体重375キロの元レスリング選手、自宅からクレーンで搬送されるも病院で死亡
2009年02月17日付 Milliyet紙
http://i.milliyet.com.tr/HaberAnaResmi/2009/02/17/fft17_mf182715.Jpeg
http://i.milliyet.com.tr/HaberAnaResmi/2009/02/17/fft17_mf182715.Jpeg

ブルサで、体重375キロの元トルコ代表レスリング選手メフメト・アイユルドゥズさん(58)が自宅からクレーンで出された後、ムラディエ国立病院に搬送された。懸命な治療にも関わらず、死亡した。

アイユルドゥズさんのために、幅110センチ、深さ65センチ、縦190センチの大きさで特別な棺が用意された。
アイユルドゥズさんはメルケズ・オスマンガズィ郡ナマズギャフ街区に住み、17歳から25歳までの間、トルコ・チャンピオンとなり、国際トーナメントでは複数のメダルを獲得した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:木村 納菜)
(記事ID:15817)