メスート・オズィル、不調の原因は私生活の乱れ?
2011年12月14日付 Milliyet紙


スペインのレアル・マドリードに所属するメスート・オズィルは試練の日々を過ごしている。

スペインのスポーツ新聞であるエル・ムンド・デポルティーボ紙は、オズィルが昨年のプレースタイルとはかけ離れた状態にあり、ドイツナショナルチームとして出場した試合でのみ結果を残していると伝えた。
記事によると、メスート・オズィルの不調に対し、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長の我慢は限界に達しており、ジョゼ・モウリーニョ監督へメスートについての最後通牒が突きつけられたという。ジョゼ・モウリーニョ監督のメスートへの信頼も日に日に失われている。(レアルが)バルセロナに3対1で敗れた後、サッカースペイン国王杯における3部のポンフェラディーナとの試合で、メスート・オズィルはベンチで出番を待った。これに関して、オズィルのチーム内での今後を危ぶむ声があがった。また、メスート・オズィルには復調までに5カ月の猶予が与えられた、といわれている。
オズィルの不調の原因は、私生活の乱れにあると伝えられている。

Tweet
シェア


関連記事:メスート・オズィル(レアル・マドリード)、歌手エブル・ポラトとベッドでポーズ
この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:榎本有紗)
(記事ID:24839)