ハカン・シュクリュ(元サッカー選手)、メッカへ巡礼
2009年03月26日付 Zaman紙

元ガラタサライ所属のサッカー選手ハカン・シュクリュが、ベイダ夫人と何人かの親戚と一緒にメッカ巡礼に行った。

元ガラタサライ所属選手の見送りには、兄弟のギョクハン・シュクリュの姿もあった。ハカン・シュクリュはクリーム色の服を着てアタテュルク国際空港に姿を現し、ベイダ夫人も白いベールで人目を引いた。夫妻はとても楽しそうな様子で、出国審査を済ませ、飛行機に乗り込んだ。

ハカン・シュクリュは記者らに対しコメントせず、その後夫人と他の親戚とともにサウジアラビア航空の14:00発の便に乗り、メディナに移動した。シュクリュ一家は、聖地に一週間滞在するもようだ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:倉本さをり)
(記事ID:16077)