独チームのメスト・オズィル、トルコ戦でゴール―歓喜のポーズはなし
2010年10月08日付 Hurriyet紙


ドイツ・ナショナルチームのトルコ系選手、メスト・エジル(メスト・オズィル)は、(ドイツがトルコを3-0で破った、2012ヨーロッパ選手権予選の)試合で、90分間ピッチにたち、ゴールも決めた。

試合の始まる1週間も前から、「メストがトルコ戦でゴールを決めたら、どうするか?」という議論がはじまった。そして、おこるべきことが起こった。メストは、トルコ・ナショナルチームに対してゴールを決めた。ドイツの2点目を決めたメストは、そのあと、喜びのポーズは示さなかった。チームメートからの祝福を受けただけで、その後、すぐにポジションに戻った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:20344)