害に遭った。AA通信の取材に答えたナイム・スレイマンオールは、庭の養蜂箱で遊ぼうとした愛犬アセナの鳴き声で始まった出来事を次のように説明した。      「以前自宅の庭に養蜂箱を購入した。2日前に愛犬のア 全文をよむ

2011-05-23 フェネルバフチェ優勝祝賀に影、祝賀の銃弾で1名死亡 (Milliyet紙)

ファーティフで、フェネフバフチェの優勝祝賀のため、バルコニーに出た若者が拳銃の流れ弾にあたり亡くなった。      入手した情報によれば、クムカプ・キャーティプ・カスム街区ベシクチ通りで、シャンルウルファ県から来て親類宅に数日前から滞在していたとされるハビプ・コユンバカンさん(18)は、22日の22時30分にフェネルバフチェのスーパーリーグ優勝祝賀をみるためにバルコニーに出た。   祝賀の間に、拳銃の流れ弾で頭を負傷したコユンバカンさんは、親類宅からハセキ教育研究病院へ移送された。   ハビプ・ 全文をよむ

2011-05-22 フェネルバフチェ優勝でタクスィムでファン祝勝 (Hurriyet紙)

フェネルバフチェがスーパーリーグの最終節でシヴァススポルを4対3で破り18回目のチャンピオンになった後、世界各地でフェネルバフチェサポーターが道路に出て勝利を祝った。しかしチャンピオンをたばこ一本で祝った人もいた。      アズィズ・ユルドゥルムは、シヴァスで試合終了の笛が鳴った後、道になだれ出るファンとは反対に勝利を試合後の9月4日スタジアムの席でタバコを吸って祝った。      ■世界で優勝の喜び      ドイツのケールとフランスのストラスブールで何百人ものフェネルバフチェサポーターが優 全文をよむ

2011-05-19 ハミトもレアル・マドリードへ―スペイン強豪チームにトルコ系選手3人 (Milliyet紙)

スペインのレアル・マドリード・クラブは、トルコナショナルチームのサッカー選手、ハミト・アルトゥントプの移籍を公式ウェブサイトで正式に表明した。      クラブのウェブサイトは「モウリーニョのために生まれた勝者」という表現でハミトをレアル・マドリードファンに紹介し、この28歳の選手と4年契約が結ばれたことを伝えた。レアル・マドリードクラブは、ハミトが「勝者であり、様々な特質を持つ技術の高い」サッカー選手であり、ハミト選手がブンデスリーガだけでなく、トルコナショナルチームでも大きな成功を収めている 全文をよむ

2011-05-10 不振のガラタサライ、ポラト会長あすチームに別れ (Hurriyet紙)

ガラタサライスポーツクラブのアドナン・ポラト会長は、明日選手やクラブチームのスタッフらと別れを告げることになる。      ガラタサライスポーツクラブで5月14日金曜日に行われる予定の臨時総会で、会長に立候補しなかったポラト会長は(ガラタサライの)各種スポーツチームの選手やスタッフらと明日の食事会で別れを告げる。      新執行部は、アリ・サーミ・イェン・スポーツ複合施設トルコ・テレコム・アリーナで、マスコミ非公開のうちに編成される予定だ。      一方、その日オフであったガラタサライ・サッ 全文をよむ

2011-05-09 ヌリ・シャーヒン、レアルマドリードと合意 (Zaman紙)

スペインの名門レアル・マドリード、ボルシア・ドルトムントのトルコ人スター選手、ヌリ・シャーヒンの獲得を発表      トルコ代表ヌリ・シャーヒンは、スペインのレアル・マドリードと6年契約で合意した。      ヌリ・シャーヒンは、ドイツブンデスリーガのボルシア・ドルトムントで今シーズン優勝を飾り、ハイレベルなパフォーマンスを発揮したが、名門レアル・マドリードへの移籍決定後、初めて会見を行った。NTVスポーツの生放送に出演したトルコ代表ヌリ・シャーヒンは、非常に興奮しており、レアルでトルコの代表と 全文をよむ

2011-05-07 ブルサvsベシクタシュ試合前に応援団衝突、34名負傷―ゲームは中止 (Radikal紙)

スポル・トト・スーパーリーグで開催予定だったブルサスポル対ベシクタシュの試合が試合前に起こった事件によって中止された。これらの事件で警察官15人と市民9人を含む34人が軽傷を負ったことが明らかにされた。      県スポーツ安全委員会の決定によってベシクタシュのサポーターに7年ぶりにブルサ・アタテュルク・スタジアムに入る許可が与えられたが、彼らが試合を観戦することを望まない(ブルサスポルのクラブカラーである)緑と白を身につけたサポーターたちは、ブルサ・アタテュルク・スタジアムの周辺に集まった。警 全文をよむ

2011-04-28 サッカー欧州チャンピオンズリーグ、選手を運ぶのはトルコ航空 (Hurriyet紙)

イギリスの首都ロンドンで行われる予定のチャンピオンズリーグ決勝戦で、対戦が確実視されているバルセロナとマンチェスター・ユナイテッド。2チームを、この重要な試合に、トルコ航空が運ぶ。      バルセロナとマンチェスター・ユナイテッドのフライト・スポンサーであるトルコ航空は、両チームを決勝戦に初めて運ぶ予定だ。トルコ航空は、2チームが決勝戦で対戦する状況で、いくつかの特別な催しも計画している。また3億5000万ユーロの経済価値を持つ決勝戦に勝ったチームは、約1億2000万ユーロの収益を得ることにな 全文をよむ

2011-04-21 F1イスタンブル・グランプリ、今年で幕 (Hurriyet紙)

トルコの、そしてイスタンブルの最大の国際的プロモーション・プロジェクトのひとつとして、政府とイスタンブル商工会議が共同で実現してきたF1グランプリ・イスタンブル大会が2012年には行われないことが決まった。      この件での進捗をツイッター上でフォロワーに知らせたイスタンブル商工会議会頭のムラト・ヤルチュンタシュ氏は、F1グランプリ運営組織の長であるバーニー・エクレストン氏が、1350万ドルの年間開催費用を、倍の2600万ドルに値上げし、これをトルコ政府が認めなかったことが、中止の原因である 全文をよむ

2011-04-18 バーキー爺さん、83才でチーム移籍―伝統ジリト競技 (Zaman紙)

エルズルムで開催された第25回ユニバーシアード冬季競技大会の開会・閉会の式典に出演し、「バーキー爺さん」の愛称で知られる83歳のバーキー・バイラクトゥタンさんが、競技団とともにパラドケン郡立スポーツクラブ馬術ジリト競技団へ移籍した。       パラドケン郡がおこなった発表では、キュムベト地区アタ馬術競技クラブが、セレモニーをおこないパラドケン郡の競技クラブへ引き渡されたことが明らかとなった。   キュムベト地区でおこなわれた移譲セレモニーには、パラドケンのオルハン・ブルトラル郡知事、ヤクティエ 全文をよむ

2011-03-29 2012欧州選手権予選、オーストリアを下す―ヒディング監督「プレーには満足ではない」 (Hurriyet紙)

トルコサッカー・ナショナルチームのグース・ヒディング監督は、2012欧州選手権予選でオーストリアを相手に2-0で勝利を収めたことで、予選の主導権を握ったこと、これには喜んでいると語った。      ヒディング監督は試合後の記者会見にて、試合前に「我々が予選の主導権を握る必要がある」と語ったことがチームに必要以上の重圧となったとし、試合を次のように総括した。      「最初の25~30分間は良い流れだったとおもう。ブラクが好機に決められない場面もあった。つきがなかった。しかし、この数分間でゴール 全文をよむ

2011-03-25 ガラタサライ・ハジ監督、解任 (Milliyet紙)

ハジ: 後悔していません      ガラタサライでの任務を終えたゲオルゲ・ハジ監督は、黄色と赤のクラブ(ガラタサライ)に別れを告げる中で最後の会見を行い、ガラタサライで私自身が行ってきた事を考えると後悔していません。ファンはいつもチームを支えなければなりません。ガラタサライの今後の計画の中に私は含まれていなかったので、じっくりと話し合いを行い、合意したうえで互いに別れを告げました」と話した。      ハジ監督は、ガラタサライの建物から去る前、最後の会見をGSテレビに対して行った。残念そうな様子 全文をよむ

2011-03-21 伝説のサッカー選手ハーカン・シュクル、AKPから総選挙立候補 (Zaman紙)

トルコサッカーの、伝説のストライカーとして知られるハーカン・シュクル氏が、公正発展党(AKP)イスタンブル第3選挙区から総選挙への立候補を申請したことが明らかになった。      公正発展党(AKP)イスタンブル県本部は、書面による発表で「社会の様々な分野から多くの人が立候補を申請しており、そのなかにハーカン・シュクル氏がいる」と述べ、以下のように説明を続けた:      「公正発展党の選挙対策本部による「総選挙立候補申請者支持率調査」が昨日(20日)、3つの選挙区で行われ、多くの党員が参加した 全文をよむ

2011-03-12 文化相、ベシクタシュの新スタジアム建設、「認められない」 (Milliyet紙)

ギュナイトルコ文化観光大臣は、「自分を『ドルマバフチェ宮殿を海へ押しやる大臣』と言わせない」と述べた。以下はギュナイ文化相によるスタジアムに関する会見内容である。      ベシクタシュの最大の希望はイノニュスタジアムを取り壊し、より近代的なスタジアムを建てることであった。辛抱強く待っていた文化財委員会からの許可が先月中に出され、デミロレン会長は「5月に取り壊しを始める」と述べた。      しかしエルトゥールル・ギュナイ文化観光大臣は「ドルマバフチェ宮殿を危険にさらすわけにはいかない。決定を高 全文をよむ

2011-03-09 パレスチナで歴史的なサッカー試合―初の国際公式戦開催 (Hurriyet紙)

パレスチナが史上初、国際公式戦を開催した。      2012年ロンドン五輪のためのアジア第一次予選で、さきほどからタイと対戦しているパレスチナ代表チームは、試合をヨルダン川西岸地区のファイサル・フセイン競技場で行っている。      パレスチナ・サッカー協会のジブリル・ラジューブ会長はトルコ時間17時に開始した試合の前に行った会見で、「本日は歴史的な日である。パレスチナ人が初めて自分達の土地で、自分達の旗の下でプレイすることになる。これは、私たちの独立のための試みに、また占領を終了させるために 全文をよむ

2011-03-03 サッカー・ガラタサライの凋落―2000年の栄光はどこへ? (Yeni Safak紙)

ガラタサライは2000年UEFAカップを制して優勝杯をクラブの博物館にもたらし、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)によって「世界最優秀クラブチーム」にまで選ばれたこともあった。      スポーツ・トト・スーパーリーグの第23週間、イスタンブル広域市スポルに負け合計11敗のガラタサライは、シーズン最後のトルコ農業銀行杯でガズィアンテプ・スポルと引き分け、勝ち点の多いガズィアンテプが準決勝に進出し、黒星を重ねた。      大きな期待とともに始まった新シーズン初めUEFAヨーロッパリーグでウク 全文をよむ

2011-02-17 サッカー観戦、電子カード時代はじまる―スポーツ暴力防止法施行へ (Milliyet紙)

法案が固まり、電子サッカーチケット化へ      スポーツ暴力防止を目的にした法案がトルコ大国民会議、司法委員会で決まった。      法案によるとサッカーのチケットが電子化される。観客は試合に行く為に電子カードを購入して見たい試合のチケットをカードにチャージする。スタジアムでこのカードを見せれば入場出来る。競技場内で、意図的に暴力をふるったり器物に損傷をあたえた場合、関係機関からの訴えがなくとも、刑罰に処される。      ダフ屋やフーリガンには重刑が与えられる。試合の前にダフ屋とフーリガンを 全文をよむ

2011-01-29 サッカー、アジアのトップは日本―ガラタサライ・オーストリアの2選手も活躍 (Zaman紙)

カタールで開催された第15回アジアカップ決勝は、延長戦でオーストラリアを1対0で破った日本が優勝に輝いた。      カリファ・スタジアムでの試合は拮抗したものとなり、90分間でゴールの声が聞かれず、試合は延長戦に突入。両チームは互いに相手チームのゴールネットを揺らすことができず、息をのむ接戦を終了させたのは、延長後半の109分、日本チーム李忠成だった。オーストラリアチームでは、ガラタサライのルーカス・ニールは試合にフルで出場し、また、ハリー・キエルは103分で交代した。ゲンチレルビルリイのスタ 全文をよむ

2011-01-29 トルコで初のジャンプ競技―エルズルム・ユニバーシアード2011冬季大会レポート― (Radikal紙)

ユニバーシアード2011でもっとも関心を引いたのはスキージャンプであった。関心をもたれた、「ジャンプ台から飛んだ選手は(ジャンプ台の目の前の)大通りに着地するか」という疑問の答えも明らかになった―だれもいなくなることはなかった。      ユニバーシアード2011、正式には世界大学選手権冬季大会2011の開催権がエルズルムに与えられて以来、疑いなく大会で最も興味を持たれたのは「スキージャンプ」である。実のところ、この状況はトルコに限ったものではない。国外でもスキージャンプは「ウインタースポーツの 全文をよむ

2011-01-27 エルズルムで第25回ユニバーシアード冬季大会、開幕 (Radikal紙)

エルズルムで開催される第25回ユニバーシアード冬季大会が、ジェマール・ギュルセル・スタジアムでの盛大な開会式とともに始まった。      エルズルムのジェマール・ギュルセル・スタジアムで、第25回ユニバーシアード冬季大会の見事な開会式が行われた。開会式のセレモニーにおいて、トルコ・ラジオ・テレビ協会(TRT)で1980年中頃からギュンタチ・アクタン氏がキャスターを務め、主に東部および南東アナトリアで行われてきた「テロとの戦い」のための軍事作戦を扱う番組「アナトリアからの視点」の主題歌が用いられた 全文をよむ

2011-01-25 イノニュ・スタジアム解体決定 (Radikal紙)

近年、(人気サッカーチームの)ベシクタシュにとっての最重要議題であった「新イノニュ・スタジアム・プロジェクト」に待望の承認が下りた。      本日、記念建造物委員会が本議題のみに関して行った会議後に、ベシクタシュが何年も待ち望んでいた朗報が届いた。委員会は、本日(25日)行われた会議で、イノニュ・スタジアムの解体と新スタジアムの建設を承認した。ベシクタシュ経営陣はプロジェクトが承認された後、5月に初期掘削を行い建設に入ることを目標としている。本日行われ、またベシクタシュ区長も出席した同会議後に 全文をよむ

2011-01-22 ライバルチームの諸応援団、新スタジアム首相ブーイング事件抗議で団結 (Milliyet紙)

アスランテペでのブーイング事件のために、ガラタサライのサポーターらが、通りにあふれた。ガラタサライ、フェネルバフチェ、ベシクタシュのサポーターらも加わったサッカーファンや市民は、ブーイングに対してかけられた圧力を非難するため、タクスィム広場で行進した。ガラタサライとフェネルバフチェのサポーターは、タクスィム広場で一堂に会した。並んで(チームグッズの)マフラーを振り回しながら抗議活動を行った。      チュルクテレコム・アリーナ・スタジアムのオープンにあたり、レジェプ・タイイプ・エルドアン首相や 全文をよむ

2011-01-22 ユニバーシアード冬季大会、日本選手団エルズルムへ一番のり (Yeni Safak紙)

エルズルムで開催される2011年ユニバーシアード冬季大会に参加する選手らが、現地入りし始めた。      2011年ユニバーシアード冬季大会に参加する、最初の外国選手団がエルズルム入りした。大会コーディネーターのベキル・コルクマズ氏とボランティアの学生が、花束で選手団を迎えた。その後、選手団は、宿泊先となる、アタテュルク大学キャンパス内にある選手村へ向かった。一番乗りしたのは日本選手団で、その次にカザフスタンのボランティアグループも飛行機でエルズルムに降り立った。一方で、エルズルムの空港で清掃を 全文をよむ

2011-01-20 ガラタサライ・ポラト会長責任追求の動き―新スタジアム開幕式スキャンダル (Milliyet紙)

チュルク・テレコム・アリーナで起こったブーイング後から、辞任要求の声が大きくなる中、最初の大きな進展があった。メフメト・ヘルヴァチュ副会長が総会を呼びかけた。      ガラタサライではチュルク・テレコム・アリーナ開幕式で起きた出来事のせいで、危機が頂点に達した。ガラタサライ理事会はチュルク・テレコム・アリーナで招集した初めての例会において混乱をみせた。メフメト・ヘルヴァチュ副会長が、アドナン・ポラト会長に「スポーツの敗北は重要ではない、何よりもまず私たちガラタサライが立場を失ったのです。明らか 全文をよむ

2011-01-15 ガラタサライ新スタジアム華々しい開幕式典、首相へブーイング事件が影落とす (Hurriyet紙)

ガラタサライの新しいスタジアム・チュルクテレコム・アリーナは、華麗なショーをもってオープンした一方、レジェプ・タイイプ・エルドアン首相の来場により、見苦しい事件がいくつか起こった。エルドアン首相は、アヤックス戦が開始する前に大臣らと共にスタジアムを後にした。ガラタサライ・クラブのアドナン・ポラト会長も、前述の事件を理由に、アヤックス戦の前半終了後すぐに、スタジアムを去った。ガラタサライのサポーターは、試合終了を待たずにスタジアムから出始めた。ショーの第2部が行われるはずだったが、中止された。   全文をよむ

2011-01-10 ガラタサライ、アリ・サーミー・イェン・スタジアムとの別れの時 (Zaman紙)

47年前にトルコのスポーツ界に登場したアリ・サーミー・イェン・スタジアムが、明日(11日)開催されるガラタサライ対ベイパザル・シェケルスポーツ戦を最後に別れを告げる。      アリ・サーミー・イェン・スタジアムの開館は、トルコとブルガリアによる1964年12月20日の親善試合で始まった。3万5000人収容のもと、スポーツファンが試合を観戦する前に、事件が起こった。露店のネオンが原因で騒動が起き、観客たちが席から飛び降りて人が押しつぶされ、81人の観客が病院に搬送されたのだった。      ガラ 全文をよむ

2010-12-28 コービー・ブライアント、アルメニアロビーの圧力に抗しトルコ航空の顔に (Hurriyet紙)

NBAスターのコービー・ブライアント選手は、アルメニアロビーの圧力にも関わらず、「トルコ航空の広告大使になれて誇りに思う」と話した。      トルコ航空(THY)が3月から始めるロサンゼルス-イスタンブル間の運航便の広告の顔であるNBAスターのコービー・ブライアント選手は、アルメニアロビーの圧力にも関わらず、トルコ航空のカメラの前に立ち、トルコ航空のフェイスブック上のサイトで配信されるビデオの中で、最初のメッセージを送った。   アメリカでのアルメニアロビーの反発にも関わらず、3月に始まるロサ 全文をよむ

2010-12-21 ユニバーシアード2011冬季大会を控えるエルズルム、建設ラッシュ (Zaman紙)

(トルコ)東部のパリ(訳者注)といわれるエルズルム県では、2011年冬季ユニバーシアード大会が開催されることから、この地域は一度の投資としてはトルコ共和国史上最大規模の投資対象となった。大会開催のために費やされる資金は4億米ドルとなり、パラドゥケン・スキー場では3万2千人のスキーが可能となり、6千人の雇用機会が創出された。      2011年冬季ユニバーシアード大会の開催まで秒読みとなった今、エルズルムには雪のかわりにあたかも投資が降ったかのように見える。      スキー連盟会長のオゼル・ア 全文をよむ

2010-12-07 ガラタサライ、1/11にアリ・サーミー・イェン・スタジアムとお別れ (Yeni Safak紙)

サッカーチームのガラタサライは、クラブの歴史上、そしてサポーターらにとっても、最も特別な場所であるアリ・サーミー・イェン・スタジアムでの最後の試合を、2011年1月11日火曜夜、トルコ農業銀行杯のベイパザル・シェケルスポーツ戦で迎える。      黄色と赤がチームカラーのガラタサライ・クラブは、アリ・サーミー・イェン・スタジアムにて行われる「お別れ試合」の前後にイベントを計画している。      ガラタサライ・サポーターらによって(2011年1月11日の)夜に行われるフェアウェル・イベントは、ア 全文をよむ

2010-11-16 おめでとう!世界女子バレー6位のトルコチーム帰国 (Yeni Safak紙)

史上2度目の参加となった今回の世界バレーボール選手権で、第6位に輝いたトルコ代表女子Aチームが帰国し、空港では花束で迎えられた。トーナメントで最多得点を記録したネスリハン選手は、「この賞はチームみんなのものだ」と話した。      日本で行なわれた第16回世界女子バレーボール選手権で、6位の成績を残した「ネットのスルタンたち」が帰国した。空港で花束をもって迎えられたトルコ代表女子Aバレーボールチームは満面の笑顔を浮かべていた。史上2度目の参加となった今回のトーナメントで6位となり、前回の10位か 全文をよむ

2010-11-13 世界女子バレー、トルコ、3-2でドイツを破る (Zaman紙)

日本の首都・東京で行われている世界女子バレー選手権で、5位~8位決定戦に進んだトルコは、ドイツを3-2でやぶった。      東京の東京体育館で本日(13日)行われたこの試合で、トルコは、第一、第二セットを、25-23、25-18でとった。しかし、第3、第4セットでは調子をおとして単純なミスを重ね、25-14、25-20でセットを失った。この結果、ゲームカウントは2-2となった。      第5セットは大接戦となった。ドイツは一時6-3でリードしたが、トルコは15-11で勝利し、ゲームカウント3 全文をよむ

2010-11-11 体育の授業、廃止へ (Hurriyet紙)

スポーツ政策担当のファールク・ナフィズ・オザク国務相は、次のように語った。「体育の授業に代って、スポーツ・文化・芸術の授業を導入する。スポーツ法廷を設置し、(試合観戦時の)投石者を裁判にかける。」      ファールク・ナフィズ・オザク国務相は、予算委員会の会合後、報道記者たちの質問に答えた。      オザク国務相は、現在週に45分の体育の授業では、子供たちにとって不十分だと述べた。オザク国務相は、「子供たちは、テストやら、学力判定試験(SBS中学生対象)や授業やらのせいでストレスを感じていま 全文をよむ

2010-10-22 ガラタサライ新監督に往年の名選手ゲオルゲ・ハジ、2度目の就任 (Zaman紙)

ガラタサライで、フランク・ライカールト監督の後任に任じられたゲオルゲ・ハジ氏は、ガラタサライサッカーチームでの2度目の監督時代を正式にスタートさせた。      フロルヤ・メティン・オクタイ施設で行われた就任式典にはクラブ副理事長のイイト・シャルダン氏も参加し、以前1年半の契約を結んでことのあるこのルーマニア人の監督と、副監督を務めるトゥガイ・ケリムオール氏がメディアにお披露目された。      ガラタサライで選手として活躍した時代、トルコとヨーロッパで多くの重要な成功を手にし、サポーターの間 全文をよむ

2010-10-16 105歳のガラタサライ狂ファトマばあさん、明日、夢の試合観戦 (Radikal紙)

シャヴシャト郡チュクル村に暮らすガラタサライと同い年のファトマ・チョラクさんは、支持しているチームの創立105周年に(ホームスタジアムである)アリ・サミ・イェン・スタジアムで明日(17日)行われるガラタサライ対アンカラギュジュの試合を観戦する。ガラタサライ・クラブのアドナン・ポラト会長に招待されたファトマおばあさんは、「夢が叶った」と述べた。      シャヴシャト郡のサリフ・アルトゥン郡長は去る7月1日に105歳を迎えたファトマおばあさんを祝い、プレゼントとしてガラタサライのユニホームを贈って 全文をよむ

2010-10-14 国会でヒディング論争―CHP議員、代表質問 (Radikal紙)

サッカーヨーロッパ選手権予選でトルコがアゼルバイジャン戦で敗北した後、トルコ大国民議会(TBMM)でも、トルコ代表チームのフース・ヒディンク監督に関する論争が起こった。共和人民党(CHP)メルスィン県選出のアリ・ルザー・オズチュルク議員は、トルコ・サッカー連盟とヒディンク監督間の秘密合意の有無について質疑し、ヒディンク監督が、契約によってトルコ・サッカー連盟から受け取ったとされる年俸についても質問した。      メルスィン県選出のCHPアリ・ルザー・オズチュルク議員は、ファルク・ナフィズ・オザ 全文をよむ

2010-10-13 ガラタサライのアルダ主将、報道に涙の抗議 (Yeni Safak紙)

ガラタサライ所属でサッカートルコ代表のアルダ選手が、自身についてなされた報道に抗議し、「失礼だ」と話した。涙を抑えることができなかったアルダ選手は、「これらへの返答はピッチで出す必要があるが道徳心のない、無礼な振る舞いに出す答えはない」と述べた。      ガラタサライ所属でサッカートルコ代表のアルダ・トゥラン選手は、負傷に関連した憶測に対し厳しい返答を行った。      治療のため滞在しているドイツにおいて「NTVスポーツ」の質問に答えたアルダ選手は、負傷に関連し行われている主張に悲しんでいる 全文をよむ

2010-10-13 冗談でしょ!―2012ヨーロッパ選手権予選ドイツに続きアゼルバイジャンに敗戦 (Milliyet紙)

トルコ代表チームは、ドイツ戦敗戦の後、サッカーがまだ未熟な国(アゼルバイジャン)での勝利を目指して対戦した。しかし前半押していたかに見えたが、サディゴフ選手のゴールで揺らいだ。後半45分でもゲームは好転せず、2010年の幕は劇的なスコアで閉じられた。      トルコ代表は、点数取得をもくろみドイツに飛んだが敗北し、まともにプレイすることもできず、せっかく掴んだ少ないチャンスでゴールすることもできなかった。しかし、我々が負けたチーム(ドイツ)は、世界の有力チームだった。唯一の慰めがこれだった!そ 全文をよむ

