サッカー新全トルコチーム発表、3歳若返り
2012年02月24日付 Hurriyet紙


アヴジュ監督率いるトルコ代表チームとヒディングの監督時代のトルコチームとの間には、大きな違いがある。

2月29日(水)、ブルサにおいて、トルコA代表チームがスロヴァキアと行う特別な試合のメンバー候補が明らかになった。アブドゥッラー・アヴジュ監督は、メンバーに大幅な修正を加えた。

若き監督は、フェネルバフチェのエムレとGKのヴォルカン、ガラタサライのセルヴェト、ハカン・バルタ、ハミト・アルトゥントプ、ハリル・アルトゥントプの兄弟、そしてカズムのような、11人のスターティングメンバーに不可欠と思われていた選手たちをメンバー候補から外した。

若いサッカー選手たちが際立つ“新時代”において、最年長が28歳のトルガ・ゼンギンとウムト・ブルトとなった27人のメンバー候補の平均年齢は、23.5歳である。つまり全トルコチームは11月のクロアチア戦のメンバーから3歳若返ったことになる。フース・ヒディングがUEFA欧州選手権2012のプレイオフの試合で指名した24人のメンバーの平均年齢は、26.5歳だった。

■14の選手中7人がメンバーに選出されず

チュルクテレコム・アリーナにおいて、3対0で敗れた(プレイオフ)初戦のクロアチア戦に、トルコは平均27.7歳の11人の選手で臨んだ。その対戦で、後から出場した選手を含め、出場した14人のうち7人が、今日メンバー候補から外された。

■批判にさらされている4人に仕事はない

さらに注目されたもう一つの展開は、ガラタサライで厳しい批判にさらされた、トルコ代表チームのDF4人を形成するサブリ、セルヴェット、ギョクハン、ハカンが、アヴジュ監督にによって選ばれなかったことだ。

経験のある選手の代わりとして、ガラタサライのDFから若干21歳のセミフ・カヤがトルコ代表チームに召集された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:25669)