イノニュ・スタジアム解体決定
2011年01月25日付 Radikal紙


近年、(人気サッカーチームの)ベシクタシュにとっての最重要議題であった「新イノニュ・スタジアム・プロジェクト」に待望の承認が下りた。

本日、記念建造物委員会が本議題のみに関して行った会議後に、ベシクタシュが何年も待ち望んでいた朗報が届いた。委員会は、本日(25日)行われた会議で、イノニュ・スタジアムの解体と新スタジアムの建設を承認した。ベシクタシュ経営陣はプロジェクトが承認された後、5月に初期掘削を行い建設に入ることを目標としている。本日行われ、またベシクタシュ区長も出席した同会議後に、ベシクタシュ区長のイスマイル・ウナル氏はベシクタシュ・クラブ会長のユルドゥルム・デミルオレン氏に電話かけ、朗報を伝えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:藤井庸平)
(記事ID:21260)