恋人へのお茶2杯に500トルコリラのチップ!―ガラタサライ・アルダ選手
2010年09月14日付 Zaman紙


怪我のためにユニフォームを着ることができないガラタサライのアルダ・トゥラン選手は、昨晩アリ・サミ・イェン・スタジアムで行われた対ガジアンテプスポルの試合に、恋人のシネム・コバルさんとともに現れた。

試合のハーフタイムにはロッカールームのところでチャイを買ったアルダ選手は、球拾いの仕事をしている子供にチャイをシネム・コバルさんのところまで運ぶようにお願いした。

アルダ・トゥラン選手は文句を言わずにチャイを運んでくれた子供の頭をなで、500リラものチップを与えた。トルコ代表チームの一員であるこのサッカー選手(=アルダ)は、以前にもコバルさんのために映画館を貸切にしたことがある。

彼自身も一時期球拾いとしてピッチの隅で仕事をしていたので、彼が時々この仕事をしている子供におこずかいを与えたり、送ったりしていることが知られている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:入口 愛)
(記事ID:20163)