ヨーロッパチャンピオンズリーグ終え、フェネルバフチェ帰国 -拍手と花で迎えられる
2008年04月10日付 Zaman紙

ヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝の第二戦で、イングランドのチェルシーに2-0で敗北し、優勝カップに別れを告げたフェネルバフチェ選手団が、今日夕方イスタンブルに戻った。

サビーハ・ギョクチェン空港に専用機で到着した選手団は、ここで約100人のサポーターと熱烈な歓迎に迎えられた。フェネルバフチェの選手とコーチの一団ががっかりした様子を見せる一方で、サポーターは拍手喝さいで励まそうとした。サポーターは、花束を贈ったサッカー選手およびコーチの一団と写真撮影も行った。

フェネルバフチェの一団を乗せたバスは、サポーターの歓声とともに、空港からサマンドゥラにあるチームの施設に向かった。

フェネルバフチェ選手団は、トゥルクセル・スーパーリーグでアンカラスポルと行う試合の準備を明朝から開始する予定だ。

Tweet
シェア


現地の新聞はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:湯澤芙美)
(記事ID:13550)