2010-10-11 傷心の英雄メスト・オズィル(エジル)―ドイツ紙から (Zaman紙)

ドイツ各紙は、トルコ戦でゴールを決めたトルコ系ドイツナショナルチームのメスト・オズィル(エジル)を大きくとりあげた。      ビルド・アン・ゾンターグ紙は、メスト・オズィルの写真を1面にのせ、「傷心の英雄」というタイトルでこのニュースを伝えた。それによると、ドイツのクリスチャン・ウォルフ大統領は試合後ロッカールームを訪れ、彼に「ドイツのためにゴールを決めてくれて、うれしいよ」と述べたという。      また、メルケル首相もロッカールームでオズィル選手を祝福し、彼に「今日は、あなたにとって、気持 全文をよむ

2010-10-11 メスト・オズィル(エジル) は、協調の象徴?、同化の象徴?、それとも裏切り? (Hurriyet紙)

ドイツ対トルコの試合を自分の国にいながらアウェイの環境で観戦した。より明確に言うと、イスタンブルのギュムシュスユ地区にあり、ボスフォラス海峡を望むドイツ総領事館の「皇帝の間」で、多くのドイツ人とともにその試合を観戦した。      私はサッカーにはかなり詳しい方だ。しかしこの記事のトピックはグース・ヒディンキ監督の戦術でもサブリ・サルオール選手の左バックでのプレイでもない。      この記事のトピックはメスト・オズィル選手に注がれたブーイングのことである。実際、メストは昨日、ひどい板ばさみ 全文をよむ

2010-10-09 「ヤジった連中を理解できない・・!」―メスト・オズィルの父談話 (Hurriyet紙)

メスト・オズィルの父は、オズィル選手が試合中60分間ヤジを飛ばされたことが理解できないといい、「息子はヤジった連中に対してゴールを決めることで最もまともな返答をした」と述べた。      メスト・オズィル選手の父ムスタファ・オズィルさんはドイツとトルコの試合後に本紙の取材に応じ、試合中息子が60分間野次を飛ばされたことが理解できないと語った。オズィルさんはこの事件でとても心を痛めたとし、「息子はヤジった連中に対してゴールを決めることで最もまともな返答をした」と語った。      ■ 祖国     全文をよむ

2010-10-09 ドイツでサッカー観戦のエルドアン首相、おかんむり「二度と来ないぞ」 (Milliyet紙)

ベルリンのオリンピック・スタジアムでトルコとドイツの試合を観戦したレジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、試合の内容とその結果に、不満一杯だった。ドイツのクリスチャン・ウルフ大統領とアンゲラ・メルケル首相と共に試合を観戦したエルドアン首相は、3対0という大差での敗北のあと、「もうベルリンには二度と来ない」と言っていたことが明らかになった。      ■「さよなら、トルコ」      ベルリン・オリンピック・スタジアムを満杯にしたドイツのサポーターたちは、ドイツチームがメスト・オズィルのゴールで2- 全文をよむ

2010-10-08 ドイツのトルコ系サッカー選手にとっての「存在のたえられない“重さ”」 (Radikal紙)

率直に言おう。昨日、私はスコアをまったくと言っていい程気にしなかった。この試合の後にメストの、ハリトの、ハミトの、ヌーリの、即ち彼らのようなバイリンガルで、2つのアイデンティティを持つ人の人生が困難なものにならないことだけを願っていた。10年間、2つの国の間に挟まれてきたこの世代の背に、この上サッカーの重荷がのしかからなければ良いのだが、と思ってきた。私はサッカーが縁で結ばれた2つのチーム(あるいは国)が、移民政策で常に躓いているEUに対して模範となることを望んでいた。しかしこの願いはどれほど現 全文をよむ

2010-10-08 独チームのメスト・オズィル、トルコ戦でゴール―歓喜のポーズはなし (Hurriyet紙)

ドイツ・ナショナルチームのトルコ系選手、メスト・エジル(メスト・オズィル)は、(ドイツがトルコを3-0で破った、2012ヨーロッパ選手権予選の)試合で、90分間ピッチにたち、ゴールも決めた。      試合の始まる1週間も前から、「メストがトルコ戦でゴールを決めたら、どうするか?」という議論がはじまった。そして、おこるべきことが起こった。メストは、トルコ・ナショナルチームに対してゴールを決めた。ドイツの2点目を決めたメストは、そのあと、喜びのポーズは示さなかった。チームメートからの祝福を受けただ 全文をよむ

2010-10-06 トルコ・ドイツ戦を前にメスト・オズィル(エジル)問題発言 (Milliyet紙)

サッカーのトルコ代表チームは、10月9日(金)に2012年ヨーロッパ選手権予選でドイツと対戦する。その試合を前に、ドイツ代表チームのトルコ系選手メスト・オズィル選手と、フィリップ・ラフム選手が記者会見を行なった。      メスト・オズィル選手は、トルコとの試合は特別であるとし、「僕にとってとても特別な試合になるでしょう。それは、僕の友達を相手に戦うからです。もちろん目標は勝つことです。勝つために戦い、全力を尽くします」と語った。      このスターサッカー選手は、どうしてドイツ代表チームを選 全文をよむ

2010-09-21 ギュル大統領のせいで国際バスケットボール連盟からトルコ協会へ罰金 (Milliyet紙)

ギュル大統領のせいで、国際バスケットボール連盟(FIBA)からトルコバスケットボール連盟(TBF)に罰金が科せられた。      アンカラ発―世界バスケットボール選手権準決勝及び決勝戦の後、トルコ共和国大統領アブドゥッラー・ギュルとその一行が、トルコ代表の選手たちを祝福するためにロッカールームを訪問したことにより、選手たちが試合後20分以内に行わねばならない記者会見に遅刻し、TBFに2,500ドルの罰金が科された。   FIBAの規定によると、試合後20分以内に記者会見を開く必要がある。しかしな 全文をよむ

2010-09-18 ヨーロッパで活躍するトルコ系選手 (Hurriyet紙)

ヨーロッパの舞台で活躍するトルコ系サッカー選手の数は40人となり、移籍金(bonservis)も1億4000万ユーロを越えた。世界的に有名なレアル・マドリードへ移籍したメスト・エジルもその中の一人であり、短期間で移籍金の金額を2700万ユーロに引き上げた。トルコ系選手の広がっているヨーロッパ諸国の数は11に達した一方で、ドイツのブンデスリーガで多くのトルコ系選手がユニフォームを着ている。      近年、ドイツのブンデスリーガで活躍するトルコ系サッカー選手に、(トルコの)スーパーリーグからヨーロ 全文をよむ

2010-09-16 バスケットボール代表チーム、ショック―巨額ボーナスに「不服」裁判 (Hurriyet紙)

 世界バスケットボール選手権で準優勝を果たしたトルコ代表チームの選手と監督へ、レジェイップ・タイイプ・エルドアン首相から2,850万TL(約15億円)の奨励金が贈られることになっていたが、憲法の平等の原則に反するとしてその手続きの差し止めおよび取り消し要求の訴えがなされた。       アンカラ弁護士会のセダット・ヴラル弁護士が、アンカラ第15地方行政裁判所に行った訴訟の申立書には、バスケットボールの代表チームの功績に対して、エルドアン首相が合計2,850万TLを首相府機密費より捻出し、総額小切 全文をよむ

2010-09-15 チャンピオンズリーグ初出場のブルサスポル会長「スコア以外は素晴らしかった」―4対0 (Radikal紙)

ブルサスポルクラブ会長のイブラヒム・ヤジジュ氏は、昨晩行われたヨーロッパチャンピオンズリーグCグループのバレンシア(スペイン)戦に4-0で敗れた事に関して、「昨晩の試合は、スコア以外は素晴らしかった」と述べた。      ヤズジュ会長は初出場のヨーロッパチャンピオンズリーグで、対戦したバレンシアに完敗したことは残念であると述べた。   ヤズジュ会長は、バレンシアに対してホームであるアタテュルク・スタジアムで完敗するとはだれも予想だにしなかったが、サッカーではこのようなことも起こりうると述べた。ま 全文をよむ

2010-09-14 恋人へのお茶2杯に500トルコリラのチップ!―ガラタサライ・アルダ選手 (Zaman紙)

怪我のためにユニフォームを着ることができないガラタサライのアルダ・トゥラン選手は、昨晩アリ・サミ・イェン・スタジアムで行われた対ガジアンテプスポルの試合に、恋人のシネム・コバルさんとともに現れた。      試合のハーフタイムにはロッカールームのところでチャイを買ったアルダ選手は、球拾いの仕事をしている子供にチャイをシネム・コバルさんのところまで運ぶようにお願いした。      アルダ・トゥラン選手は文句を言わずにチャイを運んでくれた子供の頭をなで、500リラものチップを与えた。トルコ代表チーム 全文をよむ

2010-09-13 胸を張って、銀メダル!―バスケットボール世界選手権、決勝で米に敗れる (Milliyet紙)

「12人の巨人」の愛称でしられるバスケットボール・トルコナショナルチームは、アメリカに対し、奮戦したが及ばなかった。トルコチームは、歴史的な好成績をおさめ、銀メダルを手にした。      スター選手のなかには、チームメートが働きを支えるものもいる。なかには、他の選手の助けを受ければ受けるほど、さらに輝くスター選手もいる。また、すべてのチームメートを背中に背おい、一人でチームを引っ張るスター選手もいる。NBAの得点王、ケビン・デュラントは、このうち、最後のグループに属するスター選手であることを、昨 全文をよむ

2010-09-13 バスケットボール、銀メダル・チームに首相から2千800万リラ小切手 (Milliyet紙)

首相は、2010年世界バスケットボール選手権で2位となり銀メダルを勝ち取ったトルコ代表バスケットボールチームを首相府に招待した。エルドアン首相は約束していたチームのメンバーに一人あたり150万トルコリラ、合計2800万のトルコリラ小切手を、トルコ・バスケットボール連盟会長のトゥルガイ・デミレル氏に贈呈した。      訪問の際、ファールク・ナフィズ・オザク国務大臣も選手達を迎えた。首相は、挨拶の冒頭で、「12人の巨人」の成功に感謝の意を示すと共に、(この間、たまたま)国民投票で忙しかったが、でき 全文をよむ

2010-09-12 トルコがセルビアを破り、コソヴォで衝突―バスケットボール世界選手権準決勝 (Milliyet紙)

バスケットボール世界選手権で、トルコがセルビアに勝利した後、コソボのミトロヴィツァの町を2つに分けるイブラ川に架かる橋上で衝突が起こり、負傷者が出た。      事件は、ミトロヴィツァに住むアルバニア人が、トルコのバスケットボールでの勝利を祝っていた際に起こった。セルビア人地区に向かって「トルコ、トルコ」と叫ぶアルバニア人に対し、セルビア人が石を投げて応えた。      一気に人であふれたイブラ川の橋の上で、互いに石を手にけんかをした2組は、EU監視軍の介入によって分離された。暴動で負傷した者の 全文をよむ

2010-09-11 バスケ世界選手権、トルコ決勝進出!―決勝はアメリカと対戦― (Milliyet紙)

2010年バスケットポール世界選手権の準決勝で、トルコはセルビアを、83-82でやぶり、はじめての決勝進出を果たした。      2010年バスケットポール世界選手権の準決勝で、トルコはセルビアとの息をのむ戦いの結果、83-82というスコアで勝利をおさめ、決勝に進んだ。決勝は、明日(12日)21時にアメリカと対戦する。      2010年バスケットボール世界選手権で、史上初の準決勝に臨んだトルコは、セルビアをケレム・トゥンチェリが終了4.3秒前に放った決定的なゴールによって83-82で下し、史 全文をよむ

2010-09-09 史上初!男子バスケットボール、スロヴェニアを破りベスト4 (Milliyet紙)

2010年世界バスケットボール選手権のベスト4進出をかけた戦いで、トルコはスロヴェニアを95対68と27点差で破り、初の準決勝へと進出した。      トルコのバスケットボール史上最も重要な試合の一つで、スロヴェニアがトルコ代表チームと対戦した。試合序盤にはナッハバールが点を決めた。トルコ代表チームは同選手がゴール下からと外からシュートするのを防ぐことができず、3分後には10-6とスロヴェニアがリードした。この後トルコは相手が恐れていたディフェンスを中心に展開すると、(スロヴェニアは)7分間でた 全文をよむ

2010-09-07 2012欧州サッカー選手権予選、ベルギーを3-2で降す (Radikal紙)

サッカーの欧州選手権予選でトルコは、ホームの試合でベルギーを3‐2で下し、久々の2連続勝利を収めてグループ内2戦2勝を収めた。ハミト、セミフ、アルダの各選手がゴールを決めた。ベルギーのファン・ブイテンが空中のボールを捉えて2度のヘディングシュートを決めたが、ベルギーは勝利できなかった。「赤い悪魔(ベルギー代表チームの愛称)」のコンパニはレッドカードを提示された。      かたやヒディンク監督率いる、決勝トーナメント進出を切望していた軽快なトルコ。対するは将来に向けた投資を早くも始めたベルギー。 全文をよむ

2010-09-02 バスケットボールに政府の「チアガール規制」? (Milliyet紙)

世界バスケットボール選手権で、レジェプ・タイイプ・エルドアン首相が家族と共に観戦した先週日曜日のトルコ対ロシアの試合において、チアガールがステージに登場しなかったことが国際的な通信社であるロイターにより世界中に報道された。      ロイター通信は「トルコの試合にはチアガールがいない」というタイトルでニュースを次のように書いている。   「世界バスケットボール選手権の主催国であるトルコの試合に肌の露出の多いチアガールがいなかったことで、人口の大部分はムスリムだが公には世俗的な国家であるトルコで議 全文をよむ

2010-09-01 男子バスケットボール世界選手権、トルコ、ギリシャに快勝―審判にもまけず・・・ (Hurriyet紙)

2010年バスケットボール世界選手権の一次リーグ、Cグループ第3戦において、「12人の巨人たち(トルコ代表チーム)」がギリシャに76対65で勝利した。これでトルコは3戦3勝となり、Cグループ首位の座を守った。      審判3人がゲーム中、トルコチームにアンフェアな笛を吹いたにもかかわらず、「12人の巨人」はこの試合を勝利で終えることを確信していた。      この試合を、トルコ大国民議会議長メフメト・アリ・シャーヒン、外務大臣アフメト・ダヴトオール、アンカラ県知事アラッディン・ユクセル、共和人 全文をよむ

2010-08-29 開幕!―バスケットボール世界選手権、トルコ初戦でコートジボワールに快勝 (Milliyet紙)

トルコ代表チームは、初戦でコートジボワールに39点差をつけた。トルコ代表チームは、アンカラで超満員の観客を前にプレーを行い、初めから最後まで試合をリードし、バスケット(ゴール)下を完璧なまでに守り切った。とくにチームの中ではオメル・オナンが、18点のシュートを放ち、大活躍した。      トルコ代表チームは、バスケットボール世界選手権の初戦で、コートジボワールと対戦し、86-47の得点で勝利をつかみ、Cグループの頂点にたった。   怒涛の勢いで試合に立ち向かったトルコ代表チームは、オメル・オナン 全文をよむ

2010-08-27 アヤソフィアに十字架!―サッカーPAOKチームのギリシャ応援団の無礼 (Milliyet紙)

昨夜(26日)UEFAヨーロッパリーグのプレイオフが行われた。フェネルバフチェと1対1で引き分け振り落としたギリシャのPAOK(テッサロニキ)のサポーターサイトにある冒頭の映像が、トルコ人やムスリムの反感をかった。      その映像では、アヤソフィア・モスクのドームに新月ではなく十字架がかかっている。そのあとPAOKのシンボルマーク、ワシが数羽空を飛び始める。ワシはアヤソフィア・モスクの4本のミナレットをひとつひとつ破壊するのである。 全文をよむ

2010-08-24 28日トルコで開幕、世界バスケットボール選手権の皮算用は1億6千ユーロ (Hurriyet紙)

トルコで8月28日から9月12日にかけて開催される2010年バスケットボール世界選手権のため、10万人の旅行者が来るとされるが、この大会による経済効果は1億6000万ユーロに達すると期待されている。観戦チケットの売り上げが800万ユーロになると予想される一方で、アメリカ代表は宿泊費に100万ユーロをかける。      トゥルクセルがメインスポンサーとなってトルコで開かれる2010年バスケットボール世界選手権は、15日間で1億6000万ユーロの経済効果を生むだろう。8月28日から9月12日に行われ 全文をよむ

2010-08-20 UEFAヨーロッパリーグ・プレーオフ出場の3トルコチームに、残念な結果 (Radikal紙)

UEFAヨーロッパリーグ・プレーオフ第1戦で昨晩、3つのトルコのチームがピッチにたった。うち、ガラタサライはホームでKarpaty Lvivと2-2でひきわけた。フェネルバフチェとトラブゾンスポルは、それぞれ、PAOKとリバプールにアウェイで1-0でやぶれた。 全文をよむ

2010-08-18 メスト・エジル、レアル・マドリードへ移籍、年俸500万ユーロ! (Milliyet紙)

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会において、ドイツ代表選手として全世界を虜にしたメスト・エジルの移籍(契約)を、リーガ・エスパニョーラ(スペ インのプロサッカーリーグ)1部所属のレアル・マドリードが完了した。また、エジルの年俸は500万ユーロになることも明らかにされた。      レアル・マドリードは、ブンデスリーガ(ドイツのプロサッカーリーグ)1部所属のヴェルダー・ブレーメンでプレイし、またドイツ代表選手でもあるトルコ系のメスト・エジルを、迎え入れた。      エジルは、ワールドカップで 全文をよむ

2010-08-14 サッカー・スーパーリーグ開幕、最初につまずいたのはガラタサライ (Radikal紙)

スポル・トト・スーパーリーグの初戦でシヴァススポルはガラタサライを2-1で破り、好調なスタートをきった。ガラタサライはアルダのアシストでムスタファに先制したが、この優位を生かすことはできなかった。エメクタル・ジェイフンは2つのアシストを行い、シヴァススポルを勝利に導いた。      ガラタサライは前シーズン、土壇場でゴールを決められシヴァススポルと1-1で引き分けたが、その試合の後、フランク・ライカールトとハヤティ・ソイダシュのあいだで小競り合いが起こった。昨夜もこの二人のあいだで衝突が見られた 全文をよむ

2010-08-07 デヴシルメ・スポーツ選手の勝利は「トルコの勝利」か? (Milliyet紙)

ほとんどすべての国のナショナルチームには、外国出身のスポーツ選手がいる。タイムズ紙がこれを議論し始めた。彼らが表彰台に上がったとき、国歌が斉唱され国旗が掲揚される。これは本当に国の勝利であると言えるだろうか?   世界的に、もはや国際試合で獲得されるメダルの多くが、外国出身のスポーツ選手によりもたらされていることがイギリスで議論を起こした。タイムズ紙はイギリスのクリケットチームの多数の選手が他の国から来たことを取り上げ、「この人々が表彰台に上がったとき、国歌が歌われ国旗が掲揚される。では、これは 全文をよむ

2010-07-31 ネヴィン・ヤヌト、100米女子障害で欧州チャンピオン (Hurriyet紙)

12秒71でトルコ記録を破り、準決勝で順当に第1位となったネヴィン・ヤヌト選手は、決勝でこの記録を0.08秒秒縮めて12秒63で金メダルを獲得した。      歴史の授業では誰もが時代は変化するということを学んだ。たとえばファーティフ・メフメト2世のイスタンブル征服は新時代の始まりとみなされている。トルコの陸上界は2002年にシュレイヤ・アイハン選手が1500メートル走でヨーロッパ王者となったことで新たな時代に入った。その後エルヴァン、アレミトゥ、ハリル・アッカシュらの成功が続いた。昨夜(30日 全文をよむ

2010-07-29 元世界チャンピオン・マイク・タイソン、メッカへウムラ巡礼 (Yeni Safak紙)

ある時期、リング上で嵐のように暴れ周り、一方で犯罪により刑務所に入ったため選手生活が長くは続かなかった伝説の米国人 マイク・タイソンがウムラ巡礼をした。何年か前にイスラム教を選んだタイソンは、イフラーム(訳者注:ウムラ巡礼を行う際に着る衣服)を着て、巡礼を行った。 全文をよむ

2010-07-28 エルヴァン、1万メートルでヨーロッパチャンピオン (Hurriyet紙)

スペインのバルセロナで開催中の第20回ヨーロッパ陸上競技選手権大会で、女子10000mトルコ代表のエルヴァン・アベイレゲッセが31分10秒23のタイムで優勝し、自身は初めてヨーロッパチャンピオンとなった。      同じく10000mトルコ代表のメルイェム・エルドアンは5位に終わった。      「いつもは銀メダルばかりだったが、今日は金メダルを獲得できた」   ライバル選手に大差をつけ、また2位のロシアのインガ・アビトワには約12秒の差をつけてレースを終えたエルヴァンは、トルコ国旗を持ってレー 全文をよむ

2010-07-25 グティ、レアルを去りベシクタシュへ (Milliyet紙)

スペインのビッグ・スターのサッカー選手、グティはレアル・マドリードを離れた。      グティの移籍セレモニーでは貴重な時間が過ごされ、彼のために製作された特別なビデオが上映された。レアル・マドリードの公式ホームページではグティのためにユニフォームが4つに裂かれた。      火曜にユルドゥルム・デミリョレン代表がプライベート機でイスタンブルを訪れる際に、グティと2年間の公式契約を結ぶ見込みだ。      「グティ」の愛称をもつホセ・マリア・グテレス・ヘルマンデスは、ベシクタシュに移籍することに 全文をよむ

2010-07-22 ガラタサライ、新スタジアムの完成予定は本年11月29日 (Zaman紙)

工事が続いているガラタサライの新スタジアム、チュルクテレコムアリーナは、2010年11月29日の完成予定となっている。スタジアムは、スポーツ娯楽施設あるいは会議場として使用され、経済効果も期待されている。      このスタジアムは2011年1月から10シーズンの間、チュルクテレコムという名称がつけられることになるが、そのスタジアムの内装工事が続いている。2010-2011シーズンの後半以降、ガラタサライの試合が行なわれる予定となっている新スタジアムは、52647人の観客動員が可能となり、VIP 全文をよむ

2010-07-18 競泳界に新星 (Radikal紙)

ヨーロッパ・ジュニア競泳選手権の800メートル自由形でトルコ人選手のエディズ・ユルドゥルメルさんが金メダルを獲り、トルコのスポーツの歴史において初の快挙を成し遂げた。      トルコの新世代競泳選手の一人であるエディズ・ユルドゥルメル選手はフィンランドの首都ヘルシンキで行われているヨーロッパ・ジュニア競泳選手権において、今日800メートル自由形で競った。      エルディズ・ユルドゥルメル選手は、選手権の二日目にウクライナのセルギイ・フロロヴに1500メートル自由形で抜かれ銅メダルに終わって 全文をよむ

2010-07-04 フィギュアスケートのカラデミル選手、競技生活から離れる (Yeni Safak紙)

カナダ・ヨーク大学で、バイオテクノロジーを学んでいるフィギュアスケートのカラデミル選手は、自身のインターネットサイトで、「競技生活に終止符をうつことお知らせしたいと思います。」と話した。      カラデミルはトルコでのスケートの発展に大きく寄与し、2007年ヨーロッパで10位に入賞したことでスケートを人気のあるスポーツにした。トルコの女子フィギアスケートを長年にわたり一人で支えてきた彼女は、ファン達に送ったメッセージで次のように話した。      「残念ではありますが、皆さまのご理解をいただけ 全文をよむ

2010-06-29 ヒディンク・トルコナショナルチーム監督、「独サッカー連盟がエジルのパスポートを工作」 (Milliyet紙)

トルコ・ナショナルチームのヒディンク監督はビルド紙に衝撃的な発表を行い、ドイツ・サッカー連盟がメスト・エジル選手のパスポートや書類を偽造したと主張した。      ナショナルチームのフース・ヒディンク監督はワールドカップで活躍中のトルコ系のメスト・エジル選手に関して驚くべき主張を行った。ドイツのビルド紙に向けて語ったこのオランダ人監督は、ドイツ・サッカー連盟がメスト・エジル選手のパスポートや書類を偽造したと主張した。      ヒディンク監督は、ビルド紙に「メストはトルコ人の血を引いている。しか 全文をよむ

2010-06-26 お尻、直視できません!―エディルネで日本相撲 (Milliyet紙)

伝統的な649回目の歴史的クルクプナル・オイルレスリング大会の一環として日本から4人の力士がエディルネを訪れ、セルミエ広場で模範試合を行った。約5000名の観客は非常に関心をもって力士たちを見物した。相撲を見に来た年配の女性の中には、力士たちが半裸であるので顔を背け、相撲を見ない人もいた。      伝統的な649回目の歴史的クルクプナル・オイルレスリング大会の一環として、日本から4人の力士たちがエディルネを訪れ、セリミエ広場で模範試合を行った。約5000人の観客は非常に関心をもって力士たちを見 全文をよむ

2010-06-26 メスート(メスト・エジル)の祖母死去、ゾングルダクで葬儀 (Hurriyet紙)

サッカードイツ代表でトルコ系のメスト・エジル選手の祖母の遺体は、ソングルダク県デヴレキ郡フシュルオール村に埋葬された。      オジル選手の祖母ミュネヴヴェル・オズィルさん(享年73歳)は、治療を受けていたボルの私立病院で息をひき取り、遺体はデヴレキ郡フシュルオール村に移送された。ミュネヴヴェルさんのために、家でコーランが読まれ、祈りが捧げられた。      ミュネヴヴェルさんの遺体は、村の人々に担がれウズンアリオール・マハッレ・モスクに運ばれた。葬儀にはメスト・エジル選手の父ムスタファ・オズ 全文をよむ

2010-06-24 独サッカー代表チームのメス―ト(メスト・オズィル)の恋人、ムスリムに (Radikal紙)

