トルコ航空、マンチェスター・ユナイティドのスポンサーに
2010年03月15日付 Milliyet紙

トルコ航空は、イギリスサッカーの強豪マンチェスター・ユナイテッドとの正式なスポンサー契約の合意書に署名した。

オールド・トラッフォードスタジアムでの調印式にはトルコ航空のハムディ・トプチュ会長とジェマル・シャンル副会長、マンチェスター・ユナイテッドのクラブ会長のデイヴィッド・ギル氏とチームディレクターのリチャード・アーノルド氏、選手のウェイン・ルーニー、エドウィン・ファン・デル・サール、ナーニ、パク・チソン、ダレン・フレッチャーが参加した。

トルコ航空はヨーロッパで4番目に大きい航空会社であり、3年半のスポンサー契約の合意書によると、マンチェスター・ユナイテッドを全ての試合、トーナメント、トレーニングキャンプへと運ぶ事になる。また、オールド・トラッフォードスタジアムの全ての広告パネルをトルコ航空のロゴが占めることとなる。

ハムディ・トプチュ会長は調印式での会見で、「トルコ航空が世界トップクラスのサッカーチームのうちのひとつの正式なスポンサーとして認められたことを大変うれしく思う」と述べ、「この合意により、トルコ航空のブランド価値が大きく高まると信じている。我々はマンチェスター・ユナイテッドのように、あらゆる面でトップクラスのサービスで一番を目指している。トルコ航空はこのスポンサー契約の合意をとても重要視しており、世界で最も有名なサッカーチームのうちのひとつと共に働く事に大きな興奮を覚えている」と語った。

デイヴィッド・ギル氏もトルコ航空との合意をうれしく思うと述べ、「トルコ航空はマンチェスターおよび世界中で乗客数を伸ばし続け、成長している精力的な航空会社であることを証明した」と話した。

トルコ航空は以前に、去年のヨーロッパチャンピオンズリーグとスペインリーグの王者であるバルセロナとのスポンサー契約に署名している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:南澤沙織)
(記事ID:18698)