サッカー八百長捜査、8人釈放―まずはケバブ屋へ
2011年12月12日付 Milliyet紙

イスタンブル第16重罪裁判所は、八百長問題の起訴状を受理し、8人へ釈放の決定をした。これを受け、8人はメトリス刑務所を離れた。メトリス刑務所をでた8人のうち、ディヤルバクルスポルの元会長アブドゥッラフマン・ヤクトは、ケバブが食べたかったと話し、親しい友人らとケバブ屋に向かい、久しぶりのケバブを堪能した。

7月3日に始まった八百長捜査で多くの逮捕者がでた。うのうち、8人が今日(12日)に釈放された。釈放されたのは、ベシクタシュ広報部長セルダル・アダル、タイフル・ハヴッチュ監督、ベシクタシュ・プロトコル担当部長アフメト・アテシュ、イスタンブル・ビュユクシェヒルベレディエスポルの元選手イブラヒム・アクンとイスケンデル・アクン、エスキシェヒルスポルの元コーチ・ユミット・カラン、スィヴァススポルのゴールキーパー・コルジャン・チェリカイ、ディヤルバクルスポルの元会長アブドゥッラフマン・ヤクトの8人である。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:24828)