ドイツのビルド紙は、サッカー・ドイツ・ナショナルチームのトルコ系選手メスト・オズィル(メスート・オズィル)(21)の恋人、アンナ・マリー・ラゲルブロムさん(28)がイスラム教に改宗した、と伝えた。      ビルド紙は、「彼らはワールド・カップの夏の世の夢」というタイトルの記事で、家族だけの参加したシンプルな式でイスラム教へ改宗したラゲルブロムさんが、メレキという名を選んだ、と伝えた。      ドイツのポップ歌手サラ・コナーの妹のアンナ・マリー・ラゲルブロムさんの母親は、彼女が近頃、豚肉を食べ 全文をよむ

2010-06-21 マルセル選手、ウィンブルドンで一回戦突破 (Radikal紙)

トルコのテニスプレーヤー、マルセル・イルハンはウィンブルドンテニス選手権の初戦でブラジルのマルコス・ダニエルを3-2で下し、二回戦に進出した。       トルコのテニスプレーヤー、マルセル・イルハンはウィンブルドンテニス選手権の初戦でブラジルのマルコス・ダニエルを3-2で下し、二回戦に進出した。       イギリスの首都ロンドンでウィンブルドンテニス場で初戦に臨んだマルセル・イルハンは、前回も勝利した対戦相手を3-2で下し、二回戦に進出した。男子シングルスでウィンブルドンのトーナメント本選に 全文をよむ

2010-06-15 メスト・エジル秘話―テリム監督の要請で私が会ったが、エジルはドイツを選んだ (Hurriyet紙)

「まずメストに電話した後、彼の父親と話した。父親は、息子はドイツ代表としてプレーすると述べた。」      もともとメスト・エジルの問題は、何年も血を流しているトルコの傷である。トルコで新しいサッカー選手を発掘する作業は、ヨーロッパでトルコ系のサッカー選手を探すという作業になってしまっている。そして、友達や自分と親しいコーチがいれば、ナショナルチームのなかで、彼らに仕事が与えられてきた。ヨーロッパの代理人に関しても、同じことが起きた。私は個人的にドイツへ飛んで、20以上のトルコ系のチームで面接を 全文をよむ

2010-06-14 ドイツ紙はメスト・オズィルでもちきり-ワールドカップ独チーム (Milliyet紙)

ドイツ紙は、代表チームのトルコ系のメスト・エジル(メスート・オズィル)選手のプレイについて好意的なコメントをした。      ドイツ代表チームがワールドカップのオーストラリア戦で見せたサッカーを賞賛したドイツ紙は、代表チームのトルコ系のメスト・エジル選手のプレイについて好意的なコメントを残した。      ベルリンで発行されているBZ紙は、「再臨」という1面の見出し記事で、メストについて、「メスト・エジルは、プレイの起点で、魔法がかかったような足とリズミカルなプレイを見せる選手だ。ゴールの前でま 全文をよむ

2010-05-28 2016欧州サッカー選手権開催地争いに敗れる―1票差でフランスに (Milliyet紙)

UEFAのプラティニ会長が欧州サッカー選手権の開催国を発表した。発表前の予測では、イタリアの可能性は低いとみられ、トルコとフランスの争いになるとされていた。なかでも、トルコの名が取りざたされていた。発表される時には皆が息を飲んだ。発表にあたっては、「本当にとてもすばらしい、魅力的な3国が候補でした」と述べられたが、ユーロ2016の開催国はフランスに決定した。投票ではフランスに7票、トルコに6票が入った。      こうして、トルコの国際的なスポーツ大会を開催するという希望は、3度退けられたことに 全文をよむ

2010-05-28 ギュル大統領「残念」―2016欧州サッカー選手権、開催国のがす (Yeni Safak紙)

トルコ、イタリアとフランスが立候補した2016年欧州サッカー選手権の開催国は、フランスに決定した。ニコラ・サルコジ仏大統領がトルコのプレゼンテーションを見なかったことについて、アブドゥッラー・ギュル大統領は、「フェアプレイが必要だと申し上げておきましょう」と語った。      決戦投票ではフランスが7票を獲得、トルコは6票を獲得しながらも1票差で破れた。開票後、アブドゥッラー・ギュル大統領は記者会見で次のように述べた。「1票差で開催国を逃しました。しかしトルコがフランスとイタリアと争い、こうした 全文をよむ

2010-05-23 シューマッハ、イスタンブルにいることに幸せ (Radikal紙)

イスタンブル・パークで5月28日から30日まで行なわれるトルコF1グランプリを前にドライバーたちは、コース、イスタンブルに関する感情を口にした。      ドライバーたちは、F1の公式サイトでイスタンブル・パークでのレースに関して展望を述べた。      F1に復帰した伝説のドライバー、ミハイル・シューマッハは、トルコの観客が常に彼に対して礼儀正しいとし、「このためイスタンブルで再びその観客達と向き合えることが私にとっては喜びだ。私たちを応援してくれることを望んでいる。応援してもらうためには、彼 全文をよむ

2010-05-17 最終戦で優勝を逃したフェネルバフチェ、「問題のアナウンス」の事情明らかに (Zaman紙)

カドゥキョイでの歴史に残る試合の最後に大きな騒動が起きた。試合のロスタイム中にブルサスポル対ベシクタシュの対戦が2-2で終わったとのアナウンスにより、スタンドでは一瞬で優勝気運が高まった。      フェネルバフチェの選手たちは一瞬試合を投げ出し、試合終了を待ちかまえているかのようだった。スタンドから紙ふぶきがまかれると、スタジアムでは一瞬で優勝に沸き始めた。サポーターたちは試合終了のホイッスルの後、グランドに入って選手たちとかたく抱きしめあった。しかし少し経ってブルサスポルがベシクタシュを2- 全文をよむ

2010-05-16 ブルサスポル優勝! (Hurriyet紙)

■ブルサスポル優勝!   ブルサスポルがトゥルクセル・スーパーリーグ(一次リーグ)の34週(最終週)目にベシクタシュに対し2-1で勝利した。   これで緑白チーム(ブルサスポル)が史上初めて首位になり、トゥルクセル・スーパーリーグの52代チャンピオンとなった。   ワニ(ブルサスポル)に勝利をもたらしたゴールは、32分のパブロ・バタラと44分のイブラヒム・トラマンによるものだ。   黒白チーム(ベシュクタシュ)の唯一のゴールは88分にウール・インジェマンが成功させた。   この勝利でブルサスポル 全文をよむ

2010-05-14 ヒディング新監督、新ナショナルチームを発表 (Milliyet紙)

メフメト・トプズとイブラヒム・トラマンが久々に代表入りを果たした。オカン・ブルクとエムレ・アシュクはアメリカ合宿で代表を引退する。      そしてナショナルチームの新監督であるグウス・ヒディングは、初めて代表メンバーを明かした!ナショナルチームのアメリカ合宿メンバー候補とそのプログラムが発表されたのだ。      ■参加者は33名!   5月19-31日に行われる代表アメリカ合宿に招集された選手たちは以下の通り:      ○GK(ゴールキーパー)   ヴォルカン・デミレル(フェネルバフチェ) 全文をよむ

2010-04-27 優勝近い?ブルサスポーツの応援にナイル川のワニ登場 (Radikal紙)

ブルサのショッピング・センターで開催中であるトゥルクセル・スーパー・リーグの応援に、エジプトからワニがやってきた。      体長90センチメートル、1歳になるナイルワニは、センターに設置されたブルサスポーツコーナーでお披露目された。ショッピング・センター関係者によると、このワニはブルサスポーツの(応援の)目玉で、“シェイムス”と名付けられた。シェイムスは、シーズンが終わるまでショッピング・センターで見ることができる。      リーグで善戦中のブルサスポーツに、サポーターたちは支援を惜しまない 全文をよむ

2010-04-16 アリ・サーミー・イェン・スタジアム、売却先決まる (Hurriyet紙)

集合住宅局(TOKİ)が約10億ドル(約921億7千万円)の収益を見込んでいたアリ・サーミー・イェン・スタジアムは、ヌルオル不動産とアシュチュオール建設の共同企画が4億1650万リラ(約258億円5千万円)で落札した。オズヤズジュ建設が休憩(タイム)の後、新たな(入札)価格を提示しなかったために決着した入札は15分程度で終わった。      4億700万リラ(約253億円)からスタートした入札には、オズヤズジュ建設と、ヌルオル不動産・アシュチュオール建設の共同企画が参加した。入札価格はすぐに上が 全文をよむ

2010-04-07 盗聴で逮捕のルドゥヴァン、釈放―警察前でインタビュー (Milliyet紙)

違法盗聴の疑いに関して行われた捜査に名前が挙がった、スポーツ解説者のルドゥヴァン・ディルメンは、「汚名が晴れて嬉しいです」と述べた。      盗聴の疑いに関して始まった捜査で24人が逮捕された。      捜査で、元サッカー選手のルドゥヴァン・ディルメンとタンジュ・チョラクの名前が挙がった。事情聴取でチョラクは訴える側として供述を行った。      逮捕されたディルメンは警察での取調べの後、釈放された。ルドゥヴァン・ディルメンはその後裁判所に赴き、事情聴取を行った検察官に供述した。      全文をよむ

2010-04-05 ヨーロッパ女子重量上げ選手権でヌルジャン、金メダル (Radikal紙)

ヨーロッパ重量挙げ選手権で女子48キロ級ではヌルジャン・タイランが、ジャークで今までの記録を破りヨーロッパチャンピオンとなった。そしてトルコに3つの金メダルをもたらした。      ヨーロッパ重量挙げ選手権がベラルーシの首都ミンスクで開催された。プラットフォームに登場したオリンピックチャンピオンでヨーロッパおよび世界チャンピオンのヌルジャン・タイランは、自らの記録を破ったスナッチの後に、ジャークで118キロを持ち上げてヨーロッパ記録を破り、金メダルに輝いた。ヌルジャンは、スナッチとジャークが終わ 全文をよむ

2010-04-05 ガラタサライのアルダ、イギリスに居を移す (Milliyet紙)

サッカーチーム・ガラタサライの若きキャプテン、アルダ・トゥラン選手は、(恋人である)スィネム・コバルさんとともに平穏な生活を求め、リバプール近郊の家を契約した。      アルダ選手はとても率直な発表を行い、今シーズン終了後にガラタサライを退団せざるを得ないと話し、次のように述べていた。   「大勢の人が私たちを中傷している。私たちが何をするかではなく、私たちがどんな洋服を着ているかを評するのだ。友人と映画に行くことが、一部の人々には我慢ならないのだ。私たちの社会生活を制限しようとする人々のせい 全文をよむ

2010-03-31 ハミトの活躍でバイエルン・ミュンヘン、チャンピオンリーグ準々決勝勝利 (Milliyet紙)

ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ準々決勝第一試合でバイエルン・ミュンヘンがマンチェスター・ユナイテッドをロスタイムにオリッチの決めた得点により2―1で破る一方、ハミト・アルトゥントプの活躍がドイツのメディアでこの日の話題となった。       85分出場し右ウイングハーフを担ったトルコ・ナショナルチームの代表選手が後半初めに連続して行ったフェイントによりマンチェスター・ユナイテッドのペナルティエリアへと入り放ったシュートは、ファン・デル・サールが素晴しい反応によってセーブされたが、これはドイツの 全文をよむ

2010-03-29 決選を制したのはフェネルバフチェ―ガラタサライを1-0で下す (Milliyet紙)

フェネルバフチェは開始から90分間、因縁のライバルを前に、ゲームの主導権を渡さなかった。好機は少なかったものの、ガラタサライにチャンスを与えなかった。セルチュク・シャーヒンのシュートがレオ・フランコの一瞬の隙をつき、ガラタサライを下した。これによりフェネルバフチェは再び優勝争いに加わる事となった。      勝者はブルサを捕らえる事になる。敗者は首位争いから外れる。引き分けなら双方が負けるだけでなく、ベシクタシュを非常に優位に立たせることとなる。      速いテンポ、大量の攻撃とポジション争い 全文をよむ

2010-03-27 サッカー、八百長疑惑の逮捕つづく (Radikal紙)

サッカーにおける八百長疑惑捜査でさらに5人も逮捕され、逮捕者数は20人に上った。      サルイェル郡のファズル・アルスラナルプ共和国検察官による事情聴取を受けていた6人の内、サッカーチーム「テペジックスポーツ」に所属するブルハン・アクギュル選手が釈放された。   アルスラナルプ検察官は、元サッカー選手のアリ・シェン・カンディル容疑者、ハサン・コルクマズ容疑者とコーチのイブラヒム・オズトゥルク容疑者、ジェラル・ベルベル容疑者、マーヒル・ムラト・メルメル容疑者を逮捕請求とともにサルイェル郡第一治 全文をよむ

2010-03-24 イスタンブルでサッカー八百長疑惑 (Milliyet紙)

レジェプ・オズトゥルクとアーリフ・エルデムは警察に連れていかれ、ハサギッチも逮捕された…      イスタンブル広域都市サッカー部署責任者のキャーミル・ディザルは、トレーナーのアリフ・アルデムが警察に事情聴取に呼ばれて、ゴールキーパーのケナン・ハサギッチも事情聴取に遣ったと述べた。アナトリア通信(AA)記者におこなった説明よると、ディザルはクラブ側にはこの件についていかなる要請も行われないとし、「アーリフさんが事情聴取に呼ばれたことは知っています。彼自身と話しました。彼は、自主的に事情説明をする 全文をよむ

2010-03-18 ディヤルバクル・スポルに追加罰則―さらに3試合、観客なし試合 (Radikal紙)

プロサッカー連盟規律委員会(PFDK)は、イスタンブル市スポルの試合で起きた事故のために、ディヤルバクル・スポルに今後の3試合を観客なしで行うという罰則を与え、ガラタサライにはスタンドから落下したサポータのために185リラの罰金を課した。      PFDKは14時に始まった会議で、先週、試合開始後87分で中断されたイスタンブル市スポルvsディヤルバクル・スポル戦とガラタサライvsアンカラギュジュ戦でスタンドから落下したサポーターについて案件を話し合った。      PFDKは、イスタンブル市ス 全文をよむ

2010-03-15 トルコ航空、マンチェスター・ユナイティドのスポンサーに (Milliyet紙)

トルコ航空は、イギリスサッカーの強豪マンチェスター・ユナイテッドとの正式なスポンサー契約の合意書に署名した。      オールド・トラッフォードスタジアムでの調印式にはトルコ航空のハムディ・トプチュ会長とジェマル・シャンル副会長、マンチェスター・ユナイテッドのクラブ会長のデイヴィッド・ギル氏とチームディレクターのリチャード・アーノルド氏、選手のウェイン・ルーニー、エドウィン・ファン・デル・サール、ナーニ、パク・チソン、ダレン・フレッチャーが参加した。      トルコ航空はヨーロッパで4番目に大 全文をよむ

2010-03-06 サッカー・スーパーリーグ、ブルサ対ディヤルバクル戦、サポーターの暴力で試合延期 (Hurriyet紙)

トゥルクセル・スーパーリーグの第24週目、ディヤルバクル・アタテュルク・スタジアムで行われるはずだったディヤルバクルスポル対ブルサスポル戦は、フィールドに物が投げ込まれ、残念な騒動のために延期された。      試合はブルサスポルのイワンコフ選手に物が投げられたため遅れて始まった。15分行われた試合の間、観客席からはフィールドに物が雨のように降った。15分過ぎに副審判のケマル・ユルドゥズが、頭に石が直撃して地面に倒れた。その後すぐ、試合の審判4人とブルサスポルの選手らはフィールドを去って控室へ戻 全文をよむ

2010-02-25 ガラタサライ、アトレティコ・マドリードに敗れUEFAヨーロッパリーグから姿を消す (Yeni Safak紙)

UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦第2ラウンドのガラタサライ-アトレティコ・マドリード戦は、A・マドリードが2-1で勝利した。      UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦第2ラウンドで、ガラタサライはA・マドリードに2-1で敗れた。これによりガラタサライはUEFAヨーロッパリーグに決勝トーナメント1回戦で別れを告げることとなった。       ガラタサライにとっては後半からかなり動きが鈍いゲーム展開になっていった。自陣に追い詰められ場面がおおくなり、ゴール前でも危ういシ 全文をよむ

2010-02-16 サッカーナショナルチーム新監督、ヒディング氏に決定! (Zaman紙)

トルコ・サッカーナショナル・チームの新監督が明らかになった。サッカー連盟は最終的に現在、ロシアの監督を務めるオランダ人のフース・ヒディンク監督と契約を結んだ。サッカー連盟は契約に関する正式な発表を行った。      サッカー連盟会長マフムト・オズゲネル氏と副会長リュトゥフィ・アルボアン氏は、2016年欧州サッカー選手権出場申込み書類をUEFA(欧州サッカー選手権)に届けた。その後、ニヨンからイスタンブルへもどらず、アムステルダムへ行き、フース・ヒディンクコーチと面会した。      オズゲネル会 全文をよむ

2010-02-11 クルクプナル・オイルレスリング(ヤール・ギュレシュ)の元チャンピオン、ジェンギズ・エルベイェ、死去 (Zaman紙)

クルクプナル・オイルレスリング(ヤール・ギュレシュ)の元チャンピオンのジェンギズ・エルベイェ氏が亡くなった。彼は今日の15時40分頃、入院先の病院で息を引き取った。   エルベイェ氏は1994年に、クルクプナル・オイルレスリングのチャンピオンとなった。      ■ジャンギズ・エルベイェは2度チャンピオンになった      クルクプナル・オイルレスリングの元チャンピオンのジェンギズ・エルベイェ氏は、2009年5月に脳腫瘍との診断が下された。初めにアンタリヤで、その後アンカラのハジェッテペ大学病院 全文をよむ

2010-01-14 サッカー・スーパーリーグ放映権、記録的価格でデジチュルクが獲得 (Radikal紙)

トルコサッカー協会は、今後の4シーズンを含む試合放送権の入札を始めた。スーパーリーグの放送権を含むパケットAを得るためにチュルク・テレコムとデジチュルクが申請した。公開競売の場では驚くべき競合が起こった。結果的に、ディジチュルクが3億2100万ドル(約291.8億円)に引き上げた。この値段を受け、チュルク・テレコムは休憩を取った。      スーパーリーグの放送権を含むパケットAを得るためにチュルク・テレコムとデジチュルクが申請した。公開競売の場では驚くべき競合が起こった。2つの企業が信じられな 全文をよむ

2009-12-03 ガラタサライの建設中の新スタジアム、UEFA基準に抵触 (Milliyet紙)

ガラタサライのセイランテペ・スタジアムで新たに工事が着工されたが、今回もUEFA基準に抵触した。2016年欧州サッカー選手権の開催国に立候補したトルコサッカー協会は、欧州選手権で使用できるスタジアムを今から調査し始めている。       ドイツの民間企業が調査しているスタジアムの一つ、(セイランテペ・スタジアム)トゥルクテレコム・アリーナはUEFAが定める上級レベルスタジアムの新たな基準に抵触した。       UEFAが新たに適用し始めた「観客の快適性」という基準に適していないセイランテペ・ス 全文をよむ

2009-12-02 ロベルト・カルロス、遂にフェネルバフチェを退団 (Milliyet紙)

ブラジルの地方ラジオ局の一つ「レコード」が、現在フェネルバフチェで活躍するブラジル出身のスターサッカー選手ロベルト・カルロスが12月20日に契約を破棄し、祖国に戻る予定であると語った。      「レコード」ラジオに語ったところによると、ロベルト・カルロス選手は、「ロナルドと同じチームでプレイする。僕たち二人とも「コリンチャンス」の歴史に加わりたいと思っているんだ。2010年のリベルタドーレス・カップでは、僕はこのチームにいる。「コリンチャンス」のユニフォームを着て、全力を尽くして最高のプレイを 全文をよむ

2009-11-26 快挙!ベシクタシュ、マンチェスターユナイテドを1-0で破る(チャンピオンリーグ戦) (Radikal紙)

ベシクタシュがマンチェスターユナイテドをアウェイゲームで、1-0で破ったことがUEFAの公式サイトで大きな反響を呼んでいる。      UEFAのサイトに「Old Traffordでベシクタシュ勝利」の見出しで掲載された記事で、20分でテッロのゴールのお陰で、2005年以降、このトーナメントでOld Traffordで勝利を挙げた初めてのチームとなったベシクタシュは、チャンピオンリーグ進出は逃したものの、トーナメントに足跡を残したと報じられた。      サイトの内容をまとめると以下の通り。   全文をよむ

2009-11-25 欧州サッカー八百長疑惑、フェネルバフチェの試合にも波及 (Zaman紙)

欧州サッカー連盟(UEFA)は、アルバニア、ラトビア、スロベニア、そしてハンガリーの5クラブが八百長問題で疑惑をかけられていると発表した。捜査が開始された試合の中に、フェネルバフチェ―ホンヴェード戦をも入っている。      UEFAのスイス・ニヨンの本部で、トルコをも含む9カ国のサッカー協会の代表が参加して行なわれた会議は、3時間つづいた。UEFAのジャンニ・インファンティーノ理事が議長をつとめ、オーストリア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ドイツ、ハンガリー、スロベニア、スイ 全文をよむ

2009-11-05 ディヤルバクルスポーツ、試合出場を決定 (Milliyet紙)

ディヤルバクル・スポーツクラブ会長のチェティン・スメルは、11月8日(日)に行われるガラタサライ戦にチームが出場することを発表した。スメル会長は、クラブのビルで多くのNGO代表者たちとともに開いた報道会見で、運営委員会によって作成された会見文書を読み上げた。      先週遠征先で行われたガズィアンテプ・スポーツとの試合後、「人種差別主義的な発言やレフェリーの偏った審判」に抗議するため、ガラタサライ戦を欠場するという決断をしていた。この決断に関しスメルクラブ長は、次のように話した。「ディヤルバク 全文をよむ

2009-10-15 ブルサで観戦のサルキシャン大統領「トルコのファンはどうしてあんなに元気なの?」 (Milliyet紙)

第19回ワールドカップヨーロッパ予選グループ5の最終戦トルコとアルメニアの試合がブルサで行なわれ、サポーターは「満点」をもらった。      ファルク・チェリキ国務大臣は、公正発展党のブルサ県本部で行なわれた記者会見で、ブルサ市および国として、非常に重要な課題を背負っていた今回の組織運営が、成功裏に終了したと述べた。      トルコとアルメニアが調印した合意文書の影響により、試合がスポーツの観点からではなく、二国間関係の点で注目されたとするチェリキ大臣は、たいへん盛り上がり、友好的に終わった試 全文をよむ

2009-10-14 禁止のアゼルバイジャン国旗が持ち込まれる―ブルサ・スタジアム (Hurriyet紙)

2010年ワールドカップヨーロッパ予選第5グループにおいて、トルコとアルメニアがブルサ・アタテュルク・スタジアムで相対した。       試合ではトルコがハリルとセルヴェトのゴールで2‐0で勝利する一方、試合前に大きな議論の原因となり、スタジアムへの持ち込みがFIFAによって禁じられたアゼルバイジャン国旗はブルサ・アタテュルク・スタジアムの観客席へと入ることに成功した…。 全文をよむ

2009-10-13 本日トルコ・アルメニア・サッカー公式戦、準備すすむ (Milliyet紙)

ブルサで明日14日に行われるトルコ-アルメニア戦へのアゼルバイジャン国旗持ち込みを禁止していたブルサ県知事シェナベッティン・ハルプト氏だが、直前になって禁止を取り消す決定をした。知事は「私はアゼルバイジャン国旗を入れるな、とは言っていない。スタジアムで国旗が悪用されないようにと言ったのだ。アゼルバイジャン国旗を掲げて不正な行為やスローガンが行われることには反対だ。国旗が悪用されてほしくないし、良くない事が起こる機会を与えてはならない。論点はアゼルバイジャン国旗の禁止ではない。もし他の目的に利用し 全文をよむ

2009-10-10 ファーティフ・テリム監督、ワールドカップ出場を逃し辞任を発表 (Milliyet紙)

トルコのナショナルサッカーチームが、敵地ベルギーで2対0で敗北を喫した。試合後にファーティフ・テリム監督が会見に出席した。      10月14日にブルサで行なわれるサッカー、トルコ対アルメニア戦についてテリム監督は自分にとって最終戦になる発言。   「リーグのグループ戦が終わる前に任務を放棄するということは私の流儀に反します。TFF(トルコサッカー連盟)のマフムート・オズゲネル会長にも辞任の決意を知らせました。彼は他の理事らとともにわたしの決意を変えさせようとしましたが、わたしの決意は固いので 全文をよむ

2009-10-07 ディヤルバクル・スポーツ会長、VOAインタビューで「自分たちはクルド人のチーム」 (Milliyet紙)

ブルサで行われたブルサ・スポル対ディヤルバクル・スポル戦の際に起こり、長い間トルコを騒がせていた出来事に関して、VOA(Voice of Amerika/「アメリカの声」ラジオ)にクルド語で話したディヤルバクル・スポルのチェティン・シュメル会長が興味深い説明をした。2000万人のクルド人がディヤルバクル・スポルを支持すべきであると述べたチェティン会長は、「私たちは国家からの援助を求めることができません。求めたときには、私たちは(トルコ)国家のチームであると言われてしまいます。我々は国家のチームで 全文をよむ

2009-10-04 ハカン・シュクリュ、ビルゲ村の孤児たちとサッカー (Zaman紙)

44人が殺害されたマズダー郡ビルゲ村で、親族を失くした子供たちは元トルコ代表サッカー選手のハカン・シュクリュと数名のアーティストが参加したイベントで元気づけられた。      マルディンスポーツクラブ会長のテキン・アルカン氏が主催したコンサートやイベントに参加するためにマルディンへやってきたハカン・シュクリュ氏、アーティストのメルテン・ジュンブル氏、アリ・シャン氏、ジョシュクン・サバ氏、ムラト・クルシュン氏、ベドリ・アイセリ氏らが21カスム・スタジアムでビルゲ村の子供たちと相見えた。      全文をよむ

