ガラタサライ、1/11にアリ・サーミー・イェン・スタジアムとお別れ
2010年12月07日付 Yeni Safak紙


サッカーチームのガラタサライは、クラブの歴史上、そしてサポーターらにとっても、最も特別な場所であるアリ・サーミー・イェン・スタジアムでの最後の試合を、2011年1月11日火曜夜、トルコ農業銀行杯のベイパザル・シェケルスポーツ戦で迎える。

黄色と赤がチームカラーのガラタサライ・クラブは、アリ・サーミー・イェン・スタジアムにて行われる「お別れ試合」の前後にイベントを計画している。

ガラタサライ・サポーターらによって(2011年1月11日の)夜に行われるフェアウェル・イベントは、アリ・サーミー・イェン・スタジアムにふさわしい、豪華で壮大なものになるだろうと発表された。

準備中のフェアウェル・イベントの詳細は決定次第、公式ホームページに公表される。

アリ・サーミー・イェン・スタジアムのフェアウェル・イベントが行われた後には、(ガラタサライの)新スタジアムであるチュルク・テレコム・アリーナの開場式も開催される。詳細は後日公表の予定。

また、ガラタサライは、アリ・サーミー・イェン・スタジアムにおける最後のリーグ戦を12月11日金曜にゲンチレル・ビルリィ(サッカーチーム名)と戦う。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:石川志穂)
(記事ID:20889)