ワールド・カップ出場遠のく―スペインにホームで逆転負け
2009年04月01日付 Hurriyet紙

トルコチームは、2010年ワールドカップヨーロッパ予選第5グループでの6試合目で スペインに2対1で負けた。

トルコチームは1対0でリードしていたにもかかわらず、アリ・サミ・イェン・スタジアムでスペインに2対1で負け、フィールドを勝ち点なし離れた。グループの他の試合では、ボスニア・ヘルツェゴビナがベルギーを2対1で破り、勝ち点を12に上げた。この結果の後トルコは勝ち点8点にとどまる一方で、12点にのびたボスニアは18点のスペインに次いで第二位となった。トルコはというと勝ち点8点で3位にとどまった。

■ 残り試合

トルコ代表チームは、グループで2位になるため競うボスニア・ヘルツェゴビナそして7点のベルギーとアウェイで試合を行うことになっており、エストニアとアルメニアとはホームで試合を行う。これらの試合すべては疑いなくとても重要であるが、ボスニア・ヘルツェゴビナのアウェイが別の重要性となるのも確かだ。

第5グループ試合一覧表

2009年9月5日 トルコ-エストニア
2009年9月5日 アルメニア-ボスニア・ヘルツェゴビナ
2009年9月5日 スペイン-ベルギー

2009年9月9日 ボスニア・ヘルツェゴビナ-トルコ
2009年9月9日 アルメニア-ベルギー
2009年9月9日 スペイン-アルメニア

2009年10月10日 ベルギー-トルコ
2009年10月10日 アルメニア-スペイン
2009年10月10日 エストニア-ボスニア・ヘルツェゴビナ

2009年10月14日 トルコ-アルメニア
2009年10月14日 ボスニア・ヘルツェゴビナ-スペイン
2009年10月14日 エストニア-ベルギー

■ 1位のチームはストレートで本大会へ行き、2位のチームはプレーオフを行う

2010年ワールドカップヨーロッパ予選グループの1位のチームと最も成績の良い2位のチームがストレートに本大会へと上がる一方で、各グループで2位となった8チームがプレーオフで試合を行いプレーオフの結果4ヶ国がさらに本大会へ行く権利を獲得する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:釘田遼香)
(記事ID:16112)