2009-09-22 サッカーヨーロッパ各国チームで活躍するトルコ人選手総計、139人 (Zaman紙)

ヨーロッパの16ヶ国の第1リーグと第2リーグにあたる96チームの中で、139人のトルコ人サッカー選手がユニフォームを着ている。ヨーロッパのサッカー市場におけるトルコ人選手の価値は、1億5千万万ユーロに近付いている。      欧州サッカー市場を調査したtransfermarkt.deサイトのデータによると、トルコ人サッカー選手はドイツリーグで一番多くプレーしていることがわかった。ブンデスリーガ第1で20人、ブンデスリーガ第2で15人、合計して35人のサッカー選手がドイツでユニフォームを着ている。 全文をよむ

2009-09-18 ヨーロッパバスケット選手権、準々決勝でギリシャに惜敗−76対74 (Radikal紙)

ポーランドで行われている第36回バスケットボール男子欧州選手権で、準々決勝まで勝ち進んだトルコチームは、ギリシャに息もつかせぬ試合を展開した。試合はエンデル・アスランが最後の一秒で放ったシュートが決まり、65対65で延長戦へ突入。76対74で最後に笑ったのはギリシャだった。      ポーランドで開催されている第36回バスケットボール男子欧州選手権に挑んだ「12人の巨人たち」は、ギリシャを相手に第4クォーターで延長戦に持ち込んだものの、最後は74対76で敗れた。この結果、トルコのメダル獲得の夢は 全文をよむ

2009-09-12 快挙!バスケット・ヨーロッパ選手権でスペインを破る (Milliyet紙)

トルコのナショナルチームは、予選第二ラウンドFクループでトーナメント内で最も有力視されていた、昨年の世界チャンピオンであるスペインを倒した。      お互いのゴールでスタートした試合の第一ピリオドでは、スペイン側は、ルディオ選手、フェルナンデス選手のスリーポイントを武器にする一方、トルコ・ナショナルチームが攻撃でもたつく状況を活かし、開始後4分で14対8と6点差をつけた。しかしケレム選手の得点アシストでチームの結束が強まり、オメル・アシュク選手がリバウンド争いで得た得点で巻き返したトルコ・ナシ 全文をよむ

2009-09-10 ワールドカップ出場絶望の戦犯は? (Zaman紙)

努力した、心から望んだ、心を一つにしたが、届かなかった。トルコA代表は、2010年ワールドカップのヨーロッパ予選第5グループの8試合目に夢をボスニアで置いてきた。      友好国とのアウェー試合で1-1と引き分けたトルコA代表がアフリカ行きの列車に乗るのはほぼ不可能な状況となった。列車が引き返して戻ってくるかどうかはわからないが、この悲劇的経験は初めてのことではない。以前代表チームを指導した経験のある指導者たちは、ボスニアが4ポイント先行していることが、トルコ代表選手に影響を与えたと考えている 全文をよむ

2009-09-09 南アフリカへの道、絶望的―ボスニアに1-1引き分け (Hurriyet紙)

サッカー・トルコA代表は、第19回ワールドカップヨーロッパ予選グループ5、アウェーでの第8試合、ボスニア・ヘルツェゴビナと1-1の引き分けに終わった。       この結果により、ボスニア・ヘルツェゴビナの勝ち点は16、トルコは12となり、「月と星」のチームは、グループ通過の可能性を奇跡に託すこととなった。    試合のゴールは、4分にエムレ・ベリョゾール、25分にサリホヴィッチにより決められた。      ■テリム監督、退場    ボスニア・ヘルツェゴビナのゴールの後、27分にポルトガル人審判 全文をよむ

2009-09-05 次はボスニア戦!―サッカーワールドカップ予選対エストニア戦に勝利 (Hurriyet紙)

2010年サッカーワールドカップ欧州予選、第5グループ第7試合で、トルコが、4-2でエストニアを下した。      1-0 と相手に先制されたものの、エストニアに勝利し、勝ち点3を得たトルコ代表チームは、勝ち点を(合計)11とし、グループ第2位となる可能性をつないだ。   開始29分と72分のトゥンジャイ・シャンル、37分のセルジャン・ユルデゥルム、そして61分のアルダ・トゥランのゴールが、9月9日水曜日にボスニアと対戦する予定のトルコ代表を勝利に導いた。エストニア代表チームは、試合開始6分にヴ 全文をよむ

2009-08-28 UEFAヨーロッパリーグ、ガラタサライとフェネルバフチェの対戦相手決まる (Hurriyet紙)

UEFAヨーロッパリーグのグループリーグ組み合わせ抽選がモナコで行われた。ガラタサライはFグループ、フェネルバフチェはHグループとなった。      48チームの抽選の結果、それぞれ4チームの12グループに分けられた。各チームはホーム&アウェイの総当たり戦で対戦し、合計6試合を行う。試合はトルコ時間の20時と22時05分から行われる。   グループの上位2チームが2回戦に進む。グループリーグは2009年9月17日から12月16-17日の間に行われる。2回戦のグループは2010年2月に始まり、決 全文をよむ

2009-08-25 ディヤルバクル・スポーツ会長、フェネルバフチェ戦後の混乱を釈明 (Hurriyet紙)

ディヤルバクル・スポーツのチェティン・シュメル会長は、24日夜に行われた対フェネルバフチェ戦後に起きた騒動に関して、クラブ名は出さなかったがガラタサライのサポーターに責任があると述べた。同氏は「事件は、とあるビッグ・クラブのサポーターたちが起こした」と発言している。      シュメル氏はフェネルバフチェ会長アズィズ・ユルドゥルム氏に貴賓席に席が用意されていなかったことを厳しい言葉で批判し、県当局と県青少年スポーツ局が国の式典儀礼に反したと非難した。さらに、事件発生の最大の責任は警備側にあると主 全文をよむ

2009-08-24 フェネルバフチェ対ディヤルバクルスポーツの試合終了後、観客による騒ぎ (Zaman紙)

ディヤルバクルスポーツとフェネルバフチェが戦った試合で、競技場に多くの異物が投げられた。試合後には騒ぎが起こった。      トゥルクセル・スーパーリーグ第3週目に、ディヤルバクル・アタテュルク競技場で行われたディヤルバクルスポーツ対フェネルバフチェ戦で、試合中終始、場内に多くの異物が投げられた。      さらに、試合開始から77分後に競技場に立ち入ったサポーターが警備員によって捕えられ、場外に連れられた。      フェネルバフチェの選手達は、これら異物の投げ入れが止まないことについて審判に 全文をよむ

2009-08-10 サッカー・スーパーリーグ開幕―フェネルバフチェの初戦は停電騒動 (Milliyet紙)

■デニズリで停電スキャンダル      試合開始後59分にアタテュルクスタジアムの照明がきえ、さらに発電機の作動不良によって、約40分間の試合中断が余儀なくされた。      デニズリスポート対フェネルバフチェの試合は、59分が経過した時に町全域で発生した停電によりスタジアムのライトが消えたため、審判により中断された。アタテュルクスタジアムの発電機の作動不良のためライトは一つもつかなかった。ビュレント・ユドゥルム審判はしばらく待ったのち、ボールが見えないことはない、として、試合の続行を求めた。し 全文をよむ

2009-08-04 サッカー・シーズン観戦カードの価格チャンピオンはフェネルバフチェ (Hurriyet紙)

トゥクセル・スーパーリーグのビッグ3のひとつは、シーズン観戦カードを700~7,000(4万5千円~45万)トルコ・リラの価格で販売し、最高額のシーズン観戦カードを販売するクラブチームになった      黄色と紺色のユニフォームのフェネルバフチェを、ベシクタシュが追っている。昨シーズンを2冠で終えた白と黒のベシクタシュのカード販売価格は、500~6,900トルコリラの間である。      シーズン観戦カードの販売価格で、ブルサスポーツが3位につけたことが注目を集めている。白と緑のユニフォームのブ 全文をよむ

2009-07-28 トルコ代表のスキー選手、練習中に事故死 (Hurriyet紙)

エルズルム出身のトルコ代表スキー選手であるキュブラ・トスンさん(15)が、アタテュルク大学キャンパス内で、ローラー付きスキーで練習中にスピードを制御できず、駐車中のトラクターのトレーラーに激突した。ヘルメットをかぶっておらず、出血をした高校生のキュブラ・トスンさんは、搬送された病院で助かることなく短い一生を終えた。      事故は、昨日7月27日の11時30分にアタテュルク大学キャンパスで起きた。ロジュマンラル通りでローラー付スキーを用いた練習をしていたスポーツ高校第10学年の生徒であるキュブ 全文をよむ

2009-07-16 レスリング競技で、同性愛ショック (Hurriyet紙)

同性愛者であることが理由で試合を担当させてもらえないでいるサッカー審判への反響が続くなか、今度はレスリングで同性愛ショックが起きている。      ファナティク紙の報道によると、スポーツ担当の国務大臣ファルク・オザク氏が、28の県で運営されているレスリング教育センターの合宿所を、一部のセンターで選手の間で同性愛による関係が確認されたとの理由で閉鎖したことが明らかになった。      一部のセンターがホテルのように利用されていることも閉鎖の理由として挙げられているが、この決定は、レスリング関係者に 全文をよむ

2009-07-05 NBAのヒダーイェト選手、5年契約 (Yeni Safak紙)

NBAでオーランドマジックに5シーズン在籍しているトルコ人プレーヤーのヒダーイェト・チュルクオールが、西カンファレンスのチーム、ポートランド・トレイル・ブレイザーズと基本合意に至ったとされた。ESPNスポーツの報道では、ポートランドの監督の誘いを受けて、二日間オレゴンに来たトルコ人プレーヤーは、会談後にポートランドと5年5000万ドルの契約で基本合意した。NBAの規則により、両リーグのチームが移籍に使える金額をを発表する7月8日の前に公式な移籍の発表は行なえない。ヒダーイェトの税引き後の収入は5 全文をよむ

2009-07-03 伝統クルクプナル油レスリング大会、はじまる (Zaman紙)

今年第648回を迎える伝統クルクプナル油レスリング大会が、エディルネのサライ・イチにあるエル広場で始まった。      オリンピックに次ぎ、世界で最も古いスポーツ種目として知られる油レスリングは、オスマン帝国から今日まで毎年大変な熱気をもって行われている。      今年の「クルクプナル油レスリング及び文化週間」は6月29日に始まった。クルクプナル油レスリング週間では多数の面白い催し物が行われ、メインイベントの油レスリング大会は18:00頃に開始した。エル広場で行われたセレモニーには、エディルネ 全文をよむ

2009-07-01 F1イスタンブル・グランプリ、存続の危機―2011年開催にむけ、主要企業協議 (Milliyet紙)

トルコにおけるF1存続のため新しい試みに奮闘しているタヒンジオール氏は、自動車会社、電話会社、石油会社の経営者らを集めた。目的は2011年のスケジュールから外れないことだ。      経済界は、「F1を失わないように」という目的で会議を開いた。トルコモータースポーツ連盟(TOSFED)のミュムタズ・タヒンジオール会長は、自動車産業連盟と自動車流通連盟の他、携帯電話会社と自動車会社の代表者らと集まった。F1のために何が行われるべきなのかという件に関して開かれた模索の会議では、レース運営を共同して請 全文をよむ

2009-07-01 サッカーFIFAランキング、12位から一気に28位へ後退 (Zaman紙)

国際サッカー連盟(FIFA)が7月の世界ランクを発表した。トルコは一気に16位下がり、809ポイントの28位。第8回FIFAコンフェデレーションカップで優勝したブラジルがトップに返り咲いた。      FIFAインターネット公式サイトの発表によると、日曜まで南アフリカで行なわれていた第8回FIFAコンフェデレーションカップのあとに、FIFA世界ランキングがいくつか変更された。ヨーロッパ選手権で優勝カップを持ち帰り、昨年7月にランキング1位となったスペインは、11ヶ月間の王座をブラジルに明け渡すこ 全文をよむ

2009-06-26 サッカーひいきチーム、ランキング―1位はガラタサライ (Radikal紙)

100万人を対象に行われたアンケートによると、最もサポーター数が多いのはガラタサライという衝撃の結果が明らかになった。アンカラとイスタンブルではカナリヤ(訳注:フェネルバフチェの愛称)がさえずっている(優勢である)。鷲(訳注:ベシクタシュの愛称)はどの県でも勢力を持っていない。      Bilyoner.comは、100万人の会員を動員した調査で、「トルコでのサッカーファン勢力図」を描いた。   トルコの81県で、どのチームのサポーターが多いかを示す調査によれば、5大県のうち、イスタンブルとア 全文をよむ

2009-06-15 今期ダブル優勝のベシクタシュ・デニズリ監督、給料倍増! (Hurriyet紙)

ベシクタシュのユルドゥルム・デミリョレン長は、同チームをダブル優勝に導いた老練のムスタファ・デニズリ監督に二倍の給与を与えた。黒白のユニフォームのチーム(であるベシクタシュの)会長は、「ムスタファ氏の給与は多すぎはしません。彼にはもっと渡して当然です」と話した。       ベシクタシュを19年ぶりのダブル優勝に導いたムスタファ・デニズリ監督は、ユルドゥルム・デミリョレン会長より盛大な称賛を受けた。デミリョレン会長は、新たに契約した能力あるデニズリ監督の年収、150万ユーロを倍増させた。     全文をよむ

2009-06-15 「シャルヴァル・ズボンでバトミントン」大会開催―メルスィン県イェニシェヒル郡 (Zaman紙)

メルスィン県の中央に位置するイェニシェヒル郡庁によって企画され、2日間行われる「シャルヴァル(もんぺ)・バドミントン大会」が始まった。      イェニシェヒル郡長エユプ・サブリ・カルタル氏は、アナトリア観光ホテル職業学校スポーツサロンにおける大会の前に行ったスピーチで、バドミントン協会の会員であることを明らかにし、町は常にバドミントンを住民のスポーツにするよう望んでいると述べた。      こうした考えで、「1ヶ月で1000コート」というプロジェクトを実行し、全ての街区・村でバドミントンのコー 全文をよむ

2009-06-11 ギュル大統領は、若い頃、空手をやっていた (Zaman紙)

 アブドゥッラー・ギュル大統領が若いころに空手をやっていたことが明らかになった。クロアチアで行われた第44回ヨーロッパ空手選手権でヨーロッパ・チャンピオンとなった空手のトルコ代表団を迎えたアブドゥッラー・ギュル大統領は、イスタンブルにいた頃、タクスィムの空手道場に通っていたこと、空手が好きだったことなどを話した。    ギュル大統領は、空手のトルコ代表団がヨーロッパで好成績を治めたことを誇りに思うと話し、選手たちを大統領官邸で手厚くもてなしたいと述べた。クロアチアの首都ザグレブで先月行われた選手 全文をよむ

2009-06-07 ビュレント副首相、F1を観戦 (Yeni Safak紙)

副首相兼国務大臣のビュレント・アルンチはF1INGグランプリを観戦した。      副首相兼国務大臣のビュレント・アルンチはイスタンブルパークのサーキットの設備の一部とメディア・センターを見学した。その間、イスタンブルパークの総支配人のジャン・ギュルジュは、副首相のアルンチにサーキットや設備に関して説明した。      アルンチ副首相は設備がとても気に入ったと話し、「見事なサーキットで、あらゆる可能性が考えられている」と語った。レースの前のチームの作業やレシーシングカーを見学し、メディア・センタ 全文をよむ

2009-06-03 F1ドライバーたちのイスタンブル賞賛―トルコグランプリ近づく (Milliyet紙)

 イスタンブル・パークで6月5-7日に開催されるF1INGトルコグランプリの興奮が高まる一方、F1ドライバーらは、イスタンブル・パークのコースへの賞賛を次々と浴びせた。       2009年のシーズンにおいてこれまで開催された6レースでファンを失望させ、わずか9点しか獲得できていない昨年チャンピオン、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンは、トルコでレースをするのが大好きだとし、「なぜなら、いいタイムを出すためには、タイヤにかかる負担を考慮に入れながら車のコンディションに注意をしなければ 全文をよむ

2009-05-30 ベシクタシュ、ついに優勝!―サッカー・スーパーリーグ (Hurriyet紙)

トゥルクセル・スーパーリーグ最終週にアウェイでデニズリ・スポーツを2-1で破ったベシクタシュは、勝ち点71とし、2008/2009シーズンの覇者となった。      ベシクタシュのゴールは28分にホロスコ、64分にイブラヒム・トラマンが入れた。デニズリ・スポーツの唯一のゴールは85分にブラガが入れた。      ■ベシクタシュの選手ら、優勝を祝う      試合終了のホイッスルで、ベシクタシュの全選手とコーチ団は優勝のTシャツを着用し、旗を手にグラウンドに出て、歓喜に包まれた。      ■デミ 全文をよむ

2009-05-30 快挙!ベシクタシュ監督ムスタファ・デニズリ (Hurriyet紙)

ベシクタシュはアウェイゲームでデニズリスポルを2-1で下して6年ぶりに優勝し、ベシクタシュのムスタファ・デニズリ監督は歴史にその名を刻んだ。      イズミル出身のデニズリ監督は、ベシクタシュを優勝に導いた初のトルコ人監督となり、ガラタサライ、フェネルバフチェに次いでベシクタシュでも勝利を手にし、(この3チームを優勝に導くという)特別なことを始めて達成するという偉業に名を残すこととなった。   試合後、デニズリ監督はあまりの感動に嬉し涙を止められず、マイクを差し出すリーグテレビのレポーターに頼 全文をよむ

2009-05-26 ガラタサライ・新スタジアム建設遅延問題で、入札契約解除手続き開始 (Radikal紙)

ガラタサライのために建設中のセイランテペ・スポーツコンプレックスの建設事業において、契約解除が開始された。      集合住宅管理(TOKİ)の最大の収益配分計画のひとつであるセイランテペ・スポーツコンプレックス計画において、建設の遅れによる入札契約解除が開始された。      TOKİは建設遅延を理由に、入札契約済みの企業に対して26日に警告を行った。      TOKİ副局長エルジャン・トゥラシュ氏はアナトリア通信の記者に向けた発表で、建設現場がここ1か月停止状態であることを明らかにし、「我 全文をよむ

2009-05-20 ガラタサライ、スコラーリ氏と監督就任交渉中 (Hurriyet紙)

来シーズンの監督を探しているガラタサライは、ブラジル人のルイス・フェリペ・スコラーリ監督から(監督就任に)積極的な返事をもらったが、経験豊富な監督を雇うための高額な支出はガラタサライ首脳陣が尻込み原因となった。      昨年はチェルシー(イングランド)を率い、それ以前にはポルトガル代表とブラジル代表で輝かしい成績を収め、世界のトップ監督になったフェリペ・スコラーリと会談を行ったガラタサライ代表アドナン・ポラットは、スコラーリ監督本人から(ガラタサライの監督就任に)積極的な返事をもらったことを明 全文をよむ

2009-05-17 スィヴァス・スポーツ、今週は勝利―サッカー・スーパーリーグ (Milliyet紙)

リーグ戦でここ2週間勝ち星がなく、首位の座を譲ったスィヴァス・スポーツは、ハジェッテペに対して、ムラト・エルドアンとトゥムのゴールで勝ち点3を得て、試合数が多いけれども暫定で首位にたった。ホームのハジェッテペの唯一のゴールは、イブラヒムが決めた。スィヴァス・スポーツは、ハジェッテペに対して死に物狂いで戦い、この試合を後半に奪ったゴールで勝利に結びつけた。      3分にトゥムのパスからメフメト・ユルドゥズがペナルティーエリアに入りシュートを放った。ボールはわずかにゴールの外に外れた。      全文をよむ

2009-05-04 不調のガラタサライ、監督解任の噂を否定 (Zaman紙)

ガラタサライは監督であるビュレント・コルクマズ氏の続投を表明した。      ガラタサライクラブのインターネットサイトで行われた説明では、今日(4日)いくつかのメディアにビュレント・コルクマズ監督の解任のニュースが流されたが、真実ではない、とされた。また「世論はこのような根も葉もない情報を真に受けないようお願いします。我々の監督であるビュレント・コルクマズ氏にはこれからも監督を続けてもらいます」と述べられた。 全文をよむ

2009-04-30 重量挙げの金メダリスト・ナーイム・スレイマンオール、緊急入院 (Milliyet紙)

世界選手権とオリンピックでの重量挙げ金メダリストであるナーイム・スレイマンオールが、痙攣を起こし緊急入院したことが発表された。    バクルキョイ・ドクター・サーディー・コヌク教育研究病院のザフェル・チュクロワ院長は、アナトリア通信の記者に対して行った会見で、「スレイマンオール氏は今朝緊急入院したが、痙攣発作すなわちひきつけを起こしたと診断された」と話した。    チュクロワ院長はスレイマンオール氏の治療はすぐに始められ、痙攣発作は治まったと述べ、「発作は脳出血か糖尿病が原因であるとみています。 全文をよむ

2009-04-20 ガラタサライのアルダ、また喧嘩 (Radikal紙)

サッカー人気チームガラタサライのアルダ・トゥランは、(出場停止のため)イスタンブル・スポーツとの試合を観客席から観戦していたが、試合後、ロッカールームに行こうとして、それを認めなかった警備員とけんかになった。このため、懲罰委員会に送られた。      フェネルバフチェとの試合での乱闘事件により、3試合出場停止処分をなったガラタサライのアルダ・トゥランは、今度はイスタンブルとの試合で、入室カードがないにもかかわらず、ロッカールームに行こうとして警備員に暴力をふるい、このため懲罰委員会に送られた。  全文をよむ

2009-04-09 ヨーロッパ重量挙げ選手権でヌルジャン・タイラン優勝 (Zaman紙)

ルーマニアで開かれている第22回ヨーロッパ重量挙げ選手権は、ヌルジャン・タイランにとって復活の意味をもっている。      タイラン選手は3つの金メダルを取ったあと、「生まれ変わりました」と述べ、アンタリヤでの世界選手権でトルコ国民の目の前で新記録を打ち出したいと語っている。       ヌルジャン・タイランは北京オリンピックの前の怪我のあと、スポーツ選手として終わりかと思われたが、この2ヶ月で昔のようなすばらしいパフォーマンスを見せている。彼女は、ブカレストでの選手権では難なく金メダルを手に 全文をよむ

2009-04-01 ワールド・カップ出場遠のく―スペインにホームで逆転負け (Hurriyet紙)

トルコチームは、2010年ワールドカップヨーロッパ予選第5グループでの6試合目で スペインに2対1で負けた。      トルコチームは1対0でリードしていたにもかかわらず、アリ・サミ・イェン・スタジアムでスペインに2対1で負け、フィールドを勝ち点なし離れた。グループの他の試合では、ボスニア・ヘルツェゴビナがベルギーを2対1で破り、勝ち点を12に上げた。この結果の後トルコは勝ち点8点にとどまる一方で、12点にのびたボスニアは18点のスペインに次いで第二位となった。トルコはというと勝ち点8点で3位に 全文をよむ

2009-03-28 ランニング中に路面電車にのったトルコ系サッカー選手の顛末・・・ (Radikal紙)

ドイツサッカー3部リーグで戦うチーム、アイントラハト・ブラウンシュヴァイクのセリム・アイデミル選手が練習を回避するために行った「路面電車」のゲームは悪い結果に終わった。      ドイツの3部リーグで戦うチーム、アイントラハト・ブラウンシュヴァイクのトルコ人サッカー選手セリム・アイデミルが、ランニングの際に路面電車に乗ったとしてクラブから解雇されたことが報道された。      ドイツのwebサイトwww.sport1.deの情報によると、18歳のこの選手はチームのコンディショントレーニングのため 全文をよむ

2009-03-26 ハカン・シュクリュ(元サッカー選手)、メッカへ巡礼 (Zaman紙)

元ガラタサライ所属のサッカー選手ハカン・シュクリュが、ベイダ夫人と何人かの親戚と一緒にメッカ巡礼に行った。      元ガラタサライ所属選手の見送りには、兄弟のギョクハン・シュクリュの姿もあった。ハカン・シュクリュはクリーム色の服を着てアタテュルク国際空港に姿を現し、ベイダ夫人も白いベールで人目を引いた。夫妻はとても楽しそうな様子で、出国審査を済ませ、飛行機に乗り込んだ。      ハカン・シュクリュは記者らに対しコメントせず、その後夫人と他の親戚とともにサウジアラビア航空の14:00発の便に乗 全文をよむ

2009-02-17 体重375キロの元レスリング選手、自宅からクレーンで搬送されるも病院で死亡 (Milliyet紙)

ブルサで、体重375キロの元トルコ代表レスリング選手メフメト・アイユルドゥズさん(58)が自宅からクレーンで出された後、ムラディエ国立病院に搬送された。懸命な治療にも関わらず、死亡した。      アイユルドゥズさんのために、幅110センチ、深さ65センチ、縦190センチの大きさで特別な棺が用意された。   アイユルドゥズさんはメルケズ・オスマンガズィ郡ナマズギャフ街区に住み、17歳から25歳までの間、トルコ・チャンピオンとなり、国際トーナメントでは複数のメダルを獲得した。 全文をよむ

2009-02-09 農家のおばちゃん達のサッカーチーム シャルヴァル(バギーパンツ)・スポル (Radikal紙)

メルスィンのシィリフケ郡で農家の女性達が作ったサッカーチームがバギーパンツをはいて試合を行った。その試合が、大きな関心を集めている。   スィリフケ郡カバサカッル街区で、50歳~60歳の農婦14人がつくった「シャルヴァル(バギー・パンツ)・スポル」という名のサッカーチームは、週に1回、サッカー場でチームのメンバー同士で試合をしている。      女性たちがバギーパンツをはいて行う試合を、多くの人々が興味深く観戦する。一方、行われた最新の試合では、女性たちが作った「ブルー」と「オレンジ」の2つのチ 全文をよむ

