トルコ、ヨーロッパ2020サッカー選手権開催地に正式立候補
2012年04月17日付 Yeni Safak紙


トルコサッカー連盟(TFF)のユルドゥルム・デミルオレン会長は、トルコが2020年UEFA欧州選手権に立候補することを発表した。
トルコサッカー連盟のユルドゥルム・デミルオレン会長は、同連盟の公式サイトで行った発表で、「世界で2番目に重要なサッカーイベントである欧州サッカー選手権を2020年にトルコで開催するため、本日、立候補ファイルをUEFA(欧州サッカー連盟)本部に提出致します。ご存知の通り、我々は2016年 UEFA欧州選手権の開催地選考に1票差で敗れました。その日以来、トルコサッカー界が急速な発展を遂げ、ヨーロッパで6番目に大きなサッカー国と化した事で、わが国はUEFA総会を筆頭にU-19ヨーロッパ女子選手権、FIFA U-20ワールドカップ等の重要なイベントを開催する権利及びその栄誉を獲得しました。とりわけ、第36回UEFA総会では、2020年UEFA欧州選手権へのトルコの立候補が事ある度に言及され、この件に着実に我々が邁進していく事に支持が示されました。今期に国内の様々な都市における近代的なサッカースタジアムの建設を政府保証下で迅速化し、また都市間交通ネットワークを充実させる取り組みは、現在、立候補受理に向け我々が支援を受けている最重要項目です。トルコ国民のサービス精神、トルコ国内におけるサッカーへの強い関心と共に、立候補が認められた後、我々がトルコでの開催を希望している2020年 欧州サッカー選手権に向けトルコサッカー連盟一同全力を尽くすことを表明し、この立候補がトルコサッカーにとってプラスとなることを私は願います」と語っ た。

2020年欧州サッカー選手権の立候補申請は2012年5月15日に締め切りとなる。最終期限にトルコ以外に立候補がなかった場合、UEFAは開催国に関する協議を開始する。一カ国以上が立候補した場合、18ヶ月間の立候補期間が始まる。この期間後に2020年欧州サッカー選手権の開催国が2013年12 月、もしくは2014年1月に発表される予定である。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:藤井庸平)
(記事ID:26103)