スイスのハカン・ヤキン、グループリーグ最終戦でポルトガル相手に2ゴール
2008年06月16日付 Milliyet紙

ユーロ2008の開催国のひとつスイスは、グループリーグの最後の試合でポルトガルを2-0で破った。この試合では、両チームともいいサッカーを展開できず、グループの首位が最初の2試合での勝利により決定しているポルトガルは、グラウンドに控え中心のメンバーを送り出した。両チームともモチベーションがあがらず試合のテンポが落ちる中、スイスの勝利のゴールをトルコ系の選手ハカン・ヤキンが71分と83分(ペナルティ)に記録した。このスター選手は、86分でカバナスと交代した。同じくトルコ系のエレン・デルディヨクとギョクハン・インレルはというと、彼らが見せた闘士のあふれるサッカーで勝利に貢献した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:新井慧)
(記事ID:14082)