2009-01-17 ガラタサライ対フェネルバフチェ対戦100周年 (Hurriyet紙)

トルコのスポーツの世紀の両雄、ガラタサライとフェネルバフチェ間の伝統の対戦は、本日100周年記念を迎える      1905年創設のガラタサライ・クラブと1907年創設のフェネルバフチェ・クラブは、サッカー競技で始めて、今日からちょうど100年前の1909年1月17日に対戦した。現在のシュクリュ・サラジオール・スタジアム、「パパズン・チャユル」という名の場所で行われた伝統の対戦初戦はガラタサライが2-0で勝った。      ■ フェネルバフチェが勝ち数ではリード      100年に達する伝統の 全文をよむ

2008-10-08 ガラタサライ、UEFAカップ・グループリーグのBグループで対戦へ (Hurriyet紙)

ガラタサライは、UEFAカップのBグループに落ちた...対戦チームはベンフィカ、オリンピアコス、ヘルタ・ベルリンとお馴染みのチーム、メタリスト・ハルキブとなった...      黄色と赤色がチームカラーのガラタサライは、オリンピアコス、メタリストとホームで、ヘルタ・ベルリン、ベンフィカとアウェイで対戦予定...      UEFAカップ予選2回戦グループの抽選が、スイスのニヨン市で行われた。      ポット3で抽選に参加したガラタサライは、ポルトガルのベンフィカ、ギリシャのオリンピアコス、ドイ 全文をよむ

2008-08-24 北京オリンピック、トルコの成績簿 (Zaman紙)

 第29回夏季オリンピックにおいてトルコは、合計金1個、銀4個、銅3個のメダルを獲得した。       トルコオリンピック選手団は、2004年にギリシャの首都アテネで開催されたオリンピックを金3個、銀3個、そして銅4個のメダルと共に終えた。        今回トルコは、12競技、68人の選手と、オリンピック参加史上、最多競技、最多選手の出場により臨んだ2008年北京大会において、1988年のソウル大会以降最少の金メダル獲得数となった。       これに対し、2008年北京大会で獲得した合計8個 全文をよむ

2008-08-22 イスタンブル広域市役所、かつてのチャンピオン選手に墓地のプレゼント  (Hurriyet紙)

トルコがオリンピックでなぜ活躍できないのかが議論される一方で、イスタンブルで起こったある事件がこの理由を悲喜劇的な形で明らかにした。      イスタンブル広域市役所は、1960年のローマオリンピックでレスリングのチャンピオンになった77歳のミュザヒル・シレさん、1956年に世界チャンピオンとなった78歳のヤシャル・ユルマズさん、何度も世界第二位の座を獲得した75歳のドゥルスン・アリ・エルバシュさんに対し、まだ健在にも関わらず、善意の意思表示として、マルテペ・バシュビュユク墓地内に墓所を贈った。 全文をよむ

2008-08-21 金メダル獲得を90%確信していた レスリングのラマザン・シャーヒン選手 (Yeni Safak紙)

ラマザン・シャーヒンは、試合後行われた記者会見で、この階級で新たな世界チャンピオンとなり、金メダル以外、考えもしなかったと述べた。      オリンピックでトルコに初の金メダルをもたらしたラマザン・シャーヒンは、勝利を確信していたと述べた。ラマザン・シャーヒンは、「金メダルが取れることを90%確信していました。なぜならオリンピック直前のこの階級での世界チャンピオンは私だったからです」と述べた。シャーヒンは、「私のライバルもとても強い選手です。昨年はお互い勝敗を分けました。今回はまた私が勝ったので 全文をよむ

2008-08-16 エルヴァン選手、「メダル獲得を信じていた」 (Zaman紙)

エルヴァン・アベイレゲッセ選手は、第29回夏季オリンピック大会の10000mで第2位となり、トルコに陸上競技でオリンピック史上初の銀メダルをもたらした。エルヴァン選手は、メダルをトルコ国民、そして家族に捧げると話した。      エチオピア出身のトルコ代表アスリートであるエルヴァン選手は、ロシア人のトレーナーであるアナトリ・ビチコヴさんと共に、北京で最も有名な歴史的建造物かつ観光地である「紫禁城」において、トルコの新聞記者の質問に答えた。      アベイレゲッセ選手は、自分としては昨日(15日 全文をよむ

2008-08-10 オリンピックで快挙のスィベル・オズカン、孤児院から銀メダリストへ (Yeni Safak紙)

 女子重量挙げ48キロ級に出場したスィベル・オズカンは、スナッチで88キロ、ジャークでは111キロを挙げ合計199キロに達し銀メダリストとなった。両親の離婚のため6歳でコンヤの児童養護施設で育てられた国民的アスリートは、家賃を払うことができず、通学時に友人らから交通費を都合してもらうことに不満を述べた。      中国の首都北京で開幕した第29回夏季オリンピックにおいてトルコは、大会第1号のメダルに、重量挙げのスィベル・オズカンによって手にした。女子48キロ級に出場したスィベル・オズカンは、初め 全文をよむ

2008-08-09 北京オリンピック、最初のメダルは女子重量挙げ48キロ級 (Zaman紙)

中華人民共和国の首都、北京で今日始まった第29回夏季オリンピック大会で、トルコの最初のメダルは重量挙げのスィベル・オズカン選手が獲得した。女子48キロ級で戦ったスィベル・オズカン選手は、「スナッチ」で88キロ、「ジャーク」で111キロを持ち上げ、合計199キロに達し、銀メダルをとった。      北京大学航空宇宙科学学部の体育館で行われた試合の重量挙げ女子48キロ級では、14人の選手が競った。スナッチ種目で13番目に競技台にたったオズカン選手は、1回目に86キロを楽々と持ち上げた後、2回目の88 全文をよむ

2008-08-07 重量挙げヌルジャン選手にメダル獲得を期待 北京オリンピック2008 (Yeni Safak紙)

9日土曜日の朝、48キロ級に出場する重量挙げの記録保持者ヌルジャン・タイラン選手とスィベル・オズカン選手に、トルコは北京オリンピック2008最初のメダルを期待している。      青年スポーツ総局のメフメト・アタライ局長は、中国が最初のメダルを取ろうと競技日程を早い時間に設定したと言い、「アテネ・オリンピック同様にメダルは我々がとります。中国の喜びや期待を打ち破ります」と話した。      オズカン選手に関して問題はなく、体調もよいと話すアタライ局長は、「求めている結果を得られることを祈っていま 全文をよむ

2008-08-03 トルコ国籍サッカー選手は、EU国籍扱いに (Radikal紙)

国民的サッカー選手ニハト・カフヴェジ選手がレアル・ソシエダ(スペイン)でプレイしていた時期に起こした訴訟に完全に片がつき、プロのトルコ人サッカー選手はヨーロッパで欧州市民身分でプレイする権利を手にした。      トルコ共和国よりも先にサッカー選手が欧州連合に加盟。欧州司法裁判所がとった判決に従い、ヨーロッパ経済委員会(CEE)とトルコ間の協同合意を理由とし、EU加盟国でプレイするプロのトルコ人スポーツ選手らは「欧州市民身分のプロ選手」となることに対しまさに権利が与えられたことが明らかにされた。 全文をよむ

2008-07-08 トルコサッカー協会のドアン会長の葬儀、モスクは参列者であふれた (Milliyet紙)

ボドルムで亡くなったトルコサッカー協会のハサン・ドアン会長が昨日、首脳たちも参加して大勢の人が参列した葬儀で見送られた。イスタンブルで最も広大な中庭をもつモスクのうちの一つであるファーティフ・モスクは人ごみで溢れた。      ボドルムで心臓発作を起こし息を引き取ったトルコサッカー協会の故ハサン・ドアン会長は昨日、最後の旅路についた。故ドアン会長をしのんでファーティフ・モスクで行われた葬儀には、サッカー界から多くの著名人や首脳たちも集まった。葬儀には、アブドゥッラー・ギュル大統領、キョクサル・ト 全文をよむ

2008-07-06 ホテル・エディルネ -公園で野宿者も、トルコ伝統のオイルレスリング観戦は楽じゃない? (Hurriyet紙)

歴史的なクルクプナルのオイルレスリングを見るために全国からエディルネにやって来たオイルレスリングファンたちは、宿泊場所が不足するこの町で公園やモスクの中庭などで寝て、夜を過ごしている。      特にオスマン時代の墓石が並ぶ墓地で毛布を広げ、墓石に頭を預けて眠る人たちもでてきて、おもしろい光景となっている。野宿したレスリングファンたちは、日の出とともに目を覚まし、同じ場所で朝食をとった後、オイルレスリングの行なわれるエル広場に向かう。      マニサのアクヒサルから来たハサン・バシュカヤ氏は、 全文をよむ

2008-07-01 サッカートルコ代表チームのテリム監督が辞任撤回 (Milliyet紙)

トルコサッカー協会運営委員会は、今日(1日)行われた会議の後に代表チームのファーティフ・テリム監督が2012年まで代表チームのトップとして残留することを発表した。      今日トプラクホールディングで行われたサッカー協会運営委員会の会議は、約2時間続いた。会議後、会長のハサン・ドアンはサッカー協会運営委員会のメンバーであるレヴェント・クズルとともに記者会見を行い、ファーティフ監督とは2010年までの契約であるが、2012年まで契約を延長することで合意したことを発表した。ハサン・ドアンは以下のよ 全文をよむ

2008-06-26 トルコ代表チームのテリム監督、辞任へ (Yeni Safak紙)

対ドイツ戦ですばらしいゲームを見せていたにもかかわらず不運にもゴールを決められ、選手権へ別れを告げたトルコ代表の監督ファーティフ・テリム氏は、試合後辞任を発表した。試合後更衣室で選手たちをねぎらったテリム氏は、彼ら一人ひとりと別れのあいさつをした。テリム氏は更衣室で選手たちに「あきらめてください。会長と話した後辞める予定です。トルコのチームの監督を務めることは考えていません。ヨーロッパのチームで監督をやるつもりです。君たちみんなとやれたことは私の誇りです」と述べて選手たちに指導者として最後の言葉 全文をよむ

2008-06-25 アルメニア大統領、ギュル大統領をサッカー試合観戦招待へ (Milliyet紙)

アルメニアのセルジ・サルキシャン大統領は、アブドゥッラー・ギュル大統領に対し、「エレヴァンで一緒にサッカー試合観戦」を提案する可能性があると述べた。      エレヴァンに本部をもつメディアマックス通信が伝えたところによると、モスクワにいるサルキシャン大統領は、ロシア国内のアルメニア人社会の代表者らとの会談の中で、「近い将 来、トルコとアルメニアの関係を活気付ける方向で、新しい一歩を踏み出すつもりです。高い可能性で、ギュル大統領をエレヴァン訪問にご招待し、トルコとアルメニアのサッカーチームの試合 全文をよむ

2008-06-22 ニハトも負傷―準決勝は9人欠場 (Hurriyet紙)

クロアチア戦で負傷したニハトの右太ももに問題があることと、トーナメントを欠場することが明らかにされた。      このためトルコチームは、ドイツ戦に控えの選手が3人だけという状態で臨むことになりそうだ。ヴォルカン、エムレ・アシュク、アルダ、トゥンジャイがペナルティにより欠場、またエムレ・ギョンギョル、エムレ・ベロズオール、テュメル、セルヴェトは負傷によって欠場、その結果ユニフォームを着る選手は14人となった。エムレ・ベロズオールとセルヴェトについては治療を急いでいるとのことである。トルコの選手た 全文をよむ

2008-06-21 奇跡!勝利はトルコ―クロアチア破り、準決勝へ (Radikal紙)

トルコは、延長に入り終了2分前に1点入れられリードされた。しかし、セミフの終了1秒前のゴールで、PK戦に持ち込んだ。PK戦に勝ち、準決勝に進んだ。相手はドイツだ。 全文をよむ

2008-06-21 セミヒのゴール再現、アシストはキーパーのリュシュトゥ (Yeni Safak紙)

ロスタイムの最後の数秒のプレーで、ベテランキーパーの長距離アシストがゴールにつながった。セミヒ選手は(キーパーの)リュシュトゥ選手から受けたボールをゴールに決めた。      (キーパーの)ヴォルカンの出場停止によりゴールを守ったリュシュトゥは、EURO2008で、奇跡的なゴールの立役者になった。試合の最後数分は息をのむ展開。まずリュシュトゥのミスでクロアチアがゴールを決めた。試合がもう終ろうかというとき、クロアチアのシュートでボールを手にしたリュシュトゥは、前方のセミヒを見た。(リュシュトゥの 全文をよむ

2008-06-21 マラトゥヤのイマーム、金曜礼拝でサッカー勝利祈願 (Zaman紙)

モスクに集まった信徒は、EURO2008準々決勝でクロアチアと対戦予定のトルコA代表チームのために祈り、応援した。      マラトゥヤのシェケル・ホジャという愛称を持つ宗務官のジェラル・ティルゲンさんは、金曜礼拝の際、信徒にトルコ・クロアチア戦の成功を祈らせた。   シェケル・モスクの宗務官ジェラル・ティルゲンさんは、祈りを捧げることでトルコ代表チームの選手たちを応援している。 全文をよむ

2008-06-20 クロアチア・メディアのとんでも報道―トルコ戦はウィーン包囲? (Milliyet紙)

トルコA代表チームと今晩、対戦するクロアチアのスポーツメディアは、試合を「歴史」的観点から論じている。      ザグレブのメディアは、トルコが1683年のウィーン包囲を再現しようとしている、と表現している。24サタ紙は、「325年ぶりにトルコ人が再びウィーンを包囲」という見出しを出す一方で、ヴェチェルニ・リスト紙は、「これはウィーン包囲なのではないか?」という一面見出しを読者になげかけた。      新聞や一部の報道機関のニュースでは、オスマン帝国がウィーンを二度包囲したが、オーストリア=ハン 全文をよむ

2008-06-18 UEFA、ゴールキーパー・ヴォルカンの出場停止期間を発表 (Yeni Safak紙)

トルコA代表がチェコ共和国と行った、第13回サッカー欧州選手権本戦Aグループの試合の終了間際にレッドカードを受け退場となったゴールキーパー・ヴォルカン・デミレルに対し、UEFAの規律委員会は、2試合の出場停止処分を決定した。      サッカー協会の報告によると、ヴォルカン・デミレルは、6月20日のクロアチアとの準々決勝、また勝ち進んだ場合は準決勝でユニフォームを着ることができない。トルコ・サッカー協会は、ヴォルカンへの2試合の処分がUEFAから正式に通知されるのを待って、必要な申し開きを行った 全文をよむ

2008-06-17 エルドアン首相、決勝点をあげたニハトの着たユニフォームをおねだり (Radikal紙)

トルコ代表チームがチェコ・チームに3対2で勝利したことで、レジェプ・タイイプ・エルドアン首相もおおいに喜んだ。      エルドアン首相は試合終了直後に、ファーティフ・テリム監督と試合で活躍したニハト選手に電話をし、勝利を祝った。ニハト選手は「その汗まみれのユニフォームが欲しい」と話したエルドアン首相の要望を受け入れ、「汗まみれのユニフォーム」を昨日空輸便で送った。      ムラト・バシェスギオール大臣はすぐにニハト・カフヴェジ選手とトゥメル選手がこの試合で着たサイン入りユニフォームをエルドア 全文をよむ

2008-06-16 サッカー欧州選手権、逆転でチェコをやぶりベスト8入り (Hurriyet紙)

トルコA代表チームは、2008サッカー欧州選手権でチェコを3-2で破り準々決勝にすすんだ。ロスタイムにいれたゴールで、歴史に名を刻んだ。      スイス戦でも逆転勝利を収めたトルコ代表チームだったが、チェコ戦でも同じ展開になった。スイス戦では、ロスタイムにアルダの決めたゴールで、2-1の勝利を収め、希望を最終戦につないだ。チェコ戦も再び、ロスタイムに入り、今日はニハトの放ったシュートが決まり、3-2の勝利をおさめた。トルコ中で、(勝利を祝って)人々が通りに繰り出している。 全文をよむ

2008-06-16 スイスのハカン・ヤキン、グループリーグ最終戦でポルトガル相手に2ゴール (Milliyet紙)

ユーロ2008の開催国のひとつスイスは、グループリーグの最後の試合でポルトガルを2-0で破った。この試合では、両チームともいいサッカーを展開できず、グループの首位が最初の2試合での勝利により決定しているポルトガルは、グラウンドに控え中心のメンバーを送り出した。両チームともモチベーションがあがらず試合のテンポが落ちる中、スイスの勝利のゴールをトルコ系の選手ハカン・ヤキンが71分と83分(ペナルティ)に記録した。このスター選手は、86分でカバナスと交代した。同じくトルコ系のエレン・デルディヨクとギョ 全文をよむ

2008-06-16 ファーティフ・テリム監督、「自分たちは、最後まであきらめないチームだ」 (Radikal紙)

ファーティフ・テリム監督「あきらめず、最後のフォイッスルまで試合は続いていることをわかってる選手たちがいて、自分は幸せだ」      サッカー欧州選手権で準々決勝に進んだトルコ・ナショナルチームの監督ファーティフ・テリムは、試合後のインタビューで、試合当初はよくなかったが、後半は、2点目をとられはしたが、いいサッカーをしたと語り、次のように続けた。「あきらめず、最後のフォイッスルまで試合は続いていることをわかってる選手たちがいて、自分は幸せだ。自分たちの目標は最後までいくことだ。今日は大事な勝利 全文をよむ

2008-06-12 欧州選手権、トルコがスイスに逆転勝ち テリム代表監督「雨がやむようにと祈っていた」 (Zaman紙)

サッカートルコ代表チームのファーティフ・テリム監督は、「トルコにとって選手権が新たに始まった」と勝ち点3の勝利の喜びをかみ締めた。ホームチームのスイスに対し勝利したことは非常に重要だと言い、「まだ選手権に残っている」と話した。      試合中、雨が止むことをひたすら祈っていたという監督は、重い芝生の上で全ての選手が最善を尽くしたと話した。「セミヒはゴールを奪う選手であり、その任務をいい時間帯に立派に果たした。トゥンヂャイは最後の90分まであのようなプレーができる、身体能力の高さを見せつけた。セ 全文をよむ

2008-06-10 ジーコ監督、フェネルバフチェを去ることに 新監督は来週発表 (Yeni Safak紙)

フェネルバフチェは、ブラジル人のジーコ監督と袂を分かつことになった。クラブの新監督は来週の今日(17日)に発表される。      フェネルバフチェのブラジル人監督が去ることになった。黄色と紺でおなじみのクラブの会長であるアジィズ・ユルドゥルムはイスタンブル高校でのパネルディスカッションで、ブラジル人監督であるアーサー・ジーコと意見の不一致に至ったと語った。ユルドゥルムはクラブのトップに就任する新監督は決まっており、名は来週の今日発表すると述べた。 全文をよむ

2008-06-08 ユーロ2008開幕、トルコは初戦0-2でポルトガルにやぶれる (Milliyet紙)

ポルトガルに対し思うようなプレーをすることができなかったわがチームは、EURO2008をひどい結果とともに開始した。      代表チームは、前半ポルトガル側の効果的な武器をオフサイドによる阻止や、ゴールのポストの助けを借りて前半を無失点で終えたが、得点を奪われた後、反撃できなかった。      37分ロナウドの左からのフリーキックではキーパーのヴォルカンの指先に触れたボールはポストに跳ね返された。50分ギョクハン・ザンがペナルティー・エリア前でシマンにおかしたファールにも関わらず、審判はアドヴ 全文をよむ

2008-06-08 ファーティフ・テリム監督の談話「まだまだ、望みはある」 (Zaman紙)

トルコ・ナショナルチームのファーティフ・テリム監督は、故障が試合のリズムを崩したことに言及しながらも、「あと2試合ある。まだまだ、望みはある」と語った。       テリム監督は、ポルトガルとの試合の後におこなった会見で、選手権での出足は良くなかったと説明し、スイス戦が大変重要なものとなると語った。テリム監督は、前半の状況はよくなかったが、後半、試合が均衡していた時に悪いゴールを食ったことに注意を引き、「ポルトガルを祝福する。セルベットが故障したままプレーしたこと、ギョクハン・ザンが故障したこと 全文をよむ

2008-06-07 世界がイルハン・マンスズ選手を観戦 (Hurriyet紙)

イルハン・マンスズが日本の女性に大人気なことはよく知られているが、日本の横浜スタジアムで今日行われた試合で、チームの2点をあげ、少し日本人たちをがっかりさせた。日本のオールスターチームと、世界のかつての名プレーヤーが対戦した試合は、2-2で終わった。      世界の名プレーヤーチームの監督は、このたびインテル・ミランの監督に就任したばかりのジョゼ・モウリーニョが務めた。イルハン・マンスズは、この有名な監督から指示を受けて2ゴールをあげて、チームを敗北から救った。 全文をよむ

2008-06-05 ゲジェコンドゥから出たチャンピオン! (Zaman紙)

小さな子どもたちのトレーナーであり、1994年ボクシング、ジュニアの部、世界チャンピオンのムスタファ・ゲンチさんとフェネルバフチェ・ボクシング部のメルト・オズテメル部長の働きかけで、フェネルバフチェ・アンカラ・ボクシング学校は設立された。この学校には、8歳から12歳までの30人以上の子どもたちが足を踏み入れた。      難しいスポーツを始め、初めて学校に来たときにははく靴もなく、ポケットにお小遣いもなかった子どもたちに、援助の手が差し伸べられた。青少年スポーツ局の県支部に属しているシェフィキ・ 全文をよむ

2008-05-25 サッカー界のスター・ロナウジーニョ「イスラム教に関心あります」 (Yeni Safak紙)

バルセロナの世界的に有名なブラジル人スターのロナウジーニョは、出演したあるラジオ番組で、「イスラム教に関心があります」と語った。      ロナウジーニョは、 バルセロナのユニフォームを着て、数え切れない成功をおさめてきたが、今年、監督のライカールトとうまくいかず、チームを離れることを決心し、「サウジアラビアから信じられないような申し出を受けました」と話した。ブラジル人スター、ロナウジーニョは、「イスラム国でのプレーは、私を大いにひきつけています。イスラム教に対して共感しています。ミラノに行くこ 全文をよむ

2008-05-21 ジーコ監督の去就問題、フェネルバフチェからの回答がなければ・・ (Yeni Safak紙)

ジーコ監督は、自身の監督継続に関してクラブ経営陣に回答期限を伝えたことを明らかにし、一週間以内に回答がなければフェネルバフチェから退くと述べた。      フェネルバフチェのジーコ監督は去就が未定の中、休暇を自国ブラジルで過ごし、自身のこれからについて重要な発表を行った。ブラジルで放送しているグロボTVに話したジーコ監督は、次期シーズンにフェネルバフチェの監督を続投するかどうかは未定だと繰り返す中、クラブ経営陣に伝えた期限が迫っていることに触れた。      ジーコ監督は、フェネルバフチェ・クラ 全文をよむ

2008-05-20 人口737人イェニキョイで、ジダンをひと目見ようと群衆集まる (Radikal紙)

元フランス・サッカーナショナルチームのミッドフィルターであるジダン選手は、ババエスキ郡に位置するイェニキョイ村で、安全管理体制の行き届いた牛乳生産のモデルとなるべく、中央酪農団体により構成されている安全牛乳生産工場のオープニングに参加した。      クルクラーレリのババエスキ郡に位置する、737人の人口をもつイェニキョイは、世界的に有名なカリスマサッカー選手ジネディーヌ・ジダンを迎えた。ジェルベダノン株式会社(ダノン)の協賛のもと設立された、イェニキョイ安全牛乳生産工場のオープニングに参加した 全文をよむ

2008-05-19 サッカー代表、在外の同胞と記念撮影 (Yeni Safak紙)

欧州選手権の本戦に進出したトルコA代表チームは、ドイツのマリンフェルドで合宿を行った。代表チームはドイツのマリンフェルドで、06年W杯で4位になったポルトガルのキャンプ地であったホテルに宿泊しており、18日も2回の練習を行った。練習風景からは、徐々にチームの士気が高まり、また緊張がほどけていっているのが見て取れた。また代表チームは現地に暮らすトルコ人の盛大な歓迎を受け、ファーティフ・テリム監督は練習を観衆に公開した。練習を見た現地のトルコ人たちは、テリム監督や選手たちと集合写真を撮り、チームの勝 全文をよむ

2008-05-15 フェネルバフチェ、シェヴチェンコ獲得に700万ポンドを準備 (Zaman紙)

イギリスで発行されているデイリー・メイル紙は、フェネルバフチェがチェルシーに所属するウクライナ出身のストライカー、アンドレイ・シェフチェンコに700万ポンドを払う用意があると報じた。      フェネルバフチェは、イギリスで活躍できず、長い間補欠にとどまっていた一人のウクライナ人のために700万ポンド(900万ユーロ)の年俸を提案していることが報じられた。      ミラー紙によると、この提案が受け入れられる場合、フェネルバフチェは来週シェフチェンコが獲得する金額についての話し合いを始めることに 全文をよむ

2008-05-11 ガラタサライ優勝! トルコ全国でサポーター大喜び (Yeni Safak紙)

黄色と赤色のチームカラーのガラタサライ・サッカーチームは、フェルドキャンプ監督の指揮でスタートし、リーグ戦の頂点に立ち、王座についた。      フェネルバフチェに勝利し、第32週に首位の座に再びついたガラタサライの勇者達は、スィヴァスとの試合で優勝を濃厚とした。そして最終週でG.Bオフタシュを打ち負かし、正式に優勝を手にした。   優勝を祝う様子は、サーミ・イェン・スタジアムから全国に広がった。ガラタサライのサポーターたちは、トルコのあちこちで「チャンピオンはガラタサライ」と叫んだ。      全文をよむ

