《サーエゲ》ミサイル発射実験、成功 ハムシャフリー紙
2006年08月21日付 Hamshahri紙

2006年8月21日付ハムシャフリー紙

【政治部】《サーエゲ》(稲妻)地対地ミサイルが成功裡に発射されたことで、イランの防衛能力の一端がさらに明らかとなった。

 《ゾルファガールの一撃》大軍事演習の二日目、国内防衛産業・研究者らの手により開発・製造された《サーエゲ》地対地ミサイル及び地対海ミサイルは、全軍総司令官が見つめる中、数百キロメートルの彼方から軍事演習が行われている地点への発射に成功た。

 軍事演習のスポークスマンを務めるカユーマルス・ヘイダリー司令官(准将)は、「《サーエゲ》ミサイルは注目すべき射程距離と高い正確性を誇っており、あらゆる脅威に対抗することができるだろう」と強調した。

〔後略〕

Tweet
シェア


現地の新聞はこちらから

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:斎藤正道)
(記事ID:3308)