ヒディンク・トルコナショナルチーム監督、「独サッカー連盟がエジルのパスポートを工作」
2010年06月29日付 Milliyet紙


トルコ・ナショナルチームのヒディンク監督はビルド紙に衝撃的な発表を行い、ドイツ・サッカー連盟がメスト・エジル選手のパスポートや書類を偽造したと主張した。

ナショナルチームのフース・ヒディンク監督はワールドカップで活躍中のトルコ系のメスト・エジル選手に関して驚くべき主張を行った。ドイツのビルド紙に向けて語ったこのオランダ人監督は、ドイツ・サッカー連盟がメスト・エジル選手のパスポートや書類を偽造したと主張した。

ヒディンク監督は、ビルド紙に「メストはトルコ人の血を引いている。しかしドイツが偽造を行ったため、ワールドカップでドイツ・ナショナルチームのユニフォームを着ている。本来はトルコ人だ。ドイツのレーヴ代表監督もこのことを知っている。」と語った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:三上真人)
(記事ID:19545)