次はボスニア戦!―サッカーワールドカップ予選対エストニア戦に勝利
2009年09月05日付 Hurriyet紙


2010年サッカーワールドカップ欧州予選、第5グループ第7試合で、トルコが、4-2でエストニアを下した。

1-0 と相手に先制されたものの、エストニアに勝利し、勝ち点3を得たトルコ代表チームは、勝ち点を(合計)11とし、グループ第2位となる可能性をつないだ。
開始29分と72分のトゥンジャイ・シャンル、37分のセルジャン・ユルデゥルム、そして61分のアルダ・トゥランのゴールが、9月9日水曜日にボスニアと対戦する予定のトルコ代表を勝利に導いた。エストニア代表チームは、試合開始6分にヴォスコボイニコフが、そしてヴァッシルジェフがゴールを決めた。

■600番目のゴールはアルダが決めた!

 この試合でトルコ代表の三番目のゴールを決めたアルダは、このゴールによって、トルコ代表の決めた「600番目のゴール」(という記録)に名を残すこととなった。またトルコ代表チームのユニフォームを着て、21回目のゴールを放ったトゥンジャイ・シャンルは、ハカン・シュクリュに次いでトルコ代表選手として最多得点記録史上2番目の選手となった。

■第5グループの得点状況

チーム   試合数  勝ち点
スペイン   7    21
ボスニア   7    15
トルコ    7    11
ベルギー   7    7
エストニア  7    5
アルメニア  7    1

■試合実況 

サッカーファンのみなさま、こんばんは。

2010年ワールドカップ、ヨーロッパ予選第5グループ第7試合、トルコA代表チームがエストニアを招いての試合です。試合は、21時より、カーディル・ハス・スタンジアムで行われます。審判は、ノルウェーサッカー協会のトミー・スジェルヴェン氏です。トルコ代表は、アウェーで行われたエストニアとの初戦を、0-0のスコアで引き分けました。
重要な試合を迎えたトルコ代表にとって、目標は勝利のみです!
トルコ代表は、(2010年ワールドカップ)南アフリカ(大会)への出場に望みをつなぐには、アウェーでの初戦を引き分けたライバルを打ち負かさなければなりません。でなければ、出場できるチャンスは極端に減り、残り3試合で奇跡が起きることを祈るだけとなります。

ファーティフ・テリム監督は、昨日行った記者会見で、故障したニハトとメヴリュトをメンバーからはずし、出場予定の11人を明らかにしました。それによると、エストニアとの試合に出場するトルコ代表チーム11人は、ヴォルカン・デミル、ギョクハン・ギョニュル、セルベト、ギョクハン・ザン、ハカン・バルタ、カズム、ハミト(ジェイフン)・エムレ、アルダ、トゥンジャイ、セルジャンです。

トルコA代表チームは、この、カイセリでエストニアと行われる第19回サッカーワールドカップ欧州予選のグループの試合により、第465番目の試合に臨むことになります。トルコ代表チームは、その86年の歴史において、過去に行われた243の公式試合と221の非公式試合の合計464試合を通して、163回勝利し、111回を引き分け、190回相手に敗れました。トルコ代表チームは、これらの試合で、合計597のゴールを決め、また707得点を奪われています。

トルコ(代表チーム)は、試合の行われるカイセリ市、カーディル・ハス・スタジアムにおける二番目の試合に臨むことになります。代表選手たちは、カイセリで初めての試合を今年の6月2日にアゼルバイジャンと行い、この交流試合を2-0で勝ちました。

同じグループでは、本日行われた他の試合では、ボスニアがアウェーでアルメニアを2-0で下し、勝ち点を15にしています。

エストニア、国歌斉唱。つづいて、トルコ国歌斉唱。

スタンドは観客で埋め尽くされています。試合はあと少しで始まります。
審判が試合開始のホイッスルを吹きました。いけ、トルコ!

4分 エストニア、右からヴァッシルジェフがコーナーキック。
ペナルティーマークへ向かって落ちてきたボールをギョクハンが(ゴールから)遠ざけた。

6分 アルダが右からペナルティーエリアに入った。パスをペナルティーマークの上にいたセルジャンに与えた。セルジャンは、ハカンにパス。ハカンは、するどいシュートをはなったが、ボールは少しの差でフィールドの外に出た。

7分 エストニアが左側から攻撃を仕掛けた。ペナルティーエリアでボールを受けたヴォスコボイニコフは、まっすぐシュートをはなち、ゴールを決めた。ああ、ボールはトルコのゴールネットに…。(エストニア、1点)

10分 トゥンジャイは、ペナルティーエリアの外の、ゴールを向いた地点から鋭いシュートを放った。ボールはディフェンスにあたって戻った。

14分 ハミト、右ウィングからゴールエリアの中にボールをセンタリング。エストニアのディフェンスが(ボールを)受けた。戻ったボールをエムレがシュートした。キーパーのパレイコは、ボールをぎりぎりでコーナーへ出した。