2008-05-10 2007年スーパースポーツ世界選手権(WSS)チャンピオンのソフオール選手の兄が事故死 (Milliyet紙)

アダパザル出身のバハッティン、スィナンとケナン・ソフオール3人兄弟は、学校を出るとすぐに父のイルファン・バスリ・ソフオールのモーターサイクル整備で一息ついていた。父は許可しなかったが、彼らは気に入ったオートバイに乗り仕事から逃れた。こうした興味は短期間で情熱へと変わった。第一歩は兄であるバハッティンから始まった。      2002年、道路を渡る際に、1台の車両が衝突してきた結果(バハッティン)は命を落とした。バハッティンを引き継いだスィナンは国内で、ケナンは国外で、トルコでのモーターサイクルス 全文をよむ

2008-05-09 サッカー、ガラタサライ・チームのチケット、数時間で売り切れ (Radikal紙)

黄色と赤色をチームカラーとするガラタサライ・サッカーチームのサポーターは、優勝決定戦になると見られているゲンチレルビルリー・オフタシュとの試合のチケットを数時間で買い尽くした。      トゥルクセル・スーパーリーグにおけるガラタサライ対ゲンチレルビルリー・オフタシュ・スポールの試合チケットには、販売開始後、多くの購入希望が舞い込んだ。ガラタサライが優勝すると信じるサポーターたちは、5月10日土曜日にアリ・サーミー・イェン・スタジアムで行われる試合のチケットに大きな関心を示す一方で、ビレティック 全文をよむ

2008-05-09 女子ボクサーのギュルジャンさん、力尽きる 交通事故で脳死、臓器提供へ (Yeni Safak紙)

トラブゾンで起こった交通事故によって脳死状態となった16歳の女性ボクサーのギュルジャン・アクブルトさんは、命を失った。トルコランキング第三位のボクサーだったアクブルトさんは、黒海工科大学ファラビ病院の集中治療室において一週間ほど治療を受けていたが、その命が失われたことを知った家族は、臓器提供を行なった。      アクブルトさんが脳死だと発表した大学病院ハルク・ウルウトク教授は、彼女の家族が娘の死に悲しんでいるにも関わらず、他の患者の病気の治療に役立てるため、アクブルトさんの腎臓と肝臓を移植する 全文をよむ

2008-04-10 ヨーロッパチャンピオンズリーグ終え、フェネルバフチェ帰国 -拍手と花で迎えられる (Zaman紙)

ヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝の第二戦で、イングランドのチェルシーに2-0で敗北し、優勝カップに別れを告げたフェネルバフチェ選手団が、今日夕方イスタンブルに戻った。      サビーハ・ギョクチェン空港に専用機で到着した選手団は、ここで約100人のサポーターと熱烈な歓迎に迎えられた。フェネルバフチェの選手とコーチの一団ががっかりした様子を見せる一方で、サポーターは拍手喝さいで励まそうとした。サポーターは、花束を贈ったサッカー選手およびコーチの一団と写真撮影も行った。      フェネルバ 全文をよむ

2008-04-07 ギュナイ文化観光相、イノニュ・スタジアムの改築に反対 (Hurriyet紙)

エルトゥールル・ギュナイ文化観光相は、ドルマバフチェ宮殿の裏側にあり、一部が歴史的遺産であるイノニュ・スタジアムを取り壊し、新たに建設することに関連してためらいがあると述べた。      ベシクタシュの球団代表ユルドゥルム・デミロレン氏は、2週間前にエルトゥールル・ギュナイ文化観光相を訪問した。デミロレン氏は、イノニュ・スタジアムに関連していくつかの要請を伝えた。これについてギュナイ観光文化相は次のように話した。      「球団側はスタジアムを建て替えること、その建て替え時に少々の文化施設の付 全文をよむ

2008-04-03 デイビッド選手「あきらめなかった」 欧州チャンピオンズリーグ、フェネルバフチェがチェルシーに先勝  (Yeni Safak紙)

試合の序盤にオウンゴールのために悔しさを隠せなかったデイビッド・ソウザ選手は、勝利につながるゴールを決めたことで大きな喜びを感じていると語った。      ブラジル出身のデイビッド選手は、欧州チャンピオンズリーグで 5本目となるゴールを放った。試合後の記者会見では、「得点王になる可能性があるポジションに来たからではなく、決勝点となるゴールを決めることができたのでうれしく思います。オウンゴールをした後も、あきらめませんでした」と語った。      デイビッド選手は自分のポジションを説明する際、次の 全文をよむ

2008-03-21 スポーツで侮辱行為を行った者への罰金値下げへ (Hurriyet紙)

スポーツ競技における暴力及び無秩序防止に関する法により、スポーツの競技場において侮辱行為をおこなった者に対して、以前は1316YTL(約104700円)の罰金だったが、今年から1411YTL(約112200円)に値上げされた。しかし、同法において、基本的な罰金法規に釣り合わせる目的で行なわれた改定により、侮辱行為に対する罰金は1000YTL(約79550円)に引き下げられた。このようにスポーツの競技場における侮辱行為に対し、この2ヶ月で411YTL(約32700円)値下げされた。   カイセリで 全文をよむ

2008-03-16 チャンピオンズリーグのベスト8、フェネルバフチェの対戦相手はチェルシー(英) (Hurriyet紙)

フェネルバフチェがチャンピオンズリーグで英チェルシーと対戦することがイギリスのマスコミをにぎわせている中、英新聞の大半はこのカードではチェルシーに勝算があるとコメントした。   ザ・デイリー・テレグラフ紙は、チェルシーがフェアーな抽選の結果、フェネルバフチェと対戦することになり、チーム監督アブラム・グラントへのプレッシャーが軽減されたと語り、昨日(一昨日の抽選日)は彼にとって吉日だったと伝えた。      またガーディアン紙ではチェルシーが他のイギリスサッカーチームに比べてより幸運な状況にあるこ 全文をよむ

2008-03-07 トルコ企業が支援 イスラエル・アラブのサッカー交流 (Yeni Safak紙)

イスラエルで、トルコの会社がスポンサーになり、チームの半分がムスリムで残りの半分はユダヤ人から成るサッカーチームが、王座獲得に向けて努力している。アブ・ゴッシュ、メウァセレト、カタモンに住むムスリムと正統派ユダヤ人から成るアブゴッシュ・メウァセレト・カタモンチームがイスラエル2部リーグでチャンピオンにむけ最終段階にある。イスラエルの建設部門で100万ドル規模のプロジェクトに署名したトルコの会社ユルマズラル・グループが、国連より平和賞を受賞した同チームのスポンサーを務めている。ユルマズラル・グルー 全文をよむ

2008-03-05 ジーコ監督へ一番大きな誕生日プレゼント (Zaman紙)

スペインで歴史にその名を刻んだフェネルバフチェ。そのジーコ監督の55回目の誕生日に、選手たちは最大のプレゼントをした。       ブラジル出身のジーコ監督は、「人生様々な経験があるが、これらの経験は今後君たちに力を貸してくれるだろう」と話し始め、次のように述べた:「我々にとって今までの経験が実を結び始めた。我々は特徴あるチームとなった。我々はいかなる時にも屈せず、そしてこの報いを得た。私にとって今日はとても素晴らしい誕生日となった」。セビリアのマノーロ・ヒメネス監督は、「チャンピオンズリーグで 全文をよむ

2008-02-15 マニサで精神病患者、柔道を習いながら治療 (Zaman紙)

 マニサ精神・神経科病院で治療中の患者らに社会復帰・社会適応活動の一環として、柔道を含むスポーツ教育が実施されている。       病院で週4日、1日2時間のペースで柔道のコースを受ける精神病患者のために、卓球のトーナメント試合も実施されている。バスケットボールやバレーボール大会についても準備が進められている。小児精神科が専門のイスマイル・ヤヴァシュ副院長は精神病を患った患者にはスポーツ活動が重要であると主張し、これが患者の社会復帰や社会生活適応に重要な影響を及ぼしていると述べた。        全文をよむ

2008-01-18 ムシュで若者達、凍結した川の上でアイススケート楽しむ (Zaman紙)

ムシュのバルト郡で若者のグループが25kmに渡って凍結したムラト川でスケート滑走をした。川の上でスケートをしたニハール・サラチオールは、「男の子達がスキーをしているので、私たちも友達同士でスケートを始めました。私たちにはスケート場がないので、ここは重宝しています。ムラト川がここ10日で完全に凍結して表面が覆われると、ミニバスや車でここにやってきました。ここでスケートをする最大の理由は、テレビでやっていたスケート競技でした。この競技を見て本当に興味をそそられました。」と述べた。   氷上で楽しそう 全文をよむ

2007-12-28 アタテュルク競走、アブデュルカーディル・チュルクが優勝 (Zaman紙)

スポーツの歴史上最も長く続いている競技である第72回大アタテュルク競争は、男性の部では30分35秒でアブデュルカーディル・チュルクが優勝し、女性の部においてはエチオピア人のエメベット・バチャ・レンチョが34分14秒で優勝した。      計181のアスリートが競技に参加したが、アスリートたちは時折苦労していたようだ。アタテュルクがアンカラへ訪れた、最初の場所であるディキメン・ケキリッキ・プナルから、スポーツ担当のムラト・バセスジオール国務大臣のスタートの号令でもって始まったこの競技は、アブデュル 全文をよむ

2007-11-25 政治系コラムニストがサッカーに口を出すと・・ (Milliyet紙)

コラムニストの仕事は政治の動向を探り、見解を新聞のコラムを通して読者に伝えることだ。しかしときに政治以外のことが検討課題の一番上にくることがある。彼らもサッカー好きであり、サッカーについて考えている人たちであるため、コラムにこのテーマを載せようと考える。口裏合わせをしたかのように「私はサッ カー解説者ではない、サッカーは私の専門分野ではない」と言ってはいるが、彼らがサッカーについて書いたこと、述べたことは、興味深く、注目されている。      サッカートルコA代表チームが欧州選手権への切符を手に 全文をよむ

2007-11-22 トルコA代表チームは我々の誇り -2008年欧州選手権(ユーロ2008)本大会出場権獲得 (Milliyet紙)

トルコA代表チームは予選最終試合でボスニア・ヘルツェゴビナも破り、自力でUEFA欧州選手権2008の本大会への出場を決めた。トルコ代表は、ニハト・カフヴェジ選手の唯一のゴールで勝利を勝ち取り、7千万人のトルコ国民に忘れられない一夜を贈った。      ■ハッピーエンディング      欧州選手権2008の本大会まであとわずか90分・・・スタジアムを埋め尽くした何万ものサポーター、興奮してテレビに張り付く何百万もの人々、そして世界の隅から隅まで様々な国でトルコ代表の朗報を待つ何百人ものトルコ人とと 全文をよむ

2007-11-20 イスラムくん(12歳)、憧れのロベルト・カルロスと面会 (Radikal紙)

筋萎縮症という病気を抱える12歳のイスラム・オルクン君の夢が、フェネルバフチェのサマンドゥラ練習場で実現した。オルクン君は、憧れのブラジルのスター、ロベルト・カルロス選手と面会した。カルロス選手は、イスラム君へスパイクとユニフォームをプレゼントした。      エスキシェヒルのビュユクデレ郡に住み、クルチャルスラン小学校5年生のイスラム・オクユン君は、生後7ヶ月の時に筋萎縮症を発症したため歩くことが出来ない。車椅子で学校に通っているイスラム君は、フェネルバフチェの大ファンで、部屋にあるベットシー 全文をよむ

2007-11-07 ベシクタシュ、リバプールに0-8の歴史的大敗 (Milliyet紙)

カルタル(訳注:鷲、ベシクタシュの愛称)はイスタンブルで2-1で倒したリバプールに対して19分は持ちこたえることができたが、クラウチが最初のゴールをネットに送りこんだ。前半はベナユンのゴールで終了。我らがトルコ代表は後半に白旗を揚げ、一方リバプールはベナユン(2)、ジェラード、バベル(2)、クラウチが得点した。      ■2軍ではない!Aチームだ!   偉大な目標は偉大な選手によって達成されるものだ。もしもあなたたちのチームに「偉大な」選手がいなのなら後が怖いぞ!まさにカルタルのように…。   全文をよむ

2007-10-29 ユーラシアマラソン開催 (Radikal紙)

今年で29回目を迎えた大陸間ユーラシアマラソンにおいて、競技の上ではアフリカの選手たちが、社会的な意味ではテロへの反発が、強い印象を残した。      10万人以上が参加した市民レースには、例年のようにカラフルな光景の舞台となる一方、ボスフォラス大橋で最も目立った色は赤だった。市民レースの前に、殉教者たちのために1分間の黙とうが捧げられ、10周年マーチが演奏された。レースにはハヤティ・ヤズジュ国務大臣兼副首相、ムアッメル・ギュレル知事、ジェラレッティン・ジェラー県警本部長も参加した。また、今年は 全文をよむ

2007-08-24 世界陸上大阪大会、組織運営の混乱でトルコ選手団からブーイング (Milliyet紙)

世界陸上大会のため日本に行ったトルコ選手団体は、うまく機能しない組織運営の犠牲者となった。空港で何時間も待った選手たちは、泊まる場所がなく別のホテルへ自分たちで移動した。      大阪で明日始まる世界陸上大会に参加するために日本に行ったトルコ選手団は、組織運営の不具合のせいで悪夢のような時間を過ごした。長い旅のあと着いた大阪空港で何時間もパスポートの列で待ったトルコ代表選手たちとその他の役員たちは、へとへとになって着いたホテルで今度は自分たちに部屋が用意されていないと告げられた。      ■ 全文をよむ

2007-08-09 ロベルト・カルロスへプレゼントの山 (Milliyet紙)

ドウシュ自動車によって先週、2年間使用できる15万5千ユーロもするAudi A8種の車が与えられたフェネルバフチェの世界的有名スターであるロベルト・カルロスに昨日は、さらにボルボ車が贈られた。   ボルボのトルコにおける特約販売会社のボルカーは、アルツンザーデにある販売オフィスで行われた式でサンバの国から来たブラジル人であるロベルト・カルロスに、4×4クラスのXC90D5をプレゼントした。ロベルト・カルロスの名前の頭文字がついた34RC001のナンバープレートがついた車は1万ユーロの価値があると 全文をよむ

2007-08-06 2007年スーパースポーツ世界選手権(WSS)で初めてトルコ人がチャンピオンに (Zaman紙)

スーパースポーツ世界選手権で、ハンスプリー・テン・ケイト・ホンダチームのレーサー、ケナン・ソフオール選手が、シーズン終了まで3戦を残してチャンピオンになったと伝えた。      ソフオール選手は、このようなモータースポーツ種目においてワールドチャンピオンになった初のトルコ人という称号を手にした。      2007年スーパースポーツ選手権で、シーズン終了まで残り4戦目のレースは、イギリスのブランズ・ハッチで行われた。レースのポールポジションを獲得したセバスチャン・シャルパンティア選手は、マシンの 全文をよむ

2007-07-29 アジア大会、優勝はイラク! (Hurriyet紙)

イラクは、決勝戦でサウジアラビアを1対0で破り、優勝者となった。バグダッドでは、勝利に酔った群衆が空に向かって発砲し、優勝を祝った      イラク代表チームは、サッカーのアジア・カップ決勝戦でサウジアラビアを破り、優勝カップを手にした。試合はインドネシアの首都ジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムで行われ、前半はゴールのないまま終了した。開始72分、キャプテンのユニス・マフムード・ハレフがゴールを放ち、イラク代表チームは1対0の勝利でフィールドを後にし、アジア・カップの優勝者となった。  全文をよむ

2007-07-21 エルドアン首相、トラブゾンに大型スポーツ施設を約束 (Yeni Safak紙)

エルドアン首相は、トラブゾンスポルがよい仕事をしたと述べ、ボルドー-マーヴィリ(訳注:ユニホームの色に由来するトラブゾンスポルの愛称)の経営陣が計画する施設の投資に対して、「トラブゾンの幸運にふさわしいスポーツ施設になるでしょう」という表現を使った      エルドアン首相は、トラブゾンから生放送された「セチム・メイダヌ(選挙広場)」というテレビ番組で、トラブゾンスポルに関する質問がされてないにもかかわらず、「トラブゾンスポルについて話さなければならない」と切り出して、次のように語った。     全文をよむ

2007-07-03 ジーコ監督、ブラジル人選手デイヴィドの去就についてコメント (Radikal紙)

ベシクタシュとガラタサライに続いて、トゥルクセル・スーパーリーグの覇者フェネルバフチェも来シーズンに向けて始動した。監督ジーコの活動開始の会見とともに始まった練習の前に、総監督のヴォルカン・バッルとキャプテンのセミーフ・シェンチュルクも新メンバーを歓迎する言葉を述べた。練習にはジャン・アラト、ヴォルカン・デミレル、オルカン・アドゥン、ケリム・ゼンギン、ウウル・ボラル、デニズ・バルシュ、オンデル・トゥラジュ、セルダル・クルビルギ、セミーフ・シェンチュルク、ケマル・アスラン、トュメル・メティン、セル 全文をよむ

2007-06-20 ロベルト・カルロス選手、5000人のファンの前で契約書にサイン (Milliyet紙)

フェネルバフチェが獲得したブラジル出身のスター、ロベルト・カルロス選手の契約式が盛大に行われた。シュクリュ・サラジョールスタジアムにおいて約5000人のファンの前に姿を現したカルロス選手は、「私の夢はこのユニフォームを着て、チャンピオンリーグを制覇することです」と語った。      フェネルバフチェは、スペインのレアル・マドリードから移籍したロベルト・カルロス選手と2年プラス1年の計3年の契約を結んだ。   シュクリュ・サラジョールスタジアムのフェネリウム(フェネルバフチェのグッズショップ)の前 全文をよむ

2007-06-16 選ぶのは簡単だった -コリン・カジム・リチャーズがフェネルバフチェへ移籍 (Zaman紙)

フェネルバフチェは、ウェダーソンとシルヴァの後、コリン・カジム・リチャーズとも昨日正式に契約した。外国人選手の獲得で勢いに乗る「黄と紺のチーム(フェネルバフチェ)」は、ロベルト・カルロスとウェダーソンとの契約に続いて、リチャーズとも交渉を進めた。   得点が期待される選手の初お披露目には、会長代理のネシェト・ヤルチュン、事務局長のヴェダト・オジャイも同席した。コリンは、ベシクタシュが自分を欲しがったことを認めて、「選択するのは簡単でした。ベシクタシュかフェネルバフチェ…私は今フェネルバフチェにい 全文をよむ

2007-06-15 イルハン・マンスズ、引退 -第二の人生はファッションデザイン界で (Zaman紙)

 一時はベシクタシュに在籍し、さらにはトルコ代表メンバーに選ばれ、世界第三位の座を獲得したイルハン・マンスズ選手は、昨日(14日)行われた記者会見でサッカー界から引退することを明かした。       イルハン選手は療養期間が長く続いていたことを明かし、「サッカー界に復帰するため、ドイツや米国で密な治療の時期を過ごしたが、両膝に水が溜まっており、バイエルン・ミュンヘンのチームドクターであるハンス・ヴォールファルト医師の判断をもとに、引退を決意した」と述べた。       サッカー界から離れることは 全文をよむ

2007-06-09 フェネルバフチェ移籍のロベルト・カルロス、自信満々で抱負を語る (Milliyet紙)

フェネルバフチェへの移籍が「100年目の衝撃」として評価されたブラジル出身のサッカー選手ロベルト・カルロスは、黄と紺(ユニホームのデザイン色)のチームを選んだ理由の一つは監督ジーコにあると述べた。      同選手は、マドリードにある自宅でフェネルバフチェTV(FBTV)の初取材に応え、ジーコがブラジルサッカーにとって偉大な英雄であることを強調し、「ジーコをとてもよく知っています。彼とはとても多くの時間を共にしました。彼と同じチームでプレーすることは私にとって大きな名誉です」と述べた。      全文をよむ

2007-05-27 フェネルバフチェ、最終戦勝利で有終の美を飾る (Milliyet紙)

フェネルバフチェはリーグ最終戦で、歓喜に沸くサポーター達の応援を受け素晴らしい試合をし、アンカラギュジュを3対1で破った。   フェネルバフチェは、リーグ優勝を2週間前にイズミルで行なわれた、トラブゾンスポルとの試合で決めていたのだが、今回の(正式に)優勝を勝ち得る対戦に、理想的な11人の選手とともにまず現れた。累積警告のため出場できないルガーノにかわり、ジャンを起用したジーコ監督は、週の初めに出場を志願したリュシュトゥ(GK)をベンチ入りメンバーにも入れなかった。   両チームとも非常にリラッ 全文をよむ

2007-05-23 ジーコ監督:良いプレイをすることなく優勝した (Zaman紙)

フェネルバフチェを優勝に導いたにもかかわらず、いまだにフェネルバフチェに留まるか否かが注目されているアルトゥール・ジーコ監督はフェネルバフチェの監督を続けたいと語った。      ジーコ監督はATVの番組サントラに出演し、注目すべき発言をおこなった。同監督は、フェネルバフチェ・チームとの契約が続いていることに注意をひいて次のように語った。「我々が優勝することができていなかったら、私は自由の身になる予定でした。でも今はチームを離れる理由がありません。私の目的はフェネルバフチェの利益のために働くこと 全文をよむ

2007-05-22 テニス界のスルタン達、トプカプ宮殿に (Yeni Safak紙)

ソニー・エリクソンWTAツアー・イスタンブル・カップ2007のテニストーナメントの開催を前に、昨日夕方トプカプ宮殿でオープニング歓迎会が行われた。歓迎会には有名なテニス選手、マリア・シャラポワ選手やヴィーナス・ウィリアムズ選手、エレナ・デメンティエワ選手も参加した。更に、アッティラ・コチ文化観光大臣やイスタンブル広域市カーディル・トプバシュ市長、青年スポーツ局局長メフメト・アタライ氏、青年スポーツ局県支部長タメル・タシュプナル氏も出席した。有名選手らはスルタンらの衣装を着て、トプカプ宮殿のハレム 全文をよむ

2007-05-20 サッカー・イスタンブルダービーでの乱闘事件でクラブに重い罰 (Hurriyet紙)

ガラタサライ-フェネルバフチェの(イスタンブル)ダービーマッチの開始前に始まり、試合後まで収まらなかった暴力事件により、ガラタサライクラブに重い罰金が科される。観客席での事件や座席のピッチへの投げ込み、一部サポーターの観客席への放火、ピッチに投げ込まれた数多くのペットボトルを理由に、ガラタサライは明日サッカー連盟プロサッカー懲罰委員会(PFDK)に送られる。      起こった事件がガラタサライクラブに高くつくことは避けられないとみられる一方で、来シーズンにアリ・サミ・イェンスタジアムで行われる 全文をよむ

2007-05-18 ジーコ監督、フェネルバフチェ残留決定 (Milliyet紙)

黄-紺のチーム、フェネルバフチェの副オーナーであるファルク・ネシェット・ヤルチュンは、ブラジル出身の優秀な監督であるジーコ氏と来シーズンもともにプレイすると発表した。「我々は最後までジーコ監督についていく。彼と私たちの間に何の問題もない」と話した。      黄色と紺色のチームであるフェネルバフチェ副オーナーであるファルク・ネシェット・ヤルチュンは、ジーコ監督に対する信頼は磐石で、来シーズンもブラジル人のジーコ監督とともに歩んでいくと発表した。   ヤルチュンは、「ミルセア・ルチェスクとは一度も 全文をよむ

2007-05-13 トルコサッカー1部リーグ、ジーコ監督のフェネルバフチェが17回目の王座に (Milliyet紙)

トルコサッカー1部リーグ(トゥルクセル・スーパーリーグ)の2006-2007シーズンで最終節まで2節を残してチャンピオンとなったフェネルバフチェは、リーグ史上17回目の王座を手にした。   黄-紺チーム(=フェネルバフチェ)は、チーム創立100周年を祝った今シーズン、チャンピオンになった回数で頂点に立った。フェネルバフチェは、今シーズン開幕前に同じく16回の優勝回数を数えたガラタサライを抜いて17回目の王座に輝いた。   リーグ最多の優勝経験を持つチームとなったフェネルバフチェは、ここ4シーズン 全文をよむ

2007-05-11 トルコをのぞいて世界は皆、ジーコを気に入っている (Zaman紙)

スーパーリーグで、チームを何週間も首位の座にすわらせ、優勝候補の筆頭に押し上げたフェネルバフチェのアルトゥール・ジーコ監督に、次々と次期監督のオファーが来始めている。       黄色と紺色がテーマカラーのフェネルバフチェがチャンピオンになったとしても、チームから離れることが確実とされるジーコ監督を、ヨーロッパ以外にも東アジアの多くのチームが引き抜きに名乗りをあげている。フェネルバフチェ・クラブの関係者らの話によると、ジーコに、ヨーロッパで、かつての栄光の日々を追い求めようとする多くのチームから 全文をよむ

2007-05-10 フォーティス・トルコ杯ファイナルでベシクタシュ、7度目の優勝 (Zaman紙)

ベシクタシュがフォーティス・トルコ杯ファイナルの覇者となった。フェネル・バフチェとのダービーマッチでリーグ優勝の望みが遠ざかっていたベシクタシュと、リーグに残っていたチャイクル・リゼスポルとの試合で重要な勝ち点を失っていたエルジエススポルが、勝ちを征するためイズミルで決勝戦をおこない、ベシクタシュが勝者となった。         カイセリ・エルジエススポルは史上初めて優勝杯をカイセリに持ち帰ることを望んでいたが、ベシクタシュもまたこの優勝杯を勝ち取り、昨年の栄光を再び手にし、サポータにこの喜びを 全文をよむ

2007-04-18 ベシクタシュ、キーパー不在の危機 (Milliyet紙)

