人文系大学生、自殺の危険性最も高く
2011年01月18日付 Mardomsalari紙

 ある調査結果によれば、自殺の危険性について、大学生の男女でこれといった違いは見られないものの、〔学科別で言えば〕人文科学や外国語を専攻とする学生に自殺の危険性が最も高く、理数系・技術系の学科を専攻とする大学生にその危険性が最も低いことが分かった。

 「ATYニュース」によると、家族と同居しながら就学している学生ほど、寮や〔単身用の〕賃貸アパートで暮らしている学生と比べて自殺の危険性が低いことも分かった。なお、この危険性は、寮で生活している学生の方が〔賃貸アパートに暮らしている学生よりも〕高いとのことだ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:高山奈美)
(記事ID:21233)