メスト・エジル、レアル・マドリードへ移籍、年俸500万ユーロ!
2010年08月18日付 Milliyet紙


サッカーのワールドカップ南アフリカ大会において、ドイツ代表選手として全世界を虜にしたメスト・エジルの移籍(契約)を、リーガ・エスパニョーラ(スペ インのプロサッカーリーグ)1部所属のレアル・マドリードが完了した。また、エジルの年俸は500万ユーロになることも明らかにされた。

レアル・マドリードは、ブンデスリーガ(ドイツのプロサッカーリーグ)1部所属のヴェルダー・ブレーメンでプレイし、またドイツ代表選手でもあるトルコ系のメスト・エジルを、迎え入れた。

エジルは、ワールドカップで示したプレイによって賞賛を集め、ヨーロッパにおけるほぼ全てのビッグクラブの移籍リストに名前が載ることとなった。ヴェルダー・ブレーメンはエジルをチームに留めようとしたが、レアル・マドリードが1,500万ユーロの移籍金を支払い、その結果、移籍が実現した。

レアル・マドリードとヴェルダー・ブレーメンの両クラブはエジルの移籍を認めるが、契約の詳細については明らかにしていないとしながらも、ドイツのメディアは、スタープレイヤーであるエジルが、500万ユーロの年俸を受け取る予定であること、また契約期間は6年であると報道した。

22歳のエジルは、少し前に、自身へ複数のクラブから移籍オファーが来て、検討中であるとし、彼自身はスペインでのプレイを望んでいることを明らかにしていた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:濱田裕樹)
(記事ID:19976)