16分 アルダは、右からペナルティーエリアに入った。ゴールエリアの中へ向けて、センタリング。キーパーのカレジがクリア。

20分 トゥンジャイは、センターで受けたボールをペナルティーエリア付近まで運んだ。後ろのポールのところにいたエムレにパス。ジャーゲルが間に入ってクリア。

21分 この時間まで、トルコ代表の攻勢。

24分 アルダ、約35メートルの所からゴールをめがけて鋭いシュートを放った。アルダの素晴らしいシュートは、(しかし)少し上に外れて外にでた。

25分 ペナルティーエリアの中でのもみ合いから、トゥンジャイにきたボールをロバシャタが蹴った。ボールは地面すれすれでポールの脇から外へ出た。

29分 左ウィングでエムレは、アルダにパスを出した。アルダは、ペナルティーエリアの中で構えていたトゥンジャイに横パスを出した。トゥンジャイは、左ラインでボールを受けた。キーパーと向かい合ったトゥンジャイ、ゴールを決めた!
ゴーーール!!

35分 (トルコ、選手交代)負傷したギョクハン・ザンに代わって、オンデル。

37分 アルダ、ペナルティーエリアの中で、右側のライン上で、相手選手とのもみ合いの中からボールを奪った。顔をゴールに向けると、シュートを放った。ボールを、ゴールキーパー、パレイコが戻す。戻ってきたボールを、セルジャンが空になったゴールに放つ!
ゴーーール!!

41分 トルコ代表の攻勢。

42分 オペルが遠くから鋭いシュートをはなった、ボールは上に外れて外にでた。

45分 アルダ、ディフェンスの後ろに留まっていたトゥンジャイにまっすぐパスを出した。ゴールキーパーのパレイコが出て、(ゴールの)危険を回避した。

47分 エムレ、右からゴールエリアめがけてコーナーキック。ボールは誰にも触れず外に出た。

前半終了。トルコ2-1エストニア

選手たちがフィールドに出てきた。そして、審判が後半開始のホイッスルをならす。(後半開始)がんばれ、選手たち!

46分 相手選手とぶつかったエムレが負傷した。試合中、エムレへのマークがきつい。

48分 エムレの治療がフィールドの端で続けられている。

51分 後半、フィールドでは動きの少ないサッカー。

53分 ヴァッシルジェフがペナルティーエリアの外から、ゴールの正面からシュートを放った。セルベトに当たったボールはゴールへ…。(エストニア、2点目)

54分 エストニア、選手交代。ヴォスコボイニコフに代わってゼンジョフ。

57分 セルジャン、センターで受けたボールを、ペナルティーエリア近くまで運んだ。パスを左サイドで走り出したカズムに出した。カズムは、(ボールを)蹴りあげたが、ボールは高すぎた。

59分 アルダが左ウィングからゴールエリアの中にセンタリング。ジャアゲルが受けた。

60分 セルジャンが左ウィングからペナルティーエリアに入った。ボールをラインのところくらいまで運んだ。ゴール前にパスを出した。(相手の)ディフェンスがボールをコーナーに出した。

61分 トルコ、選手交代。カズムに代わってハリル。

62分 左からゴールポストに向けてコーナーキック。キーパーを越えたボールに、ゴールポスト近くでアルダがヘディング。そしてボールはゴールネットに!
ゴーーール!!

65分 トルコ代表のボールの支配率は61%。(エストニア39%)

67分 セルジャンは、ペナルティーアークの少し後ろでボールを取った。顔をゴールに向けると、鋭いシュートを放った。ボールはキーパーのパレイコが取った。

68分 アルダがペナルティーアーク上から鋭いシュートを放った。ボールは(ゴールを)少し外れて外に出た。

70分 ハミトは右からゴールポストに向けコーナーキック。ゴールポスト脇でアルダがとび上がったが、ボールには届かなかった。

72分 ハミトが右から適切な位置にいたトゥンジャイにパス。トゥンジャイは右のラインからペナルティーエリアに入った。シュートを放ち、得点差を2点とするゴールを決めた。
ゴーーール!!
これで、トルコチーム4点目。これが決勝点になると同時に、トゥンジャイの「最多ゴール記録歴代2位」にもつながった。

73分 エストニア、選手交代。オペルとデミトリジェフの代わりにキンクとヴンク。

75分 相手に鋭いタックルをしたため、ギョクハンにイエローカード。

77分 ヴンクがペナルティーエリアの外から鋭いシュートを放った。しかし、ボールはゴールを遠く外れて外に。

78分 トルコ、選手交代。エムレに代わってジェイフン。

82分 トゥンジャイが右からゴールエリアの中にボールを蹴りいれた。(相手の)ディフェンスが守った。戻ってきたボールをアルダが受けた。ボールはゴールの上から外に出た。

85分 アルダが右からペナルティーエリアの外にいるハミトへパスを出した。ハミトは鋭いシュートを放った。ボールはキーパーが止めた。

88分 ヴァッシルジェフが左サイドからゴールエリアの中にセンタリング。ボールはヴォルカンが受けた。

試合終了のホイッスル。トルコ4-2エストニア。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:能勢美紀)
(記事ID:17408)