サッカー欧州チャンピオンズリーグ、選手を運ぶのはトルコ航空
2011年04月28日付 Hurriyet紙


イギリスの首都ロンドンで行われる予定のチャンピオンズリーグ決勝戦で、対戦が確実視されているバルセロナとマンチェスター・ユナイテッド。2チームを、この重要な試合に、トルコ航空が運ぶ。

バルセロナとマンチェスター・ユナイテッドのフライト・スポンサーであるトルコ航空は、両チームを決勝戦に初めて運ぶ予定だ。トルコ航空は、2チームが決勝戦で対戦する状況で、いくつかの特別な催しも計画している。また3億5000万ユーロの経済価値を持つ決勝戦に勝ったチームは、約1億2000万ユーロの収益を得ることになる。

■2つのチームに1600万ユーロ

この2つのチームのスポンサーであるトルコ航空は、約1670万ユーロの契約に調印した。バルセロナとスポンサー契約を結んだトルコ航空は、飛行機1機をバルセロナの特別塗装にし、選手たちとCMを撮影した。トルコ航空は、このCMを、バルセロナの重要な試合で流している。バルセロナとトルコ航空は770万ユーロのスポンサー契約を結んでいる。一方トルコ航空は、イギリスの、世界的に有名なチーム、マンチェスター・ユナイテッドのためにも、飛行機1機をこのチームの特別塗装機にし、選手たちとCMを撮影した。トルコ航空は、マンチェスター・ユナイデッドとの3年半の契約の間、チームを海外に運び、クラブのスポンサー料として、900万ユーロを支払った。

■1億2000万ユーロ獲得

取材によれば、チャンピオンズリーグの決勝戦で、ロンドンにて相対する予定の2つのチームは、チャンピオンズリーグの(勝利の)ためだけでなく、1億2000万ユーロのためにも対戦する。決勝戦のヨーロッパ経済への波及効果は3億5000万ユーロである。決勝戦で負けたチームでさえ、ホームに7000万ユーロの収入をもたらすという。

■トルコ航空の主なスポーツスポンサー契約

マンチェスター・ユナイテッド:イギリスのクラブチームと3年半のスポンサー契約を締結。
バルセロナ:スポンサー契約の一環として、2年半の間、チームを海外試合にトルコ航空が運ぶ。
シャフタール・ドネツク:公式スポンサー。チームのユニフォームの背面に広告としてロゴを使用。
アヤックス・アムステルダム:シーズンの半分の期間、(競技場の)デジタル広告の契約を締結。
マローシー:ギリシャのバスケット1次リーグのチームと1年半の広告契約を締結。
欧州バスケットボールリーグ:このリーグに「Turkish Airlines Euroleague(トルコ航空ユーロリーグ)」の名称がつけられた。
コビー・ブライアント:2年間のスポンサー契約を結ぶ。ブライアントとCMを撮影した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:能勢美紀)
(記事ID:22303)