八百長問題でゆれるフェネルバフチェにファンの支援―ショップは大繁盛
2011年07月16日付 Radikal紙


八百長問題でゆれるフェネルバフチェを、ファンたちはお金を使うことで支援した。

フェネルバフチェのファンは、「愛の活動が必要だ、5日で5行動」というスローガンで宣伝する一連の活動の一環として、今日「フェネリウム(フェネルバフチェのグッズショップ)襲撃」企画を決行した。
黄と紺(フェネルバフチェのチームカラー)のファンたちは、全国にあるフェネリウムで買い物をし、フェネルバフチェチームへの支援につとめた。フェネルバフチェ・クラブのシュクリュサラジオール・スタジアム下にあるフェネリウムショップへ、黄と紺のサポーターたちはまるで襲撃するかのように様に殺到した。そしフェネルバフチェを経済面で援助するため、ショップでフェネルバフチェグッズを買い求めた。
また、フェネルバフチェ・クラブも今日、フェネリウムで行われる買い物に、25パーセントの割引を適用することを決定した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山本涼子)
(記事ID:23299)