エッザージュバシュ・バーチャル美術館で風刺画展(Milliyet紙)
2006年07月03日付 Milliyet紙

 トゥルグト・チェヴィケル氏が企画した「ギュルビュズ・ドアン・エキシオールの風刺画展」は、エッザージュバシュ・バーチャル美術館でみることができる。この美術館では、トゥルグト・チェヴィケル氏とレヴェント・チャルクオール氏の解説とともにエキシオールの90作品が芸術愛好家に披露されている。

 チェヴィケル氏は、エキシオールについてこう語っている。「ギュルビュズ・ドアン・エキシオールは新聞の風刺画家ではない。アトリエで画家のように創作活動を行う。まずアイデア、そしてエスキースというように。デザインと色合いについての考えがまとまったところで本来の製作が始まる。製作は何日もかかる。彼が作品に施すテクスチャーはある種、指紋のようだ。」
「ギュルビュズ・ドアン・エキシオールの風刺画展」は、www.sanalmuze.orgで楽しむことができる。


〔記事注〕エッザージュバシュ・バーチャル美術館は1999年に正規オープンしたインターネット上の美術館。通常の美術館と同様に、常設展と企画展があり、この記事の「ギュルビュズ・ドアン・エキシオールの風刺画展」も企画展の一つ。エッザージュバシュ・バーチャル美術館をオリジナルの発信源とするエッザージュバシュ・コレクションのほか、トルコ国内の画家の作品コレクションや、国際的に有名な画家の作品コレクションもあり、ポール・セザンヌ、マネ、モネ、レンブラント、ゴッホなどのほか、喜多川歌麿の作品の展示もある。油絵から現代美術まで幅広い種類の作品の展示をしており、美術評論セミナーなども催している。


Tweet
シェア


現地の新聞はこちらから

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:及川治香)
(記事ID:2895)