ブルサスポル優勝!
2010年05月16日付 Hurriyet紙


■ブルサスポル優勝!
ブルサスポルがトゥルクセル・スーパーリーグ(一次リーグ)の34週(最終週)目にベシクタシュに対し2-1で勝利した。
これで緑白チーム(ブルサスポル)が史上初めて首位になり、トゥルクセル・スーパーリーグの52代チャンピオンとなった。
ワニ(ブルサスポル)に勝利をもたらしたゴールは、32分のパブロ・バタラと44分のイブラヒム・トラマンによるものだ。
黒白チーム(ベシュクタシュ)の唯一のゴールは88分にウール・インジェマンが成功させた。
この勝利でブルサスポルの勝ち点は75点に上昇し、同チームはトゥルクセル・スーパーリーグ2009~2010年度のチャンピオンとなった。
同時に、トラブゾンスポル以来26年以来のアナトリアからのチャンピオンとなった。
これでブルサスポルは次季チャンピオンリーグで直接対戦をする権利を得た。
ベシクタシュは64点を得て4位にとどまった。
これで欧州サッカー協会(UEFA)の欧州リーグで予選2試合を戦うことになる。

■ブルサスポルの優勝をUEFAのウェブページが広く報道

「ブルサスポルがトルコで勝利の旋風を巻き起こした」と題する記事がUEFAの公式ウェブサイトに掲載され、ブルサスポルがベシクタシュに勝利しスーパーリーグのチャンピオンとなったことや、トルコ史上初の出来事であることが報じられた。

■アタテュルク・スタジアム(ブルサ)での熱気
ブルサスポルがベシクタシュに2-1で勝利し、フェネルバフチェがホームでトラブゾンスポルと1-1で引き分けとなりチャンピオンとなったことで大きな歓喜が起こっている。
ブルサスポルの技術スタッフや選手は、ブルサスポル対ベシクタシュの試合が終了し、イスタンブルのカドュキョイスタジアムで行われていたフェネルバフチェートラブゾンスポルの試合結果を待ち、1-1の引き分けの結果報告を得ると歓喜に包まれた。
サポーターはすぐに選手と一緒に喜び、観客席からフィールドへ入り、ブルサ・アタテュルクスタジアムはサポーターで満たされた。
ブルサスポルの選手たちが更衣室へ移動するときも、サポーターはフィールド上で歓喜に包まれていた。
このとき、サポーターの周りに緑色と白色の紙吹雪が撒かれた。

■ブルサスポルのウェブサイトが混雑
トゥルクセル・スーパーリーグで優勝したブルサスポルのインターネット上のウェブページが多くの情報であふれている。
ブルサスポルが、ベシクタシュに2-1で勝利し、フェネルバフチェとトラブゾンスポルが1-1で引き分けになったことで優勝した喜びが町に流れる中、2度目のチャンピオンとなった緑白チームのサポーターによる多くのアクセスにより、同チームのウェブページ(www.bursaspor.org.tr)がダウンしている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾崎昂)
(記事ID:19132)