サッカー、八百長疑惑の逮捕つづく
2010年03月27日付 Radikal紙

サッカーにおける八百長疑惑捜査でさらに5人も逮捕され、逮捕者数は20人に上った。

サルイェル郡のファズル・アルスラナルプ共和国検察官による事情聴取を受けていた6人の内、サッカーチーム「テペジックスポーツ」に所属するブルハン・アクギュル選手が釈放された。
アルスラナルプ検察官は、元サッカー選手のアリ・シェン・カンディル容疑者、ハサン・コルクマズ容疑者とコーチのイブラヒム・オズトゥルク容疑者、ジェラル・ベルベル容疑者、マーヒル・ムラト・メルメル容疑者を逮捕請求とともにサルイェル郡第一治安裁判所へ送り、彼らは逮捕された。

最初のグループの後、正午ごろに8人もさらに逮捕されたが、これらの容疑者らも裁判所へ送られ、事情聴取が始まった。同時に、捜査で捕まった内の1人である元サッカー選手のE.E容疑者は警察署での取り調べが続いている。八百長疑惑の捜査で現時点までに13人が釈放されたが、元ナショナルチーム選手のファティフ・アクイェル容疑者等20人が逮捕された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:熊谷沙織)
(記事ID:18779)