「服飾国民展示会」で新作マント100点が発表
2011年11月06日付 Jam-e Jam紙

アーバーン月28日からアーザル月2日〔西暦11月19日~23日〕までニヤーヴァラーン文化会館で開催

 ファッション服飾整備委員会の委員長は、アーバーン月28日からアーザル月2日にかけて、テヘラン北部ニヤーヴァラーン文化会館にて開催される予定の「第一回ファッション・マント国民展示会」で、100点余りの新作マント〔※体のラインを隠すために女性が着用する丈の長いコート〕が披露される見込みであることを明らかにした。

 イーサー・ケシャーヴァルズ氏は昨日、記者団に対し次のように付け加えた。「現在までに1000点を超えるデザインが、この展示会の事務局に送られてきている。デザイナー達はアーバーン月19日〔西暦11月10日〕まで自身のデザインしたマントをこの展示会に提出することができる」。

 ケシャーヴァルズ氏はさらに〔‥‥〕以下のように述べた。「我が国のデザイナーたちは顧客やメーカーのニーズを考慮せずに〔服を〕デザインする傾向にあり、メーカー側も販売業者と接触することがない。しかしながら、イラン的・イスラーム的なファッションを手に入れるには、デザイナー達は顧客のニーズを知るべきであり、製造・販売業者も顧客中心主義でなければならない」。

〔‥‥〕

 ファッション服飾整備委員会の委員長は、「ファッション・マント展示会」では最新のデザインを披露できるよう、国内の優れたデザイナー達が招かれていると指摘し、次のように付け加えた。「現時点で1000点を超える作品が事務局に届いており、そのうち100~200点が披露される予定だ。しかし、展示会の装飾やセッティング上の制約が許せば、優れたマント200点全てを紹介するつもりである」。

〔‥‥〕

 ケシャーヴァルズ氏によると、展示会ではお披露目の機会が得られなかった作品についても、優れた作品はすべてカタログ上で会場に訪れた人たちに紹介されるという。

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8408172)
(記事ID:24536)