快挙!ベシクタシュ、マンチェスターユナイテドを1-0で破る(チャンピオンリーグ戦)
2009年11月26日付 Radikal紙

ベシクタシュがマンチェスターユナイテドをアウェイゲームで、1-0で破ったことがUEFAの公式サイトで大きな反響を呼んでいる。

UEFAのサイトに「Old Traffordでベシクタシュ勝利」の見出しで掲載された記事で、20分でテッロのゴールのお陰で、2005年以降、このトーナメントでOld Traffordで勝利を挙げた初めてのチームとなったベシクタシュは、チャンピオンリーグ進出は逃したものの、トーナメントに足跡を残したと報じられた。

サイトの内容をまとめると以下の通り。
「Old Traffordでプレーした最近の23のヨーロッパ戦で無敗のユナイテドは、ホームでの一番最近の試合でCSKA モスクワに対し2点差で負けていた試合を逆転することに成功した。しかし、この英国チームはベシクタシュを相手に、自慢にしていた記録をついに失った。ホームで戦ったユナイテッドは、試合前からベスト16の中に名前を連ねていたため、サー・アレックス・ファーガソン監督が、同チームの先のプレミアリーグの試合に出場した11名のうち8名の選手を変えるという決定をしても不思議ではなかった。しかしこの状況でも、先のイギリスへの遠征でリバプールに8対0で負け、チャンピオンリーグ史上最も特異な敗北を喫したベシクタシュのサポーターは熱気にあふれていた。


■ベテランのリュシュトゥ・レチベルを抜けず
ユナイテドがダニエル・ウェルベクとフェレリコ・マチェダを使いゴールを決めようとしたが、リュシュトゥ・レチベルを抜けなかったとも報じられた。ベテランのゴールキーパーと紹介されているリュシュトゥが、Old Traffordを最後に訪れた2004年にフェネルバフチェのキーパーとして6ゴールを止めたことにも触れられていた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:倉本さをり)
(記事ID:17955)