ベシクタシュのゴールキーパー、ルンジェ選手はサカリヤスポル戦のあと、ホームチームのサポーターに恥部を見せたという理由で、昨日〔4月17日〕「処置」として規律委員会に召喚された。このことで、ゴールキーパーの座をやむなくプロ候補生(PAF)チームの20歳のゴールキーパー、コルジャン・チェリカヤ選手に渡すこととなった。しかし、コルジャン選手もトレーニング中に怪我をした。      サカリヤ・アタテュルク・スタジアムでプレーした試合のあと、ルンジェ選手に「売春婦の子〔訳注:罵り言葉の決まり文句〕」とのの 全文をよむ

2007-03-25 トルコ、ヨーロッパ選手権予選でギリシャを破る、スタジアムでも騒動も (Milliyet紙)

サッカートルコ代表監督のファーティフ・テリムが行った、友好的な呼びかけは効果がなく、ギリシャ人サポーターは、試合前に今回も醜悪な行動を見せた。      試合の30分前に、ウォーキングと雰囲気を確かめるためにフィールドへ出たトルコサッカー代表選手たちは、ギリシャ人サポーターからブーイングを受けた。ゴールの前に近づいたハカン・シュクリュとトゥメルに紙屑と小銭を投げつけたギリシャ人サポーターは、トルコ国歌が演奏される中、さらなる醜悪な態度を見せ、スタジアムをホイッスルの音で包んだ。この間、ギリシャ代 全文をよむ

2007-03-20 ニューキャッスル所属スター選手エムレ・ベロズオール、人種差別の嫌疑晴れる (Yeni Safak紙)

イギリスで初めて人種差別の嫌疑がかけられていたサッカー選手エムレ・ベロズールは、イギリスサッカー協会により無実と判断された。彼が所属するニューキャッスルとエバートンとの試合で、相手チームの選手ジョセフ・ヨボに向かって、人種差別的な言動があったと訴えられたエムレ・ベロズオールの嫌疑が晴れたと、協会のウェブサイトで発表された。聴聞会にはヨボの他にハワードとレスコットも参加した。      ■証拠は見つからなかった   協会の発表では、告発するに十分な証拠が見つからなかったと伝えられた。この決定に対し 全文をよむ

2007-03-13 アンカラギュジュ、ベシクタシュ、両チームに懲罰 -ファン暴徒化で多数が拘束 (Zaman紙)

アンカラギュジュ‐ベシクタシュ戦で起こった悲惨な事件を理由に、両チームそれぞれに対して1試合の無観客試合処分が言い渡されることが明らかになった。      トルコサッカー協会は、協会代表委員のハサン・バスル・チェリキ氏とイスマイル・ゲルゲチ氏の報告書を基に、アンカラギュジュとベシクタシュ両チームの処分を規律委員会に委ねた。また同協会は、刑事事件の発生を理由にアンカラ県警からも報告書の提出を求めることを決定した。      アンカラ県警本部長のエルジュメント・ユルマズ氏は、試合の前後に起こった事件 全文をよむ

2007-03-07 フェネルバフチェのケズマン選手、ジーコ監督を批判 (Hurriyet紙)

批判が高まっているセルビア人スター選手ケズマンは「ワントップなので効果的にプレーできない」と話した。彼の言い分を認めたジーコ監督はコンヤスポル(訳注:トルコ・コンヤに本拠地を置くサッカークラブ)戦以後ツートップへの変更を決定した。      ピエール・ヴァン・ホーイドンクやニコラス・アネルカのような世界レベルのスター選手のゴールに慣れているフェネルバフチェ(訳注:トルコ・イスタンブルに本拠地を置くサッカークラブ)のサポーターは、マテジャ・ケズマンに対しても同じようなパフォーマンスを期待していた。 全文をよむ

2007-02-27 12歳の天才サッカー少年ムハメド君、バルセロナが育成資金300万ユーロをオファー (Hurriyet紙)

ベシクタシュがユースから育て上げ「トルコのマラドーナ」というニックネームを持つムハメド・デミルジ君は、特別招待を受けて訪れたスペインで、彼に注目する人々を喜ばせると、バルセロナは移籍の話を持ち出してきた。      スペインサッカークラブのユースで5日間練習に参加した12歳のムハメド君の為、バルセロナのマネージャーらは、まず「教育費とご家族の生活費を保証いたしましょう」と申し出た。ベシクタシュ・クラブのセイト・アテシ氏は、このオファーを辞退した。バルセロナ・クラブのユース・コーディネーターのアル 全文をよむ

2007-02-05 シャーヒン大臣、ジリット競技の出で立ちー2011年開催予定の冬季ユニバーシアードの関連行事 (Yeni Safak紙)

エルズルムで開催予定の2011年冬期ユニバーシアード大会の事前準備作業計画を立て、冬季大会を視察するためエルズルムに滞在中の副首相兼スポーツ担当大臣、メフメト・アリ・シャーヒン氏は、ダダシュキョイの村落で朝食をとり、その後ジリットの馬に騎乗し、伝統的なジリット競技を観戦した。      2011年の第25回冬季大会の開催地であるエルズルムで作業計画を立てるために、3日間エルズルムに滞在しているシャーヒン大臣は、用意されたジリットの馬に騎乗した。はじめ馬に乗ることを嫌がり、新聞記者に、「私が馬に乗 全文をよむ

2007-01-14 英プリミアリーグで活躍中のエムレに対し「人種差別者」疑惑 (Hurriyet紙)

イギリスサッカー協会による、ニューキャッスル・ユナイテッド所属のエムレ・ベレズオール(ポジション;MF)への「人種差別者」との批判がイギリスのマスコミで大きく扱われた。    デイリー・テレグラフ紙は、「人種差別者との批判がエムレの将来を危うくしている」という見出しの記事で、事実であればこの26歳の著名選手がチームから退団させられる可能性がある、と指摘した。    インディペンデント紙は、エムレが自身への批判を否定したことを指摘した一方、この批判がこの若いスタープレイヤーを、イギリスサッカー史上 全文をよむ

2006-12-29 ジーコにすばらしい名誉 -サッカーブラジル代表監督オファーされる (Yeni Safak紙)

フェネルバフチェでシーズン開始当初に辛辣な批判に遭い、解任までも議論されたジーコに、フェネルバフチェが国内リーグと欧州で収めた成功を理由にブラジル代表監督の依頼がなされた。ジーコは、結論を出すために幹部達とミーティングを行う。    フェネルバフチェで一時は監督の座が議論され、初めてのクラブチームでの監督業をトルコで行ったジーコにすばらしいオファーが来た。ブラジル人のジーコは、フェネルバフチェを率いて国内リーグと欧州で成功を収めたことを理由に母国の代表監督に推されている。サッカーの白いペレとして 全文をよむ

2006-12-17 イラクが一体となった63分―アジア大会サッカー決勝戦 (Radikal紙)

一昨日(15日)、イラクは内戦の空気も忘れ、「国民的な一体感」を思い出した。シーア派選手、スンナ派選手、クルド人選手、テュルクメン人選手、キリスト教徒選手と、完全にモザイク模様となったサッカー代表チームが、アジア大会の開催国であるカタールと決勝戦で戦い、つかの間ではあったが、イラク人が一体となったのだ。    民衆、警察、反政府主義者らはテレビやラジオの前に集まって、通りは静まり返り、「2700万人が君たち(の試合)を観戦している。イラク人の心は君たちとともに」というアナウンサーの言葉だけが聞こ 全文をよむ

2006-12-14 サッカー協会規律委員会がフェネルバフチェ会長を処分 (Hurriyet紙)

 サッカー協会プロフェッショナル規律委員会は、フェネルバフチェ・スポーツクラブのアズィズ・ユルドゥルム会長に対し、1年間の資格剥奪と2万YTL(約160万円)の罰金を課した。     規律委員会から発表された文書によると、フェネルバフチェのアズィズ・ユルドゥルム会長は、2006年11月29日に行った記者会見で「これほど汚職まみれの環境のもとではサッカー協会は向上できません。サッカー協会の業務にその人達が関わっているからです。その人たちがいる場所をクリーンにすることは不可能です。」という発言をした 全文をよむ

2006-12-13 ジーコ監督率いるフェネルバフチェ、3試合無観客処分 (Milliyet紙)

フェネルバフチェはガラタサライとのイスタンブルダービーで起きた事件(訳者註:12月3日に行われた同試合で興奮したサポーターが観客席のイスなど器物を大量に破損した)を理由に3試合の無観客試合処分を受けた。フェネルバフチェのジーコ監督は、この処分が、サポーターたちにとって教訓になってほしいと述べた。    ジーコは「時にサポーターはフィールド上での出来事に感情的な反応をすることがある。そうした振る舞いはサポーターにとって不利になる。向こう3試合の無観客試合はわれわれにとっても、サポーターにとっても大 全文をよむ

2006-11-18 ロベルト・カルロス選手、フェネルバフチェへの移籍を前向き検討か(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

レアル・マドリードのラモン・カルデロン会長は先日、「ロベルト・カルロスは契約を一年延長した。」と公表したにもかかわらず、未だに正式に署名がされていないことが明らかになった。    ブラジル人のスター選手であるロベルト・カルロスが、1年間の契約オファーを受け入れず、フェネルバフチェへの移籍を検討しているという。2007年で契約が終わるカルロス選手は、「サッカーを続けて生きたい。フェネルバフチェとチェルシーからのオファーを考えるようと思う。」と語った。   全文をよむ

2006-11-11 ガラタサライの稲本、トルコサッカー界を語る(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

発行部数300万部の日本経済新聞紙の取材に答えた日本人サッカー選手稲本潤一は、「トルコのサポーターはイギリス人にも劣らぬ応援文化をもっています。ペットボトルや、挙句の果てには客席の椅子さえもはぎ取られてピッチに投げこまれるのです。」と話した。    ガラタサライの日本人選手稲本潤一は、日本で300万部を超える発行部数をもつ日本経済新聞がイスタンブルで行ったインタビューで、ガラタサライでの日々を語った。トルコのサポーターはイギリスにも劣らぬ応援文化をもっていると述べた稲本は次のように続けた。「大声 全文をよむ

2006-10-31 フェネルバフチェのジーコ監督、ほっと一息(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 先週まで進退問題が議論されていたフェネルバフチェのジーコ監督は、対ニューキャッスル戦で流れが変わったおかげで、来期続投を確実なものとした。      ブラジル人のジーコ監督は、チームを一位としたヴェステル・マニサスポーツ戦勝利の後、チーム経営陣の賞賛と支持を得た。フェネルバフチェチームの経営陣は、先日までジーコ監督を心配そうなまなざしで眺めていたが、同監督がチーム100周年である今期の目標を達成してくれるだろうという見解に至った。      ■理事長が祝福    アズィズ・ユルドゥルム理事長は 全文をよむ

2006-10-27 サッカー協会のウルソイ会長ら起訴 -協会内では会長不信任への動き(Milliyet紙) (Milliyet紙)

国務大臣メフメト・アリ・シャーヒンの告発により、昨日(10/26)サッカー協会会長ハルック・ウルソイと旧幹部は懲役11年におよぶ求刑を受け起訴されるところとなった。反対勢力がこの進展を好機と捉え臨時の総会召集に向け署名を集めることがわかった。    アンカラの共和国高等検察局は、サッカー協会ハルック・ウルソイ会長、旧執行部幹部のアタ・アクス、オルハン・サカと経理責任者ハルドゥン・コザクオールに対し横領の罪で11年3ヶ月ずつの懲役を求刑し起訴した。    起訴状では、ウルソイ会長がトルコ代表の試合 全文をよむ

2006-09-20 F1で北キプロス大統領による賞授与パフォーマンスに5百万ドルの罰金確定(Radikal紙) (Radikal紙)

 FIA (国際自動車連盟)は、F1トルコグランプリで北キプロス・トルコ共和国のメフメト・アリ・タラト大統領が表彰式に臨んだことに対して、高額な罰金刑を科した。国際的に認知されていない北キプロス共和国の大統領という肩書きでタラト氏が賞を授与したことについてFIAは、トルコが計画的にF1に政治を介入させたとみなした。そしてトルコに対し500万ドル(約5億9千万円)の罰金を科した。    8月27日に行われたレースの結果、優勝したフェリペ・マッサへのトロフィーをタラト大統領が授与したことについて、F 全文をよむ

2006-09-14 ボルドー・ガラタサライ戦で、スタジアム周辺は最悪の交通渋滞(Radikal紙) (Radikal紙)

アタテュルク・オリンピック・スタジアムで行われる試合の盛り上がりを期待したサポーターは、イスタンブル広域市長トプバシュとガラタサライのクラブオーナーのジャナイドゥンが出した保障を信じて、再び取り残された。イスタンブル県知事ギュレルによると、スタジアムに来たサポーターは困難を受け入れねばならなかった。       アタテュルク・オリンピック・スタジアムからは誰もいなくならなかった。ガラタサライのサポーターがいなくなるまでは。スタジアムがオープンした2002年、 オリンピアコス戦で何時間も散々な想い 全文をよむ

2006-09-02 “F1事件”の割を食う世界ラリー選手権 ―国際自動車連盟(FIA)、トルコ開催を再協議(Milliyet紙) (Milliyet紙)

F1トルコグランプリで優勝者への賞の授与をメフメト・アリ・タラト北キプロス・トルコ共和国(北キプロス)大統領が行ったことに端を発する危機的状況の余波により、世界ラリー選手権のトルコ開催がなくなる可能性も出てきた。    トルコモータースポーツ連盟(TOSFED)は、国際自動車連盟(FIA)に送った報告書に基づいて“F1事件”についての結論が下される10月18日のFIA評議会の会合で、同時に世界ラリー選手権のトルコ・ラリーを再度日程に組み入れるかどうかも協議されることが明らかになった。  TOSF 全文をよむ

2006-09-02 サッカーW杯ドイツ大会代表稲本、ガラタサライに移籍(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

(チェコ人プレーヤーの)ハインツとたもとを分かったガラタサライで、昨日稲本旋風が巻き起こった… 昨日、黄赤のチーム(=ガラタサライ)と1+1年の契約を結んだ稲本のために催されたセレモニーを、日本のマスコミは大きく取り上げた。     日本人サッカー選手稲本は、フロルヤでの契約式で「ガラタサライに入ることは考えていなかった。ウェストブロミッジが降格したことと、ガラタサライが欧州チャンピオンズリーグに出場することが、入団を決めた一番の要因だった」と語った。日本のナショナルチームの監督を務めたフェネル 全文をよむ

2006-09-01 夢のような勝利―バスケットボール世界選手権でリトアニアを破り5位決定戦へ(Milliyet紙) (Milliyet紙)

日本で歴史を刻み続けているわが国の巨人たちが、再び偉大な功績を残した。息をのむ試合でリトアニアを再度破り、フランスとの5位決定戦への切符を手にした。    バスケットボール・トルコA代表チームは、2006年FIBAバスケットボール世界選手権ファイナルラウンド5-8位決定戦初戦で “奇跡的なプレー”を見せ、リトアニアを延長の末95対84で破った。6位を確実にしたトルコ代表は、再び偉大な功績を残した。    月と星のチーム(トルコ代表)は、故障のイブラヒムを欠いてリトアニア戦に臨んだ。終了まで3分1 全文をよむ

2006-08-28 F1トルコグランプリ、勝者フェリッペ・マッサ(フェラーリ)へのトロフィー授与は、タラト北キプロス大統領(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

トルコ商工会議所連合のリファト・ヒサルジュクルオール会長の提言で、北キプロス・トルコ共和国(北キプロス)のメフメト・アリ・タラト大統領がF1トルコグランプリ優勝者へのトロフィー授与を行った。1つのチャンネルから世界203のテレビ局に配信された放送を通じて、「Mehmet Ali Talat, President of Turkish Republic of Northern Cyprus(北キプロス大統領メフメト・アリ・タラト)」というテロップを、世界の約25億人が目にした。    ■「真の闘い 全文をよむ

2006-08-23 イルハン・マンスズ、現役引退(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 イルハン・マンスズは、ゴールと非凡なサッカーセンスで一時期旋風を巻き起こした緑のフィールドに別れを告げた。   2002年のワールドカップでのセネガル戦で勝ち取ったゴールデンゴールで一躍注目を浴び、ベシクタシュから日本の神戸ヴィッセルへ移籍したイルハンは、故障のためにサッカーを辞めることを決意したという。   アンカラギュヂュでもプレーしたスター選手イルハンは、ドイツでの交通事故で手術をした膝がダメージを受けており、完治しないと周囲の人に漏らしていた。   故障が慢性的なものとなったイルハンだ 全文をよむ

2006-08-21 トルコ代表、16点差を逆転~日本で開催中の世界バスケットボール選手権でオーストラリアに勝利(Milliyet紙) (Milliyet紙)

バスケットボール・トルコA代表チームは、(日本で開かれている)世界選手権で嵐のような快進撃を続けている。リトアニアに次いで、オーストラリアも撃破した。16ポイントリードされた試合で、後半に素晴らしい活躍をした代表選手たちは、決勝トーナメント進出に王手をかけた。    2006年世界選手権の初戦であるリトアニア戦を勝利で飾った12人の「巨人たち」は、昨日も浜松アリーナでオーストラリア相手に所狭しと駆け回り、16点のビハインドをひっくり返して劇的な勝利を収めた。    代表チームは、オーストラリアに 全文をよむ

2006-08-11 ブラジル出身のアウレリオ選手、トルコナショナルチームへ(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

サッカーのトルコA代表チームが8月16日水曜日にアウェイでルクセンブルクと行う特別試合のメンバー候補が発表された。    トルコA代表チームのファーティフ・テリム監督は、24人のメンバー候補にトルコに帰化しメフメトという名前を取得したフェネルバフチェのブラジル出身選手アウレリオも招集した。メフメト・アウレリオがこの試合に出場すれば、サッカートルコA代表チームでユニフォームを着る初の外国人選手となる。    テリム監督はまた、ガラタサライの若きスター、アルダ・トゥランと、(国内)リーグ第1節のガラ 全文をよむ

2006-08-10 UEFAチャンピオンズリーグ予選でフェネルバフチェは不調、ガラタサライは好調(Radikal紙) (Radikal紙)

UEFAチャンピオンズリーグ予選で、ウクライナのFCディナモ・キエフとのアウェイ戦で、フェネルバフチェは3-1で負け、グループリーグ出場は難しくなった。  チェコのチーム、ムラダー・ボレスラフをホームに迎えたガラタサライは5-2で勝利した。 全文をよむ

2006-07-31 トルコのサッカーナショナルチーム監督ファーティフ・テリムの給与は高すぎる?―国会へ苦情(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

アンカラのアリ・キュチュカイという男性が、ナショナルチームのファーティフ・テリム監督の給与が高すぎるという異議を大国民議会へ申し立てたが、「スポーツ界、特にサッカー界で国際的な成功を収めたサッカー選手や指導者の報酬を明らかにした際、その国の最低賃金や平均収入と比較することなどありえない」との回答があった。    アリ・キュチュカイは、ナショナルチームのファーティフ・テリム監督の給与が高すぎると言う異議を大国民議会の請願委員会へ申し立てた。異議申し立てを受けた委員会は、問題をスポーツに責任のある省 全文をよむ

2006-07-30 イスタンブル金角湾でプロペラ機レース(Milliyet紙) (Milliyet紙)

世界各地で開催される「レッドブル・エアレース」のイスタンブル大会に150万人の観客が集まり、スペインでの動員記録が更新された。        世界の新しい流行スポーツのひとつである「レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ」が、トルコで初めて開催された。このプロペラ機レースで、ひとつの世界記録が破られた。レースは金角湾上で行われ約150万人が観戦した。バルセロナ大会が保持していた100万人の動員記録は過去のものとなった。この記録は世界中の通信社によって配信された。世界の83のテレビ局による生中継 全文をよむ

2006-07-22 “イスタンブルのベッカム”、遊泳中のボート事故で亡くなる(Milliyet紙) (Milliyet紙)

「ベッカム」の愛称を持つ若いサッカー選手、ルドヴァン・ベデルは、ブュユクチェクメジェで遊泳中にボートのスクリューに接触して大けがを負っていたが、治療を受けていた病院で亡くなった。     ルドヴァン・ベデル(16歳)は、28日前にブュユクチェクメジェで友人とともにボート旅行へ出かけ、泳いでいるときにボートのスクリューに接触して負傷していたが、亡くなった。  イスタンブルスポル(トルコリーグ2部のサッカーチーム)の下部組織でプレーしていたベデルは、6月26日に起こった事故で右足を失っていた。腹部に 全文をよむ

2006-07-21 サッカー・ワールドカップでサポーターがつくったドイツ+トルコ国旗が博物館へ(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

ドイツで開催された2006年ワールドカップで登場した新月と星をモチーフとするドイツ+トルコ国旗が博物館の展示品になる。ハンブルグのアルトナ地区で美容院を営むベフチェト・アルガンは、ワールドカップ期間中にグラフィックデザイナ−の友人に製作させたドイツ+トルコ国旗を民族学博物館に寄贈するつもりだと述べた。    アルガンは、ドイツ+トルコ国旗を博物館で11月まで続く「フットボール・マジック」という展示会に寄贈することを明らかにした。    ■友好のシンボル    アルガンは「博物館館長のヴルフ・キョ 全文をよむ

2006-07-18 南アメリカ最強のディフェンス、ルガーノ、フェネルバフチェ移籍へ(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

フェネルバフチェは、ウルグアイ代表チームのキャプテンと合意に達した。南アメリカ最強のディフェンスである26歳のサッカー選手が、数日中に契約書にサインすることが待ち望まれている。     フェネルバフチェは、国外からの移籍の最初の衝撃的ニュースを、ディエゴ・ルガーノを獲得して炸裂させるつもりだ。アルツール・ジーコ監督が一昨日おこなった記者会見で、彼を「南アメリカ最強のディフェンス」と語り、本人と所属クラブであるサンパウロFCとはあらゆる点で同意に至ったこと、もはや(契約書への)サインのみであること 全文をよむ

2006-07-16 ジーコ監督これからがたいへん、ウクライナのクラブチームに3対2(Milliyet紙) (Milliyet紙)

フェネルバフチェは新監督と共に臨んだ試合でウクライナのメタッルルグ・ドネツクに勝利したものの、プレー(の内容は)危険な兆候を示した。黄色と紺のユニフォームをまとったフェネルバフチェ・チームの守備と中盤は深刻な欠陥を示した。チームに勝利をもたらしたゴールを決めたのはトゥンジャイ(2)とウウル・ボラルだった。    フェネルバフチェは7−0でテルスターに勝った後、昨日ウクライナ一部リーグのメタッルルグ・ドネツクを苦戦しながらも逆転して3−2で負かした。ジーコ監督は、初めてチームの指揮をとって臨んだこ 全文をよむ

2006-07-08 フェネルバフチェ次期監督ジーコ:選手を精神面から立て直す(Milliyet紙) (Milliyet紙)

フェネルバフチェの次期監督は、「精神面でボロボロになっている選手に、こういう(素晴らしい)クラブにいるという自覚を持たせたい」と述べ、彼らの背負っている責任を頭にたたき入れると説明した。    ジーコ… ブラジルの白いペレ… 日本をワールドカップドイツ大会に導いたが、チームは予選リーグで敗退、次のキャリアにフェネルバフチェを選んだ。100周年の祝賀を控えたフェネルバフチェの監督であると同時に、チームの新たな希望となった。  火曜日に(契約書に)サインし、3日間チームとともに過ごしたジーコは、昨日 全文をよむ

2006-07-05 ジーコ、フェネルバフチェの監督に就任決定(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 100周年を迎え、次期監督を探していたフェネルバフチェは、日本代表監督を辞任したアルトゥール・アントゥネス・コインブラ(ジーコ)と合意に達した。当初ポルトガル代表監督のブラジル人スコラーリを検討していたフェネルバフチェのフロント陣は、説得のために相当の骨折りをしたが、スコラーリは年間700万ユーロという信じられない額を要求した。    ■ダウム前監督時の条件と同様   スコラーリと報酬問題で折り合いのつかなかったフェネルバフチェは、一昨日ジーコの代理人とマネージャーをイスタンブルへ招いたことを 全文をよむ

2006-07-02 ワールドカップ準決勝を前に、ローマ教皇の悩みとは・・・(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

 ワールドカップの興奮が、教皇をふくめバチカンの頂点にいるカトリック教徒たちをも、巻き込んでいる。  ローマカトリック教会のあるイタリアで暮らすドイツ人教皇、ベネディクト16世が、火曜日に行われるドイツ対イタリアの準決勝で、どちらのチームを応援するかが注目の的となっている。    ガゼッタ・デロ・スポルト紙の記事によれば、教皇は中立の名の下に両チームを応援することを選んでいる。  この件での教皇の行動に関する情報は、ベネディクト16世の個人秘書、ゲオログ・ゲンスヴァインの話に基づいている。    全文をよむ

2006-06-26 フェネルバフチェ・サッカークラブ後援会長にユルドゥルム氏(Radikal紙) (Radikal紙)

アズィズ・ユルドゥルム氏は、単独候補として出席した臨時総会で再び後援会長に選出された。同氏はフェネルバフチェが決勝戦で敗退した後に後援会長を辞任していたが、強い要望をうけて復職したかたちだ。ファルク・ウルガズ会議場で開かれた総会では開票につづいて、総会執行部代表をつとめたタラト・ユルマズ氏が会長選挙について総括を行った。同氏は投票総数2831票のうち7票が無効、ユルドゥルム会長の得票数は2824票であったと発表した。後援会理事の信任投票では12票が無効とされた。一部の会員は投票用紙に記載されたユ 全文をよむ

2006-06-22 ボスフォラス大橋にかけられたサッカーチームの旗めぐり緊張続く(Milliyet紙) (Milliyet紙)

