ビュレント副首相、F1を観戦
2009年06月07日付 Yeni Safak紙

副首相兼国務大臣のビュレント・アルンチはF1INGグランプリを観戦した。

副首相兼国務大臣のビュレント・アルンチはイスタンブルパークのサーキットの設備の一部とメディア・センターを見学した。その間、イスタンブルパークの総支配人のジャン・ギュルジュは、副首相のアルンチにサーキットや設備に関して説明した。

アルンチ副首相は設備がとても気に入ったと話し、「見事なサーキットで、あらゆる可能性が考えられている」と語った。レースの前のチームの作業やレシーシングカーを見学し、メディア・センターでは国際的な報道機関が90パーセントを占めていたと述べ、「世界中で観戦される組織で、影響力もあり、素晴らしいものだと思う」と話した。

F1世界選手権の第7戦のレースのINGトルコグランプリはブラウンGPに在籍するイギリスのレーサー、ジェンソン・バトンが優勝した。バトンはアルンチ副首相から賞を受け取った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:松岡聡美)
(記事ID:16628)