ハミトの活躍でバイエルン・ミュンヘン、チャンピオンリーグ準々決勝勝利
2010年03月31日付 Milliyet紙

ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ準々決勝第一試合でバイエルン・ミュンヘンがマンチェスター・ユナイテッドをロスタイムにオリッチの決めた得点により2―1で破る一方、ハミト・アルトゥントプの活躍がドイツのメディアでこの日の話題となった。

 85分出場し右ウイングハーフを担ったトルコ・ナショナルチームの代表選手が後半初めに連続して行ったフェイントによりマンチェスター・ユナイテッドのペナルティエリアへと入り放ったシュートは、ファン・デル・サールが素晴しい反応によってセーブされたが、これはドイツの支配という構図が何度も繰り返される要因となった。終了5分前にハミト・アルトゥントプを試合から出したルイス・ファン・ハール監督が、フィールドラインを後にしてからアルトゥントプのそばを訪れ熱心に握手したことは、トルコ・ナショナルチームの代表選手がどれだけ素晴しいプレイを見せたかの証明であった。ドイツ各紙は、ハミト・アルトゥントプは出場している間、バイエルン・ミュンヘンで最もよいプレイをしたという意見で一致した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩根匡宏)
(記事ID:18799)