ボスフォラス大橋に掛けられたガラタサライ(訳者注1)の旗が一昨日の朝に切られ、後に掛けられた新しい旗も、昨晩フェネルバフチェ(註2)ファンの二人に狙われた。しかし、タクシーで橋に来た二人組は、巨大なガラタサライの旗を切る前に警察により検挙された。   フェネルバフチェチームの人間だと主張するアルペル・トゥンジャ・カンデミルと、その友人ハカン・オズカラジャは、タクスィムでジェマル・デミルジが運転するタクシーに乗ってカドゥキョイに向かって出発した。二人組みは三時半頃に橋に到着し、タクシーを止めて降り 全文をよむ

2006-06-21 フェネルバフチェの次期監督、最有力候補はジーコ(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 フェネルバフチェは、アズィズ・ユルドゥルムが会長続投に向けて立候補を明らかにしたことで一段落したが、今度は監督の座に誰がつくかに高い関心をもっている。   スコラーリが、ポルトガル代表監督の続投を明らかにして、カペッロもレアルマドリーと良好な関係を保っていることは、フェネルバフチェ関係者の期待を打ち砕いた。この二人の監督がフェネルバフチェに来る公算は低いとのことである。   会長アズィズ・ユルドゥルムが周囲に、「私たちの監督はワールドカップにいる」と話すやいなや、「監督あてトトカルチョ」が始ま 全文をよむ

2006-06-16 FIFA、トルコに対する罰則軽減を視野に検討へ(Milliyet紙) (Milliyet紙)

国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会が、トルコに対する「6試合の無観客(中立地)試合」の処分を2試合に減らす公算が高くなったこと、さらに残りの4試合についても中立地ではあるものの観客付での試合になる見込みであることが判明した。    スイス戦の後に起こった事件を理由に、トルコに下された「6試合の無観客(中立地)試合」の処分を再度検討することを明らかにしたFIFA規律委員会が、驚くべき決定が予想される重要な会議を来週開くことが伝えられた。  トルコサッカー協会の「再裁定」の要求を受け入れた規律委 全文をよむ

2006-06-13 サッカーW杯 日本・オーストラリア戦 トルコ人記者の感想(選手採点表つき)(Radikal紙) (Radikal紙)

ライプツィヒでグループ分けのくじを引くまでかなり自信を持っていたが、くじを引いてブラジルと思いがけず当たってしまったのを知って、おそらく士気が下がったであろう二国の対戦でFグループの試合は始まった。32年もワールドカップに参加できなかったチームと、アジアグループから出てきたために多くの人から蔑まれている(誰もが自国よりも東にはサッカーはないと思っているのだ)チームの対戦は、テレビで観戦しているサッカーファンをいい意味で驚かせたに違いない。個人的には、これまで見た中で最も面白い対戦の一つだった。  全文をよむ

2006-06-07 ベシクタシュのベテラン選手セルゲン・ヤルチュン、二部リーグへ移籍(Hürriyet紙) (Hurriyet紙)

シーズンの終了とともにベシクタシュから戦力外通告を受けたセルゲン・ヤルチュン選手は、昨日トルコ二部リーグBカテゴリーのチームであるエティメスグト・シェケルスポルに移籍することになった。有名なサッカー選手であるセルゲンは、今季三部リーグから二部リーグBカテゴリーに昇格したばかりのアンカラのチームと3年契約を結んだ。     トルコサッカー界の非凡な左利きプレーヤー、セルゲンは、KCグループという会社のウルスにあるセンターで調印式を行った。調印式には、エティメスグト・シェケルスポルの会長フズル・デミ 全文をよむ

2006-06-01 サッカー、ワールドカップで唯一のトルコ人(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

 2006年ワールドカップにトルコは出場出来ないが、アーティストのエルデム・ヘルヴァジュオールは、芸術とスポーツを統合させた興味深い音楽プロジェクトに参加し、トルコを国際的な芸術とスポーツの舞台に出場させた。まず、2006年WCの期間中に流す音楽として、世界中から11人の著名な作曲家にサッカーをテーマとした作品を作る依頼があった。トルコからはアーティストのエルデム・ヘルヴァジュオールが選ばれ、彼はこのプロジェクトに「キッキング・メモリーズ」という作品でメンバー入りした。   全文をよむ

2006-05-26 サラン氏、フェネルバフチェ・サッカークラブの会長職に意欲(Hurriyet紙) (Milliyet紙)

フェネルバフチェの元経営陣のひとり、サーデッティン・サラン氏は、同クラブの臨時総会で会長職就任を望んでいることを明らかにした。サラン氏は、「我々はフェネルバフチェを世界の強豪チームにするために尽力したいのです。私のもてる全ての力、家族、友人たち、仲間たちと一緒に、そしてスポーツ経営に携わる仲間たちと私の経験とで、フェネルバフチェに仕えたいのです。」と述べた。    「会長候補です。」と言わず「会長になることを望みます。」との発言が注目を集めたサラン氏は、次のように続けた。「私はいわれのない理由で 全文をよむ

2006-05-17 トルコ人男性、手漕ぎボートで大西洋横断成功!次の目標は太平洋(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 アフリカ大陸から出発し、三ヵ月後にアメリカ大陸のカリブ諸島のひとつグァダルーペ島に到着したエルダン・エルチは、手漕ぎボートで大西洋を横断した最初のトルコ人となった。   2005年11月9日にポルトガルから出発したエルチは、最初の停泊地であるモロッコのアル・ジャディーダにたどり着くべく、12日間休みなしにボートを漕ぎ続けた。その後さらにモロッコのサフィを通過したエルチは、2005年12月11日にスペイン領であるアフリカのラス・パルマス島へ向かった。    ■最後の準備、そして出発   ラス・パ 全文をよむ

2006-05-16 リーグ優勝のガラタサライ・チーム、祝勝会も20:45から(Radikal紙) (Radikal紙)

 ガラタサライ関係者は、レイナ・ナイトクラブで行われた祝勝会でリーグ優勝を盛大に祝った。この祝勝会には、ガラタサライ・クラブの経営陣、選手、コーチ、そして多くの招待客が参加した。ガラタサライ・クラブのオズハン・ジャナイドゥン代表は、リーグ最終週に引き離した古くからのライバル、フェネルバフチェからの祝福を心待ちにしていると語った。     またジャナイドゥン氏は、祝勝会でエリック・ゲレツ監督をはじめ、全コーチ陣、選手一人一人に挨拶をして勝利を称えた。キャプテンのハカン・シュクリュは、獲得した優勝を 全文をよむ

2006-05-15 エヴェレスト(チョモランマ)登頂成功 -トルコ人女性では初めて(Hurriyet紙) (Hurriyet紙)

若手登山家、エイレム・エリフ・マヴィスさんが、「世界の屋根」エヴェレストに登った最初のトルコ人女性として歴史に記録に残した。マヴィスさんはトルコ時間の午前5時ごろ頂上に到達した。    ペトロル・オフィス社から支援を受け出発したエヴェレスト・トルコチーム2006が限界に挑戦し、8,850メートルの頂上にトルコの国旗とペトロル・オフィスの旗を運んだ。    11人のトルコ人登山家チームは、世界最高峰エヴェレスト登山のため3月27日にトルコを出発し、そのうち4人がエヴェレストの山頂に到達した。    全文をよむ

2006-05-14 トルコサッカー今シーズンの大詰め、一方、フーリガンのけんかで1人死亡(Radikal紙) (Radikal紙)

デニズリでのアウェイゲームへ出かけたフーリガンたちの喧嘩に巻き込まれ、工員一人が死亡した。死亡したレジェプ・カヤには、妊娠6ヶ月の妻と2人の「サッカー嫌い」になった二人の子供がいた。    デニズリスポル対フェネルバフチェの試合前、フーリガンを乗せた小型バスが立ち寄った店で工員の男性が殺害され、3人のサポーターと8人が負傷した。小型バスに乗っていた26人とともに、8人のゲイベ住民が拘束された。    フェネルバフチェのサポーターを乗せたバスは、13日深夜1時ごろゲイベ郡のシェレフィエ村にあるコユ 全文をよむ

2006-05-11 欧州の新しいセンターフォワード -ウィーンの街でエルドアン首相のポスター(Milliyet紙) (Milliyet紙)

オーストリアで11日、EUとラテンアメリカ諸国の間で行われるサッカーの試合(エルドアン首相もセンターフォワードとして参加)を前に、ウィーンの通りにはレジェプ・タイイプ・エルドアン首相のポスターがあちこちにはられた。エルドアン首相が代表ユニフォームを着用して撮影されたそのポスターには、「欧州の新センターフォワード」と書かれている。    このポスターは、エルドアン首相の宣伝担当であるエロル・オルチャクが企画し、公正発展党(AKP)がヨーロッパで設立した在欧州トルコ人民主主義者連合が準備した。500 全文をよむ

2006-05-05 ベシクタシュ、フォーティス・トルコ杯優勝で復活!(Milliyet紙) (Milliyet紙)

成績不振にあえいだシーズン後に勝ち取った勝利のお陰で、“カルタル(鷹)”の愛称で知られるサッカーチーム、ベシクタシュのユルドゥルム・デミロレン社長は、反対派からの厳しい批判から逃れることができた。往年のライバル、フェネルバフチェからのイズミルでの勝利により、“チームの手術”は棚上げとなった。    ベシクタシュは、フォーティス・トルコ杯での勝利でほぼ復活を果たした。シーズンの早い段階で優勝争いから脱落し、UEFAカップでも期待された成績を収められなかったカルタルは、唯一の望みをかけたトルコ杯で優 全文をよむ

2006-05-03 トルコサッカーの審判、実は高給取り(Milliyet紙) (Milliyet紙)

トゥルクセル・スーパーリーグに今シーズン出場した審判は、これまでに金銭面で多額の報酬を得ていた。    主審や第4審判として出場した試合で見た場合、最高給与所得者ランキングのベスト4はユヌス・ユルドゥルム、セルチュク・デレリ、ジュネイト・チャクル、そしてビュレント・デミルレックであった。    FIFAの公認審判員であるユルドゥルムは、21試合に主審として、3試合に第4審判として出場。これまでに総額31,188リラの報酬を得た。セルチュク・デレリは20試合で主審、1試合で第4審判を務め、29,5 全文をよむ

2006-04-27 アンタリヤのカーレース事故、観客にも責任あり(Radikal紙) (Radikal紙)

トルコ自動車スポーツ連盟(TOSFED)は、アンタリヤで起きた事故について、「観客が安全対策や警告・アナウンスにもかかわらず柵を越えてコース内に侵入したことが対策を無駄なものにした」と説明した。    TOSFEDは、4月16日にアンタリヤで開催されたトルコオートドラッグチャンピオンシップで3人の観客が死亡した事故について、レースにかかわっていた連盟の全職員を対象に行う面談の結果責任があると認められた者について必要な懲罰を科すための調査を開始したことを明らかにした。  TOSFEDは文書による発 全文をよむ

2006-04-16 世界で一番のサッカーきちがいは、トルコ ―マスターカード調べ(Milliyet紙) (Milliyet紙)

2006 年FIFAワールドカップのメイン・スポンサーであるマスターカード社は、自らが事業展開する国々の15歳以上を対象に調査を行った。     その調査によれば、トルコでは国民の67%がサッカーに関心をもっている。このため、わが国は「最も熱狂的な国」ランキング第一位となった。トルコのテレビで見られている最も人気のあるスポーツは、サッカーだ。回答者の63%がサッカーに、33%がバスケットボールに、24%がバレーボールに興味を持っている。      ■代表チームが最も人気     他国と同様にト 全文をよむ

2006-02-24 トリノ五輪 トゥーバ・カラデミルは21位と健闘 (Hürriyet紙) (Hurriyet紙)

 フィギュアスケートで、我が国のオリンピック史上初めてフリープログラムに残ったトゥーバ・カラデミルは、2006年トリノ五輪で21位に入った。ショートプログラムで獲得した44.20点で22位に付け、昨日競技に出場したトゥーバは、マリオ・ルブランの「バラクーダ」と「アダージョ」タンゴの音楽に乗せて大成功のプログラムを披露した。トリプル・トウループとダブル・トウループを成功させた我がアスリートは、このあとトルプル・サルコウ、ダブル・トウループとダブル・アクセルを跳んだ。技術点42.64、構成点36.8 全文をよむ

2006-02-23 女子フィギュアのトゥーバ・カラデミル カナダ移住を決断した家族の支えで五輪出場(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 トリノ五輪の女子フィギュアスケート、フリープログラムに今夜出場するスケーター、トゥーバ・カラデミルの成功の裏には、9年前にすべてを投げ打ってカナダへの移住に踏み切った家族の存在があった。     娘のスポーツの将来のため、財産や家、愛するものを残してカナダに移住したカラデミル一家の9年間に渡る努力と献身がついに実った。ヨーロッパと世界のチャンピオンたちを集めたトリノオリンピックに参加し、今日のフリープログラム進出の権利を獲得したトゥーバ・カラデミルは、雪や氷にも負けない「カルデレン(水仙)」の 全文をよむ

2006-02-22 トリノ五輪女子フィギュアスケート トゥーバ・カラデミル、フリーに進出(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 トリノ冬季オリンピックのフィギュアスケートで、我が国から初めて出場したトゥーバ・カラデミルは、ショートプログラムで22位に付け、明日行われるフリープログラム出場の権利を得た。     2006年トリノオリンピックで、はじめての朗報がトゥーバ・カラデミルから届いた。フィギュアスケートで我が国から初めて出場したこの若いアスリートが、ショートプログラムで上位24人の中に入り、明日のフリープログラム決勝に出場する権利を得たのだ。   29人のスケーターが参加した女子ショートプログラムで最初の組で滑走し 全文をよむ

2006-02-08 トルコサッカーに大打撃:FIFAから厳しい裁定下る(Milliyet紙) (Milliyet紙)

代表チーム:6試合の中立地無観客試合  アルパイとエムレ:6試合の公式戦出場停止  セルカン・バルジュ:2試合の公式戦出場停止  メフメト・オズディレキ:1年間の権利剥奪    FIFA は、トルコ-スイス戦で起こった事件に、トルコサッカー史上に類を見ない重い制裁を下した。FIFAの規律委員会は、チューリッヒのセンターで2日間にわたる会議の末、昨晩、トルコサッカー協会に、6試合の公式戦をトルコから最低でも500kmはなれた中立地で無観客試合という決定を下し、20万スイスフランの罰金も科した。さら 全文をよむ

2006-02-02 チューリッヒから朗報 -スイス戦制裁処分は重くならない?(Miliyet紙) (Milliyet紙)

 トルコサッカー協会会長のハルク・ウルソイ、欧州サッカー連盟(UEFA)副会長シェネス・エルズィク、そしてFIFA会長のブラッターは昨日、チューリッヒで一同に会した。ウルソイは、スイス戦の制裁処分に関して「トルコに重い処罰は与えられないだろう」という考えを明らかにした。     トルコサッカー協会会長のハルク・ウルソイは、UEFA副会長シェネス・エルズィク、そしてFIFA会長のゼップ・ブラッターと昨日チューリッヒで会合を開き、トルコ-スイス戦で起きた騒動の制裁処分に関する現況について話し合った。 全文をよむ

2006-01-30 ウルソイ新会長、スイス戦制裁処分議論のためFIFAブラッター会長訪問(Milliyet紙) (Milliyet紙)

トルコサッカー協会のハルク・ウルソイ会長と欧州サッカー連盟(UEFA)のシェネス・エルズィク副会長は、水曜日に国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長とスイスのチューリッヒで会談し、スイス戦での事件について話し合う。    3度目の協会長に就任した後、取り組むべき優先事項の筆頭にスイス戦での事件を挙げたウルソイ会長が、水曜日にチューリッヒでFIFAのブラッター会長と会談する予定であることが明らかになった。先週ブラッター氏に面会を求めたウルソイ会長は、UEFAのエルズィク副会長とともに 全文をよむ

2006-01-11 トルコ・サッカー界の名門クラブ・ガラタサライ、2億ドルの負債抱える(Milliyet紙) (Milliyet紙)

ガラタサライは、10年間陣頭指揮した経営陣の失策により、未利用の豊かな資産を持ちながら善用してこなかった。今後講じられる経営健全化策により、2008年以降、1銭も使うことなく、確実な賃貸収入を得ることができる。    ガラタサライは現在、総額こそ明らかにされていないが巨額の負債を抱えている。他方で、トルコで最も豊かな不動産を所有している企業でもある。クラブは、手持ちの資産を活用して長期的に負債を返済し、年間の収支を均衡させなければならない。    本連載の目的は2億ドルと言われる負債を抱えるガラ 全文をよむ

2006-01-01 2005年の最優秀スポーツ選手にレスリングのハムザ・イェルリカヤ決まる(Milliyet紙) (Milliyet紙)

■圧倒的な一位   恒例となった本紙の第52回最優秀スポーツ選手アンケートの集計作業が完了し、待望の結果発表があった。読者投票による2005年の最優秀スポーツ選手は、世界及びヨーロッパ・チャンピオンであるレスリングのハムザ・イェルリカヤに決まり、2位に大差をつけ頂点に立った。イェルリカヤは、2005年に2度の優勝、そしてヨーロッパ大会での活躍に続き、世界大会でも大活躍し、トルコ国歌を再び世界に流した。最優秀スポーツ後援者のトップは、フェネルバフチェのクラブ会長アズィズ・ユルドゥルム、最優秀スポー 全文をよむ

2005-12-27 スペインのレアル・マドリード、北イラクにサッカー・スクールを計画中(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 レアル・マドリードは、来年設立を予定している教育施設でクルド系の子供たちにサッカーを教える計画を立てている。さらに、スター選手らの何人かもこの地域を訪問し、教える計画もある。      サッカー界の名門、スペインのレアル・マドリードは、北イラクのエルビル県に住むクルド系の子供たちのためにサッカースクール設立を決定した。     レアル・マドリード協会会長アッラヨ氏は、エルビルでのサッカースクール設立に着手しており、数日のうちに設立委員会が北イラクに行き調査を行う予定であることを明らかにした。こ 全文をよむ

2005-12-15 サッカーW杯スイス戦乱闘騒動の制裁処分、厳しい内容になる模様(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 ワールドカップのプレーオフ第2戦、スイスとの試合で起こった乱闘騒動の制裁処分は、かなり厳しい内容になる可能性が出てきた。    ・3~5試合の無観客試合  ・100万スイスフラン(約9000万円相当)の罰金  ・メフメト・オズディレク アシスタントコーチに最低6ヶ月の出場停止  ・DFアルパイに、2~4試合のベンチ入り禁止  ・GKヴォルカンに1試合出場停止     ワールドカップのプレーオフ第2戦、スイスとの試合後に起こった乱闘騒動のため、トルコは国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会の事情 全文をよむ

2005-11-18 国際サッカー連盟(FIFA)ブラッター会長の発言は一方的(Milliyet紙) (Milliyet紙)

トルコ-スイス戦終了からまだ24時間も経たないうちに、そして報告書さえも見ないうちに、事件に関して記者会見を行った世界サッカー連盟(FIFA)会長の言葉は、「報復なのでは?」という問いを想起させた。    FIFAのジョセフ・ブラッター会長が昨日の昼間、スイスのチューリッヒで開いたトルコ-スイス戦に関する記者会見は衝撃を生んだ。ブラッター会長は、「スイス人として、スイスがワールドカップに出場することは大変嬉しい」という大きな失言で説明を始める一方、カドゥキョイで行われた試合の終了から24時間も経 全文をよむ

2005-11-17 2006年W杯ドイツ大会のプレーオフ:トルコ4-2でスイスを下すも出場ならず(Milliyet紙) (Milliyet紙)

 アルパイの反則と続くフライのPKで動揺したトルコチームだったが、すぐに立ち直った。トゥンジャイの2得点とネジャティのPKで望みをつないだ。ストレーラーのゴールにトゥンジャイのゴールで応酬したが、5点目を決めることはできなかった。     顔を上げてスコアボードを見ると開始わずか28秒だった。審判はペナルティキックを与えた。フライの前に落ち、エルギュンがインターセプトしたボールをアルパイはハンドしてしまった。ちょうど最初の試合でのポジションを思い起こさせた。何度も話題に上ったミュッラーのポジショ 全文をよむ

2005-09-22 重量挙げでドーピング・スキャンダル:世界選手権への出場不可(Radikal紙) (Radikal紙)

 予想されていたとおり、重量挙げ協会は国際大会出場から一時的に追放された。11月に行われる世界選手権への参加は不可能となった。     国際重量挙げ連盟(IWF)は、トルコ代表の重量挙げ選手がドーピング検査を受けなかったことから、トルコ重量挙げ連盟に対し国際大会への参加を暫定的に禁止することを決定した。IWFは11月に開催予定の世界選手権でこのもんだいについて協議することとし、それに伴い10月の欧州ユース大会への出場も取りやめとなった。     IWFから昨日トルコ重量挙げ連盟に送られた書面には 全文をよむ

2005-08-31 ソーラーカーの国内競技会開催される(Milliyet紙) (Milliyet紙)

昨日、フォーミュラーG、ソーラーカー競技会がイスタンブル・パーク・サーキットで行われた。合計8周、43,2kmのコースを中東工科大学のMES-eが1時間47分で完走した。    イスタンブル・パーク・サーキットでは、F1終了後、フォーミュラーG、ソーラーカー競技会の興奮にわいた。トルコ科学技術研究機構(TÜBİTAK)によってトルコで初めて実施された競技会には、大学14校と高校1校から16グループが参加した。中東工科大学ロボット組チームのソーラーカー、MES-e号が優勝を獲得した。F1と同様にピ 全文をよむ

2005-08-13 アララット山へギリシャ・トルコ交流登山(Milliyet紙) (Milliyet紙)

アララット山への登山を条件付で許可された16人のギリシャ人登山家は、頂上でトルコとギリシャの旗を掲げた。    アララット山にギリシャとキプロス共和国の国旗とともに(ギリシャ正教の)総主教座旗を立てると表明したところ取り消された登山許可は、ジョージ・イェンニマタス在トルコ・ギリシャ大使が身柄を保障することで条件付で与えられた。5人の女性を含む16人のギリシャ人登山家は8月9日に登山を始め、13日に5,137メートルの頂上に到達した。    ■「肩を寄せ合い登った」    案内役のジェリル・シェン 全文をよむ

2005-07-17 F1エキシビションの下では遠泳大会 ボスフォラス海峡横断レース(Radikal紙) (Radikal紙)

今日のイスタンブルは、ボスフォラス海峡の上も下も慌しい。橋の上ではF1グランプリのエキシビション走行が行われ、海上では、「ボスフォラス2005」のアジア側―ヨーロッパ側横断レースのスイム、カヌー、ヨットの各競技が行われる。    イスタンブル発    トルコ・オリンピック協会主催で、今年で第17回を数える「ボスフォラス2005」の国際アジア側―ヨーロッパ側横断レースのスイム、カヌー、ヨット競技と、国内の上位20位までの有力スイマーが参加するスィナン・エルデム杯が、いよいよ今日ボスフォラス海峡で開 全文をよむ

2005-06-26 帝王の復帰-ナショナルチームの監督にガラタサライ元監督ファーティフ・テリム就任(Milliyet紙) (Milliyet紙)

トルコサッカー連盟は、エルスン・ヤナルに代わるトルコ代表チームの新監督として、ファーティフ・テリムを起用した。テリムは今日から監督としての活動を開始する。    ガラタサライを1年半前に離れて以来、どこのチームの監督にも就かなかったファーティフ・テリムは、就任要請の圧力に屈する形でトルコ代表チームの監督になることを受諾した。  同連盟が地中海大会の視察を拒否したため解任したエルスン・ヤナルに代わり、ごく最近になってテリムの名前が新監督候補の筆頭に浮上していた。レヴェント・ブチャクジュ会長は、先日 全文をよむ

2005-06-04 ベシクタシュ監督、イルハン・マンスズの復帰に前向きの発言(Milliyet紙) (Milliyet紙)

ルザー・チャルムバイは交渉権を所有しているイルハン・マンスズが移籍リストに入っている事を表明して「彼は復帰しうる。」と述べた。ベシクタシュの上層部はこのストライカーから健康診断書を要求し、試合ごとの契約となる。    ■イスタンブル教育文化財団(ISTEK VAKFI)とイフラス高校の生徒達から最も成功している監督に選ばれたベシクタシュの監督であるルザー・チャルムバイは、イフラス高校で興味深い会見を行った。   ある生徒の「イルハン・マンスズに興味がありますか。」という質問へ応えたチャルムバイは 全文をよむ

2005-05-27 欧州チャンピオンズリーグ決勝戦の舞台裏 (Milliyet紙) (Milliyet紙)

欧州サッカー連盟理事レナート・ヨハンソンは、決勝戦の試合終了のホイッスルと共にエルドアン首相の傍らで息をついた。ヨハンソンは「おめでとうございます。チャンピオンズリーグで今日までに行われた最高の大会運営だった。あらゆる人々を魅了した。私が思うに、満足していない人など存在しないだろう。」と表現した。エルドアンの「我々は2012年の欧州チャンピオンズリーグを求めている。」という発言に関して欧州サッカー連盟理事は「今夜(の試合)を見た後、私の票はあなた方のものだ。」と応じた。試合の終わった所で全ての欧 全文をよむ

2005-05-25 アタテュルク・オリンピック・スタジアムで欧州チャンピオンズリーグ決勝(Milliyet紙) (Milliyet紙)

アタテュルク・オリンピック・スタジアムでイタリアのミランとイギリスのリヴァプールによる欧州チャンピオンズリーグ決勝が開催された。両チームのサポーターによってスタジアム周辺は祭典の場に変わった。バスやタクシーでスタジアム入りした両チームのサポーターは、人目を引く衣装や赤のユニフォームを身にまとい、旗を振ったり大騒ぎしながら試合開始まで大いに楽しんだ。    特にイギリス人のサポーターは持参したケース一杯のビールを飲み、歌を歌いながら興に入っていた様子。一方、ミランサポーターはイギリス人サポーターよ 全文をよむ