英プリミアリーグで活躍中のエムレに対し「人種差別者」疑惑
2007年01月14日付 Hurriyet紙

イギリスサッカー協会による、ニューキャッスル・ユナイテッド所属のエムレ・ベレズオール(ポジション;MF)への「人種差別者」との批判がイギリスのマスコミで大きく扱われた。

デイリー・テレグラフ紙は、「人種差別者との批判がエムレの将来を危うくしている」という見出しの記事で、事実であればこの26歳の著名選手がチームから退団させられる可能性がある、と指摘した。

インディペンデント紙は、エムレが自身への批判を否定したことを指摘した一方、この批判がこの若いスタープレイヤーを、イギリスサッカー史上初めて人種差別によって批判されたプレミアリーグ選手にしたことにも注目した。

同紙はさらに、事実であれば、エムレが罰金と退団の処分を受ける可能性がある、と記した。

ガーディアン紙は、サッカー協会が着手した行為、人種差別者としての批判を公にしたことが、エムレをとても悩ませているとする、彼のマネージャーのアフメト・ブルトの声明を記事の冒頭に掲載した。

その一方でエムレは、この件に関して書面で説明を行ない、批判に関する弁論を1月29日(月曜日)までに行なう、と述べた。





Tweet
シェア


現地の新聞はこちらから

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:丹羽貴弥)
(記事ID:4355)