チャンピオンズリーグのベスト8、フェネルバフチェの対戦相手はチェルシー(英)
2008年03月16日付 Hurriyet紙

フェネルバフチェがチャンピオンズリーグで英チェルシーと対戦することがイギリスのマスコミをにぎわせている中、英新聞の大半はこのカードではチェルシーに勝算があるとコメントした。
ザ・デイリー・テレグラフ紙は、チェルシーがフェアーな抽選の結果、フェネルバフチェと対戦することになり、チーム監督アブラム・グラントへのプレッシャーが軽減されたと語り、昨日(一昨日の抽選日)は彼にとって吉日だったと伝えた。

またガーディアン紙ではチェルシーが他のイギリスサッカーチームに比べてより幸運な状況にあることを伝えると同時に、フェネルバフチェがこの8年間のチャンピオンズリーグにおいて、トルコチームとして初めてここまで登りつめたことを伝えた。
デイリーメール紙も、チェルシー対フェネルバフチェ戦は、世界のサッカーファンをテレビに釘付けにさせるほどの熱狂をもたらさないだろうが、チェルシーの敗北もあり得、そうなればチーム監督アブラム・グラントの解雇につながりかねないと伝えた。そしてタイムズ紙はチェルシーが抽選の結果に満足していることを明らかにした。

Tweet
シェア


現地の新聞はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:13367)