ボドゥルムで観光シーズン開幕
2010年04月04日付 Hurriyet紙

先週半ば以降の気温の上昇をうけ、ムーラ県のボドゥルムの海岸は地元住民と外国人観光客で溢れている。観光客たちが大勢日光浴をし、海に繰りだしている一方、シーズンが始まり、パンツで海に入るものに加え、服を着てビーチを歩いている何人かの男性がいた。彼らは若くて綺麗な観光客をじろじろと眺めて、彼女たちに不快な思いをさせた。

不作法者のシーズンも開幕

 気温が26度、海水温度が20度まで上昇したボドゥルムのクムバフチェ、パシャタルラス、ギュンバット、ビテズ海岸を地元住民や外国人観光客が埋め尽くしている。多くの観光客は気温が高くなるや、海岸に押し寄せ、海で泳いだり日光浴をしたりしている。休暇で来た人たちの中には、犬と一緒に海に入って楽しんでいる人々の姿も見られた。イギリス、デンマーク、イスラエルからの観光客らは心地よく日光浴を楽しんだ。その光景は七月、八月のボドゥルムのようであった。
 ボドゥルムの海岸では無作法者たちのシーズンもすでに開幕した。建設労働者らは、観光客のいるビーチで、パンツで泳ぐ一方、何人かは海岸で上着と革靴を着て観光客のそばまで行き、彼女たちをじろじろと眺めて不快な思いをさせた。不快に感じた観光客らがその場から起き上がりビーチを去る姿が見られた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:清川智美)
(記事ID:18817)