サッカー欧州選手権、逆転でチェコをやぶりベスト8入り
2008年06月16日付 Hurriyet紙

トルコA代表チームは、2008サッカー欧州選手権でチェコを3-2で破り準々決勝にすすんだ。ロスタイムにいれたゴールで、歴史に名を刻んだ。

スイス戦でも逆転勝利を収めたトルコ代表チームだったが、チェコ戦でも同じ展開になった。スイス戦では、ロスタイムにアルダの決めたゴールで、2-1の勝利を収め、希望を最終戦につないだ。チェコ戦も再び、ロスタイムに入り、今日はニハトの放ったシュートが決まり、3-2の勝利をおさめた。トルコ中で、(勝利を祝って)人々が通りに繰り出している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコメディア翻訳班)
(記事ID:14078)