豪雨で、ガラタサライ・ベシクタシュ・ダービーマッチ、延期
2012年04月14日付 Yeni Safak紙


スポルトト・スーパーファイナル選手権で、ベシクタシュとガラタサライチーム間で19:00に始まるはずのダービーマッチは、豪雨の影響を受けたグラウンドの悪条件により、審判であるヒュセイン・ギョチェキ氏により延期が決定された。

スポルトト・スーパーファイナル選手権の一週目に行われる予定だったベシクタシュとガラタサライ間のダービーマッチは強雨のため延期された。

今日(4/14)イスタンブルに影響を与えた豪雨は、ベシクタシュ・ガラタサライ間の試合に悪影響を与えた。イノニュ・スタジアムで19:00に始まるはずだった試合は、この試合の審判であるヒュセイン・ギョチェキ氏によって延期された。試合時間の前にグラウンドを2回点検し、グラウンドのいろいろな地点でボールが跳ねるかを点検したヒュセイン氏は、19:15にアシスタントと共に更衣室へ赴き、試合を延期することを両チームに通知した。

スポルトト・スーパーファイナル選手権でベシクタシュとガラタサライ間で今日行われる予定だったがグラウンドの悪条件により延期された試合は、4月16日月曜日20:00に行われる予定だという。

「訳者注」豪雨で延期された試合は16日(月)に行われ、2-0でガラタサライが勝利を収めた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:児仁井ひかる)
(記事ID:26073)